Fostex(フォステクス)限定 FE83-Sol 8cm口径フルレンジ スピーカーユニット Solの継承 について その3


Fostex限定 FE83-Sol 検証03 本文へ ↓



      

左:フォステクス FE83-Sol 8cmフルレンジ(限定)
右:フォステクス YK83-Sol バスレフ型スピーカーボックス(限定)

  独創性,新系譜、繊細かつ表現力豊かな音楽再生を実現?
 ●Fostex FE83-Sol 限定8cm径フルレンジ
     予定頒布数:限定3,000台
     標 準 価格:¥5,600(税別) 発売予定日:2016年 9月中旬
  FE103-Solで、つちかった技術を応用、8cm-Ver.
  2層抄紙ESコーン、大型強力低歪み磁気回路
  ・高性能、ハイ・コンプライアンスコルゲーションダンパー
  FE83Enのコーン紙・フレームなどがベース
  ・付属品:木ネジ×4、ワッシャー×4、パッキン×1、

  FE83-Sol用バスレフ型スピーカーボックス
 ●Fostex YK83-Sol バスレフ型スピーカーボックス
     予定頒布数:限定300台
     標 準 価格:¥16,000(税別) 発売予定日:2016年 9月末
  適度な響きを持ち、繊細で明瞭、表現力豊かな音楽再生
  ユーカリ突き板仕上げ、塗装色:パーシモンオレンジ
  バナナプラグ対応金メッキ入力ターミナルを採用
  ・音質調整済み、簡単な組み立てでSP完成
  ・適合ユニット:FE83-Sol、FE83En、FF85WK
  ・内容積/チューニング周波数:4.9 [L] / 89 [Hz]
  ・サイズ:136(W)×260(H)×213(D) mm(突起含まず)
  ・質 量:2.07kg
  ・付属品:M4キャップボルト×4,ワッシャー×4,Lレンチ×1

ネット通販でのご購入 はこちら
        ※)2016年9月22日現在、
        既に売切れの場合あり、御了承お願い致します。

  ・amazon.co.jp 
  -> FOSTEX FE83-Sol 8cmフルレンジ(限定)
  -> FOSTEX YK83-Sol バスレフ型スピーカーボックス(限定)

  ・楽天市場   
  -> フォステクス FE83-Sol 8cmフルレンジ(限定)
  -> フォステクス YK83-Sol バスレフ型スピーカーボックス(限定)

Fostex限定 FE83-Sol 検討03


  ※)全文
    ・スピーカー(システム) -> SP、
    ・エンクロージャー   -> SP箱、
    ・スピーカーユニット  -> SP-UNIT、
    ・フルレンジユニット  -> FR、
    ・ウーファー      -> WF、
    ・サブ・ウーファー   -> SW、
    ・ツィーター      -> TW、
    ・スーパー・ツィーター -> STW、
    ・パッシブ・ネットワーク-> NW、
    ・チャンネルデバイダー -> チャンデバ、
    ・バックロードホーン型 -> BH、
    ・ダブルバスレフ型   -> DB、
    ・周波数特性      -> f特、
    ・インピーダンス特性  -> Z特、
    ・コストパフォーマンス -> CP、
    ・アナログレコード(DISC)-> AD、

    など、略す場合が有ります。


0.まえがき


 前回の日記記事で、

『Fostex(フォステクス):FE83-Sol
       8cm口径フルレンシ スピーカーユニット
    ・価格 ¥5,600+消費税/1台
    ・限定 3,000台、発売予定:2016年9月中旬

「T/Sパラメータ」を公開された「Z特」等から
求めようとしましたが、規格値「ばらつき」
大き過ぎて、

残念ながら「シミュレーション」で使えそうな
設計で使える音響パラメーター値は
求められませんでした。orz

でも、そうガッカリする必要はありません。
「SP-UNIT」は、そのようなモノだと理解すれば、

いい加減(デタラメとは全く異なる)に
エンクロージャーの設計をすれば良く、

反って数値に縛られない自由度があり、
インスピレーションに従った方針の方が
良いということにもなります。

事細かに数値を使って、計算を駆使して、
厳密に考える必要は全くないということです。

『FE83-Sol』の場合、
そのように駆使して「SP箱」を設計しても、

個々の「SP-UNIT」のパラメータ値に
大きな「ばらつき」がありますので、

同一モデル全ての「SP-UNIT」に対して、
統一的に最適な「SP箱」は、存在できないので、
{いい加減}良いと、私は勝手に結論付けました。

気長に使って行き、使用しながらエージングで
パラメータ値が落ち着いてきた頃に、
修正を掛けていくことが、最適なのでしょう。

よって『FE83-Sol』の使い方は、
『ステレオ2016年9月号』の工作記事等を
参考に独自? に解釈して実施すればよいと思います。

『FE83-Sol』を使ったスピーカー自作記事は、

 (1) 連載記事:私の研究ノート
    「ニアフィールドリスニングのすすめ 3
      (自作スピーカー編)」 ・小澤 隆久 氏 PP.56-61

 (2) 連載記事:オーディオクラフト
    『FE83-Sol』2発使用小型BH
     「ASB832Sol」 ・浅生 ム 氏 PP.62-65

になります。


 なお「SP-UNIT」の「ばらつき」対策には、
フルレンジ「SP-UNIT」を使った 2chステレオ の場合、

3個のユニットを購入して、音響パラメーターを測定して
測定結果数値が近い2本を使って、残り1本を予備に回す
とする、方法が古い雑誌に載っていました。

ただ、インピーダンス特性を測れる測定器が必要ですので、
日曜大工程度のスピーカー自作の場合、その手法は、
測定技術も必要で、敷居が高過ぎる方法となっています。

私の場合、そのような測定器は持っていません。orz

やる気と予算が十分ある方なら、試してもよい方法とは思います。
測定器や余分に使う「SP-UNIT」等を全て揃えても、
コストで 100万円 は掛からないと予測出来ますし、

100万円 程度のハイエンド機と同等の音質評価
(耐入力や重低音)は出来ませんが、
十二分に対抗できる音質は、私には可能と予測できます。

余ったコストで、重低音の追加(「SW」の追加)の検討も出来ます。
その場合、重低音はハイエンド機を凌駕する可能性も十分あります。
自作未経験のあなたには、そうとは思えないと予測しますが・・・

今回の日記記事は、記事とは一切関係ない家庭内事情で
忙しくて何も手が付けられないことと、

注文した『FE83-Sol』が発売されているのに、
まだ届いていないことも有りますので、

『FE83-Sol』の使い方を妄想しようと思います。
なお、急ぐことは私には不可能なので、
気長にゆっくり取り組むことに決めました。


1.FE83-Sol のエンクロージャーの取り組み


 私の目論見(モクロミ)では『FE83-Sol』「BH」
メイン・システム用スピーカーとして、
使いたいと思っています。

 ただFE83-Sol用BH』1本で
ワイドレンジを補う場合、8cm口径用「BH」としては
大型のサイズになりますので、

FE83-Sol用BH』小型にして、重低音域は
自作「SW」の追加で{「BH」+「SW」}
メイン・スピーカーとして使いたい願望があります。

実は、過去に「FF85K」or「6N-FE88ES」を使った長岡鉄男氏
設計の「D-10:バッキー」を8cm口径「SP-UNIT」用に改良した
「BH」と、それ用「SW」を作成しようとしましたが、

 ● 8cm(FF85K)口径用バックロードホーンの作成
 ● 8cm口径用BHのサブウーハーの検討 DRW案
 ● 8cm口径用BHのサブウーハーの再検討 バスレフ案

「ステレオ2010年7月号付録 P650 フルレンジ SP-UNIT KIT」
の登場以来、雑誌付録の企画に追いまくられて、
一切、進まずに6年間の日々を費やしてしまいました。orz

使用予定していた「6N-FE88ES」は、ストック4個のうち1個は、
エッジの塗布材が、乾燥して無くなり、エッジがスカスカになり
使用不能となってしまいました。orz

    6N-FE88ES 外観
 第1図 FOSTEX 6N-FF88ES限定ユニット 外観

残りの3個も経年変化で、エッジの状態があまり良くないので、
早く使用しないと使用不能になります。
エッジの修復が上手に出来れば、それでもOKですが・・・

よって、直ぐにでも工作を開始したのですが、懸案事項があり、
開始できません。よって計画を見直して、何も考えずに工作を
ただ実行できるようにしたいです。

6年間の間に、実際の工作は中断していますが、
「SP-UNIT」は、モデルチェンジ(良い事象)していまい、

エンクロージャー設計は、色々不明な点が理解出来るようになり、
修正・改良する必要性が生じています。

「BH」は「D-10」の音道の設計が素晴らしい点が良く分かり
ましたが、縮小するにあたり、使用ユニットの呼称口径サイズの
割合で{8cm径/10cm径 = 0.8倍}にすると。

