ステレオ2016年 8月号 付録 メタル振動板 M800 8cmフルレンジ スピーカー ユニットについて その2


 ステレオ2016年8月号付録 M800 告知-02 本文へ ↓
 *2016年8月号記事はカテゴリ:_2016年8月号(M800)


  

左:Stereo 2016年 8月号
中:スピーカー工作の基本&実例集2015年版
右:Stereo 2016年 6月号

  付録はStereo×Fostex 企画 アルミ振動板ユニット
   ステレオ(Stereo) 2016年 8月号
     予価 ¥3,900(8%税込) 発売日:2016年 7月19日
  特別付録:メタル(アルミ) 振動板 8cm口径
       フルレンジ スピーカーユニット M800 (ペア)
  ★M800 特徴
  :コーンとセンターキャップはアルミニウム素材
  :ワイドレンジ(f0〜32kHz)でフラットな周波数特性
  :ナチュラルな音質で、浸透力のある高音と厚い低音
  :強力な 直径60mmフェライト外磁型磁気回路
  :振動板の鳴きを抑制、アップロール・ラバーエッジ
  :2014年8月号付録 PW80 と同フレーム、高取付互換性

  ステレオ8月号 付録 M800 BHエンクロージュア キット 付録
 ●ONTOMO MOOK Stereo編
    スピーカー工作の基本&実例集 2016年版
     予価 ¥4,900(8%税込)、  発売日:2016年7月19日
 ・付 録:ステレオ2016年8月号付録M800専用
      バックロードホーン エンクロージュア・キット
     :驚異的な低音 のバックロードホーン

  Audioの総合月刊誌 ステレオ リニューアル 第2号
   ステレオ(Stereo) 2016年 6月号
     定価 ¥972(本体¥900+税) 発売日:2016年 5月19日
  特 集:アナログレコードを聴きたい
     :ここから始める! レコード再生
     :〜プレーヤー&カートリッジ編
     : フォノケーブル聴き比べ

ネット通販での ご購入 はこちら

  ・amazon.co.jp 
  ->  Stereo 2016年 8月号
  -> スピーカー工作の基本&実例集2015年版
  -> Stereo 2016年 6月号

  ・楽天市場   
  -> ステレオ 2016年 8月号
  -> スピーカー工作の基本&実例集 2016年版
  -> ステレオ 2016年 6月号

  ・オムニ7(7net shopping)
  -> ステレオ_2016年 8月号
  ->  スピーカー工作の基本&実例集-2016年版
  ->  ステレオ_2016年 6月号

  ・富士山マガジン
  ->  未 登 録
  ->  未 登 録
  -> ステレオ-2016年 6月号



ステレオ2016年8月号付録 M800 告知-02


  ※)全文、
    ・スピーカー -> SP、
    ・エンクロージャー   -> SP箱、
    ・スピーカーユニット  -> SP-UNIT、
    ・フルレンジユニット  -> FR、
    ・ウーファー      -> WF、
    ・ツィーター      -> TW、
    ・スーパー・ツィーター -> STW、
    ・パッシブ・ネットワーク-> NW、
    ・チャンネルデバイダー -> チャンデバ、
    ・周波数特性      -> f特、
    ・インピーダンス特性  -> Z等、
    ・コストパフォーマンス -> CP、
    ・アナログディスク(レコード) -> AD、
    ・マルチアンプによるスピーカーの楽しみ倍増法
     付録チャンネルデバイダー  -> 付録チャンデバ
    ・Stereo 編スピーカー工作の基本&実例集
     の特別付録エンクロージュア -> ムック箱、
    ・P800+ムック箱自作SPシステム -> P800-SPS、
    ・ステレオ2014年8月号の付録  -> 14-2Way
    ・スピーカー工作の基本&実例集
     の特別付録エンクロージュアの総称 -> ムック箱、
    ・スピーカー工作の基本&実例集2014年版
     の特別付録エンクロージュア    -> 2014箱、
    ・スピーカー工作の基本&実例集2015年版
     の特別付録エンクロージュア    -> 2015箱、
    ・スピーカー工作の基本&実例集2016年版
     の特別付録エンクロージュア    -> 2016箱、
    ・P800+ムック箱自作SPシステム  -> P800-SPS、
    ・デジファイ(DigiFi)15付録 ハイレゾ対応
     USB→同軸(RCA)変換DDC      -> DGF15DDC、
    ・デジファイ(DigiFi)16付録 ハイレゾ対応
     D同軸→A-RCA2CH 変換DAC      -> DGF16DAC、
    ・DGF15DDC+DGF16DAC+SCWV-1516B/G(CASE)
     の USB DAC             -> D1516DAC、
    ・デジファイ(DigiFi)17付録 ハイレゾ対応
     D級パワーアンプ          -> DGF17AMP
    ・デジファイ(DigiFi)19付録8cmフルレンジ
     スピーカーユニット        -> DGF19FSP
    ・デジファイ(DigiFi)20付録3cmソフトドーム型
     ス−パーツィーター        -> DGF20STW
    など、略す場合が有ります。

0.まえがき


 「AD」の「デジタルアーカイブ化」の関係で、フォノ
イコライザー内臓SU-C1000:プリアンプ」の高音質化電源
となるバッテリー部分の改修は、未だに工作を中断しています。

中断中ですが悪い事ばかりでなく、最近「amazon.co.jp」
別件の「充電池バッテリー」を検索していたところ、

「SU-C1000」の内臓バッテリー「Technics:P-06RM/8A15
ほぼ同じ寸法出力電圧が同じ(9.6V)「ニッケル水素」の
「RCカーバッテリー」を見つけました。

 こちらの方を試してみたくなりました。充電池は単3形乾電池型
の場合、電池ケースを使って電圧を重ねて上げる接続(直列接続)
をしますと、

各電池間の接続が、バネによる押さえつける力で圧力接触させる
接触抵抗になりますので、ハンダ付け等より接続抵抗は高くなり、
出力パワーが弱くなる懸念があります。

(本格オーディオで乾電池が利用されない音質劣化の原因の一つ?)

見つけた「RCカーバッテリー」の場合は、その心配がなく、しかも
単3形乾電池のニッケル水素型と同等の容量(2000[mAh])なので、

懸念は、その「RCカーバッテリー」用の充電器を所持していない事
だけで「SU-C1000」で充電可能なのか?ということになります。
(充電できる可能性は調べたところ非常に高い?)

まだ「RCカーバッテリー」は、注文していませんので、
現状は、そこで止まっています。


「PCオーディオ関連で「OS」不良のトラブルシューティング
ですが、6月以降に「MS Windows10」にアップグレードすることに
しました。

実際に不良が発生している「PC」は「PCオーディオ」用では
なく「PCオーディオ」用は、すでに「Windows10」にアップグレード
しているからです。本当に困っている問題ですが・・・


工作特集号『Stereo誌2016年 8月号』の特別付録、第7弾、
付録スピーカーユニット「Fostex:M800の検討ですが、
上記の懸案事項等が山積みで、思うように進みませんでしたが、

前回の日記記事の続きとして、今回「フォステクス:M800」の
机上検証の2回目を書き残します。


1.『ステレオ(Stereo)2016年 8月号』
   特別付録の告知について、机上検証


「ステレオ(Stereo)2016年 5月号」の告知に、になる、
 ステレオ(Stereo)2016年 8月号
   予価:¥3,900(8%税込)、 発売予定日:2016年7月19日

  特別付録:Fostex×Stereo共同企画 
      :8cmフルレンジ スピーカーユニット (×2 完成品)
      :M800 メタル(アルミニウム素材振動板

の予告広告が載っていました。続く「ステレオ誌6月号」にも
告知が載っていましたが、『M800』の「SP-UNIT」よりも、
『2016箱』の「M800用BH KIT」の仕様詳細?が中心でした。

まだ『M800』の仕様を十分検証していないのに「SP箱」の検証を
することは無謀なので『M800』の検証を済ませます。

「SP-UNIT」と「SP箱」の検証を同時進行することは、
無謀ではありませんが『M800』は「BH専用SP-UNIT」では
ないので、そのようなことになります。orz

さしあたって、今までの8cm口径の付録ユニット等とスペック値を
比較する表を再びアップします。
(誤りがある可能性が有りますが、ご了承お願い致します)。

   ステレオ付録 M800 PW80 他、仕様比較表
  第1図 ステレオ付録 M800 PW80 他、仕様比較表

さらに、いつも通り『M800』の平面バッフル・密閉型の計算を
しましたので、その計算結果をアップします。

   M800 平面バッフル・密閉型 計算表
  第2図 ステレオ付録 M800 平面バッフル,密閉型計算表

 一昨年の付録で同口径のウーファー「PW80」{ Q=1.08
DigiFi No.19付録の「DGF19FSP」は{ Q=1.13です。

海外ブランドの「8cm口径フルレンジSP-UNIT」は、
どのように設計しているのか? 私は把握できていませんが、

国内ブランドでは「f特」で低音域として聴感上重要な
100[Hz]〜 200[Hz]}の音圧が「SP箱」に入れた時に、
中音域と同音圧レベルで再生できるように、

{ 先鋭度:1.0と高く設定されているようです。

8cm口径「FR」や「WF」は小口径なので、振動板が音圧に変換
できる空気量が少ないので低音の音圧が減るため、

{ 先鋭度:Q }を高めに設定して、振動板の共振を利用して、
無理やり低音域の音圧を稼いでいると推測します。
( 100[Hz]〜 200[Hz]の中低音です)

 『M800』{ Q=0.75と{Q}の値が、
上記の「SP-UNIT」に比べて低く設定されたようです。
一般的に「低音域を引き締めた」と呼ぶそうです。

その辺りの中低音域の設定が「BH」で、中低音域の過度な音圧上昇を
抑えてスピード感と力感のある音質の低音を狙っていると推測します。
でも「BH専用SP-UNIT」には届かないので、過度な期待は禁物です。

「故:長岡鉄男 氏」の著書によりますと「平面バッフル」に向いた
「SP-UNIT」は、低音域再生を考えると{f0}{Q0}共、高い
「SP-UNIT」がベターで、

  ・{f0}は{60[Hz]〜200[Hz]}
  ・{Q0}は{ 0.7 < Q }

が、簡単な適する「SP-UNIT」の選定基準になるそうです。

一応『M800』は、その基準をクリアーして
いますので「平面バッフル」が適する
「SP-UNIT」になります。

「第2図」より{f0:105[Hz]}まで再生出来る
「平面バッフル」の寸法を検討しますと
60 [cm] × 90[cm] }適当となります。

8cm口径ユニットとして実用で使う場合は、有り得ないサイズです。
ただし、ユニットの音質性能を素直にフルに生かした
高音質を得られると推測できます。

間違いなく超高級市販スピーカーシステムにも、重低音再生・出力・
スケール等では、到底敵いませんが、音質では、勝るとも劣らない
可能性を非常に高く秘めています。

でも「平面バッフル」の場合「PW80」や「DGF19FSP」の方が{Q}が
高いので、それらの方が低音の量感確保については扱いやすいでしょう。

「平面バッフル」は、構造が単純なので、工夫は要らないと思って
いる方々もおられると思いますが、

バッフル面が鳴かないようにする、
バッフル板材の素材の工夫、バッフル面の仕上げの工夫、などなど、
色々試す余地はたくさん残っています。

 密閉{ 密閉型内容積:Q0c} の適正範囲
1.3Q0c0.7が、適切となっています。
最近の市販品SPではQ0c0.8が多いそうです。

「第2図」計算結果から
{ Q0c = 0.8 }の内容積を求めますと

『M800』の密閉型の内容積は{ Vc = 7.56[L]}
その「SP箱」の共振周波数は
{f0c = 112[Hz] }となっています。

小口径「SP-UNIT」なので重低音再生は、当然不可能な値ですが、
8cm口径ユニットの「SP箱」としては、大きめですが実用として、
十分、使用可能です。

重低音は、最近の音質が良くて普及している
「アクティブ・サブウーファー」に任せれば良いと
思います。

でも内容積が8[L]弱のSPシステムは、市販品3万円(ペア)
クラスのSPシステムとサイズが同等ですので、

実際に使用する場合は、
{ Q0c = 1.0 }{ Vc = 1.34[L]}{f0c = 140[Hz] }

「SP箱」で「ディスクトップ用」「AVサラウンドのリア用」
実用的だと私は判断します。

いつも通り公表している「周波数特性グラフ」の「Z特」から、
「SPSYS」で使用する「T/Sパラメーター」は求めています。

今回は「スペック値」と「グラフ特性線」の乖離(カイリ)が、
あまりありませんでしたので、類推する必要は生じませんでした。

しかし、それによるシミュレーションが十分出来ていません。
そして記事を書く時間もありませんので、
「バスレフ型」等の検討の続きは、次回以降に回します。


今回は、以上となります。




左:FOSTEX P802-E スピーカーボックス(ペア)
右:FOSTEX PT20K 20mmソフトドームツィーター

  Fostex製 SP BOX 付録 M800,PW80取付可能
 ●Fostex かんすぴ P802-E SP BOX (ペア)
      標準価格¥6,000(税別) 発 売 日:2015年 7月下旬
  ステレオ2016年8月号付録 M800 も取付可能
  「PT20K+PW80K」用バスレフ型エンクロージャー
  SP端子2組、内部配線、吸音材等組込済
  ・適合・ユニット:PT20(K)、PW80(K)
  ・SIZE/質量:101W×195H×118D[mm]/ 約650g(1台)

  DigiFi No.20付録 STWが取付可能 互換機
 ●Fostex かんすぴ PT20K 20mmソフトドームツィーター
   標準価格 ¥2,000 (税別)  発売日 2015年 4月中旬
  PW80K と感度・音色を合わたワイドレンジ設計
  付属品:木ネジ3本、パッキン1枚、1[μF]無極性電解C
   ※ネットワークはステレオ2015年8月号P1000特集等参照


   

左:DigiFi No.19 付録 8cm スピーカーユニット
中:DigiFi No.20 付録 ハイレゾ対応スーパーツイーター
右:DigiFi No.22 特別付録バランス駆動対応HPA

  DigiFiハイレゾ対応スピーカー付録 第1弾!
 ●デジファイ No.19 ステレオサウンド別冊
     特別定価 ¥3,780(8%税込) 発売日:2015年 8月31日
  ・付録:8cmスピーカーユニット ワイドレンジ設計
  Olasonic(オラソニック) 製
  ・ステレオ付録 M800 PW80 高取付互換性
  ハイレゾ対応、まとまりある耳辺りの良い音質
  ・特性が確かなコストパフォーマンス絶大のユニット
  ・大型磁石の強力磁気回路・高剛性グラスファイバー振動板

  DigiFiハイレゾ対応スピーカー付録 第2弾!
 ●デジファイ No.20 ステレオサウンド別冊
     特別定価 ¥4,980(8%税込) 発売日:2015年11月30日 予定
  ・付録:18mmソフトドーム型スーパートゥイーター
  最高再生周波数40kHzまで再生
  Olasonic(オラソニック) 製
  ・ステレオ付録 PT20(K) 高取付互換性
  ハイレゾ対応、No.19付録の聴きやすさを阻害しない音
  ・市販品スピーカーにも使えるケースやスタンドも並行して開発中
  ・脱着式外部フレーム・強力ネオジウム・マグネット採用
  ・寸法/質量:77.6φ×H12.5mm/36g(突起部含まず)、
  ・付属品:ローカット用コンデンサー(1μF)×2
  ・ガスケット×2、取付用ネジ×6

  特別付録 Olasonic製 バランス駆動対応HPA
 ●デジファイ No.22 ステレオサウンド別冊
     特別定価 ¥5,500(8%税込) 発売日:2016年5月30日
 ・特別付録:バランス 駆動対応ヘッドホンアンプ
 ・表紙連動企画:最新オーディオで暴き出すボブ・ディランの本質
 ・特集1:ハイレゾ配信サイトを調査する!
 ・特集2:20万円以下 USB DAC ブラインドテスト
 ・特集3:注目製品 深掘り テスト

ネット通販でのご予約・ご購入 はこちら
        ※)2016年5月22日現在、
          売切れの場合あり、御了承お願い致します。

  ・amazon.co.jp 
  -> FOSTEX P802-E スピーカーボックス(ペア)
  -> FOSTEX PT20K 20mmソフトドームツィーター
  -> DigiFi No.19 付録 8cm スピーカーユニット
  -> DigiFi No.20 付録 ハイレゾ対応スーパーツイーター
  -> DigiFi No.22 特別付録バランス駆動対応HPA

  ・楽天市場   
  -> フォステクス P802-E スピーカーボックス(ペア)
  -> フォステクス PT20K 20mmソフトドームツィーター
  -> デジファイ No.19 付録 8cm スピーカーユニット
  -> デジファイ No.20 付録 ハイレゾ対応スーパーツイーター
  -> デジファイ No.22 特別付録バランス駆動対応HPA

  ・オムニ7
  -> DigiFi No.19 付録 8cm-スピーカーユニット
  -> DigiFi No.20 付録 ソフトドーム型スーパーツィーター
  -> Digi Fi_No.22 付録バランス駆動対応ヘッドホンAMP

  ・富士山マガジン
  -> DigiFi No.19 付録 8cm_スピーカーユニット

  -> DigiFi No.20 付録 ハイレゾ対応ソフトドーム型スーパーTW

  -> Digi Fi-No.22 特別付録バランス駆動対応ヘッドホンAMP


  ハイレゾ対応機器の購入 は ONKYO DIRECT へ

  高音質ハイレゾ音源配信サイト e-onkyo music !?

 

  【e-onkyo music】ハイレゾ シングルランキング見てみる?
  【e-onkyo music】ハイレゾ アルバムランキング見てみる?

ステレオ2016年8月号付録 M800 告知-02 先頭へ ↑


  Microsoft Store (マイクロソフトストア)