Fostex 限定 FE83-Sol 8cm径フルレンジ ユニット について その4 SP BOX シミュレーション


Fostex限定 FE83-Sol 検証04 本文へ ↓


      

左:フォステクス FE83-Sol 8cmフルレンジ(限定)
右:フォステクス YK83-Sol バスレフ型スピーカーボックス(限定)

  独創性,新系譜、繊細かつ表現力豊かな音楽再生を実現?
 ●Fostex FE83-Sol 限定8cm径フルレンジ
     予定頒布数:限定3,000台
     標 準 価格:¥5,600(税別) 発売予定日:2016年 9月中旬
  FE103-Solで、つちかった技術を応用、8cm-Ver.
  2層抄紙ESコーン、大型強力低歪み磁気回路
  ・高性能、ハイ・コンプライアンスコルゲーションダンパー
  FE83Enのコーン紙・フレームなどがベース
  ・付属品:木ネジ×4、ワッシャー×4、パッキン×1、

  FE83-Sol用バスレフ型スピーカーボックス
 ●Fostex YK83-Sol バスレフ型スピーカーボックス
     予定頒布数:限定300台
     標 準 価格:¥16,000(税別) 発売予定日:2016年 9月末
  適度な響きを持ち、繊細で明瞭、表現力豊かな音楽再生
  ユーカリ突き板仕上げ、塗装色:パーシモンオレンジ
  バナナプラグ対応金メッキ入力ターミナルを採用
  ・音質調整済み、簡単な組み立てでSP完成
  ・適合ユニット:FE83-Sol、FE83En、FF85WK
  ・内容積/チューニング周波数:4.9 [L] / 89 [Hz]
  ・サイズ:136(W)×260(H)×213(D) mm(突起含まず)
  ・質 量:2.07kg
  ・付属品:M4キャップボルト×4,ワッシャー×4,Lレンチ×1

ネット通販でのご購入 はこちら
        ※)2016年10月18日現在、
        既に売切れの場合あり、御了承お願い致します。

  ・amazon.co.jp 
  -> FOSTEX FE83-Sol 8cmフルレンジ(限定)
  -> FOSTEX YK83-Sol バスレフ型スピーカーボックス(限定)

  ・楽天市場   
  -> フォステクス FE83-Sol 8cmフルレンジ(限定)
  -> フォステクス YK83-Sol バスレフ型スピーカーボックス(限定)

Fostex限定 FE83-Sol 検証04


  ※)全文
    ・スピーカー(システム) -> SP、
    ・エンクロージャー   -> SP箱、
    ・スピーカーユニット  -> SP-UNIT、
    ・フルレンジユニット  -> FR、
    ・ウーファー      -> WF、
    ・サブ・ウーファー   -> SW、
    ・ツィーター      -> TW、
    ・スーパー・ツィーター -> STW、
    ・パッシブ・ネットワーク-> NW、
    ・チャンネルデバイダー -> チャンデバ、
    ・バックロードホーン型 -> BH、
    ・ダブルバスレフ型   -> DB、
    ・周波数特性      -> f特、
    ・インピーダンス特性  -> Z特、
    ・DIATONE SPSYS V1.1版 for P-610MA/MB、
                -> SPSYS
    ・コストパフォーマンス -> CP、
    ・アナログレコード(DISC)-> AD、

    など、略す場合が有ります。


0.まえがき


 前回の日記記事で、

Fostex(フォステクス):FE83-Sol
        8cm口径フルレンシ スピーカーユニット』
    ・価格 ¥5,600+消費税/1台
    ・限定 3,000台、発売日:2016年9月中旬

の「BH」用「SW」について、自作計画を説明しました。
現状は『FE83-Sol』用「BH」の設計図面を描くことを
スタートしなければいけませんが、

色々家庭の事情があり中々進めることが出来ませんでした。orz

そのように過ごしているうちに、予想されていたことですが、
『FE83-Sol』用純正市販BHスピーカーボックスの
限定ですが、発売の告知がありました。

Fostex(フォステクス):BK83-Sol
        BH型スピーカーボックス
    ・価格 ¥45,00+消費税/1台
    ・限定 200台、 発売日:2016年11月上旬

