フォステクス(Fostex)限定 FE83-Sol 8cm口径フルレンジ スピーカーユニット Solの継承 について その2


Fostex限定 FE83-Sol 検証02 本文へ ↓


 

左:フォステクス FE83-Sol 8cmフルレンジ(限定)
中:フォステクス YK83-Sol バスレフ型スピーカーボックス(限定)
右:Stereo 2016年 9月号

  独創性,新系譜、繊細かつ表現力豊かな音楽再生を実現?
 ●Fostex FE83-Sol 限定8cm径フルレンジ
     予定頒布数:限定3,000台
     標 準 価格:¥5,600(税別) 発売予定日:2016年 9月中旬
  FE103-Solで、つちかった技術を応用、8cm-Ver.
  2層抄紙ESコーン、大型強力低歪み磁気回路
  ・高性能、ハイ・コンプライアンスコルゲーションダンパー
  FE83Enのコーン紙・フレームなどがベース
  ・付属品:木ネジ×4、ワッシャー×4、パッキン×1、

  FE83-Sol用バスレフ型スピーカーボックス
 ●Fostex YK83-Sol バスレフ型スピーカーボックス
     予定頒布数:限定300台
     標 準 価格:¥16,000(税別) 発売予定日:2016年 9月末
  適度な響きを持ち、繊細で明瞭、表現力豊かな音楽再生
  ユーカリ突き板仕上げ、塗装色:パーシモンオレンジ
  バナナプラグ対応金メッキ入力ターミナルを採用
  ・音質調整済み、簡単な組み立てでSP完成
  ・適合ユニット:FE83-Sol、FE83En、FF85WK
  ・サイズ・質量:136W×260H×213D mm(突起無)・2.07kg
  ・内容積/チューニング周波数:4.9 [L] / 89 [Hz]
  ・付属品:M4キャップボルト×4、ワッシャー×4、Lレンチ×1

  オーディオの総合月刊誌 ステレオ ケーブル 特集号
   ステレオ(Stereo) 2016年 9月号
     新定価 ¥972(本体¥900+税) 発売日:2016年 8月19日
  ●特 集:ケーブルまわりで音質改善
     :デジタル系の接続チューニング
     :ケーブル・サポート術指南
     :自作で高音質ケーブルにチャレンジ
     :1インチの奇跡 リードチップ(レコード用)
  ●ザ・グレード・コンポ:Monitor Audio PL500U(2)
  ●オーディオ・クラフト:Fostex FE83-Sol 使用BH

ネット通販でのご予約・ご購入 はこちら
        ※)2016年9月 5日現在、
        既に売切れの場合あり、御了承お願い致します。

  ・amazon.co.jp 
  -> FOSTEX FE83-Sol 8cmフルレンジ(限定)
  -> FOSTEX YK83-Sol バスレフ型スピーカーボックス(限定)
  -> Stereo 2016年 9月号

  ・楽天市場   
  -> フォステクス FE83-Sol 8cmフルレンジ(限定)
  -> フォステクス YK83-Sol バスレフ型スピーカーボックス(限定)
  -> ステレオ 2016年 9月号

  ・オムニ7(7net)
  -> ステレオ_2016年 9月号

  ・富士山マガジン
  -> ステレオ-2016年 9月号


Fostex限定 FE83-Sol 検討02


  ※)全文
    ・スピーカー(システム) -> SP、
    ・エンクロージャー   -> SP箱、
    ・スピーカーユニット  -> SP-UNIT、
    ・フルレンジユニット  -> FR、
    ・ウーファー      -> WF、
    ・サブ・ウーファー   -> SW、
    ・ツィーター      -> TW、
    ・スーパー・ツィーター -> STW、
    ・パッシブ・ネットワーク-> NW、
    ・チャンネルデバイダー -> チャンデバ、
    ・バックロードホーン型 -> BH、
    ・ダブルバスレフ型   -> DB、
    ・周波数特性      -> f特、
    ・インピーダンス特性  -> Z特、
    ・コストパフォーマンス -> CP、
    ・アナログレコード(DISC)-> AD、

    など、略す場合が有ります。


0.まえがき


『Fostex(フォステクス):FE83-Sol
         8cmフルレンシユニット
    ・価格 ¥5,600+消費税/1台
    ・限定 3,000台、発売予定:2016年9月中旬

を購入予定で急遽(キュウキョ)『FE83-Sol』の検証を
始めてしまったので、

 ・ステレオ8月号付録 M800フルレンジユニットのSP工作
 ・「SU-C1000:プリアンプ」のバッテリー部分の改修
 ・「Digi Fi No.22 付録 バランス駆動対応ヘッドフォンアンプ」

の実施・検証は、何も進んでいません。orz

 ・{MS Windows7 or 8.1 -> 10}のアップグレードの件

は、期限を切られてしまっていたため、途中で止めることは
出来ませんでしたので、一応終了しています。

ただ「MS Windows7」から「MS Windows10」への
グレードアップは、OSの 操作方法・機能 が、
結構、変更が多くて非常に戸惑っています。

個人的には「スマートフォン」等と「PC」をインターネットで
接続して連携するような使い方は、まず実施しません
(飛び回っている忙しいビジネスマンなら欲しい機能)ので、

そのような使い方に関しては、ゆったり?遊ぶ趣味を楽しむ場合、
有難迷惑な側面があります(スタンドアロン的が使い易い)。

PC使用者全員が、欲していない使い方なので、
そのようなサービス機能を無理に使用させるような押し売りは、
勘弁願いたいと非常に感じています。

そのような状況は「PCオーディオ」
困る現象が発生しています。

サービスを提供する「アプリケーション(以下アプリ)」
のために「OS」に標準で付いている「常駐プログラム」が、

使用ユーザーの認知していないときに勝手に起動して
「CPU」を働かせます。

現在「(CPU換装済み)ノートPC」を「PCオーディオ」で
使っています。

換装したCPUの処理速度は大幅にアップしましたが、その反面、
「常駐プログラム」が起動中に発生する「CPU」の「ICチップ」
の廃熱(ハイネツ)量が増えたため、

CPUを冷やすための、自動制御で起動する
「空冷ファン」騒音が、無視
できないほどに大きくなってしまいました。

それだけでなく自動起動している
「常駐アプリ(サービス)

「PCオーディオ」で音質を
劣化させる「ノイズ源」になっていますので、

自動起動の「サービス」処理が無ければ無いほど
明らかに高音質になりますから、

OSのグレートアップ
「PCオーディオ」の音質
悪くなったことになります。

よって、新たな課題が生じてしまいました。orz

個人的にリーズナブルで音質が良いと思う
具体的解決策「ラズパイ」
使った「PCオーディオ」になりますが、

「ラズパイ」を使った「PCオーディオ」
構築運用時間が掛かりますので、
現状は手を付けられません。orz

いずれ試したいのですが、
「のろまなカメ」なので、実現が難しいです。orz


 今回の日記記事は『FE83-Sol』を使うために、
検証していましたところ、はじめは、個人の勝手な趣向で
「BH」で使うことを想定しましたので、

「バスレフ」等の「SP箱」設計で
「シミュレーション」のために使う
ことを目的とした「T/Sパラメータ」

いつも通りに公開スペックからの読取を実施する
予定はありませんでした(時間のロス)。

でも、やっぱり『FE83-Sol』向いた
「SP箱」の型式は「バスレフ」だと

検証中に感じたため、急遽、
必要な「T/Sパラメータ」
読み取りを試しました。

しかし、数値で公開された「ユニット規格」
公開した「f特」上の「Z特」から読み取る
「規格値」の値には「バラツキ」非常に大きく

まともにシミュレーションできる
「T/Sパラメータ」
読み取れませんでした。orz

しかも読み取った「T/Sパラメータ(仮)」の使用が
可能なのか?検証に時間が掛かり過ぎたので、
それ以外のことは何も進んでいないので、

そのことについてしか、現在、日記記事に書けません。orz
よって、何が悪かったのか?日記記事にします。

ちなみに、スペックを公開している
「Fostex(フォステクス)」さん
については、

そのような規格値の食い違いについて、
一切の責任義務はありません

(サービスでの公開です。規格値を
 公表しない有名ブランドもあります。)ので、

クレームを付けるようなことはしないように
お願いします。

このような数値は、製造物には、多かれ少なかれ必ずある
「バラツキ」ですので、そのようなことが
現実であるということです。

スピーカーユニットの場合は、その個々の差
(固有の1台でも使用時間等でも大きく変わる。)が、
"大き過ぎる" ということになります。

「PC」の進化でシミュレーションを利用する
スピーカー自作が可能になってきましたが、

ユニットの特性が唯一ではありませんので、
自作スピーカーで利用するには、困った現実ですが、
納得して付き合うしかありません。


 また、色々実施目標が中途半端で置き去りになっています。
世の中の現在のトレンドを追うのは本当は止めたいのですが、
ブログの性格上やめることが難しく感じています。orz


1.『FE83-Sol』の公開スペックについて


  katochan-n20160906_z01.jpg.jpg
  第1図 FOSTEX 8cm口径FRユニット 仕様比較表

  FE83-Sol のT/Sパラメータ読取補助付図
  第2図 FE83-Sol のT/Sパラメータ読取補助付図

上記、第1図と第2図を基に「SPSYS」でシミュレーションを
実施する場合に必要なパラメーター値を選んで抜粋しますと、

 第1表 「SPSYS」で必要な規格値 Fostex:FE83-Sol
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
| パラメータ名称   |規格|FE83-Sol規格|FE83-Sol読取|
|----------------------|----|------------|------------|
|ボイスコイル直流抵抗 |Re| ----[Ω] |  7.5[Ω] |
|振動系の機械質量(m0) |Mms| 1.53[g] | 1.53[g] |
|最低共振周波数(f0)  |Fs |  135[Hz] |  115[Hz] |
|機械的尖鋭度(Qm)   |Qms| -------- | 4.423   |
|電気的尖鋭度*1)   |Qes| -------- | 1.227   |
|総体的共振尖鋭度(Q0) |Qts| 0.65   | 0.96   |
|印加電圧(V 8[Ω]時) |?V| 2.83[V] | 2.83[V] |
|振動系の半径(a)   |a | 3.00[cm] | 3.00[cm] |
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 *1)「SPSYS」では「Q0:電気的尖鋭度」です。

となりました。困ったのは、

 ・最低共振周波数:Fs (f0) が、20[Hz]の差
 ・尖  鋭  度:Qts(Q0) が、0.31  の差

違い過ぎることです。
別々のモデルであるかのようなユニットの規格値に
なっています。

「規格」内パラメータの値を「読取」の値を使って、
つじつまを合わせて、推測して

「SPSYS」で計算による標準バスレフ「SP箱」のシミュレーションを
試しましたが、希望通りのフラットな低音域の「f特」を得ることが
出来ませんでしたので、

読み取った「T/Sパラメータ」使用は、
あきらめました。orz

  FE83-Sol のT/Sパラメータ検算特性図
  第3図 FE83-Sol のT/Sパラメータ検算特性図


 過去に雑誌で載っていた例では
「テクニクス:EAS-7F10」
7cm口径フルレンジユニット

発売メーカー発表規格値が、他メーカー実測規格値と
離れていた例があります。

 *1) 1997年 季刊・オーディオアクセサリー44号掲載
   F-71「スリムセブン」の製作:著者 長岡鉄男氏
   の記事中に、詳しく載っています。

なお、悪い事ばかりでなく、
{ ボイスコイル直流抵抗:Re = 7.5[Ω] }は、
推測で正しい値であろうと確信が持てました。

でもそのおかげで「読取値」のつじつまが合わなくなった
可能性もあります。
{ Re = 7.5[Ω] }と推測できた理由は、

 まず『FE83-Sol』と元になった「FE83En」で
仕様を比較したところ「ボイスコイル」に関する変更が
何も書かれていませんでした。

よって「ボイスコイル」に関しては、変更がなかったと
思われます。

 そこで「FE83En」の公表されている{ Re }を調べたところ、
{ Re = 7.5[Ω] }でした。

さらに現在所有している「FE83En」の2個の{ Re }を
テスターで測定したところ
{(1) 0.75,(2) 0.76 }となっていました。

さらに加えて『FE83-Sol』の公開された「Z特」より、
{ Re }を読み取りますと{ 0.75 }と読めなくはありません。

 よって、ここまで実際に所有しているユニットの
公開値と測定値が僅かの誤差で揃っていることは、
今までの値の読み取り経験上でありませんでしたので、

「FE83En」の値を「FE83-Sol」と同じでも構わないと
判断しました。

 またf0ですが135[Hz] }115[Hz] }の、
どちらが実際の販売ユニットに近いのか?考えましたが、
決め手となる事実が無いので分かりませんでした。orz

ただ「EAS-7F10」の場合、

 {メーカー発表値f0= 120[Hz]}
 {別メーカー実測f0= 220[Hz]}
*2{長岡氏独自実測f0= 160[Hz]}

と値のバラツキが非常に大きく
なっています。

今回の『FE83-Sol』の場合は、
同一メーカーの異なった資料での、値の違いで
差が20[Hz] }もありますので、

推測の詳細は割愛しますが「EAS-7F10」
{メーカー発表値f0= 120[Hz]}
も、あり得ない数値ではないと、私は思いました。

つまり、小口径になればなるほど「Re」は、安定してきますが
「f0」「バラツキ」大きくなるのかも、しれません

 *2) 1994年 季刊・オーディオアクセサリー73号掲載
   長岡板フルレンジ図鑑 小口径(10cm以下)編
   著者:長岡鉄男氏 より引用
   AA誌 精粋 不思議の国の長岡鉄男2 にも掲載

今回は、以上となります。


Fostex 市販8cm口径フルレンジ スピーカーユニット

  

  左: FOSTEX FE83En 8cmフルレンジユニット
  中: FOSTEX FF85WK 8cmフルレンジユニット
  右: FOSTEX かんすぴ P800K 8cmフルレンジ

 バスレフからBHまで万能型ナチュラル繊細な音質
 ●Fostex FE83En 8cm径フルレンジ
     標 準 価格:¥4,500(税別) 発売日:2009年 7月
  フォステクスの伝統FEシリーズ最小口径8cmSPユニット
  好評のESコーン、明るくクリアーなサウンド
  ・ESコーンは極低ロスの振動板で、情報量が多大

 FF-WKシリーズ バスレフ専用 設計 明快リアル な音質
 ●Fostex FF85WK 8cm径フルレンジ
     標 準 価格:¥4,800(税別) 発売日:2010年11月
  新しいオーディオライフを目的に開発されたFFシリーズ
  2層抄紙コーン、高剛性化・内部損失・伝播速度を巧みに制御
  ・明快でリアルな音質、力感溢れる低域と無個性な高域再生

  気軽にスピーカークラフト体験 かんすぴ シリーズ
 ●Fostex かんすぴ P800K 8cm径フルレンジ
     標 準 価格:¥1,500(税別) 発売日:2012年10月
  フルレンジスピーカーの魅力を手軽に楽しめるPシリーズ
  バナナパルプ配合軽量コーン高損失ゴムエッジ 採用
  ・明瞭な中高域と適度に制動された低音を実現
  ・小口径フルレンジの定位と音場感を楽しめる
  ・ステレオ誌付録「P800」ベースの改良市販完成品

● ネット通販での ご購入 はこちら

  ・amazon.co.jp 
  -> FOSTEX FE83En 8cmフルレンジユニット
  -> FOSTEX FF85WK 8cmフルレンジユニット
  -> FOSTEX かんすぴ P800K 8cmフルレンジ

  ・楽天市場   
  -> フォステクス FE83En 8cmフルレンジユニット
  -> フォステクス FF85WK 8cmフルレンジユニット
  -> フォステクス かんすぴ P800K 8cmフルレンジ

  ハイレゾ対応機器の購入 は ONKYO DIRECT へ

 

【e-onkyo music】ハイレゾ シングルランキング見てみる?
【e-onkyo music】ハイレゾ アルバムランキング見てみる?

Fostex限定 FE83-Sol 検討02 先頭へ




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441692972
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック