Fostex 限定 FE83-Sol 8cm径フルレンジ ユニット について その5 SP BOX シミュレーション 2


Fostex限定 FE83-Sol 検証05 本文へ ↓




左:FOSTEX FE83-Sol 8cmフルレンジ(限定)
中:フォステクス BK83-Sol BH型スピーカーボックス(限定)
右:FOSTEX YK83-Sol バスレフ型スピーカーボックス(限定)

  独創性,新系譜、繊細かつ表現力豊かな音楽再生を実現?
 ●Fostex FE83-Sol 限定8cm径フルレンジ
     予定頒布数:限定3,000台
     標 準 価格:¥5,600(税別) 発売予定日:2016年 9月中旬
  FE103-Solで、つちかった技術を応用、8cm-Ver.
  2層抄紙ESコーン、大型強力低歪み磁気回路
  ・高性能、ハイ・コンプライアンスコルゲーションダンパー
  FE83Enのコーン紙・フレームなどがベース
  ・付属品:木ネジ×4、ワッシャー×4、パッキン×1、

  FE83-Sol用BH型スピーカーボックス
 ●Fostex BK83-Sol BH型スピーカーボックス
     予定頒布数:限定200台
     標 準 価格:¥45,000(税別) 発売予定日:2016年11月中旬
  ・スケール感豊かな低音でFE83-Solの魅力発揮、BH
  2ピース構造、シナ合板/MDF複合キャビネット
  ・塗装はパーシモンオレンジ/ダークブラウンの2色
  ・入力端子はバナナプラグ対応金めっき
  ・内部配線には、OFC同芯撚り線を使用
  ・適合ユニット:FE83-Sol、FE83En、FF85WK
  ・空気室容積/fx 周波数 :0.99 [L] / 250 [Hz]
  ・サイズ:200(W)×824(H)×300(D) mm(突起含まず)
  ・質 量:6.6[kg]
  ・付属品:M4キャップボルト×4,ワッシャー×4,Lレンチ×1

  FE83-Sol用バスレフ型スピーカーボックス
 ●Fostex YK83-Sol バスレフ型スピーカーボックス
     予定頒布数:限定300台
     標 準 価格:¥16,000(税別) 発売予定日:2016年 9月末
  適度な響きを持ち、繊細で明瞭、表現力豊かな音楽再生
  ユーカリ突き板仕上げ、塗装色:パーシモンオレンジ
  バナナプラグ対応金メッキ入力ターミナルを採用
  ・音質調整済み、簡単な組み立てでSP完成
  ・適合ユニット:FE83-Sol、FE83En、FF85WK
  ・内容積/チューニング周波数:4.9 [L] / 89 [Hz]
  ・サイズ:136(W)×260(H)×213(D) mm(突起含まず)
  ・質 量:2.07kg
  ・付属品:M4キャップボルト×4,ワッシャー×4,Lレンチ×1


ネット通販でのご購入 はこちら
        ※)2016年11月11日現在、
        既に売切れの場合あり、御了承お願い致します。

  ・楽天市場   
  -> フォステクス FE83-Sol 8cmフルレンジ(限定)
  -> フォステクス BK83-Sol BH型スピーカーボックス(限定)
  -> フォステクス YK83-Sol バスレフ型スピーカーボックス(限定)

  ・amazon.co.jp 
  -> FOSTEX FE83-Sol 8cmフルレンジ(限定)
  -> FOSTEX YK83-Sol バスレフ型スピーカーボックス(限定)

Fostex限定 FE83-Sol 検証05


  ※)全文
    ・スピーカー(システム) -> SP、
    ・エンクロージャー   -> SP箱、
    ・スピーカーユニット  -> SP-UNIT、
    ・フルレンジユニット  -> FR、
    ・ウーファー      -> WF、
    ・サブ・ウーファー   -> SW、
    ・ツィーター      -> TW、
    ・スーパー・ツィーター -> STW、
    ・パッシブ・ネットワーク-> NW、
    ・チャンネルデバイダー -> チャンデバ、
    ・バックロードホーン型 -> BH、
    ・ダブルバスレフ型   -> DB、
    ・周波数特性      -> f特、
    ・インピーダンス特性  -> Z特、
    ・DIATONE SPSYS V1.1版 for P-610MA/MB、
                -> SPSYS
    ・コストパフォーマンス -> CP、
    ・アナログレコード(DISC)-> AD、

    など、略す場合が有ります。


0.まえがき


 前回の日記記事で、

Fostex(フォステクス):FE83-Sol
        8cm口径フルレンシ スピーカーユニット』
    ・価格 ¥5,600+消費税/1台
    ・限定 3,000台、発売日:2016年9月中旬

「密閉標準箱」「計算バスレフ標準箱」
「長岡鉄男氏:BS-8の改良箱」に載せた場合の
「SPSYS」によるシミュレーションをしました。

その日記記事をアップする時点で『FE83-Sol』
「取扱説明書(以下、取説)」を見て、
既に気が付いていましたが、

「取説」に載っている
「標準バスレフエンクロージャー」
(以下、取説SP箱
基(モト)にして『YK83-Sol』が開発されていることと、

「バックロードホーン型エンクロージャー」
(以下、取説BH箱を基にして、
『BK83-Sol』が開発されていることが、

『YK83-Sol』『BK83-Sol』の設計値と
「SP箱」寸法「取説」に載っている
データと比較して、ほぼ一致していましたので分かりました。

よって限定配布数が『YK83-Sol』300
『BK83-Sol』200台 と、
配布数量が少なくても、

見た目のデザインが劣って、仕上げ(自作で難しい作業)も
今ひとつとしても、板材素材をオーディオ的に高級な素材、
内部配線や吸音材の工夫などで、

『YK83-Sol』『BK83-Sol』を超える高音質の
「取説SP箱」「取説BH」は、
自作が可能となっています。

両方共、実際に工作する場合に、必要な情報が簡潔ですが、
非常に具体的に載っていて、さらに設計が工作上難しい工程が
無いように工夫されていて

板取図通りに正確に板材がカット出来ていて、載っている
{組立順}に従って、組み上げて行けば、初心者でも難しい作業が
なく「SP箱」を完成させることが出来ます。

ただ『YK83-Sol』の場合、
正面バッフル板が「取説SP箱」より、t12 -> t15 と厚くした
ことを代表として、音質改善を図っています。

『BK83-Sol』の場合には、そのような違いを、
私は発見していませんが、音質が良くなる適切なスピーカー用
板材を使用しているなどの改良を施しているハズなので、

「取説SP箱」「取説BH」を基にしただけの「スピーカー自作」
では、音質で超える「SP箱」の工作は、難しいと思われます。

その他の分かった情報は「取説BH」の場合、
ホーン形状は一部分を除いてコニカルホーン接続
疑似エクスポネンシャルホーンとなっています。

よって、故「長岡鉄男 氏」が最終的に採用した、
直管接続疑似エクスポネンシャルホーン「BH:SP箱」
では音質的に『BK83-Sol』を超えられないかもしれません?

なお、故「長岡 氏」がコニカルホーンから直管ホーンに
「BH設計」を変更したのは「BH」入門者のために
工作の難易度を下げることで、

板同士の接着で強度の確保をしたかった(斜めの板の接合が
狂いなく出来ない[慣れないと難しい]と寸法角度の
精度と強度が非常に弱くなる)からで、

音質上は、実際のエクスポネンシャルホーンに形状が近いコニカル
ホーンの方が音質が良いということがありますが、
晩年のハイファイ用「BH」は、直管接続方式に変えていました。

「長岡 氏」がリファレンス「BH」で、最後のコニカルホーン
接続「BH:D-7MK2a」から、主に直管接続「BH:D-70」に
変更したときには、

コニカルホーン接続「BH」に未練が残ったので、その完成形として
「D-7MK3」を設計して、雑誌記事として載せていました。
(「D-7MK3」の掲載誌:Stereo1984年6月号)

その試聴結果では「D-70」に一日の長を認めるが、
その理由は「SP箱」の材料の質と量の差による重低音再生の差と、
エージングの差だったと感想を載せていました。

ちなみに、後に磁気回路を強力にした限定ユニット「FE206Super」
一発使用の「D-55」が作成されました。

「D-55」は「D-70」を超えていたそうですが、既にリファレンスは
ホームシアターで使用する共鳴管方式の「F-3000:ネッシー」に
代わっていましたので

「BH」の進化は、読者サービス・レベルで進行していましたので、
停滞気味でした。

話が曖昧(アイマイ)になりましたが、私が主張したいことは

『BK83-Sol』は本格ハイファイ用コニカルホーン接続「BH」
なので、音を聴かなくとも、設計図面をみれば、

価格が『YK83-Sol』と比較して高価に感じます
(個人的感想はリーズナブル)が、

『BK83-Sol』『FE83-Sol』は、
高音質のSPシステムになることは間違いないと判断しています。

ペアで定価:10万円を超えてしまいますが、そのクラスの市販
フロアスタンディング型SPに音質で負けることはないと思います。

小型8cm径「SP-UNIT」なので、耐久力等の限界も
ありますので大音量や同じような使い方は出来ませんが・・・

 以上より、今回の日記記事は『YK83-Sol』
設計値と寸法の詳しく入った設計図面が手に入りましたので、
他の推奨ユニットも加えてシミュレーションをします。


1.YK83-Sol のシミュレーション

   FE83-Sol他 SP-UNIT 正面画像
  第1図 YK83-Sol 推奨ユニットFE83-Sol他 外観


『FE83-Sol』の取扱説明書に載っている
「T/Sパラメータ」と「取説SP箱」の規格値を
使ってシミュレーションしてみました。

追加として同じユニットフレームを採用していて、
適合ユニットとして載っている「FE83En」「FF85WK」
もシミュレーションしました。

   FE83-Sol他+YK83-Sol シミュレーション結果
  第2図 YK83-Sol 他SP-UNIT SPSYS結果

 [021] 『FE83-Sol』+『YK83-Sol』結果
 [022] 「FE83En」+『YK83-Sol』結果
 [023] 「FF85WK」+『YK83-Sol』結果

 [021] 『FE83-Sol』の結果を見ますとよく言われる
「バスレフ」のダクト共振音圧とユニット自体の再生音圧の
クロスオーバー付近でのディップが生じています。

この程度なら、市販品にもよくある現象で、問題にならないと
思います。そう考えますと、良い特性だと思います。が、

どうも公開された「T/Sパラメーター」では、
計算上フラットな「f特」は
計算できない様子です?

 [022] 「FE83En」の結果を見ますと
200[Hz]付近でピーク 100[Hz]付近でディップとなる
ダクトのチューニングを失敗したような特性ですが、

80[Hz]付近のダクトの出力が結構高いので、
バランスが取れていそうです。
聴いてみないと不明ですが、変な音にはならないと思います。

 [023] 「FF85WK」の結果を見ますと、
周波数が下がる従って、
やや左肩上がりになっています。

そしてダクトの共振周波数(約 80[Hz])で、
ちょっとピーク性の出力を出して、急激に音圧が下がっています。
5[Hz]ダクトの共振周波数を下げると丁度良いかもしれません。

『FE83-Sol』より「FF85WK」の方が
『YK83-Sol』相性が良いような結果です。

実際に試聴しますと「f特」からイメージする音に
聴こえないことも普通ですので、難しい判断ですが・・・

結論としては『FE83-Sol』「バスレフ」
使う場合は市販レギュラーユニット

FE83En」「FF85WK」と使い方は
大して変わらなく、高い互換性があると言えるかもしれません。


今回は、以上となります。

 ● Fostex FE83-Sol(限定) について その1
 ● Fostex FE83-Sol(限定) について その2
 ● Fostex FE83-Sol(限定) について その3
 ● Fostex FE83-Sol_BH用SW SWの検討 その4
 ● Fostex FE83-Sol(限定) について その4


FE83-Sol、エンクロージャーKIT バスレフ or BH

        

  左: 吉本CABINET DB-80SS サイドスリット型SP-BOX KIT(2本)
  右: 吉本CABINET BW-800 SP端子付 BH型SP-BOX KIT(2本)

サイドスリット 型 エンクロージャーKIT
 ●吉本CABINIT DB-80SS SP-BOX KIT(2本)
  標準価格:¥6,400(8%税込) 発売日:2014年 8月28日?
  ・簡単組立 小型サイドスリット型 SP-BOX KIT
  ・良質なMDF材を正確な寸法でNC加工
  ・8cmフルレンジ スピーカーユニット用設計
  ・適合ユニット:8cmフルレンジ(取付穴寸法 φ73mm)
  ・完 成サイズ:220(W)×190(H)×150(D) mm
  ・材 質:MDFt = 9[mm]
  ・付属品:カット材11枚×2 SP端子×2 ネジ×4
      :吸音材×2 スピーカーケーブル×2
  ・準備品:木工ボンド 濡れた布(ボンドを拭取る)
      :サンドペーパー(紙やすり)♯180位
      :ドライバー カッター マスキングテープ等

BH 型 エンクロージャーKIT SP端子付
 ●吉本CABINIT BW-800 SP-BOX KIT(2本)
  標準価格:¥7,200(8%税込) 発売日:2016年 6月 7日?
  ・簡単組立 バックロードホーン型 SP-BOX KIT
  ・良質なMDF材を正確な寸法でNC加工
  ・8cmフルレンジ スピーカーユニット用設計
  ・適合ユニット:8cmフルレンジ(P800K 推奨)
  ・取付穴 寸法:φ73mm
  ・完 成サイズ:300(W)×210(H)×110(D) mm
  ・材 質:MDFt = 9[mm]
  ・付属品:部材24枚(前板2枚 天板2枚 背板2枚
      : 内部音道板12枚 底板2枚 側板4枚 )
      :吸音材×2 スピーカーケーブル×2
      :端子2個 接続ケーブル赤黒各2本 ねじ4個
  ・準備品:木工ボンド 濡れた布(ボンドを拭取る)
      :サンドペーパー(紙やすり)♯180位
      :吸音材 プラスドライバー 他


  Fostexレギュラー8cmフルレンジSPユニット

  

  左: FOSTEX FE83En 8cmフルレンジユニット
  中: FOSTEX FF85WK 8cmフルレンジユニット
  右: FOSTEX かんすぴ P800K 8cmフルレンジ

バスレフからBHまで 万能型ナチュラル繊細
 ●Fostex FE83En 8cm径フルレンジ
     標 準 価格:¥4,500(税別) 発売日:2009年 7月
  フォステクスの伝統FEシリーズ最小口径8cmSPユニット
  好評のESコーン、明るくクリアーなサウンド
  ・ESコーンは極低ロスの振動板で、情報量が多大

FF-WKシリーズ バスレフ専用 設計 明快リアル
 ●Fostex FF85WK 8cm径フルレンジ
     標 準 価格:¥4,800(税別) 発売日:2010年11月
  新しいオーディオライフを目的に開発されたFFシリーズ
  2層抄紙コーン、高剛性化,内部損失,伝播速度を巧みに制御
  ・明快でリアルな音質、力感溢れる低域と無個性な高域再生

気軽にスピーカークラフト体験 かんすぴ シリーズ
 ●Fostex かんすぴ P800K 8cm径フルレンジ
     標 準 価格:¥1,500(税別) 発売日:2012年10月
  フルレンジスピーカーの魅力を手軽に楽しめるPシリーズ
  バナナパルプ配合軽量コーン高損失ゴムエッジ 採用
  ・明瞭な中高域と適度に制動された低音を実現
  ・小口径フルレンジの定位と音場感を楽しめる
  ・ステレオ誌付録「P800」ベースの改良市販完成品

● ネット通販での ご購入 はこちら

  ・amazon.co.jp 
  -> 吉本CABINET DB-80SS サイドスリット型SP-BOX KIT(2本)
  -> 吉本CABINET BW-800 SP端子付 BH型SP-BOX KIT(2本)
  -> FOSTEX FE83En 8cmフルレンジユニット
  -> FOSTEX FF85WK 8cmフルレンジユニット
  -> FOSTEX かんすぴ P800K 8cmフルレンジ

  ・楽天市場   
  -> フォステクス FE83En 8cmフルレンジユニット
  -> フォステクス FF85WK 8cmフルレンジユニット
  -> フォステクス かんすぴ P800K 8cmフルレンジ

  記事に関係する オーディオ専門月間誌 ステレオ

  

    左:Stereo 2016年 9月号
    中:Stereo 2016年10月号
    右:Stereo 2016年11月号

  オーディオの総合月刊誌 ステレオ ケーブル 特集号
   ステレオ(Stereo) 2016年 9月号
     新定価 ¥972(本体¥900+税) 発売日:2016年 8月19日
  ●特 集:ケーブルまわりで音質改善
     :デジタル系の接続チューニング
     :ケーブル・サポート術指南
     :自作で高音質ケーブルにチャレンジ
     :1インチの奇跡 リードチップ(レコード用)
  ●ザ・グレード・コンポ:Monitor Audio PL500U(2)
  ●オーディオ・クラフト:Fostex FE83-Sol 使用BH

  オーディオの総合月刊誌 ステレオ 脚とベース 特集号
   ステレオ(Stereo) 2016年10月号
     新定価 ¥972(本体¥900+税) 発売日:2016年 9月17日
 ●特  集:使いこなし極意研究
      :インシュレーター&ボードで音を磨け!
 ●特別企画:スピーカー競作2016 FW168HS に挑む
  ●ザ・グレードコンポ:DP-950+DC-950の進化を聴く
  ●サウンドフォーカス:オルガンと低音を極める

  オーディオの総合月刊誌 ステレオ 修理&メンテ 特集号
   ステレオ(Stereo) 2016年11月号
     新定価 ¥972(本体¥900+税) 発売日:2016年10月19日
 ●特  集:秋のオーディオ 修理点検
      :最新!修理 工房情報
      :峰尾流 メンテナンス術
 ●短期連載:2 マランツ〜音楽感動への軌跡
  ●ザ・グレードコンポ:イクリスプス TD510ZMK2
  ●高級プレーヤーのシステムアップ記
  ●話題のアモルメットコアを使ってみよう

ネット通販でのご購入 はこちら

  ・amazon.co.jp 
  -> Stereo 2016年 9月号
  -> Stereo 2016年10月号
  -> Stereo 2016年11月号

  ・楽天市場   
  -> ステレオ 2016年 9月号
  -> ステレオ 2016年10月号
  -> ステレオ 2016年11月号

  ・オムニ7(7net)
  -> ステレオ_2016年 9月号
  -> ステレオ_2016年10月号
  -> ステレオ_2016年11月号

  ・富士山マガジン
  -> ステレオ-2016年 9月号

  -> ステレオ-2016年10月号

  -> ステレオ-2016年11月号


  ハイレゾ対応機器の購入 は ONKYO DIRECT へ

 

 【e-onkyo music】ハイレゾ シングルランキング見てみる?
 【e-onkyo music】ハイレゾ アルバムランキング見てみる?

Fostex限定 FE83-Sol 検証05 先頭へ




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443814689
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック