Fostex FE208-Sol 限定スピーカーユニット について 2、公開された、専用自作スピーカーモデルについて


 *Fostex限定Unitの記事はカテゴリ:_Fostex 限定 SP UNIT

Fostex限定 FE208-Sol_02 本文へ ↓


  Solの継承 BH超大Dレンジ

    

左:フォステクス FE208-Sol 限定20cmフルレンジユニット
右:フォステクス BK208-Sol FE208-Sol専用BH(受注生産)

  Fostex 限定FE208-Sol BH専用
     20cm フルレンジ・スピーカーユニット
    予定頒布数: 限定300台(再配布決定)
    特別 定価: ¥35,000(税別)
    発 売 日: 2017年 9月下旬(12月末? 再配布予定)
  BH型SPの頂点を目指した20cmフルレンジ
  高性能を支える高剛性アルミダイキャストフレーム
  ・限定 Sol の理念と技術を継承、2層抄紙ESコーン
  超強力・低歪 大型フェライト2枚重ね磁気回路
  ・ハイ・コンプライアンス コルゲーションダンパー
  3点接着方式、ファストン205金めっき端子
  ・付属品:木ネジ×8本、ワッシャー×16個、
      :鬼目ナット×8 個、
      :M5、L40キャップボルト×8本、
      :Lレンチ×1本、パッキン×1枚、
      :OFCケーブル×2本

  Fostex 受注生産BK208-Sol FE208-Sol専用
     20cm口径 BH型スピーカーボックス
    受注生産品: 納期約1.5ヵ月
    標準 価格: ¥200,000(税別/1台)
    発売予定日: 2017年 9月末日より受付開始
  音響用シナ合板の豊かな低音の響きと自然な余韻
  美しく落ち着きのあるウォールナット突板貼り
  ・バナナプラグ対応金めっき端子、OFC同芯撚り線内部配線
  ・限定STW T90A-Super を組み合わせてグレードアップ
  ・適合BKユニット:FE208-Sol限定ユニット
  ・サイズ: W342 × H1021 × D516.5 mm
  ・質 量: 30 [kg]
  ・付属品:M4キャップボルト×8、ワッシャー×8、
      :Lレンチ×1

ネット通販でのご予約・ご購入 はこちら

  ・楽天市場   
  -> フォステクス FE208-Sol 限定20cmフルレンジユニット
  -> フォステクス BK208-Sol FE208-Sol専用BH(受注生産)

        ※)2017年12月10日現在、
        既に売切れの場合あり、御了承お願い致します。



Fostex限定 FE208-Sol_02


  ※)全文、
    ・スピーカー         -> SP、
    ・スピーカーエンクロージャー -> SP箱、
    ・スピーカーユニット     -> SP−UNIT、
    ・パッシブ・ネットワーク   -> NW、
    ・ウーファー,ウーハー    -> WF、
    ・ツィーター,トゥイーター  -> TW、
    ・サブ・ウーファー,ウーハー -> SW、
    ・スーパー・ツィーター,トゥイーター
                   -> STW、
    ・周波数特性         -> f特、
    ・インピーダンス特性     -> Z特、
    ・コストパフォーマンス    -> CP、
    ・DIATONE SPSYS V1.1版 for P-610MA/MB、
                   -> SPSYS
    など、略す場合が有ります。


0.まえがき

 FE208-Sol BH専用20cm口径フルレンジ
BK208-Sol FE208-Sol専用BH型SP-BOXは、
ネット通販購入可能となっていました。

 ● Fostex FE208-Sol 限定スピーカーユニット について

加えて『FE208-Sol』「SP-BOX」
雑誌で公開されていますので、その一部の紹介をします。

 上記内容は「追記」で公開しようと考えましたが、
長文になりましたのと、最近「オーディオ」関連に
手を付けられない状況で、

1ヶ月近く何も進んでいなく、日記記事の更新も
停滞してしまいましたので、
今回、更新することにしました。orz


1.FE208-Sol用 エンクロージャー

 「取扱説明書」にオリジナル設計図が
載っている「BK208-Sol」以外の作例は、

1)ASB2081Sol 作:浅生 ム(アキラ) 氏

  現代の自作SP事情に合った製作の容易な
  (板材を抑えて一人で製作可能な重量)
  直管接続のCWホーンで、外観が
  オーソドックスなトールボーイ型
  サイズ:310W × 915H × 470D[mm]

 出典:
   「Stereo誌2017年11月号 オーディオクラフト
     FE208-Sol使用バックロードホーンの製作
     pp.145-148」

2)FE208-Sol用 RSBH 作:生形 三郎 氏

  「生形 氏」が実現させた逆スパイラルホーン方式
 によるBH、低コストかつ、なるべく大きさを抑える
 ことを目指して、

 本来の性能が出せる?サイズ(大き過ぎ)を
 断念して、軽量化と小型化のために再設計した
 モデルになるそうです。

 それでも大型のトールボーイ型BH

 サイズ:424W × 900H × 536D[mm]

 出典:
   「Stereo誌2017年12月号 オーディオエクスローラー
      〜 新たな音世界を求めて 〜
      FE208-Sol使用バックロードホーンの製作
      pp.162-165」

3) ハシビロコウ 作:炭山 アキラ 氏

  「FE208SS:2枚重ね磁石」で「長岡 氏」が設計した
 「D-150 モア:20p口径スワン型BH」を家庭でも使える
 サイズに小型化した『FE208-Sol』専用、音場型BH

  「D-150 モア」は「炭山 氏」にとって「長岡 氏」の
 「自作SP」の中で「No.1」になるモデルだそうです。

 「D-150」を小型化したモデルは「FE203En-S:1枚磁石」
 で「炭山 氏」は「シギダチョウ」で実現しています。
 氏 の「リファレンスSP」として活躍しているそうです。

 『FE208-Sol』が「2枚重ね磁石」と新開発による改良で、
 磁気回路が強化したことに対応することと「シギダチョウ」
 の不満点(低音域の伸びがやや不足)を

 改善(50[Hz] -> 40[Hz])するために、新しく設計された
「シギダチョウ MK2」とも呼べる?「20p口径、鳥型BH」

  「ハシビロコウ」とは、大型鳥類(体長 110-140cm)で、
 巨大なくちばしを持つ、鋭い目つき、めったに動かない鳥。
 絶滅危惧種、南スーダンン自治政府の紋章にも描かれていた。
 
 サイズ:542W × 1200H × 563D[mm]?

 出典:
   「Stereo誌2017年12月号 オーディオクラフト
     FE208-Sol 巨大鳥型「ハシビロコウ」前編
     pp.174-176」

 後編(製作・試聴編)は、2017年12月19日発売予定の
 「Stereo誌2018年1月号」に 掲載される予定。


 には「MJ無線と実験2017年10月〜12月号?」辺りで、
「小澤 隆久 氏」が公開しているようですが、一部しか
立ち読み出来ませんでしたので、紹介が出来ません。

 『FE208-Sol』の「SP箱」をまとめてみて
感じたことは、上記{ 1) 〜 3) }の 自作BH型「SP-BOX」の
開発方針には、共通した目標がありました。

それは
{「D-58」や「D-150 モア」からの 軽量化と小型化}
です。

「1) ASB2081Solの場合は、さらに
「SP自作」を一人で完結出来ることまで想定していました。

旧「6N-FE208SS」を使用した「故:長岡 氏」の設計した。
リファレンスBH「D-58」や鳥型BH「D-150 モア」は、

巨大で重量が重たいため、一人だけで工作するのは
至難の業だったそうです。

『FE208-Sol:2枚重ね磁石』の性能を十二分に発揮させる
ためには「D-58」や「モア」の様なサイズの「SP箱」が
必要ですが、

その場合は多分16帖を超える広い「リスニングルーム」が
必要となります。そのような恵まれた環境を持つ方が、
どれだけいるのか? ということなのでしょう。

個人的には、実際に実現可能な記事を載せることは評価
していますが、雑誌記事の読み手の立場として考えますと、

一例ぐらいは、一般的に使用出来なくとも、とんでもない
バカげたサイズや用途等の「SP自作」記事があっても
よいと思いました。

最後に「小澤 隆久 氏」の「FE208-Sol」使用のBH工作で、
板厚が{ t = 12mm }でも十分使えるような記事を載せて
いましたが、個人としては反対します。

上記で「2) RSBHは{t = 12mm サブロク合板×6枚}
ですが、バッフル面は3枚重ね、音道も2枚以上の補強材
の様な{ t = 24mm }以上ともいえるような使い方です。

広い幅の裏板・天板等は、縦に2枚の大きな補強材を
使用しています。{板厚 12mm}で実現させていますが、
多くの補強で、手間を加えた板厚強化の設計です。

そのような徹底した補強や板厚を2重にして板厚を補う
補強が条件ならば板厚は{ t = 12mm }でも
良いとは思いますが

補強は音道のスムーズな広がりの邪魔にもなりえます。
補強の加工作業は工数の大幅増加につながり好ましいもの
ではありません(板材のコストダウンになる可能性はある)。

また「小澤 氏」は「大音量を出さなければ大丈夫」の
ような「試聴会」で発言した映像を私は見ています。
そのような条件があるようですが、

「BH」の特徴として「省電力」で「大音量再生」が
可能という大きなメリットがあります。

個人的には「小音量再生」でも「小音量領域」の
リニアリティーが良い? 理由で「小音量再生」も
薦められますが、

「大音量再生」が「BH」の魅力と一般的に認知されて
います。よって、それを無視してよいのか? と思って
います。

「小澤 氏」は、最近は無くなってきましたが
「段ボール」を板材の代わりに使用した「SP箱」も
よく薦めていました。

これも個人的には「経験上」あまり好ましい「SP箱」で
無かったので、遊びで試してみても良いとは思いますが、

良い音の「自作SP」にするのは非常に難しかったので、
安易に薦めてよいのか? と感じていました。

「嗜好」が異なっていることが、大きな差だと思って
います。世の中、色々主張があり、明らかに間違って
いるのなら仕方ありませんが、そうでもない感じもします。

結論は、今回は少し極端過ぎる(リスクが大きい)ので、
一応、反対することにしました。
しかし白黒ハッキリさせるのは非常に難しいです。orz

ちなみに理想の板材の要件は{高剛性(硬い)で
高内部損失(鳴かない特性)で、なるべく薄い板}
となっています。

他にも{響きの良い板材}で「SP箱」を鳴らして、
心地よい音に感じさせる再生を設計で狙うことも
実際にあります。

今回は以上です。


  Fostex 通常品 20cm口径BH専用ユニット
    

左:FOSTEX FE206En 20cmフルレンジユニット(1台)
右:FOSTEX FE208EΣ 20cmフルレンジユニット(1台)

 ●Fostex FE206En BH向き
     20cm フルレンジ・スピーカーユニット
     特別定価 ¥13,000(税別) 発売日:2010年11月
  手軽に BH型SP-BOX で楽しめる 20cmフルレンジ
  ・FE206E の理念と技術を継承、ESコーン+エッジ軽量化
  BH専用旧FE208Σと同等駆動力の大型強力磁気回路
  ・高リニアリティ ダンパー/エッジ、低損失の駆動系
  ESコーンは低損失振動板で情報量が飛躍的に増大
  ・付属品:木ネジ×4、ワッシャー×4、パッキン×1

 ●Fostex FE206EΣ BH専用
     20cm フルレンジ・スピーカーユニット
     標 準 価格:¥29,500(税別) 発売日:2001年辺り?
  ESシリーズで培われたHP振動板技術を継ぐBH専用
  ・バックロードならではのスピード感溢れる再生を実現
  高剛性/低歪みを実現、ESシリーズで培われたHP振動板
  ・低歪みで 旧FE208Σ を上回るφ156mm磁石の強力磁気回路
  優れた振幅応答、UDRタンジェンシャルエッジ/ダンパー
  ・超安定アルミダイカスト高剛性ラウンドフレーム採用
  付属品:木ネジ×4、ワッシャー×4、パッキン×1

      

中央:WonderPure WP-720BH 20cmBH型SP組立キット(2本)

 ●ワンダーピュア WP-720BH
     20cm 20cmBH型SP-BOX 組立キット(2本)
     標 準 価格:¥38,880(8%税込) 発売日:2015年8月?
  ・BHならではの 歯切れ良く、明るく、前に出る音 を再生
  全工程をカラー図で解説、分かり易い組立説明書付。
  ・迫力ある幅280mm・高さ900mm・奥行き400mmサイズ
  推奨SP-UNIT:FOSTEX FE206En または FE208EΣ
  ・スピーカーユニット取付穴径:185mm
  付属品:板材×15枚、スピーカーケーブル×1本、
      :吸音材×1枚、スピーカー端子×1個

ネット通販でのご予約・ご購入 はこちら

  ・amazon.co.jp 
  -> FOSTEX FE206En 20cmフルレンジユニット(1台)
  -> FOSTEX FE208EΣ 20cmフルレンジユニット(1台)
  -> WonderPure WP-720BH BH型SP組立キット(2本)

  ・楽天市場   
  -> フォステクス FE206En 20cmフルレンジユニット(1台)
  -> フォステクス FE208EΣ 20cmフルレンジユニット(1台)


  BH SPに 相性が良い FET素子 アンプ

   

左:DENON PMA-2500NESP プリメインアンプ
右:DENON PMA-1600NESP プリメインアンプ

 ●デノン(DENON) PMA-2500NEプリメインアンプ
      標準価格¥230,000(税別)  発売日:2016年11月上旬

  ・NE(NEW ERA:新時代) で多岐に渡る入力に対応
  ・最短設計の信号経路で、高純度・安定した音を実現
  ・旧 PMA-2000RE を超える後継モデル USB-DAC搭載
  ・DSD(11.2MHz)/PCM(384 kHz/32bit)対応のUSB-DAC
  ・定格出力 8Ω:80W+80W(20Hz〜20kHz、歪:0.07%)
  ・定格出力 4Ω:160W+160W(1kHz、歪:0.7%)
  ・全高調波歪率:0.01%(定格出力-3dB時:8Ω、1kHz)
  ・周波数特性 :5Hz〜100kHz(0〜-3dB)
  ・S N 比 :フォノ以外 110 dB (入力端子短絡)
  ・デジタル入力:4系統(光×2,同軸×2,USB TypeB×1)
  ・アナログ入力:6系統(RCA×3、PhonoMM/MC×1、
  ・      :    REC IN×1、EXT.PER×1)
  ・アナログ出力:1系統(REC OUT×1)
  ・ヘッドホン :標準ステレオジャック×1
  ・サイズ/質量:W434×H182×D431 mm / 25.0[kg]

 ●デノン(DENON) PMA-1600NE プリメインアンプ
      標準価格¥150,000(税別)  発売日:2016年11月上旬

  ・NE(NEW ERA:新時代)で、多岐に渡る入力に対応
  ・最短設計の信号経路で、高純度・安定した音を実現
  ・PMA-1500RE の後継モデル、最新 USB-DAC 搭載
  ・DSD(11.2MHz)/PCM(384 kHz/32bit)対応のUSB-DAC
  ・定格出力 8Ω:70W+70W(20Hz〜20kHz、歪:0.07%)
  ・定格出力 4Ω:140W+140W(1kHz、歪:0.7%)
  ・全高調波歪率:0.01%(定格出力-3dB時:8Ω、1kHz)
  ・周波数特性 :5Hz〜100kHz(0〜-3dB)
  ・S N 比 :フォノ以外 110 dB (入力端子短絡)
  ・デジタル入力:3系統(光×2,同軸×1,USB TypeB×1)
  ・アナログ入力:4系統(RCA×2,PhonoMM,MC/REC IN×各1)
  ・アナログ出力:1系統(REC OUT×1)
  ・ヘッドホン :標準ステレオジャック×1
  ・サイズ/質量:W434×H135×D410 mm / 17.6 kg

ネット通販でのご購入 はこちら

 ・Amazon.co.jp 
  -> DENON PMA-2500NESP プリメインアンプ
  -> DENON PMA-1600NESP プリメインアンプ

 ・楽天市場   
  -> デノン PMA-2500NESP プリメインアンプ
  -> デノン PMA-1600NESP プリメインアンプ


   

左:PIONEER A-70DA USB-DAC搭載プリメインアンプ
右:PIONEER A-50DA USB-DAC搭載プリメインアンプ

 ●パイオニア(Pioneer) A-70DA プリメインアンプ
      標準価格¥210,000(税別)  発売日:2015年10月末

  ・フルバランス入力、最新 D級パワー USB-DAC 搭載
  ・左右独立フルバランス伝送による高純度な信号伝送
  ・究極シンプル回路構成実現 Direct Power FET 搭載
  ・電源,パワー,プリ を分離 理想コンストラクション
  ・パワー部とプリ部に大容量電源トランスを独立搭載
  ・DSD(11.2MHz)/PCM(384 kHz/32bit)対応のUSB-DAC
  ・DACチップ:ESSテクノロジー社製SABRE32 Ultra DAC
  ・SP端子:バナナプラグ,極太電線対応,新形状真鍮製
  ・定格出力:90W+90W(20Hz〜20kHz、4Ω、歪:0.5%)
  ・全高調波歪率:0.02%(定格出力-3dB時:8Ω、1kHz)
  ・周波数特性 :5Hz〜50kHz(±3dB)
  ・S N 比 :フォノ以外 101 dB (入力端子短絡)
  ・デジタル入力:3系統(光×1,同軸×1,USB TypeB×1)
  ・アナログ入力:7系統(BALANCED×1,PhonoMM/MC×1,
  ・      :RCA×4,Power AMP DIRECT×1
  ・アナログ出力:2系統(LINE 2OUT)
  ・ヘッドホン :標準ステレオジャック×1(Front)
  ・サイズ/質量:W435×H141.5×D370[mm]/ 18.3[kg]

 ●パイオニア(Pioneer) A-50DA プリメインアンプ
      標準価格¥113,000(税別)  発売日:2015年10月末

  ・上級機直系の最新D級パワー・USB-DAC 搭載
  ・究極シンプル回路構成実現 Direct Power FET 搭載
  ・電源,パワー,プリ を分離 理想コンストラクション
  ・高音質な独立巻き線による電源トランスを搭載
  ・DSD(11.2MHz)/PCM(384 kHz/32bit)対応のUSB-DAC
  ・DACチップ:ESSテクノロジー社製SABRE32 Ultra DAC
  ・SP端子:Pioneer特性バナナプラグ対応金メッキ端子
  ・定格出力:90W+90W(20Hz〜20kHz、4Ω、歪:0.5%)
  ・全高調波歪率:0.02%(定格出力-3dB時:8Ω、1kHz)
  ・周波数特性 :5Hz〜50kHz(±3dB)
  ・S N 比 :フォノ以外 101 dB (入力端子短絡)
  ・デジタル入力:3系統(光×1,同軸×1,USB TypeB×1)
  ・アナログ入力:6系統(PhonoMM×1,RCA×4,
  ・      :Power AMP DIRECT×1
  ・アナログ出力:2系統(LINE 2OUT)
  ・ヘッドホン :標準ステレオジャック×1(Front)
  ・サイズ/質量:W435×H138.5×D368[mm]/ 11.1[kg]

ネット通販でのご購入 はこちら

 ・Amazon.co.jp 
  -> PIONEER A-70DA USB-DAC搭載プリメインアンプ
  -> PIONEER A-50DA USB-DAC搭載プリメインアンプ

 ・楽天市場   
  -> パイオニア A-70DA USB-DAC・バランス入力搭載アンプ
  -> パイオニア A-50DA USB-DAC入力搭載プリメインアンプ


 

 【e-onkyo music】ハイレゾ アルバムランキング見てみる?
 【e-onkyo music】ハイレゾ シングルランキング見てみる?

  ハイレゾ対応機器の御購入 は ONKYO DIRECT へ


Fostex限定 FE208-Sol_02 先頭へ








  Microsoft Public Affiliate Program (JP)

  【300*250】アウトレット

NEC Direct(NECダイレクト)