Stereo編 これならできる 特選スピーカーユニット パイオニア編(ONTOMO MOOK) その6 付録スピーカー OMP-600 シミュレーション 2


MOOK Stereo編 付録SP-UNIT 2017_06 本文へ ↓
 *ステレオ付録SP-UNIT_2017の記事は
          カテゴリ:_2017年(OMP-600,F800P) へ


  Stereo×Pioneer企画 6cm Speaker unit

        

左:これならできる特選スピーカーユニット パイオニア編
右:スピーカー工作の基本&実例集2017年版

 ●ONTOMO MOOK Stereo編
    これならできる 特選スピーカーユニット
    パイオニア編
     予価 ¥3,780(8%税込)、  発売予定日:2017年7月19日
  特別付録  パイオニア製
    6cm口径フルレンジ スピーカーユニット
    「OMP-600」(ペア)
 ◎ 小さい ながらも 力持ち! ◎
  ★OMP-600 特徴
  :Stereo編集部初 Pioneer製付録スピーカーユニット
  :付録スピーカーユニット初の 6cm口径フルレンジ
  :ワイドレンジ(80〜32k Hz)でフラットな周波数特性
  :振動板より大きな磁石を搭載の強力磁気回路
  :8cm口径並みのm0、6cm口径超えの低音再生

 ●ONTOMO MOOK Stereo編
    スピーカー工作の基本&実例集
    2017年版
     予価 ¥4,320(8%税込)、  発売予定日:2017年7月19日
 ・付録:ONTOMO MOOK Stereo編 パイオニア製
  :6cmフルレンジ・OMP-600
   対応エンクロージュア・キット(QWT方式)
  スケール感 大きく再現




左:Bonnes Notes BSP000 エンクロージャーKIT(ペア)
右:FOSTEX P650-E スピーカーボックス(1台)


  ボンノート (BonnesNotes)KP-BSP000
   06エンクロージャー 組立KIT(ペア)
     Web販 売 価 格 ¥4,455(税別/ペア)
     発 売 登 録 日 :2017年 7月5日
  MOOK Stereo編 付録 OMP-600用バスレフ型 SP-BOX KIT
  Pioneerブランド BonnesNotes のネームプレート搭載
  ダウンファイヤ型Bi-Directionalポートのバスレフ型
  プラスドライバーと木工用ボンドで手軽に工作可能
  商品名は「ボンノート 06エンクロージャー」に変更
  ・適合・ユニット:ONTOMO MOOK 付録 OMP-600
  ・内容積:≒1.1[L]
  ・SIZE/質量:88W×195H×148D[mm]/ 不明

  Fostex かんすぴ P650-E SP BOX (一台)
      標準価格¥1,500(税別/1台) 発 売 日:2014年10月下旬
  ステレオ編 MOOK 付録 OMP-600 が取付可能?
  OMP-600 は、ダクトに栓した密閉型に改良が推奨
  OMP-600バスレフはチューニング周波数 85[Hz] に改造
  本来は「P650K」用バスレフ型エンクロージャー
  SP端子2組、内部配線、吸音材等組込済
  ・適合・ユニット:P650K、付録 OMP-600 も可能?
  ・内容積:1.0[L]、 ダクト共振周波数:Fb 134[Hz]
  ・SIZE/質量:85W×170H×126D[mm]/ 約530g(1台)


ネット通販での ご購入 はこちら

  ・amazon.co.jp 
  ->  これならできる特選スピーカーユニット Pioneer編
  ->  スピーカー工作の基本&実例集2017年版
  ->  Bonnes Notes BSP000 エンクロージャーKIT(ペア)
  ->  FOSTEX P650-E スピーカーボックス(1台)

  ・楽天市場   
  ->  これならできる特選スピーカーユニット パイオニア編
  ->  スピーカー工作の基本&実例集 2017年版
  ->  KP-BSP000 は、未登録
  ->  フォステクス P650-E スピーカーボックス(1台)

  ・オムニ7(7ネットショッピング)
  ->  これならできる特選スピーカーユニット パイオニア編

  ->  スピーカー工作の基本&実例集-2017年版



MOOK Stereo編 付録SP-UNIT 2017_06


  ※)全文、
    ・アンプ全般      -> AMP、
    ・スピーカー      -> SP、
    ・スピーカー・ユニット -> SP-UNIT、
    ・ウーファー      -> WF、
    ・ツィーター      -> TW、
    ・スーパーツィーター  -> S-TW、
    ・Full Range Speaker  -> FR-SP、
    ・エンクロージャー   -> SP箱、
    ・バックロードホーン  -> BH、
    ・ダブルバスレフ    -> DB、
    ・周波数特性      -> f特、
    ・インピーダンス特性  -> Z等、
    ・スピーカーボックス  -> SP-BOX、

    ・DIATONE SPSYS V1.1版 for P-610MA/MB
                  -> SPSYS、

    ・コストパフォーマンス -> CP、
    ・サブ・ウーファー   -> SW、
    ・アクティブ・サブ・ウーファー   -> A-SW、
    ・スピーカー工作の基本&実例集
     の特別付録エンクロージュアの総称 -> ムック箱、
    ・スピーカー工作の基本&実例集2016年版
     の特別付録エンクロージュア    -> 2016箱、
    ・スピーカー工作の基本&実例集2017年版
     の特別付録エンクロージュア    -> 2017箱
    ・デジファイ(DigiFi)19付録8cmフルレンジ
     スピーカーユニット        -> DGF19FSP
    ・デジファイ(DigiFi)20付録 ハイレゾ対応
     スーパー・ツィーター・ユニット  -> DGF20STW
    ・ステレオ誌ベストバイコンポ2017年 -> BBC2017

    など、略す場合が有ります。


0.まえがき


 ステレオ編集部による 2017年夏
工作関連企画3冊当時発売中のうち、
2モデルの付録スピーカーユニットの一つ、

「これならできる
    特選スピーカーユニット
    パイオニア編

 特別付録:パイオニア製6cmフルレンジ・
      スピーカーユニット『OMP-600』

 ※)以下、上記MOOKを『これスピPi編』
   略称します。

「T/Sパラメーター」『これスピPi編』にて
公開されていましたので「SPSYS」を使った「SP箱」の
シミュレーションによる

『OMP-600』スピーカーボックス
検証2回目をします。

1回目「月刊ステレオブログ」で公開された
最低共振周波数:Fs = 176.4[kHz]
を使いましたが、

本番『これスピPi編』には、載っていませんでした?
さらに「小澤 隆久 氏」実測による
最低共振周波数:f0(Fs) }載っていました

数値違い過ぎ、エンクロージャーのシミュレーション
結果違い過ぎてしまいますので、再検討します。

おかげで思考停止していまい、戸惑ってしまい、
ブログの日記記事が思うように書けずに進まず、
更新アップが非常に遅れてしまいました。orz

違い過ぎるのは「SP UNIT」の避けられない、
一個毎の「ばらつき」なので、そのようなものとして、
計算結果を扱うしかありません。

よくシミュレーション結果で得られた設計値を実際の
エンクロージャーで、測定した場合に、結果が一致して
いないのは、そのようなことも原因にあるハズです。

 公開された各最低共振周波数:Fs }
先鋭度:Qts}の表が下記になります。

  第1表 『OMP-600』の公開されたFsQts
  |−−−−−−−−−−−−|−−−−−−|−−−−−−|
  |  公表された規格値  |f0(Fs)[Hz]| Q0(Qts) |
  |−−−−−−−−−−−−|−−−−−−|−−−−−−|
  |(a) パイオニアJIS規格  |130   |0.995 |
  |(b) ステレオブログ T/S |176.4 |0.997 |
  |(c) MOOK誌 小澤氏測定値 |135   |0.850 |
  |−−−−−−−−−−−−|−−−−−−|−−−−−−|
   *1)(b)では{Qts}でなく{Qtp}の値だが差は無視できる。

 この表から{(b)BLOG T/S十分エージング
わっていないサンプル「SP-UNIT」数値で、

{(a) JIS規格は、その{Q0(Qts)}を、
そのまま使っていますが

{f0}は十分エージングわった
別のサンプル『OMP-600』を再測定した?値を
持ってきているのでは?と推理します。

{(c) 小澤氏測定{f0}の値から、エージング
最終段階ですが、またわっていないのか?

『OMP-600』の個体ごとの「ばらつき」で、
たまたまそのような数値になっているかもしれません?

以上より、どうやって「SPSYS」に「パラメータ値」を
設定して良いのか? 分かりませんので、
今回から{(a) JIS規格の値をメインとします。

{(c) 小澤氏測定は個人の公開なので
{サンプル数=1}の信頼度で非常に弱い数値なので
使うことが出来ません。

どれ、正しくて、間違っている、という事ではなく、
真値(シンチ)は、一意にはならず、ハッキリしない
ということです。

シミュレーション・ソフトは入力するパラーメータ値は
一意でなければ困りますので、非常に困っていますが、
自然なことなので、仕方ありません。orz


1.『これスピPi編 特別付録 OMP-600
   エンクロージャー・シミュレーション

1)密閉型 内容積違い シミュレーション比較2

 訂正した「T/Sパラメーター」の数値表が
下記になります。

  第2表 「SPSYS」で必要な規格値「OMP-600」
  |−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−|
  | パラメータ名称   |規格| OMP−600 |
  |−−−−−−−−−−−|−−|−−−−−−−−|
  |ボイスコイル直流抵抗 |Re|7.42 [Ω] |
  |振動系の機械質量(m0) |Mms|1.583[g] |
  |最低共振周波数(f0)  |Fs |130  [Hz] |
  |機械的尖鋭度(Qm)   |Qms|6.021   |
  |電気的尖鋭度*1)   |Qes|1.193   |
  |総体的共振尖鋭度(Q0) |Qts|0.995   |
  |印加電圧(8[Ω]時)[V]|?V|2.83 [V] |
  |振動系の半径(a)   |a |2.275[cm] |
  |−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−|
   *1)「SPSYS」では「Q0:電気的尖鋭度」です。

実際には
{Fs(f0)176.4 [Hz] -> 130 [Hz]
に変わっただけですが

{Fs}が「SP-BOX:内容積」に与える影響
大きいですので無視できません。

 まず「平面バッフル・密閉型の計算
「SP-BOX:密閉型」内容積を確認しました。

  OMP-600 f0=176.4Hz 密閉型 エンクロージャー計算表
 第1図 『OMP-600:176.4Hz』平面バッフル・密閉型 設計計算


  OMP-600 f0=130Hz 密閉型 エンクロージャー計算表
 第2図 『OMP-600:130Hz』平面バッフル・密閉型 設計計算


計算値一覧だけでは、具体的に分かりませんので、
{Q0c1.1,1.3の密閉箱による

「第1図」「第2図」のシミュレーション結果
による「f特」比較します。

  OMP-600 176.4Hz vs.130Hz  密閉型 比較
  第3図 『OMP-600』
      {Q0c:1.1,1.3}×{Fs:130Hz,176.4Hz}
       SPSYS「f特」比較

{第3図}より
Fs=130HzFs=176.4Hzでは、
最低再生周波数が、

50 Hz のがあるので、
低音域の伸びが違いすぎ

エンクロージャー内容積
SP-BOX:Fs=176.4Hz
SP-BOX:Fs=130Hz55 となる

なるエンクロージャー内容積
なってしまいました。

これ以上、検証しても全く異なるユニットを使っている
事を検証するような状態になってしまい無駄になります。
よって、独断で止めようと思います。

もっと細かいパラメータ設定が出来る
「シミュレーション・アプリ」を使わなくては
設計には役に立たないという結論です。

そのような「シミュレーション・アプリ」は存在して、
一般人が入手することが出来るのでしょうか?
私は、そこまで追求する気はありません。orz


2) BSP000P650-E による
    シミュレーション


 次に
『パイオニア』「純正エンクロージャー」

「Bonnes Notes(ボンノート)製
 BSP000 エンクロージュア・キット
 ダウンファイヤー型Bi-Directionalポート
 搭載のバスレフ型エンクロージュア」

詳細寸法『これスピPi編』に載っていましたので
その「SP-BOX」のシミュレーションと

Fostex:P650-Eのシミュレーションを
「T/Sパラメータ(以下、T/S-P)」を変更しました
ので、新旧「T/S-P」による変化を見たいので、

「SPSYS」によるシミュレーションをしました。

  OMP-600+(BSP000 vs. P650-E) SPYS 比較
  第4図 『OMP-600』
       {BSP000,P650-E}×{Fs:130Hz,176.4Hz}
       SPSYS「f特」比較

 上記{第4図}のシミュレーション対象設定は、

  (051)『OMP-600』 BSP000、Fs = 176.4Hz
  (052)『OMP-600』 BSP000、Fs = 130Hz
  (053)『OMP-600』 P650-E、Fs = 176.4Hz
  (054)『OMP-600』 P650-E、Fs = 130Hz

  「黄緑線」:中音域基準のフラットな特性線+5[dB]
  「青色線」:中音域基準のフラットな特性線
  「桃色線」:中音域基準のフラットな特性線−5[dB]

となっています。

「〜フラットな特性線〜」は、グラフの結果を読み取り易くする
ための、補助線です。

「青色線」は、実際の中音域の出力音圧レベル(フラットな特性線)、

「黄緑線」「桃色線」の間が、実際に有効となる
音圧レベルと過去の日記記事と同様に考えてみました。


 まずFs:176.4 [Hz] or 130 [Hz]
違いは意外な結果になりました。

176.4 [Hz] の方がピーク値低くなり、
計算の{f特}上は、フラット近いバランスの
取れた結果です。

個人的には 130 [Hz] の方が現実近い
「T/S-P」値と予想していましたので、
結果が逆に悪いと、頭が混乱してしまいます。

 次に{ BSP000P650-E 違いは、
基本「T/S-P」値の計算{f特}では、ほとんど差が
感じられない結果となり、驚いています。

しかし一番{f特}がフラットに近い
(053) P650-E:176.4[Hz]でも今までの
経験では低音域音圧が過多なので、

過去シミュレーションでは、
ダクト断面積を減らして、フラットに近づける
チューニング対策検討しました。


 最後に{BSP000}の場合の
独断と偏見の検討結果は、

{(051) BSP000:176.4[Hz]
{(052) BSP000:130[Hz]の両方共、
「SPSYS」上は、"NG" となってしまいました。

 この場合『BSP000』本番の製品版なので、
結果が "NG"ハズありませんので、
「SPSYS」の結果を疑うしかしません。

原因として考えられるのは、
『BSP000』「バスレフダクト」は計算で
置き換える「円筒形管」形状が異なるので、

その「バイ・ダイレクショナル
   (Bi-Directional)ポート」は、

開口断面スリット状で、途中で2開口分かれ
さらに{ 90°}がっていますので、

「気流抵抗」高くなり共振による音圧は「円筒形管」
に比べると共振し難くなり、下がると推測できます。

さらに「スリット・ダクト」の場合は、
「ダクト共振周波数」が下がるという話を耳にして
いますので、

その2つの理由により、ダクト違いによる
シミュレーションは「SPSYS」では出来ませんので、
計算結果が "NG" だったと判断するしかありません。


よって実際の『BSP000』ではダクトの共振周波数
計算よりがりダクトの出力音圧」くなるので

200[Hz]付近の低音域のピーク値
計算より下がりますので、

実際『BSP000』結果は、フラットに近づき、
成功しているのだと推測します。


 今回の日記記事は以上となります。

予定としては残暑が厳しいので、屋外でのSP工作は
非常に苦しい作業になりますので
『OMP-600』と『OMF800P』のエンクロージャー工作は、

検証したことで、色々アイデアは浮かび、
実際に試してみたいですが、残念ながら、
他に優先してしたいこともありますので保留にします。


  メタル振動板&フェイズプラグ 8cm FR-SP

 

左:これならできる特選スピーカーユニット フォステクス編
中:FOSTEX OMF800P-E 8cm口径用スピーカーボックス
右:FOSTEX M800-DB 8cm口径用スピーカーボックス

 ● ONTOMO MOOK Stereo編
    これならできる 特選スピーカーユニット
    フォステクス編
     予価 ¥4,968(8%税込)、  発売予定日:2017年7月19日
  特別付録  フォステクス製
  :8cm口径フルレンジ スピーカーユニット
  :「OMF800P」 (ペア)
 ◎ さらなる 高みへ ◎
  ★OMF800P 特徴
  :フェーズプラグ&メタル振動板採用8cmフルレンジ
  :去年のStereo付録 M800 改良、研ぎ澄まされた音
  :フェーズプラグで高音域のf特,位相を制御、音質UP
  :エンクロージャーは M800 と同等品が流用可能
  :強力な直径 65mm フェライト外磁型磁気回路
  :振動板の鳴きを抑制、アップロール・ラバーエッジ

  Fostex OMF800P-E スピーカーボックス バスレフ型
    標準価格¥5,000(税別)/1台  発売日:2017年 8月下旬
  ・ONTOMO MOOK Stereo編 付録 OMF800P 専用SP-BOX
    FF85WK,FE83En らも適合ユニット
  ・フラット・ワイドレンジな本格Hi-Fiサウンド
  ・吸音材、SP端子、内部配線、組み込み済
  ・SP端子は高品位バナナプラグ対応金めっき
  ・付録SP-UNIT用SP-BOX初、バッフル面用グリル付属
  ・材 質:MDF t=12mm(バッフル面) t=9mm(他5面)
  ・仕上げ:チェリー調
  ・内容積:5.0L、チューニング周波数:74Hz
  ・サイズ/質量:142W×254H×213D[mm]/1.71kg(1台)
  ・付属品:グリル×1、木ネジ×4本、パッキン×1枚

  Fostex M800-DB スピーカーボックス DB型
    標準価格¥4,000(税別)/1台  発売日:2016年 9月下旬
  ・ステレオ2016年8月号付録 M800 専用DB型 SP-BOX
    OMF800P 適合
    FF85WK,P800K,FE83En らも適合
  ・迫力の低音再生・ワイドレンジで、本格ハイファイ再生
  ・吸音材、SP端子、内部配線、組み込み済
  ・内容積:5.3L(第1キャビ 1.9L/第2キャビ 3.2L)
  ・材質:MDF t=12mm(バッフル面)、 t=9mm(他5面)
  ・仕上げ:チェリー調
  ・サイズ/質量:132W×298H×200D[mm]/約1.8kg(1台)
  ・付属品:木ネジ×4本、パッキン×1枚

ネット通販での ご購入 はこちら

  ・Amazon.co.jp 
  ->  これならできる特選スピーカーユニット Fostex編
  ->  FOSTEX OMF800P-E 8cm口径用スピーカーボックス(1台)
  ->  FOSTEX M800-DB 8cm口径用スピーカーボックス

  ・楽天市場   
  ->  これならできる特選スピーカーユニット フォステクス編
  ->  フォステクス OMF800P-E 8cm口径用スピーカーボックス(1台)
  ->  フォステクス M800-DB 8cm口径用スピーカーボックス

  ・オムニ7(7ネットショッピング)
  ->  これならできる特選スピーカーユニット フォステクス編



  OMF800PSP-BOX



左:スピーカー工作の基本&実例集2016年版
中:FOSTEX P802-E 2Wayスピーカーボックス(ペア)
右:WonderPure OMF800P用TQWT型エンクロージャーKIT(ペア)

 ● ONTOMO MOOK Stereo編
    スピーカー工作の基本&実例集
    2016年版
     予価 ¥4,968(8%税込)、  発売日:2016年7月19日
 ・付録:Stereo2016年8月号付録 M800 専用 SP-BOX KIT
  :これならできる 特選スピーカーユニット
   フォステクス編8cm フルレンジ OMF800P 対応
   バックロードホーン エンクロージュア・キット
  驚異的な低音 のバックロードホーン

  Fostex かんすぴ P802-E SP BOX (ペア)
      標準価格¥6,000(税別) 発 売 日:2015年 7月下旬
  「NE15」と組んでマルチアンプ方式が実際に可能!!
  「PT20K+PW80K」用バスレフ型エンクロージャー
  「PW80K」の代わりに『OMF800P』を取付可能
  SP端子2組、内部配線、吸音材等組込済
  ・適合・ユニット:PT20(K)、PW80(K)
  ・SIZE/質量:101W×195H×118D[mm]/ 約650g(1台)

  ワンダーピュア WP-SP800TQWT
           SP BOX 組立KIT(ペア)
      標準価格¥19,440(税別:ペア) 登録日:2015年 8月10日
  ムック付録 OMF800P 対応TQWT方式SP-BOX KIT
  TQWT(Tapered Quarter Wave Tube≡テーパー付1/4波長管)
  「明るく弾む低音」を叩き出す「共鳴管式SP」
  ・適合・ユニット:OMF800P
  ・SIZE/質量:180W×840H×310D mm/ 約10.5 kg(1台)


ネット通販での ご購入 はこちら

  ・Amazon.co.jp 
  ->  スピーカー工作の基本&実例集2016年版
  ->  FOSTEX P802-E 2Wayスピーカーボックス(ペア)
  ->  WonderPure WP-SP800TQWT エンクロージャーKIT(ペア)

  ・楽天市場   
  ->  スピーカー工作の基本&実例集 2016年版

  ・オムニ7(7ネットショッピング)
  ->  ピーカー工作の基本&実例集-2016年版


MOOK Stereo編 付録SP-UNIT 2017_06 先頭へ







  付録SP-UNITスピーカー にピッタシアンプ

       

左:FOSTEX PC200USB-HR パーソナル・アンプ
右:FOSTEX AP20d ハイレゾ対応 パーソナル アンプ


  Fostex PC200USB-HR
    USB-DAC 内蔵パーソナル・アンプ
    標準価格¥17,800 (税別)、   発売日 2015年 10月中旬
  ・ハイレゾ対応SPと組合せ可能アンプ
  ・DISKTOP PC AUDIOで、手元ボリュームコントロール
  ・スピーカー出力:15W+15W(8Ω負荷)
  ・適合SPインピーダンス:4〜8[Ω]
  ・HP出力:3.5mmステレオミニジャック×1
  ・入力端子:USBコネクタ Type B×1
  ・D 信号:最大 96kHz / 24bit
  ・消費電力:10[W]( DC15V 専用ACアダプター)
  ・外形寸法:95(W)×52(H)×86(D) mm、質量:363g
  ・付 属 品:USBケーブル(1m)×1,SPケーブル(1.5m)×2
       :DC15V 専用ACアダプター

  Fostex AP20d パーソナル・アンプ
    標準価格¥4,000(税別)/1台  発売日:2016年 9月下旬
  ・小型パーソナルアンプ第3弾,D級採用,Hi-Res仕様
  ・第2弾 AP15d 15W×2 から 20W×2 出力アンプに進化
  ・電源回路・各種パーツを見直し、音質を大幅に向上
  ・各種パッシブSP対応、電源・ケーブルを完全完備
  ・スピーカー出力:20W+20W(4Ω),12W+12W(8Ω)
  ・適合SPインピーダンス:4〜8[Ω]
  ・HP出力:3.5mmステレオミニジャック×1
  ・周波数 特 性:20Hz〜40kHz
  ・全高調波歪率:0.01%(出力3W、負荷8Ω、1kHz)
  ・S / N 比 :100dB以上
  ・入力端子:RCAピン×2/入力感度:1V
  ・D 信号:最大 96kHz / 24bit
  ・消費電力:10[W]( DC15V 専用ACアダプター)
  ・外形寸法:95(W)×52(H)×86(D) mm、質量:363g
  ・付 属 品:USBケーブル(1m)×1,SPケーブル(1.5m)×2

ネット通販での ご購入 はこちら

  ・amazon.co.jp 
  ->  FOSTEX PC200USB-HR パーソナル・アンプ
  ->  FOSTEX AP20d ハイレゾ対応 パーソナル アンプ

  ・楽天市場   
  ->  フォステクス PC200USB-HR パーソナル・アンプ
  ->  フォステクス AP20d ハイレゾ対応 パーソナル アンプ


  ハイレゾ対応機器の購入 は ONKYO DIRECT へ

 

 【e-onkyo music】ハイレゾ アルバムランキング見てみる?
 【e-onkyo music】ハイレゾ シングルランキング見てみる?

  Microsoft Public Affiliate Program (JP)

  【300*250】アウトレット

 NEC Direct(NECダイレクト)

MOOK Stereo編 付録SP-UNIT 2017_06 先頭へ