Stereo誌2016年8月号 付録 メタル振動板 M800 8cmSPユニットについて その8 標準バスレフ等のシミュレーション(5)


 ステレオ誌2016年8月号付録 M800 批評-05 本文へ ↓
 *ステレオ2016年8月号の記事はカテゴリ:_2016年8月号(M800) へ


  

左:Stereo 2016年 8月号
中:スピーカー工作の基本&実例集2015年版
右:Stereo 2016年 7月号

  凄いぜ!メタル 対応 進化した音の醍醐味を満喫せよ!
  ● ステレオ誌 (Stereo誌) 2016年 8月号
     予価 ¥3,900(8%税込) 発売日:2016年 7月19日
  特別付録:メタル(アルミ) 振動板 8cm口径
       フルレンジ スピーカーユニット M800 (ペア)
   M800 特徴
  :フォステクス製・ペア完成品 8cm口径フルレンジ
  :コーンとセンターキャップはアルミニウム素材
  :振動板の鳴きを抑制、アップロール・ラバーエッジ
  :強力な 直径60mmフェライト外磁型磁気回路
  :2014年8月号付録 PW80 と同フレームで高取付互換性
  :ワイドレンジ(f0〜32kHz)でフラットな周波数特性
  :ナチュラルな音質で、浸透力のある高音と厚い低音

  特別付録 エンクロージュア・キット M800 専用BH
  ● 音楽之友社 ONTOMO MOOK Stereo編
   スピーカー工作の基本&実例集 2016年版
     予価 ¥4,900(8%税込)、  発売日:2016年7月19日
 ・付 録:ステレオ2016年8月号付録 M800 専用
      バックロードホーン エンクロージュア・キット
     :驚異的な低音BH
   M800 専用BH 特徴
    @:完成外形寸法 101W×291H×196D(突起部除く)
    A:板材 MDF9tおよび5.5tカット一式、約2.5s
         側板 5.5t×2枚、前板・背板他 9t×8枚、
         小板 2個、以上×2台
    B:接着用ボンド以外は、全パーツが揃ったキット品


  Stereo誌 リニューアル 第3号
  ● Stereo誌 (ステレオ誌) 2016年 7月号
     特別定価 ¥1,300(税込) 発売日:2016年 6月18日
  増大特集:ベスト・バイ・コンポ2016
        「今年のベスト1はこれだ」全結果
  特別企画:本誌精鋭筆者が選ぶ「群を抜くこの逸品」
        BBC2016選考者以外を魅了した「逸品」
  付録告知:M800 試聴会でのお披露目報告あり


ネット通販での ご購入 はこちら

  ・amazon.co.jp 
  ->  Stereo 2016年 8月号
  -> スピーカー工作の基本&実例集2016年版
  -> Stereo 2016年 7月号

  ・楽天市場   
  -> ステレオ 2016年 8月号
  -> スピーカー工作の基本&実例集 2016年版
  -> ステレオ 2016年 7月号

  ・オムニ7(セブンネットショッピング)
  -> ステレオ_2016年 8月号
  -> スピーカー工作の基本&実例集-2016年版
  ->  ステレオ_2016年 7月号

  ・富士山マガジン
  -> ステレオ-2016年 8月号

  -> 未 登 録
  -> ステレオ-2016年 7月号



ステレオ誌2016年8月号付録 M800 批評-05


  ※)全文、
    ・スピーカー(システム) -> SP、
    ・エンクロージャー   -> SP箱、
    ・スピーカーユニット  -> SP-UNIT、
    ・フルレンジユニット  -> FR、
    ・ウーファー      -> WF、
    ・ツィーター      -> TW、
    ・スーパー・ツィーター -> STW、
    ・パッシブ・ネットワーク-> NW、
    ・チャンネルデバイダー -> チャンデバ、
    ・周波数特性      -> f特、
    ・インピーダンス特性  -> Z等、
    ・コストパフォーマンス -> CP、
    ・アナログレコード(DISC)-> AD、
    ・ステレオ2014年8月号の付録2ウェイ -> 14-2Way
    ・スピーカー工作の基本&実例集
     の特別付録エンクロージュアの総称 -> ムック箱、
    ・スピーカー工作の基本&実例集2011年版
     の特別付録エンクロージュア    -> 2011箱、
    ・スピーカー工作の基本&実例集2014年版
     の特別付録エンクロージュア    -> 2014箱、
    ・スピーカー工作の基本&実例集2016年版
     の特別付録エンクロージュア    -> 2016箱、
    ・デジファイ(DigiFi)15付録 ハイレゾ対応
     USB→同軸(RCA)変換DDC      -> DGF15DDC、
    ・デジファイ(DigiFi)16付録 ハイレゾ対応
     D同軸→A-RCA2CH 変換DAC      -> DGF16DAC、
    ・DGF15DDC+DGF16DAC+SCWV-1516B/G(CASE)
     の USB DAC             -> D1516DAC、
    ・デジファイ(DigiFi)17付録 ハイレゾ対応
     D級パワーアンプ          -> DGF17AMP
    ・デジファイ(DigiFi)19付録8cmフルレンジ
     スピーカーユニット        -> DGF19FSP
    ・デジファイ(DigiFi)20付録3cmソフトドーム型
     ス−パーツィーター        -> DGF20STW
  など、略す場合が有ります。


0.まえがき


 この日記記事で、3回前は『M800』
市販SP箱「Fostex:P802-E」に取付けた場合の
シミュレーションの検証

 前々回は『M800』を市販SP箱「Fostex:P1000-E」
自作「サブバッフル」を使って、取付けた場合の
シミュレーションの検証

前回は、市販SP箱「Fostex:P800-E」のユニット取付穴を
『M800』が取付出来るように、

カッター等で「SP-UNIT」と「SP箱」の干渉をなくす
フレームを落とし込むザクリ加工して取付けた場合の
シミュレーションの検証をしました。

 その後、ムック誌の付録「BH」エンクロージュアを解析
しようと思いましたが、相変わらずステレオ誌付録『M800』
「BH」に最適な「SP-UNIT」ではなかったことと、

解析しても知識として得るものが少なそう
(ムック付録の制約で一般的な設計が行われていない)で、
無駄なことをするような気がしてきたため止めました。orz

「ステレオ2016年8月号」に多分「BH」の作例は掲載される
ハズだと予想しています。

そして、そちらの方が一般的な設計を実行しているハズなので、
それらが掲載されるのを待つことにします。


 今年の「SP-UNIT」付録の発売時期は、
他に実施しなければならない不都合が山積みで、

独自で設計する時間も無くなり、何も準備できていませんので、
公開されている「スピーカー自作モデル」の中でシミュレーション
してみて良さそうなモデルを発掘しようと思いましたが、

『M800』の規格があまりに独特なので、
良さそうな「SP箱」になる
スピーカー自作「モデル」は中々見つかりませんでした。orz

とにかく、
{ 標準エンクロージュア方式(内容積)
        :バスレフ( 3.5[L])
と告知に載っていましたので、

「バスレフ・ダクト」の形状が不明ですが、それを含めた
「自作スピーカー」想定のシミュレーションをしましたので、
日記記事に書き残します。との予定でしたが、

書く時間が無くなったので、
故:長岡鉄男氏の人気・自作・スワン系「BH」に属する。
D-83フラミンゴ(初出:FMfan」97年13号)」で、

『M800』が使えないか? つい検証してしまいましたので、
そちらの方の概要を書き残していまいました。orz

 ※)「D-83:フラミンゴ」は
   { 長岡鉄男のオリジナルスピーカー設計術
     Special Ediotion [図面集編T] }
     にも掲載されています。


 別件で実施しなければならないことの一つに「AVPC」
OSを「Windows8.1(以下 W8.1)」->「Windows10(以下 W10)」
グレードアップしなければならないことがありました。

無事にグレードアップできるのか? 調べたところ、肝心の
「地デジチューナー」「IOデータ:GV-MVP/XSWが、
「W10」に対応していない事が分かりました。

実は「GV-MVP/XSW」「W8.1」にも対応していません
でしたが

基本機能のみでは、使用可能だったので「W10」でも動作可能の
可能性もあったので「W10」にグレードアップしてみました。

その結果「GV-MVP/XSW」
「W10」では "NG" でした。

でもアップグレードの「PC画面上の誘い?」では、
そのことについて何もメッセージが出ていませんでした。orz

 いつもの事なので、私はクレームを付けるつもりは有りませんが、
「TV」の「ニュース番組」でも「W10」への勝手なアップグレード
が問題だと報道していましたので、

今「W10」へのグレードアップは、大問題になっているのだと
感じました(素人が簡単に手を出せる問題ではない?)。

「Microsoft」としては「Google」や「Apple」等に「スマホ」の
「OS」で後れを取っていますので、焦っていると思いますが、
返って逆効果になるのでは? と私は感じています。

「W10」の性能については問題点が何なのか?未だにわからず、
何も問題を感じていませんが、過去の「OS」との互換性が
あまりにも無さ過ぎなことは、非常に不満を感じています。

新しい機能の追加が出来ないので、切り捨てたい気持ちがあるのは
分かりますが、過去の「OS」でなければ動かなくて代替できない
「アプリケーション」がありますので、非常に私は困ります。

 ちなみに録画したTV番組の「ブルーレイディスク」への
ダビングは可能だったので、明らかに「IOデータ」の製品
(GV-MVP/XSW)の責任ではなく、

「W10」と「著作権」の管理団体の「権利縛り」の仕組みによるもの
が原因だと思います。完全に「PC」内臓の「地デジチューナー」
による「録画」方法は、非常に不便な使い方になってしまいました。

よって「PC」による録画はあきらめて「2チューナー内蔵」の
「ブルーレイディスクレコーダー」が、
私にとって一番使い勝手が良いと最近は思っています。

なお「PC内臓TVチューナー」ですが、不具合だらけで、
使い勝手が非常に悪かったのですが、どのような仕組みで
TV録画を実現させているのかを少しでも理解できましたので、

決して無駄ではなかったと感じています。少しでも実現方法が
理解できていれば、今後の「ビデオレコーダー」等の商品選び
や使いこなしで、その知識が役に立ちます。


1.『Stereo2016年 8月号 特別付録 M800』
  の告知について、机上検証 シミュレーション5


1) M800+標準エンクロージュアのシミュレーション

 「バスレフ型」の場合、ダクトによる低音増強が
周波数によってある程度自由に出来るので、

内容積の理想計算値決定的な数値
(「密閉型」Qc=0.7 等」)はありません。

よって、告知で
{バスレフ型内容積:3.5[L]}
載せられていても、

ダクトの共振周波数等で低音域の特性は大きく変化しますので、
ダクトの設定を確定できなければ、
標準設定は決められません

ましては「SP-UNIT」の特性で{ 先鋭度:Q≧0.7 }
場合は、フラットな「f特」の標準内容積の計算は
不可能(ピークが発生)になります。

つまり計算による標準エンクロージャー
設定・設計は出来ません

 ただ、低音域を出来るだけ、ダクト共振周波数で伸ばして、
なるべくフラットに近くなるなるような「SP箱」の内容積は、
ある程度決められますが、

シミュレーションで、フラットに近い「f特」が、必ず聴感上で
良い結果とならない場合(トランジェントの違い等、さまざまな
要因が残っている)があり、ハッキリしません。

それだと困りますので、どのようなダクトの設定が良いか?
ダクトの断面積を変えて数種類(円形換算ダクト断面・直径、
25,30、40)試してみました。

   M800 標準バスレフ シミュレーション
第1図 M800標準バスレフ型(3.5L)シミュレーション

一応実現できそうな「円形ダクト」形状で、
フラットに近くなるように
「ダクト長さ」をシミュレションしながら決めました

この結果より、
バスレフ・ダクト断面積による
音圧変化は非常に少なく

ダクト共振周波数の影響の方が大事である
ことが分かると思います。

実際には、ダクトの断面形状
(円形,スリット等)で、ダクトの気流抵抗
変化して、結果が変わるハズですが、

「SPSYS」では、そのような仮定を計算上に盛り込んで
いませんので、それらの影響を盛り込んだシミュレーションは
不可能です。

個人的予想では「円形ダクト」より「スリットダクト」の方が
気流抵抗が高くなりますので、ピークの音圧は下がるハズです。

そして共振による音圧上昇の周波数範囲はやや広がるもの
(尖ったピークでなく、丘のような感じ?)と推測しています。

なお標準内容積{ 3.5[L] }
f特」をフラットに近づけられることは、
上記グラフで確認が取れました。

ダクト共振周波数
「f特」のシミュレーション計算結果より、
{ 約 65[Hz]}辺りが良さそうです。


2) M800+D-83(フラミンゴ) について

 オーディオ評論家、故:長岡鉄男氏の残した自作スピーカー
モデルで『M800』が使えそうなモデルを探して
みましたが、

長岡氏ご存命中の20世紀末頃は「8cm口径 SP-UNIT」といえば、
「Fostex:FE83 シリーズ」ぐらいしか、日本国内市場には
ありませんでしたので、

「8cm口径 SP-UNIT」用スピーカーモデルを使った
「長岡SP」モデルはそう多くありませんが、

8cm口径「BH」としては「Fostex:FE83」使用
D-83フラミンゴ(ミニチュア・スワン)
『M800』が使えそうな感じがしました。

   D-83 フラミンゴ 掲載記事
  第2図 D-83 フラミンゴ
  オリジナル・スピーカー設計術A PP.88-89 より引用

ただし『M800』の磁気回路
長岡式「BH」で使用出来る程
強力ではないと思いますので、

{直径55[mm]〜60[mm]、厚さ8[mm]}程度
キャンセル・マグネットを使用して
磁気回路を強化した方が良いと予想します。

さら空気室によって
「ユニット振動板」からの音圧と
「ホーン出力」低音域
{クロスオーバー周波数:fx

調整する必要があり、適当に計算したところ、
FE83使用オリジナル:空気室容量 Va≒0.83[L]}
M800使用改良モデル:空気室容量 Va≒1.40[L]}
拡張すればよいと計算結果が出ました。

具体には「フラミンゴ」トップのユニットの付いた
「ヘッド部」内部奥行伸ばせばOKで、 

トップの板材[20、21、22、23]寸法
130[mm] -> 220[mm] }
変更すればOKです。

さらに、スロート絞り率
{オリジナル:スロート絞り率 S0 ≒ 0.7
{『M800』改:スロート絞り率 S0 ≦ 0.5

した方が良いのですが、残念ながら全面変更
別物「BH」の開発になっていまいます。
そんな余裕は私にはありませんので放棄します。orz

『M800』の出力音圧レベルが
82.5[dB/W/1m]で、
キャンセル・マグネットで磁気回路を強化したとはいえ、
等価質量:m0 = 2.5[g] と振動板が重い

「平面バッフル」「密閉型」
向いている「SP-UNIT」なので、

結果は実際に作ってみなければ、使えるかどうか?
分かりませんが、自己責任でトライしてみても良いのかな?

とは感じています(ただし、私は責任が取れません)。

「炭山アキラ氏」「D-83:フラミンゴ
改良現代版

「カイツブリ(初出 AUDIO BASIC 2009 AUTUMN vol.52)
も候補になりますが、

そちらでの『M800』への対応は、多分、雑誌で公開すると
予想していますので、そちらの方が現実的であると思います。


今回は、以上となります。


   

左:FOSTEX P802-E スピーカーボックス(ペア)
中:FOSTEX P1000-E スピーカーボックス
右:FOSTEX P800-E スピーカーボックス

  Fostex製 SP BOX 付録 M800,PW80取付可能
  ●Fostex かんすぴ P802-E SP BOX (ペア)
      標準価格¥6,000(税別) 発 売 日:2015年 7月下旬
  ステレオ2016年8月号付録 M800 も取付可能
  「PT20K+PW80K」用バスレフ型エンクロージャー
  SP端子2組(ウーファー、ツィータ別端子)
  ネットワークは、SP BOX 外付け が標準
  マルチアンプ用内部配線、吸音材等組込済
  ・取付可能UNIT:PT20K,PW80K,M800,DigiFi19,20付録
  ・内容積:1.4[L]、 ダクト共振周波数:Fb 90[Hz]
  ・SIZE/質量:101W×195H×118D[mm]/ 約650g(1台)

  Fostex製 SP BOX 付録 M800,PW80取付?
  ●Fostex かんすぴ P1000-E SP BOX (ペア)
      標準価格¥2,300/1台(税別) 発 売 日:2012年10月下旬
  P1000K 向けバスレフ型エンクロージャー
  大きさ:121W×243H×179Dmm、内容積3.6[L]
  「P1000,FE103En,FF105WK」も取付可能、高CP

  Fostex製 SP BOX M800,PW80,DigiFi19付録取付?
  ●Fostex かんすぴ P800-E SP BOX (ペア)
      標準価格¥1,700/1台(税別) 発 売 日:2011年6月17日
  P800K 向けバスレフ型エンクロージャー
  大きさ:100W×200H×148Dmm、内容積1.86[L]
  チューニング周波数:101[Hz]
  取付穴寸法:φ73[mm]
  板厚/材質:t9パーティクルボード
  「P800,FE83En,FF85WK」も取付可能、高CP


 

左:FOSTEX PT20K 20mmソフトドームツィーター
中:DigiFi No.19 付録 8cm スピーカーユニット
右:DigiFi No.20 付録 ハイレゾ対応スーパーツイーター

  DigiFi No.20付録 STWが取付可能 互換機
  ●Fostex かんすぴ PT20K 20mmソフトドームツィーター
   標準価格 ¥2,000 (税別)  発売日 2015年 4月中旬
  PW80K と感度・音色を合わたワイドレンジ設計
  付属品:木ネジ3本、パッキン1枚、1[μF]無極性電解C
   ※ネットワークはステレオ2015年8月号P1000特集等参照

  DigiFiハイレゾ対応スピーカー付録 第1弾!
  ● Digi Fi +No.19ステレオサウンド別冊
     特別定価 ¥3,780(8%税込) 発売日:2015年 8月31日
  ・付録:8cmスピーカーユニット ワイドレンジ設計
  Olasonic(オラソニック) 製
  ・ステレオ付録 M800 PW80 高取付互換性
  ハイレゾ対応、まとまりある耳辺りの良い音質
  ・特性が確かなコストパフォーマンス絶大のユニット
  ・大型磁石の強力磁気回路・高剛性グラスファイバー振動板

  特別付録 Olasonic製 バランス駆動対応HPA
  ● Digi Fi No.22ステレオサウンド別冊
     特別定価 ¥5,500(8%税込) 発売日:2016年5月30日
 ・特別付録:バランス 駆動対応ヘッドホンアンプ
 ・表紙連動企画:最新オーディオで暴き出すボブ・ディランの本質
 ・特集1:ハイレゾ配信サイトを調査する!
 ・特集2:20万円以下 USB DAC ブラインドテスト
 ・特集3:注目製品 深掘り テスト

  DigiFiハイレゾ対応スピーカー付録 第2弾!
  ● Digi Fi No.20ステレオサウンド別冊
     特別定価 ¥4,980(8%税込) 発売日:2015年11月30日 予定
  ・付録:18mmソフトドーム型スーパートゥイーター
  最高再生周波数40kHzまで再生
  Olasonic(オラソニック) 製
  ・ステレオ付録 PT20(K) 高取付互換性
  ハイレゾ対応、No.19付録の聴きやすさを阻害しない音
  ・市販品スピーカーにも使えるケースやスタンドも並行して開発中
  ・脱着式外部フレーム・強力ネオジウム・マグネット採用
  ・寸法/質量:77.6φ×H12.5mm/36g(突起部含まず)、
  ・付属品:ローカット用コンデンサー(1μF)×2
  ・ガスケット×2、取付用ネジ×6

ネット通販でのご予約・ご購入 はこちら
        ※)2016年7月18日現在、
          売切れの場合あり、御了承お願い致します。

  ・amazon.co.jp 
  -> FOSTEX P802-E スピーカーボックス(ペア)
  -> FOSTEX P1000-E スピーカーボックス
  -> FOSTEX P800-E スピーカーボックス
  -> FOSTEX PT20K 20mmソフトドームツィーター
  -> DigiFi No.19 付録 8cm スピーカーユニット
  -> DigiFi No.20 付録 ハイレゾ対応スーパーツイーター

  ・楽天市場   
  -> フォステクス P802-E スピーカーボックス(ペア)
  -> フォステクス P1000-E スピーカーボックス
  -> フォステクス P800-E スピーカーボックス
  -> フォステクス PT20K 20mmソフトドームツィーター
  -> デジファイ No.19 付録 8cm スピーカーユニット
  -> デジファイ No.20 付録 ハイレゾ対応スーパーツイーター

  ・オムニ7
  -> DigiFi No.19 付録 8cm-スピーカーユニット
  -> DigiFi No.20 付録 ソフトドーム型スーパーツィーター

  ・富士山マガジン
  -> DigiFi No.19 付録 8cm_スピーカーユニット

  -> DigiFi No.20 付録 ハイレゾ対応ソフトドーム型スーパーTW



  ハイレゾ対応機器の購入 は ONKYO DIRECT へ
  高音質ハイレゾ音源配信サイト e-onkyo music !?

 

 ◆ 【e-onkyo music】ハイレゾ アルバムランキング見てみる?
 ◆ 【e-onkyo music】ハイレゾ シングルランキング見てみる?

ステレオ誌2016年8月号付録 M800 批評-05 先頭へ ↑


  Microsoft Store (マイクロソフトストア)