その特徴は、

 ■ スリムなフロアスタンディング型スピーカーボックス
 ■ ホーン本体部とホーン開口部(スタンド) の2ピース構造
 ■ 組立は簡単、サイズ:200W×824H×300D[mm](突起部無)
 ■ パーシモンオレンジ/ダークブラウン ツートンカラー塗装
 ■ バナナプラグ対応金メッキターミナル
 ■ OFC(無酸素銅)同芯撚り線入力端子

となっていました。

 このブログの日記記事としては取り上げませんでしたが、
明らかに、

10cm口径「FE103-Sol」専用BH型「SP BOX」の
『BK103-Sol』8cm口径バージョン
市販「SP BOX」です。

 価格は『BK103-Sol ¥50,000+消費税/1台
同様にBK83-Sol ¥45,000+消費税/1台と高額なので、
本格バックロードホーン型であることは間違いありません。

その音質は、告知によりますと、

 □ ダイナミックレンジ広い音楽再生
 □ スケール感あふれる豊かな低音再生
 □ 付帯音は軽減、明瞭度の高い中高音の再生を可能
 □ ピラミッド型のエネルギーバランス
 □ 重心の低いスケール感のある低音再生

と告知されていました。

 気になるのは{ピラミッド型のエネルギーバランス}で、
磁気回路が、8cm口径「SP UNIT」で「BH」で使えると言われて
いても{先鋭度 Q=0.65の影響で

「f特」上、低音の共振周波数付近の音圧が盛り上がって
しまっていると思われます。しかし駆動力は強いので、
「トランジェント」は悪くなっていなのでしょう。

 ※)トランジェント
    {直訳:一時的な、はかない}{オーディオ用語:過渡応答}。
   「トランジェントが良い」とは、
    元の信号に余計な成分が付かず、なまったりもせず、
    瞬間的な信号の変化にもすばやく追従できるという意味。

「f特」がフラットでなくとも、その他の{物理特性}が悪く
なければ、音質は悪くないということです。本当は、さらに
{f特:フラット}であれば、良いのかもしれませんが・・・

 今回の日記記事は『FE83-Sol』を購入して、
取扱説明書を読んだところ「T/Sパラメーター」が載って
いましたので、

 その「規格値」を使用して「SPSYS」でシミュレーション
しました。その結果より、机上検証します。

なお、過去の記事で『FE83-Sol』は製品間に{ばらつき}が
多いので「T/Sパラメーター」等の規格値は、全ての製品で
共通となる値ではないと私は書いていますので、

実際に作成した「SP」と、その「試聴・測定 結果」とは
異なる場合が有ることを、御承知お願います。

なお、故:長岡鉄男氏 の「FE83」を使った「自作スピーカー」
記事では、「FE83」を使った「SP」は、最初は酷い音で、

1ヶ月位、コツコツと鳴らし続けて、漸(ヨウヤ)く良い音に
なった。と載せていましたので、

『FE83-Sol』の原点「FE83シリーズ」のような
小口径フルレンジは、

初期の「エージング」が進んでいない場合は、
「規格値」{ばらつき}は、
大きいものなのでしょう。

 ※)エージング
    {直訳:老化,加齢,熟成} 機械の慣らし運転のような
   もので、新品をある程度、使い続けると、慣らされて行き、
   音質が良くなっていく、それを「エージング効果」と呼ぶ。
   「自作スピーカー」は、その効果が特に大きいそうです。
   
    現在は知りませんが、有名高級スピーカーブランドの
   「SP」は、ある程度「エージング」してから、出荷した
   そうです。自作用「SP UNIT」は「SPシステム」として
   未完成なので、そのようなことは、出来ません。


