きっと欲しくなる! 極上の音質改善機器 付録:USB型ノイズクリーナー(APS-DR000T) について その3 試してみる その2


極上の音質改善機器_03 本文へ ↓


  第一弾:APS-DR000 から、さらに 高音質化!!

   

 左:きっと欲しくなる!極上の音質改善機器 (ONTOMO MOOK)
 中:極上のハイレゾサウンド抽出法 (ONTOMO MOOK)
 右:BonnesNotes DRESSING APS-DR005 USBノイズクリーナー

デジタル機器のUSBポートに挿す 付録ノイズクリーナー第
  ●ONTOMO MOOK Stereo編
   きっと欲しくなる! 極上の音質改善機器
   特別付録:新パイオニア製USB型 ノイズクリーナー
    予  価:4,968円(本体4,600円+税)
    発売予定:2017年12月19日

  ・機器のUSBポートに挿すだけ 高音質化 第2弾
  APS-DR000 より性能・使い勝手進化
  ・ボンノート DRESSING:APS-DR005 トライアル版
  ・スルー接続 APS-DR000T USB型ノイズクリーナー
  ・【判型・頁数】 B5・24頁
    ◎ 主要目次
      ・インタビュー 拡がり続けるBonnes Notes DRESSING
      ・基本編 製品概要と解説
      ・試聴編 @ホームオーディオ AAVホームシアター
           Bパソコン、ヘッドフォン Cカーオーディオ


ステレオ2015年新年号付録代替雑誌 ?
 ●ONTOMO MOOK Stereo編
  極上のハイレゾサウンド抽出法
    特別定価 3,996円(本体 3,700円+税)
    発 売 日:2015年12月19日

  USB DAC オーディオの必須 アイテム!
  ステレオ2015年1月号付録「ES-OT4」
  専用カバー・USBケーブルを追加、再提供
  ・【判型・頁数】 B5・24頁(オールカラー)


BONNES NOTES DRESSING 新中核モデル
  ●パイオニア(Pioneer) BonnesNotes
   DRESSING APS-DR005USBノイズクリーナー
    定 価:15,000円(税別)
    発売日:2017年12月19日

  ・付録APS-DR000T DRESSINGお試し版のアップグレード品
  ・高評価 APS-DR002 の量産性を高めて低価格化実現
  ・PC等のUSB端子に接続するだけで電源と信号のノイズをカット
  厳選部品の採用と制振設計によるベストな音チューニング
  ・解像度の劣化なく、中域の厚みと力強さをUP
  ・抜差し・着脱時に持ちやすいプリズム形状デザインを採用
  ・サイズ:W 59mm×H 21mm×D 13mm
  ・質 量:13 g


ネット通販でのご購入 はこちら

  ・amazon.co.jp 
  -> きっと欲しくなる!極上の音質改善機器 (ONTOMO MOOK)
  -> 極上のハイレゾサウンド抽出法 (ONTOMO MOOK)
  -> BonnesNotes DRESSING APS-DR005 USBノイズクリーナー

  ・楽天市場   
  -> きっと欲しくなる!極上の音質改善機器 (オントモムック)
  -> 極上のハイレゾサウンド抽出法[ONTOMO MOOK]
  -> APS-DR005 USBノイズクリーナー は未出品(1月現在)

  ・オムニ7(7net shopping)
  -> きっと欲しくなる!極上の音質改善機器 [ONTOMO MOOK]

  -> 極上のハイレゾサウンド抽出法[ONTOMO MOOK]

  -> APS-DR005 USBノイズクリーナー は未出品(1月現在)

極上の音質改善機器_03


 ※)全文、

    ・アンプ(セパレート等含む) -> AMP、
    ・スピーカー         -> SP、
    ・オーディオアクササリー   -> AA、
    ・周波数特性         -> f特、
    ・インピーダンス特性     -> Z特、
    ・コストパフォーマンス    -> CP、
    ・パーソナル・コンピューター,パソコン
                   -> PC、
    ・アプリケーション(応用)ソフトウェア
                   -> アプリ
    ・USBノイズフィルター -> USB-N/F、
    ・USBインターフェース -> USB-I/F、
    ・アナログ信号        -> A信号
    ・デジタル信号        -> D信号
    ・デジファイ(DigiFi)15付録 ハイレゾ対応
     USB→同軸(RCA)変換DDC   -> DGF15DDC、
    ・デジファイ(DigiFi)16付録 ハイレゾ対応
     D同軸→A-RCA2CH 変換DAC   -> DGF16DAC、
    ・DGF15DDC+DGF16DAC+SCWV-1516B/G
     を組立てた「USB DAC」    -> D1516DAC
    ・MOOK 極上のハイレゾサウンド抽出法
                   -> 極上抽出
    ・MOOK オーディオ音質改善の極意
                   -> 音改極意
    ・MOOK きっと欲しくなる!
        極上の音質改善機器  -> 極上音改

  など、略す場合が有ります。


0.まえがき


 2018年になりました。去年からの続きで、

ONTOMO MOOK Stereo編 
  きっと欲しくなる!
    極上の音質改善機器
    ・予 価:4,968円(本体 4,600円+税)
    ・発売日:2017年12月19日

特別付録:ボンノート
        DRESSING APS-DR000T
     サウンドクオリティアップグレーダー

の試聴結果を続けて日記記事にします。

  katochan-n20180116_z01.jpg
第1図 MOOK付録 APS-DR000/DR000T 外観比較

 前回は、年末までに何とか新規日記記事を更新
しようとしたため、一番簡単に試せる「ノートPC」の
空き「USBポート」に挿す、

電気回路的には「並列接続的使い方」を試そうと
しましたが、ボディー形状がハザード(障害物等)と
なり『APS-DR000T』を試すことが出来ず、

「並列接続的使い方」ですが、
「ES-OT4+APS-DR000」の状態から、
「ES-OT4+APS-DR000T+APS-DR000」にして、

それらの音質を比較しました。しかし
空き「USBポート」に何も挿していない状態と比較
して音質差が感じられない「試聴システム」の状態で、

『APS-DR000T』の効果の確認が
出来ませんでした。

原因は「PC」の電源に
クランプ式フェライトコア
新たに複数個、取り付けたことで、

十分ノイズ除去効果が「試聴システム」に
備わってしまったことだと推測しました。

つまり、空き「USBポート」
「USBノイズフィルター(以下USB-N/F)」を挿す
「並列接続的使い方」では、

すでに「PC」内部のデジタル回路のノイズ
激減していて効果無効化された? ようでした。

従来の「クランプ式フェライトコア」の
コモンモード対策「EMIノイズフィルター」を
アナログ回路主体の「コンポ」に使うと

「ノイズ」は減りますが副作用で必要とする
音声信号も変化させてさせてしまい、
音質も悪く変化しがちですが、

ほぼ主体がデジタル回路構成の「ノートPC」では、
その副作用は全く起こらず心配がなかったようでした。

ONTOMO MOOK 音改機器 2、付録 APS-DR000T 試聴レビュー 1

 今回は「ノートPC」から
「USBインターフェース(以下、-I/F)」を
中継した「USB-DAC」への接続を、

(1)「ノートPC -> ES-OT4 -> USB-DACの現状と、
(2)「ノートPC -> DR000T -> USB-DAC

交換したときの一般的な「使い方」で、言い換えると、
電気回路的には「直列接続的使い方」
音質がどのように変わるのか? 確認します。


1.極上機器
   付録 APS-DR000T試聴2

 『APS-DR000T』を試す
「試聴用システム(以下T-ASYS)」
前回同じです。主なコンポーネント等は、

  ・ ノートPC :FMV-BIBLO NF40Y改(Windows10用に改造)
  ・ プリアンプ :Technics(テクニクス) SU-C1000
  ・ パワーアンプ:Technics(テクニクス) SE-A1000Mark2
  ・ SPケーブル:Nanotec Systems SP#79SR、約1[m]
  ・ SPシステム:FF85WK使用、長岡氏 BS-8改
  ・ SW    :SONY SRS-D4 のSW含む本体
  ・ 電源タップ :自作アモルメットコア内蔵

を使用した「T-ASYS」になります。

 最初基準となる試聴
「USBノイズフィルター」が入っていない状態

 (1)「PC」->「USB-DAC」

  katochan-n20180116_z02.JPG
第2図 USBノイズフィルター無し 試聴

です。
この状態は、今まで聴いたことがありませんが、
物は試しで、どうなったのか? の確認です。


2番目現在使用状況
『ES-OT4』「ノートPC」
いている「USBポート」に挿してしている、

 (2)「PC」->「ES-OT4」->「USB-DAC」

  katochan-n20180116_z03.JPG
  第3図 ES-OT4サンプル 試聴

です。


3番目は「ES-OT4」の代わりに
『APS-DR000T』交換した

 (3)「PC」->『APS-DR000T』->「USB-DAC」

  katochan-n20180116_z04.JPG
  第4図 APS-DR000T サンプル 試聴

になります。

 「ES-OT4」『DR000T』交換は「USB-I/F」なので、
ホットスワップ(電源ON状態で交換可能)」で交換と
思いましたが、

「PCの画面」に「アイコン」が現れなかったので
通常通り「ホットスワップ」が出来ませんでした。

それを無理やり試し(デバイスドライバを無効化等)
ても良いのですが、機器が壊れると困るので控えて、

「PC」をシャットダウンしてから
「USB-N/F」の交換をしました。

しかし、音質差を間違いなく私が認識できるように
交互に再生を繰り返したいので

「ES-OT4」『DR000T』
交換繰り返し試聴
しようとしたところ、

「ES-OT4」から『DR000T』交換したときには、
何も問題なく交換出来ましたが、

『DR000T』から「ES-OT4」交換したときに
音が再生出来なくなりました。orz

よって「ノートPC」と再生ソフトの「foobar2000」を色々
「トラブルシューティング(以下TrSh)
試しました。

しかし「試聴システム」が再生出来るように
修復出来ませんでした。orz

最後「USB-DAC」交換して試したところ、
再生出来るようになりました
以上より「D1516DAC」壊れた? と考えましたが、

テンパって「TrSh」をしていましたので、
冷静に落ち着く翌日「TrSh」やり直したところ、
「D1516DAC」で再生出来るように復活しました?

その後原因「D1516DA」側にあると思って、
原因追及を行いましたが、仮定した不具合が起こらず、
何が原因だったのか? 全く分かりません。orz

 一応「D1516DAC」側に接続させる
「USB TypeB 端子」に挿した「USBケーブル」
外して起動させて、再び電源「OFF」にしてから、

した「USBケーブル」「D1516DAC」接続して
再起動させれば、再生出来るように正常に戻り、
不具合を回避できるようになりました。

(実施したのは「D1516DA」が認識している
 接続状態情報を「リセット」させようとした。

以上より試聴時間が短く、さらに試聴の時間間隔が
長く空き、試聴は音質差の検証が十分慎重に出来ず、
その時々の印象でしか残りません。orz

 一応結果を簡単な感想で書きますと、


(1)「PC」->「USB-DAC」
  の結果は、

  改善前の「試聴システム」と時と比べますと、
 「クランプ式フェライトコア」や
 「アモルメットコア」等の改善効果の影響で、

 案外、充分聴き続けることが出来る音質に
 変化していました。

 でもノイズフロアが聴感で分かるレベルに上がって、
 音場感の空間にはノイズが散らばっていて、

 音像の輪郭にノイズがかなり毛羽立っていて、
 音像の輪郭が、ほぼ分からないるように聴こえました。

 よって、音場感は良くなく透明感が感じられません。

 試しに「並列接続的使い方」の
 「ES-OT4+APS-DR000」を付けたり外したりすると、
 そのたびに音質は変化しました。

 「ES-OT4+APS-DR000」がある場合に音質は
 全体的に少し向上する改善が分かりましたが、
 体制が変わるような感じは起きませんでした。

 独断と偏見で 100点 が満点で得点を付けますと、
 60 というところでしょうか?


(2)「PC」->「ES-OT4」->「USB-DAC」
  の結果は、

  「(1) USB-N/F 無しの場合に比べると、
 ノイズフロアはよく聞かないと分からないレベルに
 まで格段に下がり、
 
 再生音に載っていた毛羽立っていたノイズは激減して、
 音場感の空間に散らばっていたノイズも激減しました。

 微小信号の再生が出来るようになったのか?、
 音場空間は3次元的に拡大して、音源の音像が分離して
 聴こえるように進化しました。

 ボーカル等は中心で前に張り出し音像が引き締まって
 ハッキリ分かるように感じられるようになり、
 楽器演奏はボーカルの後ろに定位するようになりました。

 音場の空気感がクリアーで透明感を感じるように
 再生音が変わりました。

 本格オーディオを実施しているような 雰囲気が
 漂ってきました。しかし高級コンポの醸し出すような
 艶は感じることは出来ません。

 「ES-OT4+APS-DR000」を付けたり外したりする
 効果の確認は、注意深く聴きませんと分からない
 微妙な変化しか感じられませんでした。

 得点を付けますと、
 75 というところでしょうか?


(3)「PC」->『APS-DR000T』->「USB-DAC」
  の結果は、

  「(2) ES-OT4の場合に比べると
 ノイズフロアの高さは変わらないと思いますが、
 SN感が向上したかのように感じました。

 再生音に載っていた毛羽立っていたノイズが
 全く感じなくなり、音場感の空間にはノイズが
 一切感じなくなりました。

 音場空間の広さと音源の音像の分離感は余り変わり
 ませんが、音像の焦点がぼやけず、音像の輪郭が、
 クッキリ・ハッキリ に変化しました。

 この変化は私の経験上、上級機にアンプを交換した
 ときの変化と似ていました。

 しかし何か? 意図的に作られたような雰囲気を
 持っていますので、個人的には「ES-OT4」の方が
 自然な音場感のように感じます。

 実際の生音の場合、人間の音声にそんな音像感を
 感じたことはないからです。

 一体どちらが正確な再生音なのか?
 私には判断できません。

 得点を付けますと、
 80 というところでしょうか?


以上より「ES-OT4」『APS-DR000T』
音質比較では勝手につけた点数に差はありますが、

優劣はつけ難く
使い勝手も大きく違いますので、

どちらか一方しか使わないような
判定下せませんでした。


今回は、以上となります。

 ● ONTOMO MOOK 音改機器 2、付録 APS-DR000T 試聴レビュー 1
 ● ONTOMO MOOK 音改機器 1、付録 APS-DR000T USB型ノイズクリーナ
 ● ONTOMO MOOK 音改極意 6、付録 APS-DR000 + ES-OT4 の試聴
 ● ONTOMO MOOK 音改極意 4、付録 APS-DR000 試聴レビュー 1
 ● ONTOMO MOOK 音改極意 1、付録 APS-DR000 について 1
 ● ステレオ2015年1月号 付録 ES-OT4 USBノイズフィルター 4
 ● ステレオ2015年1月号 付録 ES-OT4 USBノイズフィルター 3
 ● ステレオ2015年1月号 付録 ES-OT4 USBノイズフィルター 2
 ● ステレオ2015年1月号 付録 ES-OT4 USBノイズフィルター 1


現在販売中ボンノート DRESSING ノイズクリーナー

       

左:Pioneer BonnesNotes DRESSING APS-DR001 USBノイズクリーナー
右:BonnesNotes DRESSING APS-DR002 USBノイズクリーナー

BONNES NOTES DRESSING 高CP製品版
  ●パイオニア(Pioneer) BonnesNotes
   DRESSING APS-DR001 USBノイズクリーナー
    定 価:6,000円(税別)
    発売日:2016年12月19日

  ・PC等のUSB端子に接続するだけで電源ノイズカット
  ・抜差し・着脱時に持ちやすいプリズム形状デザインを採用
  ・低域と中高域をバランス良くチューニング
  ・サイズ:W 44mm×H 21mm×D 9mm
  ・質 量:7 g

BONNES NOTES DRESSING ハイエンドモデル
  ●パイオニア(Pioneer) BonnesNotes
   DRESSING APS-DR002 USBノイズクリーナー
    定 価:20,000円(税別)
    発売日:2016年12月19日

  ・出力口(USB Type Aメス)を設けてUSBケーブルが挿せる
  ・PC等のUSB端子に接続してで電源信号ノイズカット
  ・高域の解像度アップ + 低域の解像度もさらにアップ
  ・Audio用半田や選別部品により、音場感を再現
  ・無垢(ムク)のアルミ素材の質感から高級感あるデザイン
  ・サイズ:W 60mm×H 20mm×D 12mm
  ・質 量:25 g


付録ノイズクリーナー と同様の他 ブランド品
  
左:iFI-Audio iSilencer3.0 USBノイズフィルター
中:audioquest JITTERBUG USBノイズフィルター
右:Acoustic Revive RUT-1 USBターミネーター

  ●アイファイ・オーディオ(iFI-Audio)
   iSilencer3.0 USBノイズフィルター
     参考価格:6,800円(税別)
     発 売 日:2016年12月上旬?

  ・USB3.0/2.0 インターフェース対応
   ジッターとパケットエラー を低減
  軍事技術の流用 Active Noise CancellationRテクノロジー
   ジッターとパケットエラー を低減
  ・USBデジタル信号のバランス伝送のバランスを再調整
  ・サイズ:W18 × H8 × L48 mm 、 重量: 6.3 [g]

  ●オーディオクエスト(audioquest)
   JITTERBUG USBノイズフィルター
     参考価格:7,700円(税別)
     発 売 日:2015年 9月

   ジッターバグ 両端にオスメス端子が備わるノイズフィルター
  AV,PC、スマホ で歪減少、 繊細・透明・艶感が、飛躍的改善
  ・雑音と共振を減少でジッターとパケットエラーも減少
  ・サイズ:不明(USBメモリ程度?)、重量:不明

  ●アコースティックリバイブ(Acoustic Revive)
   RUT-1 USBターミネーター
    定 価:19,440円(税別)
    発売日:2014年 6月上旬

  ・常に稼働中の USBインターフェース の生成ノイズを遮断
  Audio機器,PC等 USB端子で S/N比向上・歪減少、劇的効果
  B端子変換アダプター使用でB端子でも、劇的効果
  ・サイズ:W17.9 × T10.5 × L44.6 mm

ネット通販でのご購入 はこちら

  ・amazon.co.jp 
  -> Pioneer BonnesNotes DRESSING APS-DR001 USBノイズクリーナー
  -> BonnesNotes DRESSING APS-DR002 USBノイズクリーナー
  -> iFI-Audio iSilencer3.0 USBノイズフィルター
  -> audioquest JITTERBUG USBノイズフィルター
  -> Acoustic Revive RUT-1 USBターミネーター

  ・楽天市場   
  -> APS-DR001 は未登録(2017年11月現在)
  -> APS-DR002 は未登録(2017年11月現在)
  -> アイファイオーディオ iSilencer3.0 USB Noise Filter
  -> オーディオクエスト JITTERBUG USBノイズフィルター
  -> アコースティックリバイブ RUT-1 USBターミネーター


  ハイレゾ対応機器の購入 は ONKYO DIRECT へ

 

 【e-onkyo music】ハイレゾ シングルランキング見てみる?
 【e-onkyo music】ハイレゾ アルバムランキング見てみる?

極上の音質改善機器_03 先頭へ






  【300*250】アウトレット

 NEC Direct(NECダイレクト)

  Microsoft Public Affiliate Program (JP)