アモルメットコア付めがね型電源ケーブルの作成1、パーツについて


アモルメットコア_07 本文へ ↓


★★ アモルメットコア 自作メガネ型 電ケー パーツ ★★

   ノイズ対策の 高音質化 新提案
      

左:アモルメット NST-105 (外φ10.5,穴φ 5 mm)ノイズフィルター
右:アモルメット NS-145 (外φ14,穴φ6.5 mm)ノイズフィルター

● 中村製作所
NSアモルメットコア (Amormet Core)
   NS-145 ノイズ吸収リングコア
     定価:¥1,200(税別) 発売日:2016年 9月?
  ・2sq 程度の 自作電源/SP・ケーブル向き
  ・使い方:±極の両方の電線をリングの孔に通す
  ・超Hi μ材、コモンモードノイズ専用
  ・コモン・モード使い方:±極電線をコア孔に通す
  ・外形寸法:φ14 mm、穴径:φ6.5 mm、厚さ:7mm
  ・カラー:ホワイト(プラスティックカバー)

● 中村製作所
NSアモルメットコア (Amormet Core)
   NST-105 ノイズ吸収リングコア
     定価:¥800(税別) 発売日:2016年 9月?
  ・NSTシリーズ最小サイズリングコア
  ・1.5sq 程度の 自作電源/SP・ケーブル向き
  ・コモンモード/ノーマルモード・ノイズ両用
  ・NSシリーズと併用すると改善効果が向上?
  ・コモン・モード使い方:±極電線をコア孔に通す
  ・ノーマルモード使い方:1極1本の電線をコア孔に通す
  ・外形寸法:φ10.5 mm、穴径:φ5 mm、厚さ:6.5mm
  ・カラー:ベージュ(プラスティックカバー)

   作電源ケーブル用 めがね型インレットプラグ ペア
  

左:Viborg VF-508(G) メガネ型電源インレット(純銅,金めっき)
右:Viborg VM-501(G) 電源プラグ(純銅,金めっき)

  Viborg(ヴィボー) VF-508(G)
    めがね型インレットプラグ
     amazon価格:¥1,645(税込 通常送料込)
     商品登録日: 2016年 5月24日
  ・オーディオ自作用めがね型インレットプラグ
  ・取付ケーブル外径:6.5mm〜18mm
  ・仕様規格:250Vまで、2.5A 2極+接地端子(UL規格)
  ・電極端子:素材は純銅製、金めっき処理仕上げ
  ・カバー材:ポリカーボネート(ブラック)
  ・本 体 材:ナイロン+グラスファイバー
  ・梱包サイズ:W42 mm × H42mm × L10.3 mm
  ・梱包 質 量:68 [g]
  ・Made in China、Viborg audio製

  Viborg(ヴィボー) VM-501(G)
    電源コンセントプラグ
     amazon価格:¥1,500(税込 通常送料込)
     商品登録日: 2016年 5月24日
  ・オーディオ自作用電源コンセントプラグ
  ・取付ケーブル外径:6.5mm〜18mm
  ・仕様規格:250Vまで、15A 2極+接地端子(UL規格)
  ・電極端子:素材は純銅製、金めっき処理仕上げ
  ・カバー材:ポリカーボネート(ブラック)
  ・本 体 材:ナイロン+グラスファイバー
  ・梱包サイズ:W42 mm × H42mm × L10.3 mm?
  ・梱包 質 量:50 [g]?
  ・Made in China、Viborg audio製

   高CP 2P 切り売り PC-TripleC 電源ケーブル
   通販 で入手可能 メッシュ チュープ

    

左:サエク AC-3000 電源ケーブル [切リ売リ/1m単位]
右:uxcell φ8mm電線標準メッシュチューブ(黒色,PET製,23m)

 ● サエク(SAEC) AC-3000 切売り電源ケーブル
     定価:¥3,500(1m/税別)発売日:2017年 4月 5日
  ・切り売り用電源ケーブルのエントリーモデル?
  ・素線φ0.26mm×37本 の 導体断面積 2sq
  ・構造:綿糸介在2芯撚り、被膜:ポレオリフィン
  ・外径:φ8.5mm、許容電流:15[A]