1.FE83-Sol のシミュレーション

  FE83-Sol 外観
  第1図 FOSTEX FE83-Sol 外観


上記に書いた通りで『FE83-Sol』取扱説明書
「T/Sパラメータ」が載っていましたので
シミュレーションしてみました。

載っていた「T/Sパラメーター」の表が下記になります。

  第1表 「SPSYS」で必要な規格値 FE83-Sol

 |----------------------------|----------------|
 | パラメータ名称   |規格|  FE83-Sol  |
 |----------------------|----|----------------|
 |ボイスコイル直流抵抗 |Re|6.9  [Ω] |
 |振動系の機械質量(m0) |Mms|1.53 [g] |
 |最低共振周波数(f0)  |Fs |135  [Hz] |
 |機械的尖鋭度(Qm)   |Qms|3.62    |
 |電気的尖鋭度*1)   |Qes|0.79    |
 |総体的共振尖鋭度(Q0) |Qts|0.65    |
 |印加電圧(8[Ω]時)[V]|?V|2.83 [V] |
 |振動系の半径(a)   |a |3.00 [cm] |
 |----------------------------|----------------|
  *1)「SPSYS」では「Q0:電気的尖鋭度」です。

 上記「T/Sパラメータ」に妥当性があるのか?確認のために、
の箱でのシミュレーション結果をアップします。

  FE83-Sol 標準箱 シミュレーション
  第2図 FE83-Sol標準箱 SPSYS結果

 [002] 標準密閉型( Qc = 0.7 )「SP箱」
 [003] 計算値標準バスレフ「SP箱」
        (ダクト断面積面積=実効振動板面積×0.25)
 [003] 市販バスレフ箱「Fostex:BK85WB」

 [002] 標準密閉型の結果を見ますと
共振周波数foc「f特」がやや盛り上がって
見えますので「T/Sパラメータ」の値が怪しい気がします。

 [003] 計算標準バスレフの結果を見ますと
「f特」70[Hz]〜 150[Hz]}
ディップ(谷)があります。

計算標準バスレフで、そのような結果が出たのは初めてです。
標準密閉型の結果と合わせて「T/Sパラメータ」内で、
何かが矛盾しているような、気がします。

[004] BK85WBの結果は計算標準バスレフより
「f特」上フラットに近い良い結果になりました。

『FE83-Sol』「T/Sパラメータ」
実際に近いとしたら、
計算標準バスレフに近い『YK83-Sol』でなくとも、

市販レギュラー品の「BK85WB」でも
『FE83-Sol』を十分楽しめそうです。

なお「BK85WB」「FF85WK」
「推奨標準バスレフ」の「スピーカーボックス」です。


 次に、私が一番手軽に『FE83-Sol』を試せる
「BS-8改」を想定したシミュレーションをします。

「FF85WK+BS-8改」で、
現在、ニアフィールド「PCオーディオ」
楽しんでいます。

  katochan-n20161031_z03.jpg
  第3図 BS-8改 設計図面

  FF85WK+BS-8 改 自作 SPシステム
  第4図 BS-8改+FF85WK 外観写真

  FE83-Sol 他 BS-8改 シミュレーション結果
  第5図 BS-8改 +各SP-UNIT SPSYS結果

 [041] FE83-Sol+BS-8改、 [042] FE83En +BS-8改
 [043] FF85WK +BS-8改、 [042] P800K  +BS-8改

[041] FE83-Solの「f特」結果は
[043] FF85WK[042] FE83En
足して2で割ったような結果になりました。

「BS-8改」「FE83En」標準ユニット ですが、
それより「FF85WK」の方が「f特」上は優れています

よって『FE83-Sol』の場合も当然使えることになります。
ただ、低音域の量感「FF85WK」には及ばない
思いますが、中高音域繊細感音色の統一感
勝っているハズです。

個人的には「FF85WK」
「アルミ合金センターキャップ」

音色? は、
耳に刺さるので、好きではありませんので、

『FE83-Sol』に交換しても良いかと思いますが、
低低音域を「SW」で補う必要はあり、悩むところです。

今回は、以上となります。

 ● Fostex FE83-Sol(限定) について その1
 ● Fostex FE83-Sol(限定) について その2
 ● Fostex FE83-Sol(限定) について その3
 ● Fostex FE83-Sol_BH用SW SWの検討 その4


8cmSP UNIT、SP BOX KITバスレフ or BH

    

  左: 吉本CABINET DB-80SS Side slits SP-BOX KIT(2本)
  右: 吉本CABINET BW-800 BH型SP-BOX KIT(2本)

サイドスリット 型 エンクロージャーKIT
 ●吉本CABINIT DB-80SS SP-BOX KIT(2本)
  標準価格:¥6,400(8%税込) 発売日:2014年 8月28日?
  ・簡単組立 小型サイドスリット型 SP-BOX KIT
  ・良質なMDF材を正確な寸法でNC加工
  ・8cmフルレンジ スピーカーユニット用設計
  ・適合ユニット:8cmフルレンジ(取付穴寸法 φ73mm)
  ・完 成サイズ:220(W)×190(H)×150(D) mm
  ・材 質:MDFt = 9[mm]
  ・付属品:カット材11枚×2 SP端子×2 ネジ×4
      :吸音材×2 スピーカーケーブル×2
  ・準備品:木工ボンド 濡れた布(ボンドを拭取る)
      :サンドペーパー(紙やすり)♯180位
      :ドライバー カッター マスキングテープ等

バックロードホーン 型 エンクロージャーKIT
 ●吉本CABINIT BW-800 SP-BOX KIT(2本)
  標準価格:¥5,712(8%税込) 発売日:2013年 3月 1日?
  ・簡単組立 バックロードホーン型 SP-BOX KIT
  ・良質なMDF材を正確な寸法でNC加工
  ・8cmフルレンジ スピーカーユニット用設計
  ・適合ユニット:8cmフルレンジ(P800K 推奨)
  ・取付穴 寸法:φ73mm
  ・完 成サイズ:300(W)×210(H)×110(D) mm
  ・材 質:MDFt = 9[mm]
  ・付属品:部材24枚(前板2枚 天板2枚 背板2枚
      : 内部音道板12枚 底板2枚 側板4枚 )
      :吸音材×2 スピーカーケーブル×2
  ・準備品:木工ボンド 濡れた布(ボンドを拭取る)
      :サンドペーパー(紙やすり)♯180位
      :吸音材 プラスドライバー 他


  Fostexレギュラー8cmフルレンジSPユニット

  

  左: FOSTEX FE83En 8cmフルレンジユニット
  中: FOSTEX FF85WK 8cmフルレンジユニット
  右: FOSTEX かんすぴ P800K 8cmフルレンジ

バスレフからBHまで 万能型ナチュラル繊細
 ●Fostex FE83En 8cm径フルレンジ
     標 準 価格:¥4,500(税別) 発売日:2009年 7月
  フォステクスの伝統FEシリーズ最小口径8cmSPユニット
  好評のESコーン、明るくクリアーなサウンド
  ・ESコーンは極低ロスの振動板で、情報量が多大

FF-WKシリーズ バスレフ専用 設計 明快リアル
 ●Fostex FF85WK 8cm径フルレンジ
     標 準 価格:¥4,800(税別) 発売日:2010年11月
  新しいオーディオライフを目的に開発されたFFシリーズ
  2層抄紙コーン、高剛性化,内部損失,伝播速度を巧みに制御
  ・明快でリアルな音質、力感溢れる低域と無個性な高域再生

気軽にスピーカークラフト体験 かんすぴ シリーズ
 ●Fostex かんすぴ P800K 8cm径フルレンジ
     標 準 価格:¥1,500(税別) 発売日:2012年10月
  フルレンジスピーカーの魅力を手軽に楽しめるPシリーズ
  バナナパルプ配合軽量コーン高損失ゴムエッジ 採用
  ・明瞭な中高域と適度に制動された低音を実現
  ・小口径フルレンジの定位と音場感を楽しめる
  ・ステレオ誌付録「P800」ベースの改良市販完成品

● ネット通販での ご購入 はこちら

  ・amazon.co.jp 
  -> 吉本CABINET DB-80SS Side slits SP-BOX KIT(2本)
  -> 吉本CABINET BW-800 BH型SP-BOX KIT(2本)
  -> FOSTEX FE83En 8cmフルレンジユニット
  -> FOSTEX FF85WK 8cmフルレンジユニット
  -> FOSTEX かんすぴ P800K 8cmフルレンジ

  ・楽天市場   
  -> フォステクス FE83En 8cmフルレンジユニット
  -> フォステクス FF85WK 8cmフルレンジユニット
  -> フォステクス かんすぴ P800K 8cmフルレンジ


  記事に関係する オーディオ専門月間誌 ステレオ

 

    左:Stereo 2016年 9月号
    中:Stereo 2016年10月号
    右:Stereo 2016年11月号

  オーディオの総合月刊誌 ステレオ ケーブル 特集号
   ステレオ(Stereo) 2016年 9月号
     新定価 ¥972(本体¥900+税) 発売日:2016年 8月19日
  ●特 集:ケーブルまわりで音質改善
     :デジタル系の接続チューニング
     :ケーブル・サポート術指南
     :自作で高音質ケーブルにチャレンジ
     :1インチの奇跡 リードチップ(レコード用)
  ●ザ・グレード・コンポ:Monitor Audio PL500U(2)
  ●オーディオ・クラフト:Fostex FE83-Sol 使用BH

  オーディオの総合月刊誌 ステレオ 脚とベース 特集号
   ステレオ(Stereo) 2016年10月号
     新定価 ¥972(本体¥900+税) 発売日:2016年 9月17日
 ●特  集:使いこなし極意研究
      :インシュレーター&ボードで音を磨け!
 ●特別企画:スピーカー競作2016 FW168HS に挑む
  ●ザ・グレードコンポ:DP-950+DC-950の進化を聴く
  ●サウンドフォーカス:オルガンと低音を極める

  オーディオの総合月刊誌 ステレオ 修理と点検 特集号
   ステレオ(Stereo) 2016年11月号
     新定価 ¥972(本体¥900+税) 発売日:2016年10月19日
 ●特  集:秋のオーディオ 修理点検
      :最新!修理 工房情報
      :峰尾流 メンテナンス術
 ●短期連載:2 マランツ〜音楽感動への軌跡
  ●ザ・グレードコンポ:イクリスプス TD510ZMK2
  ●高級プレーヤーのシステムアップ記
  ●話題のアモルメットコアを使ってみよう

ネット通販でのご購入 はこちら

  ・amazon.co.jp 
  -> Stereo 2016年 9月号
  -> Stereo 2016年10月号
  -> Stereo 2016年11月号

  ・楽天市場   
  -> ステレオ 2016年 9月号
  -> ステレオ 2016年10月号
  -> ステレオ 2016年11月号

  ・オムニ7(7net)
  -> ステレオ_2016年 9月号
  -> ステレオ_2016年10月号
  -> ステレオ_2016年11月号

  ・富士山マガジン
  -> ステレオ-2016年 9月号

  -> ステレオ-2016年10月号

  -> ステレオ-2016年11月号



  ハイレゾ対応機器の購入 は ONKYO DIRECT へ

 

 【e-onkyo music】ハイレゾ シングルランキング見てみる?
 【e-onkyo music】ハイレゾ アルバムランキング見てみる?

Fostex限定 FE83-Sol 検証04 先頭へ





追  記
11月4日『Fostex:BK83-Sol』の販売延期の告知がありました。
2016年11月上旬 -> 2016年11月中旬
申し訳ありませんが、ご了承お願い致します。 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック