フォステクス(Fostex)限定 FE83-Sol 8cm口径フルレンジ スピーカーユニット Solの継承 について その1


 

Fostex限定 FE83-Sol 検証01 本文へ ↓


 

左:FOSTEX FE83-Sol 8cmフルレンジ(限定)
右:FOSTEX YK83-Sol バスレフ型スピーカーボックス(限定)

  独創性,新系譜、繊細かつ表現力豊かな音楽再生を実現?
 ●Fostex FE83-Sol 限定8cm径フルレンジ
     予定頒布数:限定3,000台
     標 準 価格:¥5,600(税別) 発売予定日:2016年 9月中旬
  FE103-Solで、つちかった技術を応用、8cm-Ver.
  2層抄紙ESコーン、大型強力低歪み磁気回路
  ・高性能、ハイ・コンプライアンスコルゲーションダンパー
  FE83Enのコーン紙・フレームなどがベース
  ・付属品:木ネジ×4、ワッシャー×4、パッキン×1、

  FE83-Sol用バスレフ型スピーカーボックス
 ●Fostex YK83-Sol バスレフ型スピーカーボックス
     予定頒布数:限定300台
     標 準 価格:¥16,000(税別) 発売予定日:2016年 9月末
  適度な響きを持ち、繊細で明瞭、表現力豊かな音楽再生
  ユーカリ突き板仕上げ、塗装色:パーシモンオレンジ
  バナナプラグ対応金メッキ入力ターミナルを採用
  ・音質調整済み、簡単な組み立てでSP完成
  ・適合ユニット:FE83-Sol、FE83En、FF85WK
  ・サイズ・質量:136(W)×260(H)×213(D) mm(突起含まず)・2.07kg
  ・内容積/チューニング周波数:4.9 [L] / 89 [Hz]
  ・付属品:M4キャップボルト×4、ワッシャー×4、Lレンチ×1、


ネット通販でのご予約・ご購入 はこちら
        ※)2016年8月20日現在、
        既に売切れの場合あり、御了承お願い致します。
  ・amazon.co.jp 
  -> FOSTEX FE83-Sol 8cmフルレンジ(限定)
  -> FOSTEX YK83-Sol バスレフ型スピーカーボックス(限定)

  ・楽天市場   
  -> フォステクス FE83-Sol 8cmフルレンジ(限定)
  -> フォステクス YK83-Sol バスレフ型スピーカーボックス(限定)


Fostex限定 FE83-Sol 検討01


  ※)全文
    ・スピーカー(システム) -> SP、
    ・エンクロージャー   -> SP箱、
    ・スピーカーユニット  -> SP-UNIT、
    ・フルレンジユニット  -> FR、
    ・ウーファー      -> WF、
    ・サブ・ウーファー   -> SW、
    ・ツィーター      -> TW、
    ・スーパー・ツィーター -> STW、
    ・パッシブ・ネットワーク-> NW、
    ・チャンネルデバイダー -> チャンデバ、
    ・バックロードホーン型 -> BH、
    ・ダブルバスレフ型   -> DB、
    ・周波数特性      -> f等、
    ・インピーダンス特性  -> Z等、
    ・コストパフォーマンス -> CP、
    ・アナログレコード(DISC)-> AD、

    など、略す場合が有ります。


0.まえがき


ネット検索で「スピーカー自作」に関する情報収集をしていたら、
新製品の情報を見つけましたので、急遽、日記記事の話題にします。
と思いましたが、結構時間が経ってしまいました。orz

それは、Fostex限定スピーカーユニット販売の予約開始です。

『Fostex(フォステクス):FE83-Sol
    8cmフルレンシスピーカーユニット
    ・価格 ¥5,600+消費税/1台
    ・限定 3,000台、発売予定:2016年9月中旬

です。

最近は「SP箱」の自作をする方が減った? らしく、
純正・専用高級?スピーカーボックスも発売されます。

『Fostex(フォステクス):YK83-Sol
  FE83-Sol用バスレフ型スピーカーボックス
    ・価格 ¥16,000+消費税/1台
    ・限定 300台、 発売予定:2016年9月末

私はBH専用「FE108-Sol」の限定販売の次なので
「16,20cm口径」BH専用ユニット
販売を予想していましたが、

全くの想定外の新しい系譜限定ユニット
販売になりました。それは、

「FE103」販売50周年記念モデル「FE103-Sol」
(発売:2014年4月下旬、現在:販売終了)の
技術を継承した

市販レギュラー『FEシリーズ』
限定ユニットシリーズ(鉄板プレス・フレーム
いうことになります。

繰り返しますが、8cm口径ユニット「FE83シリーズ」の
市販レギュラーモデルのフレームを使った限定販売ユニットは、
今まで発売されてはいませんでした。

8cm口径で、唯一限定発売されたのは、
BH専用10cm口径限定販売ユニット「6N-FE108ES」
8cm口径バージョン「6N-FE88ES」になります。

「6N-FE88ES」は、新しく起こした
「アルミダイカスト」のユニット・フレームでした。

6N-FE88ES(発売 1999年3月)は振動板を含めて
当時の市販レギュラーモデル「FE83」とは、
全く別物の先進「SP-UNIT」でした。

その後「6N-FE88ES」改良バージョンとして
「FE88ES-R(発売 2004年3月)が発売されましたが、

低音域の性能を伸ばしたため「8cm口径」ではなく
「8.5cm口径」口径が異なる
別モデルとなっていました。

今回の『FE83-Sol』の発売は、

前回発売のBH専用10cm口径「FE108-Sol」
標準価格が2万円(税別)2万円台を超えた
高級ユニットになってしまったことと

一般大衆のオーディオ再生環境変化

 ・一人ぼっちでで自室で聴く(部屋が狭い?)
 ・PCの影響でディスクトップ環境のニアフィールドで聴く
 ・周囲に気を使った小音量再生を強いられている

などのニーズに合わせて、スピーカーの
ダウンサイジング必要性
感じたのかもしれません?

が抱いている小口径ユニットニーズは、

  ・一人ぼっちでで自室で聴く(部屋が狭い?)
  ・大音量は必要ないが、高音質は必要
  ・地震等の災害対策で小型SPが必要

と、多少異なっています。
が、私にとってタイムリーな発売になっています。

できれば、磁気回路大幅強化した「6N-FE88ES」
後継BH専用限定8cm口径FRユニット
FE88-Sol(仮)」の方が欲しかったのですが、

『FE83-Sol』でもBHで使うには
十分強力な磁気回路
販売価格も多分1/2未満に収まりますので、

メイン・スピーカーの交換(8cm口径BHでも検討していた)を
考えていた私には、"渡りに船" で、大変興味のある新製品と
なっています。

 8cm口径ユニットの場合、大音量の再生は無理で、
さらに重低音の再生は、非常に難しいですが、
聴感上、音質を一番左右する中音域の音質は、

8cm口径を超えたサイズのユニットでは
到底適わない高音質実現でき、

オリジナル「FE83」は、
その当時のBH専用限定ユニット
比較しても、絶対に引けを取りませんでした。

よって、レギュラー市販ユニットで既に、
他口径・限定ユニットに勝るとも劣らない
中音域の高音質を達成していますので、

「レギュラー市販ユニット高音質改良バージョン
「限定ユニット」なら、中音域はさらに上の
高音質に達している「SP-UNIT」と言えます。

加えて、高音域の再生限界は40[kHz]に達して
いますので、ハイレゾ認定されてもおかしくない性能も
有しています。

ただし20k40k[Hz]}は一般人には聞こえません

よって一般的一人部屋でのハイファイ再生の場合『FE83-Sol』
は、重低音のために「SW」追加等の対策は
必要ですが「STW」は特に必要としない

非常に、使い易いスピーカーユニットです。

 ちなみにオーディオ・ブームを体験している「Audio File」の
なかには、"小口径" ≡ "安価" ≡ "低音質" と

「体験」もしていないのに、決めつけている頭の固い方々が
非常に多い(見た目と妄想だけの判断)ので、

「小口径フルレンジ」否定派の言葉に惑わされないように
お願いいたします。
賢明なあなたなら、大丈夫と私は信じています。

ちなみに私は、38cm口径の大型スピーカーシステムを絶対に
否定しません(8cm口径の良さは聴くまでは分からなかった)が、

最近 "2者択一" だけで物事を判断する、
現実とかけ離れた思想を持つ方々が多すぎると思います。

  Fostex 8cmFEシリーズ フルレンジユニット
  第1図 FOSTEX 8cm口径FRユニット 外観


1.FE83-Sol の主な特徴


  限定FE83-Sol・他、8cm口径ユニット仕様比較表
  第2図 FOSTEX 8cm口径FR 仕様比較表

 どのような特徴のある「FEシリーズ」8cm口径ユニット
なのか?「新製品のご案内」を元に"サクッ"と確認します。

(0)フレームの色が"カッパーオレンジ"

(1)2層抄紙ESコーン/2層抄紙センターキャップ

(2)ハイ・コンプライアンス コルゲーションダンパー

(3)低歪みフェライト外磁型磁気回路

(4)メカニカル2Way センターキャップ
   /高耐熱ガラスコンポジットボイスコイルボビン

(5)3点接着方式/ファストン205金メッキ端子

(6)「P1000K」を超え「FE103En」に迫る強力磁石を搭載


最初に (0) フレームの色が"カッパーオレンジ"  
(5) 3点接着方式/ファストン205金メッキ端子
は、「FE103-Sol」同様なので、

あなたに、過去の日記記事を参考にして頂くと
私としては、ありがたいです。

 ● フォステクス FE103-Sol 限定販売ユニットについて 1
 ● フォステクス FE103-Sol 限定販売ユニットについて 2

異なるのは、
(6)[8Ω,16Ω]2種類のインピーダンス仕様
ですが(『FE83-Sol』は[8Ω]仕様のみ)、

[16Ω]ユニットは、
   ・真空管使用のパワーアンプ向け
   ・2個並列等の複数使用のため

の使用目的がありましたが、オリジナル「FE83」の発売時点で、
既に{[8Ω]仕様}のみしか発売されていませんので、影響は
非常に少なく、上記の使い方をする場合のみに不便なだけです。

それよりも今回は、磁気回路の強さ(駆動力に影響)が
重要ポイントで、

(6) 「P1000K 磁石:120g、φ65[mm]、t 9[mm]」を超え
  「FE103En磁石:193g、φ80[mm]、t10[mm]」に迫る

に、個人的興味が湧きました。

「P1000K」とは磁石のサイズで直径寸法(φ65mm)が
同じで、磁石の厚さが厚い(t9[mm] -> ?t15[mm])ため、明らかに
『FE83-Sol』磁気回路が強いことが分かります。

さらに振動板等の駆動する部分の質量(等価質量:m0
{P1000K:3.1[g]}{FE83-Sol:1.53[g]}

『FE83-Sol』の方が約1/2軽いため、軽いものを
強力に駆動しますので『FE83-Sol』の方が高音域の再生限界が伸び、
反応の速い(ハイファイな音)音質になります。

「FE103En」との比較では、マグネット重量はほぼ同じ
『FE83-Sol』97[%]ですが、

磁石のサイズでFE103Enφ80[mm],t10[mm]は、
直径寸法が大きくて面積が広くて、厚さが薄い
磁石形状になっています。

磁気回路の総磁束量は「FE103En」の方が面積が広いことと
フェライトの磁気抵抗(磁束の通し易さの指標)が、
厚さが薄く低いので、

総磁束量が多くて、磁気ギャップの磁束密度も上がり、
「FE103En」強力磁気回路
言えますが、

等価質量:m0は、
{FE103En:2.8[g]}{FE83-Sol:1.53[g]}となり、
磁気回路の強さ(磁気ギャップの磁束密度)が定量的に
分かりませんので、明確ではありませんが、

『FE83-Sol』が、駆動される側の質量(m0)
軽いので、相対的に駆動力高いユニットで
あることは間違いありません。

『FE83-Sol』と「FE83En」を、磁気回路の規格数値で比較しますと
『FE83-Sol』の方が明らかに反応の速い(ハイファイな音)音質に
なります。(「P1000K」よりは「FE103En」の方が反応は速い)


  第1表 FE83-Sol/FE83En 磁気回路の比較
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
|スペック項目 |  FE83-Sol |  FE83En   |
|−−−−−−−|−−−−−−−|−−−−−−−-|
|等価質量:m0 |1.53 [g]   |1.53 [g]   |
|先 鋭 度:Q0 |0.65      |0.84      |
|マグネット重量|187 [g]   |140 [g]   |
|マグネット寸法|φ65,t15? [mm]|φ60,t15? [mm] |
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


第1表の規格値から検証しますと
{等価質量:m0同じ

磁気プレート等の磁気回路で磁気が作用する
部分のパーツは、同サイズ・同材質のものを
使用していると思われますので、

マグネットサイズによって、
磁気回路強さの比較が出来ます。

本当は、磁石の総磁束量、磁気ギャップの磁束密度、
ボイスコイルの構造などで、実際の振動板に加わる駆動力が変化
しますので、単純な比較はできませんが、

今回は、磁石のサイスによる総磁束量を除いて、
他は、ほぼ同じなので、ある程度単純に比較できます。

『FE83-Sol』「FE83En」比較では
{ m0 }が、等しいのに{Q0}
『FE83-Sol』小さくなっています。

それは磁気回路駆動力
アップしたということです。

「FE83En」バスレフ向きだとしますと
『FE83-Sol』バスレフよりも、
ややBH向きに設計されていることになります。

個人勝手判断では
「FE-Enシリーズ」「FE-EΣシリーズ」位の
磁気回路強さの差はあると推測します。

それなのに『FE83-Sol』用純正「SP箱」
「バスレフ」ということは

{ Q0:0.65の影響で「BH」で
本格ハイファイ再生するには、また磁気回路
やや弱いということだろうと思います。

(BH向きユニットのある判断条件{ Q0 < 0.3 })

でも「FE83En」「平面バッフル」「BH」
まで使えるユニットなので、

『FE83-Sol』「BH」向いてる
ユニットと個人的勝手判断します。


2.『FE103-Sol』の規格値による検討


 恒例のユニットの性格を確認するために
平面バッフル・密閉箱
での計算をしてみました。


  FE83-Sol 平面バッフル・密閉型 計算表
第3図 FE83-Sol の平面バッフル・密閉型の計算

 密閉型で低音域を理想的なフラットに伸ばす{Q0c = 0.7}にする
ための箱内容積6.5[L]となりました。

その場合、再生限界の低音周波数はf0c=約145[Hz]となり、
真剣に本格オーディオとして聴くにはSW(サブウファー)
絶対に欲しくなります。

平面バッフルの場合、
W:45[cm]× H:75[cm]位
バッフルで使用すると

『FE83-Sol』のf0付近まで
低音域が伸びる様です。

「平面バッフル」「密閉型」共、「FE83En」よりは
低音域の量感は減ってしまう様子です。

よって「密閉型」は、内容積を減らして、中低音域に
軽いピークを持たせればOKなので、使えますが、

「平面バッフル」には、向かなくなっている
ユニットに変わっているようです。

次に、今回は{FE83-Sol:Q0 = 0.65 < 0.7}なので、
計算による標準バスレフ型エンクロージャーの設計計算
出来ますので計算しました。

  FE83-Sol 標準バスレフ エンクロージャー設計計算表
第4図 FE83-Sol標準バスレフ箱の設定計算

その結果、
  ・標準バスレフ内容積  :約 4.52[L]
  ・標準バスレフ共振周波数:約 85.8[Hz]

となりました、

純正標準スピーカーボックス『YK83-Sol』は、
  ・『YK83-Sol』内容積  :約 4.90[L]
  ・『YK83-Sol』共振周波数:約 89.0[Hz]

と標準設定計算値と『YK83-Sol』の物理的数値の値は、
ほぼ同じ誤差程度の差なので

『YK83-Sol』
標準バスレフ・スピーカーボックス
明らかにみなせます。


99.あとがき


今回の日記記事は以上ですが、書くのが遅かったため、
既に「ステレオ2016年9月号」
発売されてしまいました。

その「ステレオ9月号」『FE83-Sol』
使った、スピーカー工作記事が数件載っていました。

私の日記記事の内容が、信用できない方は、
そちらをご参照願います。

工作特集号「ステレオ8月号」で「浅生 ム(アキラ)氏」の
付録「M800」を使った工作記事が、
メインで、載っていなかったのは、

『FE83-Sol』の発売と時期が重なっていたからだと、
勝手に推理しました。


今回は、以上となります。


  

  左: FOSTEX FE83En 8cmフルレンジユニット
  中: FOSTEX FF85WK 8cmフルレンジユニット
  右: FOSTEX かんすぴ P800K 8cmフルレンジ

 色々な方式に対応 万能型ナチュラル繊細な音質
 ●Fostex FE83En 8cm径フルレンジ
     標 準 価格:¥4,500(税別) 発売日:2009年 7月
  フォステクスの伝統FEシリーズ最小口径8cmユニット
  好評のESコーン、明るくクリアーなサウンド
  ・ESコーンは極低ロスの振動板で、情報量が多大

 FF-WKシリーズ バスレフ専用設計 明快リアル な音質
 ●Fostex FF85WK 8cm径フルレンジ
     標 準 価格:¥4,800(税別) 発売日:2010年11月
  新 Audio Life のあり方を見つめて開発されたFFシリーズ
  2層抄紙コーン、高剛性化・内部損失・伝播速度を制御
  ・明快でリアルな音質、力感溢れる低域と無個性な高域再生

  気軽にスピーカークラフト体験 かんすぴ シリーズ
 ●Fostex かんすぴ P800K 8cm径フルレンジ
     標 準 価格:¥1,500(税別) 発売日:2012年10月
  フルレンジスピーカーの魅力を手軽に楽しめるPシリーズ
  バナナパルプ配合軽量コーン高損失ゴムエッジ 採用
  ・明瞭な中高域と適度に制動された低音を実現
  ・小口径フルレンジの定位と音場感を楽しめる
  ・ステレオ誌付録「P800」ベースの改良市販完成品

● ネット通販での ご購入 はこちら

  ・amazon.co.jp 
  -> FOSTEX FE83En 8cmフルレンジユニット
  -> FOSTEX FF85WK 8cmフルレンジユニット
  -> FOSTEX かんすぴ P800K 8cmフルレンジ

  ・楽天市場   
  -> フォステクス FE83En 8cmフルレンジユニット
  -> フォステクス FF85WK 8cmフルレンジユニット
  -> フォステクス かんすぴ P800K 8cmフルレンジ


  ハイレゾ対応機器の購入 は ONKYO DIRECT へ

 

 【e-onkyo music】ハイレゾ シングルランキング見てみる?
 【e-onkyo music】ハイレゾ アルバムランキング見てみる?

Fostex限定 FE83-Sol 検討01 先頭へ


  Microsoft Store (マイクロソフトストア)