 ● uxcell φ8mm電線標準メッシュチューブ
    (黒色,PET製,23m)
     amazon価格:¥1,829(税込)
     商品登録日: 2016年 3月24日
  ・PET(ポリエチレンテレフタレート)編組スリーブ
  ・電線の化学的腐食,紫外線での劣化,摩擦の摩耗等防止
  ・Audioでは、電線の振動を抑制して音質劣化を防止
  ・φ8mm電線標準は、VCTF規格-2sq-2極-電線に適応
  ・チューブ切口端は軽く焼き溶して束ねるとバラけない
  ・Made in China、納期は約2週間程掛かる。

ネット通販でのご購入 はこちら

  ・楽天市場
  -> アモルメット NST-105 (外φ10.5,穴φ 5 )ノイズフィルター
  -> アモルメット NS-145 (外φ14,穴φ6.5)ノイズフィルター
  ->  Viborg VF-508(G) は、未出品(2017年10月:現在)
  -> Viborg VM-501(G) は、未出品(2017年10月:現在)
  -> サエク AC-3000 電源ケーブル [切り売り/1m単位]
  -> メッシュチューブ は、未出品(2017年10月:現在)

  ・amazon.co.jp 
  ->  NS-105 は、未出品(2017年10月:現在)
  ->  NS-145 は、未出品(2017年10月:現在)
  -> Viborg VF-508(G) メガネ型電源インレット(純銅,金めっき)
  -> Viborg VM-501(G) 電源プラグ(純銅,金めっき)
  ->  SAEC AC-3000 は、未出品(2017年10月:現在)
  -> uxcell φ8mm電線標準メッシュチューブ(黒色,PET製,23m)

アモルメットコア_07


  ※)全文、
    ・アナログディスク(LP,EP等) -> AD、
    ・アンプ(セパレート等含む) -> AMP、
    ・スピーカー         -> SP、
    ・オーディオアクセサリー   -> AA、
    ・電源ケーブル(完成品)   -> 電ケー、
    ・電源コンセントプラグ(OUTLET PLUG)
                   -> OUTL-P、
    ・電源IECインレットプラグ(IEC INLET PLUG)
                   -> IECI-P、
    ・電源めがね型インレットプラグ
     (Figure 8 IEC INLET PLUG)  -> FIG8-P、
    ・コストパフォーマンス    -> CP、
    ・パーソナル・コンピューター,パソコン
                   -> PC、
    ・アプリケーション(応用)ソフトウェア、
                   -> アプリ
    ・MOOK 誰でもできる 自作で
     オーディオアクセサリー    -> 誰自AA1

    など、略す場合が有ります。


0.まえがき


 今回は前々回に続いて「アモルメットコア」を
使った自作アクセサリー(電源ケーブル)の話題に
なります。

 過去の日記記事でA&V機器によく用いられている
「めがね型インレット電源ケーブル
自作について、

自作用「めがね型インレットプラグ
発売されているモデル数が少なく、

「フルテック:FI-8Nシリーズ」の
  高級品ぐらいしか販売していません
  (最近、掘り出し物?を発見、紹介予定?)ので、

と書いていました。

 ● アモルメットコア その5(自作電源タップの改良 1)

その自作用
「めがね型インレットプラグ(Fig.8-P)
"掘り出し物?" を購入して、

他に必要な「電ケー」とするパーツ
揃(ソロ)えましたので、工作する前に、
それらについて、日記記事として書き残します。

 最近、ブログ記事のデザインなどの見た目等に
こだわってしまい、非常にブログを更新する時間間隔が
空いてしまいがちなので、

工作は後回しに、なってしまいました。
何とかしなくてはいけない、緊急課題です。orz


 なお「アモルメットコア」を使用した
「オーディオ・ケーブル」についての話題が
ネット上に少ないのですが、

(1) ケーブル違いで "音" は変わらないと信じている。
(2) 「電ケー」の自作は危険が多く止めた方が良い。
(3) 自作用パーツと工具を揃えるのが大変?

等があると思いますが、
明らかに「SP自作」より簡単
音質改善効果が高いと私は考えています。

{(1) "音" は変わらない}は、ハッキリ言えば、
趣味のオーディオに向かない人が、無理してオーディオに
しがみついてるから、発信されてしまう大きな勘違いです。

私も「オーディオ初心者」の頃には「再生システム」の
音質改善について、何も分かっていませんでしたので、

「SPケーブル」を交換したり「ヘッドホン」の聴き
比べなどで、音質差があることを中々感じ取ることが
出来ませんでしたが、

長年の試聴訓練?で、試聴スキル? が出来てくれば、
微妙な差まで分かるようになってきましたので、
焦らない事が大事だと思います(10年以上掛かった?)。

{(2) 自作は危険}ですが、一昔前は
「電力会社」の「CM」? で、主婦(すてきな奥様?)に、

家電の「コンセントプラグ」の交換方法や
「電源タップ」の作成方法を指南していたような
記憶があります。

よって「一般の主婦」でも、
「電源ケーブル」を自作することは、
難しくありませんが、

何が危険なのか? ハッキリ分かっていませんと、
不良品を作成してしまい、
事故(感電や火事等)を起こし兼ねませんので、

慎重に作成する必要はあり、
{いい加減に実行しなければよい}と
いうことです。

十分に準備して、
落ち着いて工作出来れば、
何も心配する必要ありません

その辺りは雑誌記事での「電ケー」工作記事を
よく参考にすることで、解決する場合が多いです。

さらに加えますと「規格外のパーツ同士」を
無理やり組付けする工作などを行わなければ、
工作は簡単で安全も確保されます。

例えば、規格で「2sq電線」までの
「IECインレットプラグ」に、
太い電線の方が「音質が良い」という噂で、

「10sq」を超える「電線」を接続するような
事をむやみに実行しなければよいということです。

{(3) パーツ等を揃えるのが大変?}は、
どうにもなりませんが、
今回の様に新しい出会いがあったり、

パーツの知識も色々調べるので豊富になりますし、
時間が掛かりますが、楽しい時間なので、
それを面倒だとは、マニアならば思いません。

もし自作する時間が無い方は、コストが結構掛かり
特殊なタイプの工作の楽しみが、ありませんが、
市販完成品の「電ケー」を購入すれば良いだけの話です。

ちなみに最近の「電ケー」自作参考になる
雑誌記事は、

「ステレオ2017年7月号 連載:オーディオの新常識
 アモルメットコアを使う電源ケーブルの製作
 文:福田 雅光 氏 PP.148-150」

になります。短い記事なので、詳しく書かれて、
いなく、電線の方向性も、勘違いされかねない
参考図が載っていますので、

出来れば他の「福田 雅光 氏」の
自作「電源ケーブル」について書かれている
「雑誌記事」や「書籍」も参考にされた方が
よいと私は思います。


  注1)電源ケーブルの自作は、"違法" ではない範疇なら
       可能ですが、"自己責任"でお願いします。
       工作物に不良があると危険(出火・感電 等)です。
       注意を払えば工作自体は難しくなく簡単です。


 ちなみに「アモルメットコア」については、
過去の日記記事で紹介しています。

 ● アモルメットコア その6(自作電源タップの改良 2)
 ● アモルメットコア その5.5(自作電源タップの改良 1.5)
 ● アモルメットコア その5(自作電源タップの改良 1)
 ● アモルメットコア その4(電源ケーブルでの試聴 2)
 ● アモルメットコア その3(電源ケーブルでの試聴 1)
 ● アモルメットコア その2(物理的に有効な使い方 1)
 ● アモルメットコア その1(SPケーブルでの試聴 1)


1.めがね型インレット電源ケーブルの自作について

 「フルテック:FI-8Nシリーズ
高級品に代わる「Fig.8-P」は上記に紹介した、

Viborg(ヴィボー) VF-508(G)
  めがね型インレットプラグ
     amazon価格:¥1,645(税込 通常送料込)

になります。特徴は、

 ・「High End performace Power Connector」
   と「オーディオグレード」であると表示している。

 ・電極と接地端子の素材が「純銅」

 ・日本ブランド製なら、5,000 は下らない定価に
  なる仕様ですが、1,500円強 と、非常に安価

となっています。接続端子のめっき仕上げには、

  [1] めっき
  [2] めっき
  [3] ロジウムめっき

3種類がありましたが、全てを試す予算と時間が
無いので、無難?{[2] めっき}
購入しました。なお、

{[1] めっき}端子素材
「純銅」ということで、表面に自然に出来る

「酸化被膜」の影響(絶縁体になる物質)
心配なので、止めました

{[3] ロジウムめっき}は、
電源コンセント等の接続端子に
「ロジウムめっき」が、

私の環境では存在しません
よって不安があるので止めました

接続させるために嵌[ハ]め合う端子の
めっき素材なれば異種金属同士
接点となり、

「ダイオード効果」「電池効果」
による、ノイズ生成こり得ますので、
なるべく避けた方が良いと、私は思います。


 「中華ブランド」で、
しかも非常に安価なので、
素材心配ですが、

見た目では問題はありませんでした。
ただ「ハウジング」の質感は樹脂の厚さが、
やや薄いためか?

剛性が低いように感じましたので、
振動による音質劣化が有りそうな気がしましたが、
替わりは無いので検討の余地はありません。

実際には、5年以上は使ってみませんと、
経年劣化が、どのように表れるのかは、
分かりません

一応「UL規格」の マーク? が
付いていましたので、安心は出来ます。


 になる「OUTL-P」は日本で
市販されている「ホスピタルグレード」品でも
良いのですが、

仕様等を合わせた方が効果が分かりやすいと
私は考えていますので、

『Viborg(ヴィボー)』にも
「Panasonic:WF5018K
近い価格で

『VF-508(G)』同様の仕様
「OUTL-P」がラインアップしていました
のでそれを使います。

Viborg(ヴィボー) VM-501(G)
  電源コンセントプラグ
     amazon価格:¥1,500(税込 通常送料込)

 『VF-508(G)』『VM-501(G)』には
「PSEマーク」が付いていませんので

「自作電源ケーブル」を作成するのは
"NG" という心配がありましたので、

確認を取りましたが、具体的にそのことに関して
分かり易く説明している情報をネット上で得ることが
出来ませんでしたが、

「PSEマーク」は完成品を販売する
法人に対する安全のための規制で、

個人で非買の場合は、
全く関係ないそうです(自己責任)

よって「OUTL-P、IECI-P、IECI-P」などに
「PSEマーク」付いていなくても、

個人で「電ケー」を自作しても、
商売をしなければ全く問題ありません

上記にも書きましたが「UL規格」の マーク? が
付いており、その場合「PSE」よりも条件が
厳しい場合も有るので、

安全についての品質は、
一応、問題は無いと判断します。

そのように判断しましても、事故を起こすと
いけませんので

「いい加減」製作することは、
絶対に止めてください

   Viborg VF-508(G)+VM-501(G) 外観
   第1図 Viborg VF-508(G)+VM-501(G) 外観

   Viborg VF-508(G)+VM-501(G) 内部
   第2図 Viborg VF-508(G)+VM-501(G) 内部


 「電源用電線」は、まだストックがある
「アクロリンク:6N-P4020を約 1.3 [m]
「富士電線:VCTF 2P 2sq」を上記同寸法、

用意して、
「電線違い」による音質差がどのぐらい出るのか
今回試してみようと思います。


 「メッシュチーブ」を今回も装着する
予定ですが「オヤイデ電気」で購入して
ストックしているモノを使わず、

試しに「amazon」のネット通販で購入した
上記に紹介した「メッシュチーブ」
使います。

オヤイデの「メッシュチューブ」より
繊維が細くて機械的強度は弱そう
ですが、

そのような欠点は音質改善目的と
関係ないので心配はしていません。

もしかしたら、薄くて柔らかい方が制振の場合、
有利に働くかもしれません?

なお、上記では「φ8mm電線標準」を紹介してますが
私が購入したのは「φ6mm電線標準」です。

どんな「メッシュチューブ」高音質なのか
にはかりませんので、こだわれません。orz
よって、その辺りはあなたにお任せします。

ただ「φ6mm電線標準」では
「チューブ」内径が細くて「電源電線」を
通すのに、やや苦労しました。orz


 最後に「メッシュチューブ」を「電源電線」に
固定させるための「熱収縮チューブ」
ありますが、近郊のパーツショップで購入した

「UL VW-1グレード φ12」を長さ 75[mm]
カットして使用する予定ですが、
変更する可能性もあります

    Viborg めがね型電源ケーブル 6N-P4020 パーツ一式
   第3図 Viborg めがね型電源ケーブル パーツ一式

   Viborg めがね型電源ケーブル VCTF2sq パーツ一式
   第4図 VCTF2sq めがね型電源ケーブル パーツ一式


 もう一本「電源ケーブル」を自作する予定
ですが、そのパーツ等の詳細は次回に回します。
今回は以上になります。

アモルメットコア_07 先頭へ






 ★★ ハイレゾ対応機器の購入 は ONKYO DIRECT へ ★★

 

 【e-onkyo music】ハイレゾ アルバムランキング見てみる?
 【e-onkyo music】ハイレゾ シングルランキング見てみる?


アモルメットコア_07 先頭へ



  Microsoft Public Affiliate Program (JP)

  【300*250】アウトレット

 NEC Direct(NECダイレクト)