「D-10」のサイズの高さ(以下SIZE:H)が580[mm]}で、
0.8にしますと464[mm]}となり、

切りの良い数値{450[mm]}より、やや長いという
合板から切り取る場合に、非常に都合が悪いサイズだったので、

設計上で想定している呼称「SP-UNIT」口径の割合
{8cm径/11cm径 ≒ 0.73倍}で再設計をしました。

その自称BH-008-V2:BH」
製作まで至らず、保留になっております。

    8cm口径用 D-10改 BH 設計図面 案2
 第2図 FOSTEX BH-008-V28cm用 D-10改 設計 図面

「BH-008-V2」の前に「SIZE:H」をいい加減に設計した
自称「BH-008-1」は工作が中断となっています。

        8cm口径用 D-10改 BH 設計図面 案1
 第3図 FOSTEX BH-008-18cm用 D-10改 設計 図面

「BH-008-1」は、「SIZE:H」450[mm]}
するために音道の設計を見た目で適当に縮小しました。

それは悪でしたので、何も設計を変更しないで、
中断している「BH-008-1」工作を再開するのは、
今までの得た知識を無視することになります。

かといって「BH-008-V2」を新たに板材をカットして、
工作を始めることも「BH-008-1」板材が無駄
なってします。

よって「D-10」{ SIZE:H = 580[mm]}
{ SIZE:H = 450[mm]}に縮小した、
450mm/580mm ≒ 0.776

新たな「BH-008-V3」を設計して、その寸法を、
板材の寸法を変更せずに「BH-008-1」反映する
計画を立てました。

音質的「BH-008-V2」「BH-008-V3」でどちらの音質が良い
かは、寸法が近いので、実際に工作して比較視聴しないと
分かりませんが、そんな余裕は私にはありません。orz

とにかく、頭の中で計画したことを文章に書きだしませんと、
やる気も出てきませんので、何とかその方針で進めて行きます。

しかし「BH-008-1」「BH-008-V2」「BH-008-V3」
どれでも100[Hz]以下の重低音再生は出来ないことは、
予測できていますので、

8cm用「D-10」改「SW」は、メインシステムで
使用する場合には絶対に必要なので、
そちらの方の再検討も必要になります。

「SW」に関係する(使うかもしれない)「Fostex」
「FW-Nシリーズウーファーがディスコンになり、
16年ぶりに「FW-SHシリーズモデルチェンジしました。

そのことも考慮して「SW」を再検討する必要があります。

今回は、以上となります。


  記事に関係する オーディオの総合月刊誌 ステレオ

        

    左:Stereo 2016年 9月号
    右:Stereo 2016年 9月号

  オーディオの総合月刊誌 ステレオ ケーブル 特集号
   ステレオ(Stereo) 2016年 9月号
     新定価 ¥972(本体¥900+税) 発売日:2016年 8月19日
  ●特 集:ケーブルまわりで音質改善
     :デジタル系の接続チューニング
     :ケーブル・サポート術指南
     :自作で高音質ケーブルにチャレンジ
     :1インチの奇跡 リードチップ(レコード用)
  ●ザ・グレード・コンポ:Monitor Audio PL500U(2)
  ●オーディオ・クラフト:Fostex FE83-Sol 使用BH

  オーディオの総合月刊誌 ステレオ 脚とベース 特集号
   ステレオ(Stereo) 2016年10月号
     新定価 ¥972(本体¥900+税) 発売日:2016年 9月17日
 ●特  集:使いこなし極意研究
      :インシュレーター&ボードで音を磨け!
 ●特別企画:スピーカー競作2016 FW168HS に挑む
  ●ザ・グレードコンポ:DP-950+DC-950の進化を聴く
  ●サウンドフォーカス:オルガンと低音を極める

ネット通販でのご購入 はこちら

  ・amazon.co.jp 
  -> Stereo 2016年 9月号
  -> Stereo 2016年10月号

  ・楽天市場   
  -> ステレオ 2016年 9月号
  -> ステレオ 2016年10月号

  ・オムニ7(7net)
  -> ステレオ_2016年 9月号
  -> ステレオ_2016年10月号

  ・富士山マガジン
  -> ステレオ-2016年 9月号

  -> ステレオ-2016年10月号


  Fostexレギュラー8cmフルレンジSPユニット

  

  左: FOSTEX FE83En 8cmフルレンジユニット
  中: FOSTEX FF85WK 8cmフルレンジユニット
  右: FOSTEX かんすぴ P800K 8cmフルレンジ

バスレフからBHまで 万能型ナチュラル繊細
 ●Fostex FE83En 8cm径フルレンジ
     標 準 価格:¥4,500(税別) 発売日:2009年 7月
  フォステクスの伝統FEシリーズ最小口径8cmSPユニット
  好評のESコーン、明るくクリアーなサウンド
  ・ESコーンは極低ロスの振動板で、情報量が多大

FF-WKシリーズ バスレフ専用 設計 明快リアル
 ●Fostex FF85WK 8cm径フルレンジ
     標 準 価格:¥4,800(税別) 発売日:2010年11月
  新しいオーディオライフを目的に開発されたFFシリーズ
  2層抄紙コーン、高剛性化,内部損失,伝播速度を巧みに制御
  ・明快でリアルな音質、力感溢れる低域と無個性な高域再生

気軽にスピーカークラフト体験 かんすぴ シリーズ
 ●Fostex かんすぴ P800K 8cm径フルレンジ
     標 準 価格:¥1,500(税別) 発売日:2012年10月
  フルレンジスピーカーの魅力を手軽に楽しめるPシリーズ
  バナナパルプ配合軽量コーン高損失ゴムエッジ 採用
  ・明瞭な中高域と適度に制動された低音を実現
  ・小口径フルレンジの定位と音場感を楽しめる
  ・ステレオ誌付録「P800」ベースの改良市販完成品

心震わす低音再現、高剛性振動板 FW-HS シリーズ
Fostexレギュラー進化したウーハーユニット
      

  左: FOSTEX FW108HS 10cmウーハーユニット
  右: FOSTEX FW168HS 16cmウーハーユニット

8cm口径用高級自作SWに最適なウーファー?
 ●Fostex FW108HS 10cmウーハー
  標 準 価格:¥18,000(税別/1個) 発売日:2016年 9月下旬
  ・FW-108Nから16年ぶりのモデルチェンジ、高剛性振動板へ進化
  ・トランジェントに優れ低音域の音をリアルに再現。
  ・設計が容易な音響パラメーター、スムーズなf特。
  ・超高弾性カーボン、スーパーPBOがベース繊維の振動板
  ・バイオセルロース、パールマイカ、セルガイアファイバー
   等を最適な比率に配合して 軽量 高損失 高剛性 を実現
  ・ショートボイスコイル、超強力磁気回路

10cm口径用高級自作SWに最適なウーファー?
 ●Fostex FW168HS 16cmウーハー
  標 準 価格:¥23,500(税別/1個) 発売日:2016年 9月下旬
  ・FW-168Nから16年ぶりのモデルチェンジ、高剛性振動板へ進化
  ・トランジェントに優れ低音域の音をリアルに再現。
  ・設計が容易な音響パラメーター、スムーズなf特。
  ・超高弾性カーボン、スーパーPBOがベース繊維の振動板
  ・バイオセルロース、パールマイカ、セルガイアファイバー
   等を最適な比率に配合して 軽量 高損失 高剛性 を実現
  ・高耐入力ロングボイスコイル、低歪強力磁気回路

● ネット通販での ご購入 はこちら

  ・amazon.co.jp 
  -> FOSTEX FE83En 8cmフルレンジユニット
  -> FOSTEX FF85WK 8cmフルレンジユニット
  -> FOSTEX かんすぴ P800K 8cmフルレンジ
  -> FOSTEX FW108HS 10cmウーハーユニット
  -> FOSTEX FW168HS 16cmウーハーユニット

  ・楽天市場   
  -> フォステクス FE83En 8cmフルレンジユニット
  -> フォステクス FF85WK 8cmフルレンジユニット
  -> フォステクス かんすぴ P800K 8cmフルレンジ
  -> フォステクス FW108HS 10cmウーハーユニット
  -> フォステクス FW168HS 16cmウーハーユニット


  ハイレゾ対応機器の購入 は ONKYO DIRECT へ

 

 【e-onkyo music】ハイレゾ シングルランキング見てみる?
 【e-onkyo music】ハイレゾ アルバムランキング見てみる?

Fostex限定 FE83-Sol 検討03 先頭へ




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442279394
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック