オーディオ 音質改善の極意(ONTOMO MOOK)特別付録:USB型ノイズクリーナー について


MOOK音質改善の極意_01 本文へ ↓


  Stereo × Pionner Bonnes Notes プロジェクト

   

 左:オーディオ音質改善の極意 付録:USB型ノイズクリーナー
 中:極上のハイレゾサウンド抽出法 (ONTOMO MOOK)
 右:Stereo 2016年12月号

  デジタル機器のUSBポートに挿入する ノイズクリーナー
 ●ONTOMO MOOK Stereo編
  オーディオ音質改善の極意
   特別付録:パイオニア製USB型 ノイズクリーナー
   予価 2,700円(本体2,500円+税)発売予定:2016年12月19日
  ・機器のUSBポートに挿入するだけで 高音・高画 質化!
  ES-OT4 より 手軽で広範囲に使えるアクセサリー!
  ・ONTOMO VILLAGE DRESSING:APS-DR000(トライアル版)
  ・【判型・頁数】 B5・24頁
     主要目次
      ・序章「BONNES NOTES」誕生秘話(インタビュー)
      ・基本編 製品概要と解説
      ・試聴編
        @ ホームオーディオ A AV,PC B カーオーディオ

  ステレオ2015年新年号付録の 代替雑誌 ?
 ●ONTOMO MOOK Stereo編
    極上のハイレゾサウンド抽出法
    特別定価 ¥3996(本体¥3,700+税) 発売日:2015年12月19日
  USB DAC オーディオの必須 アイテム!
  ・ステレオ2015年1月号付録「ES-OT4」
  専用カバー・USBケーブルを追加、再提供
  ・【判型・頁数】 B5・24頁(オールカラー)

  オーディオの総合誌 ステレオ 2016年のNo.1 発表
 ●ステレオ(Stereo) 2016年12月号
  定価 ¥1,200(8%税込)、 発売日:2016年11月19日
  ・増大特集:2016年No.1コンポはこれだ!
       :年間最優秀コンポ 2016
       :年間最優秀デジタルファイル・コンポ 2016
  ・    :私の No.1!
  ●ザ・グレードコンポ:マランツ SA-10
  ●注目製品ファイル特別版・エラックUni-Fiシリーズに迫る

ネット通販でのご購入 はこちら

  ・amazon.co.jp 
  -> オーディオ音質改善の極意 付録:USB型ノイズクリーナー
  -> 極上のハイレゾサウンド抽出法 (ONTOMO MOOK)
  -> Stereo 2016年12月号

  ・楽天市場   
  -> オーディオ音質改善の極意 付録 USB型ノイズクリーナー
  -> 極上のハイレゾサウンド抽出法[ONTOMO MOOK]
  -> ステレオ 2016年12月号

  ・オムニ7(7net shopping)
  -> オーディオ音質改善の極意 付録_USB型ノイズクリーナー

  -> 極上のハイレゾサウンド抽出法{ONTOMO MOOK}
  -> ステレオ_2016年12月号

  ・富士山マガジン
  -> ステレオ-2016年12月号



MOOK音質改善の極意_01


  ※)全文
    ・アナログディスク(LP,EP等) -> AD、
    ・アンプ(セパレート等含む) -> AMP、
    ・スピーカー         -> SP、
    ・スピーカーエンクロージャー -> SP箱、
    ・バックロードホーン型 -> BH、
    ・ダブルバスレフ型   -> DB、
    ・スピーカーユニット     -> SP−UNIT、
    ・ウーファー,ウーハー    -> WF、
    ・ツィーター,トゥイーター  -> TW、
    ・サブ・ウーファー,ウーハー -> SW、
    ・スーパー・ツィーター,トゥイーター
                   -> STW、
    ・周波数特性         -> f特、
    ・インピーダンス特性     -> Z特、
    ・DIATONE SPSYS V1.1版 for P-610MA/MB
                   -> SPSYS、
    ・コストパフォーマンス    -> CP、
    ・パーソナル・コンピューター,パソコン
                   -> PC、
    ・アプリケーション(応用)ソフトウェア
                   -> アプリ
    ・USBノイズフィルター -> USB-NF、
    ・デジファイ(DigiFi)15付録 ハイレゾ対応
     USB→同軸(RCA)変換DDC   -> DGF15DDC、
    ・デジファイ(DigiFi)16付録 ハイレゾ対応
     D同軸→A-RCA2CH 変換DAC   -> DGF16DAC、
    ・DGF15DDC+DGF16DAC+SCWV-1516B/G
     を組立てた「USB DAC」    -> D1516DAC
    ・MOOK 極上のハイレゾサウンド抽出法 付録
     USB型ノイズフィルター    -> OMS-USB-NF
    ・MOOK オーディオ音質改善の極意 付録
     USB型ノイズクリーナー    -> OMS-USB-NC
    など、略す場合が有ります。


0.まえがき


 前回までの日記記事で、
Fostex (フォステクス):FE83-Sol
        8cm 口径フルレンシ スピーカーユニット
    ・価格 ¥5,600+消費税/1台
    ・限定 3,000台、発売日:2016年9月中旬

専用の純正市販スピーカーボックス

Fostex (フォステクス):YK83-Sol
        バスレフ 型スピーカーボックス
    ・価格 ¥16,000+消費税/1台
    ・限定 300台、 発売日:2016年 9月末

Fostex (フォステクス):BK83-Sol
        BH 型スピーカーボックス
    ・価格 ¥45,00+消費税/1台
    ・限定 200台、 発売日:2016年11月上旬

の独断と偏見による机上のレビューを書きました。

 『FE83-Sol』を使った
長岡氏設計BH:D-10 バッキー

仮想11cm口径用 -> 8cm口径用
縮小したBH(自称:BH-008-V3
の図面設計・工作の進捗は、

家庭内の雑用で忙しかったため、何も進んでいません。orz

作業用「PC」「OS」
「MS Windows7 -> 「MS Windows10
「UPG」して、色々不具合が発生していることも

作業が進まない大きな原因の一つとなっています。

「Microsoft(マイクロソフト)」社としては、
古い「アプリ」の対応は、切り捨てたいようで、

消費者としては、最新「OS」に対応していない
「アプリ」はどうしてくれるのか? と
疑問を投げ掛けたいです。

「OS」の性能の一つに古い「アプリ」の
継続的動作保証も、

「メインフレーム(大型コンピュータ)」には、
ありましたが「PC」では関係ないと思っていると、
私は想像します。

色々IT系企業の思惑に振り回されている
悲しい消費者となってしまっています。orz

 それらは、さておき、あっという間に
時間が経ってしまい、不定期の別冊的雑誌
「ONTOMO MOOK Stereo編」で、

約1年ぶりに本格オーディオ用ガジェットが
雑誌の付録になります。

ONTOMO MOOK Stereo編
   オーディオ音質改善の極意
特別付録:パイオニア製USBノイズクリーナー
    ・予 価:¥2,700(本体¥2,500+税)
    ・発売日:2016年12月19日

    ※)以下、
      雑誌を『音改極意』
      付録を『OMS-USB-NC』と略す場合あり

ところで「ステレオ新年号特別付録」で「LXA-OT1/-OT3」の
ような「オーディオ基板」付録が「アベノミクス」施行後の
物価上昇により、付きに難くなり、去年は、

ONTOMO MOOK Stereo編
    極上のハイレゾサウンド抽出法

に特別付録の企画が変更されたと思いましたが、
今年も、その方針でムック誌が発売され、そのような
企画が定着してしまうのかと、想像してしまいました?

今年に入って「ステレオ2016年4月号 3月19日発売」
LXJ-OT5:RCAショートピン」が付録になりましたので、
「オーディオ基板の付録」は期待出来ませんが、

「ステレオ誌」で、何かを付録にする
企画は生き残っているかもしれません?
よって、私としては油断が出来ません。

以上より、今回の日記記事は、ムック
『音改極意』の付録『OMS-USB-NC』についての
内容
になります。


その前「ステレオ2015年1月号:特別付録」であり、
極上のハイレゾサウンド抽出法 特別付録』のメイン
(付録は備品付)でもある

ES-OT4:USBノイズフィルターは、

「DigiFi No.15,16:特別付録」を合体させた
「USB-DAC(以下D1516DAC)」と共に、私は、
「PCオーディオ」で真面目に利用しています。

その「付録試聴用システム」も兼ねている
「オーディオシステム」の状態ですが

「アナログディスク」
「データアーカイブ化システム」構築中で、

「フォノイコライザー」内蔵のプリアンプ
テクニクス:SU-C1000の音質の要(カナメ)
になる「内蔵バッテリー」の寿命と、

「自作オーディオラック」貧弱
「音質劣化」を引き起こしているために、
「システム構築」が中断しています。

「内蔵バッテリー」無くても "音"
出せます

(トランス式電源が内蔵されていて、バッテリー切れの場合や
 使用しない場合に切り替わって電力を供給している)が、

出来る限り "高音質" に、こだわりたい(バッテリー駆動等)が
ために「付録試聴用システム」
使用していません

「内蔵バッテリー」修復して
「コンポ」の「セッティング」を急がないと
『OMS-USB-NC』試聴が出来ません。orz

極端なこだわりを抑えて作業のスピードアップを図り、
何とか「システム構築」を終わらせないと、
いけない状況になってしまいました。orz

そのような状態ですが、それでも1点対策
しましたので
報告します。

それは「D1516DAC」音量ボリューム
ツマミ
変更しました。

音質改善のためにアルミ合金製ツマミ
大きさをアップして、見た目を良くするために
表面仕上げがブラックのツマミに換えましたが、

付け替えて試聴したところ、
"音質""見た目"変化は微妙でした。

"音質" については「付録試聴用システム」にも
大きな影響がある原因があるので判断できない状況で、
仕方ありませんが、"見た目"予想外でした。

何でも "慎重" に試してみないと、
事実は分からないということでした。

    DigiFi付録USB-DAC VRノブ 変更
 第1図 DigiFi 付録 USB-DAC VRツマミ 交換 外観


1.ボンノート DRESSING トライアル版 について


まず、ムックのタイトル
『オーディオ音質改善の極意』とは、
いったい何を意味しているのか?

さらに特別付録の
パイオニア製USBノイズクリーナーとは、
一体、どんなガジェット(アイテム?)なのか

それら "文" を見ただけでは、全く不明です。

よって独自に解明してみます。

まず『オーディオ音質改善の極意』
意味は、本来は『パイオニア製USB型ノイズクリーナー』
解明してから分かることですが、

簡潔に言うと
{コンポーネントに侵入・発生 する。音楽信号を汚す、
 あらゆる「ノイズ(雑音)」を音楽信号を劣化させることなく、
 排除すること。}だろうと推測します。

それには、色々な 状況・対策・方法・方針 等々 があり、
膨大な情報量で、私には分からないことだらけで、
簡単には語れないので、ここまでにします。

次に今回主役の付録
USB型ノイズクリーナーについては、

まず「ステレオ2016年11月号」
ムック連動企画の記事(告知?)
(3号連続連載記事)の告知があり、それによりますと、

まず連動企画連載記事のタイトル
「Stereo×Pioneer Bonnes Notes プロジェクト」
です。

そしてサブタイトルで、11月号は、
{オーディオ最盛期のパイオニアを支えたエンジニアが
新たなるブランドを発足}

12月号
{現生パイオニア存在意義を掛けた新ブランド
「Bonnes Notes」プロジェクト 全号の誕生秘話に続き、
今号ではそのデザイン開発に迫る}となっていて、

音質改善効果についての解説?は
載せていませんでした。

それは『音改極意』同日発売
「ステレオ2017年1月号」
「ムック連動企画」の記事に載せるそうです。

書籍なのですから、肝心のコンテンツを最後に回す、
まるでTVの情報番組のような構成は止めてもらいたいです。
(視聴率と発行部数は、似て非なるものだと思います。)

仕方がないので、少ない情報から「OMS-USB-NC」について
読み取りますと

「ボンノート」第1弾製品となる
「USB型ノイズクリーナー」

「ドレッシング:OMS-USB-NC」
なっていました。

ブランド名
『Bonnes Notes(ボン ノート)は、
仏語{良い 音符(調べ)となるようです。
(記事では{良い音}と載っていた?

まずメーカーである「パイオニア」ですが、
ホームエレクトロニクス部門「オンキヨー」売却して、

ピュア・オーディオ関連商品(コンポーネント類)は
別会社の「オンキヨー&パイオニア株式会社」
なっていますが、

今回の雑誌の付録の会社は従来の
「パイオニア(pioneer)株式会社」
「インストリアル・ソリューションズ部門」の企画で、

一人のエンジニア「野尻 和彦 氏(A-717開発者)」が、
手作りで初めたプロジェクトだそうです。

『Bonnes Notes』は1人で規格を発案して社員が上司を
説得させて(約5年間掛かった)立ち上げた企業内の
「オーディオブランド」になるそうです。

しかも「野尻 氏」は「ステレオ誌」を直接指名して、
企画を持ち込んで、今回の「OMS-USB-NC」や
「ONYOMO VILLAGE」での販売が実現したようです。

その第1弾の商品が、雑誌付録
『DRESSING:USBノイズクリーナートライアル版
となっています。

さらに『USB型ノイズクリーナーとは
何なのか? を追求しますと

最初は「ES-OT4」と同じ「USBノイズフィルター」同類
思っていましたが、よく読んでみると「〜クリーナー」
「〜フィルター」と違っていましたので、

「USBノイズフィルター」とは違う音質改善用
「オーディオアクセサリー」であることは分かりました。

では、どのような 使い方・機能・効果 なのか? を
記事と写真から、推測しますと、

1)使い方

 [PC,デジタル家電,USB Type A端子付きコンポ」等の
「PCオーディオ」用機器の空いている
「USB(2.0まで?) TypeA ポート」に挿すだけで、

 それら機器内の「USBインターフフェース」の電源に
 乗っているノイズを吸収して除去する?

 新しいタイプのアクセサリーなので
 「USBノイズクリーナー」と呼んでいるようでした。

 LANポート用,HDMI用,スマホ・インタフェース用 等を
 計画しているそうで、このことより1台の機器に複数使用
 可能なことが推測できます。

2)機能

 高音質化を実現するため独自のフィルターを使用、
 「USB TypeA ポート」に接続するだけで電源ノイズを
 カットする設計。

 音声信号を汚す「デジタル回路(膨大量のスイッチの塊)」
 等の高周波?「スイッチング・ノイズ」を吸収して、
 熱に変換することで除去する。

 元の音声信号の整形(信号クロックの高精度化)等とは
 関係ないので「クロック・ジェネレーター」等の機能はない?
 よって、クロック・ジェネレーターとの併用も可能?

3)実際の感覚上の効果

 「PC」「デジタル家電」
高音質・高画質 になる。
  インタビューでの「野尻 氏」の言葉で

 の人から合格点を貰うのでなく、の人から
  最高と評価されたいと載っていましたので、

 条件によっては音質向上効果を感じとることは期待できません。
 違いが分かる〇〇」向けガジェット
 あることは認識する必要があります。


今回は、以上となります。

 ● ハイレゾサウンド抽出法(ONTOMO MOOK) について
 ● Stereo2015年1月号付録 USBノイズフィルター ES-OT4 試聴1
 ● Stereo2015年1月号付録 USBノイズフィルター ES-OT4 試聴2
 ● Stereo2015年1月号付録 USBノイズフィルター ES-OT4 試聴3
 ● Stereo2015年1月号付録 USBノイズフィルター ES-OT4 4




左:FOSTEX FE83-Sol 8cmフルレンジ(限定)
中:フォステクス BK83-Sol BH型スピーカーボックス(限定)
右:FOSTEX YK83-Sol バスレフ型スピーカーボックス(限定)

  独創性,新系譜、繊細かつ表現力豊かな音楽再生を実現?
 ●Fostex FE83-Sol 限定8cm径フルレンジ
     予定頒布数:限定3,000台
     標 準 価格:¥5,600(税別) 発売:2016年 9月中旬
  FE103-Solで、つちかった技術を応用、8cm-Ver.
  2層抄紙ESコーン、大型強力低歪み磁気回路
  ・高性能、ハイ・コンプライアンスコルゲーションダンパー
  FE83Enのコーン紙・フレームなどがベース
  ・付属品:木ネジ×4、ワッシャー×4、パッキン×1、

  FE83-Sol用BH型スピーカーボックス
 ●Fostex BK83-Sol BH型スピーカーボックス
     予定頒布数:限定200台
     標 準 価格:¥45,000(税別) 発売:2016年11月中旬
  ・スケール感豊かな低音でFE83-Solの魅力発揮、BH
  2ピース構造、シナ合板/MDF複合キャビネット
  ・塗装はパーシモンオレンジ/ダークブラウンの2色
  ・入力端子はバナナプラグ対応金めっき
  ・内部配線には、OFC同芯撚り線を使用
  ・適合ユニット:FE83-Sol、FE83En、FF85WK
  ・空気室容積/fx 周波数 :0.99 [L] / 250 [Hz]
  ・サイズ:200(W)×824(H)×300(D) mm(突起含まず)
  ・質 量:6.6[kg]
  ・付属品:M4キャップボルト×4,ワッシャー×4,Lレンチ×1

  FE83-Sol用バスレフ型スピーカーボックス
 ●Fostex YK83-Sol バスレフ型スピーカーボックス
     予定頒布数:限定300台
     標 準 価格:¥16,000(税別) 発売:2016年 9月末
  適度な響きを持ち、繊細で明瞭、表現力豊かな音楽再生
  ユーカリ突き板仕上げ、塗装色:パーシモンオレンジ
  バナナプラグ対応金メッキ入力ターミナルを採用
  ・音質調整済み、簡単な組み立てでSP完成
  ・適合ユニット:FE83-Sol、FE83En、FF85WK
  ・内容積/チューニング周波数:4.9 [L] / 89 [Hz]
  ・サイズ:136(W)×260(H)×213(D) mm(突起含まず)
  ・質 量:2.07kg
  ・付属品:M4キャップボルト×4,ワッシャー×4,Lレンチ×1


ネット通販でのご購入 はこちら
        ※)2016年11月11日現在、
        既に売切れの場合あり、御了承お願い致します。

  ・楽天市場   
  -> フォステクス FE83-Sol 8cmフルレンジ(限定)
  -> フォステクス BK83-Sol BH型スピーカーボックス(限定)
  -> フォステクス YK83-Sol バスレフ型スピーカーボックス(限定)

  ・amazon.co.jp 
  -> FOSTEX FE83-Sol 8cmフルレンジ(限定)
  -> FOSTEX YK83-Sol バスレフ型スピーカーボックス(限定)

FE83-Sol、エンクロージャーKIT バスレフ or BH

        

  左: 吉本CABINET DB-80SS サイドスリット型SP-BOX KIT(2本)
  右: 吉本CABINET BW-800 SP端子付 BH型SP-BOX KIT(2本)

サイドスリット 型 エンクロージャーKIT
 ●吉本CABINIT DB-80SS SP-BOX KIT(2本)
  標準価格:¥6,400(8%税込) 発売日:2014年 8月28日?
  ・簡単組立 小型サイドスリット型 SP-BOX KIT
  ・良質なMDF材を正確な寸法でNC加工
  ・8cmフルレンジ スピーカーユニット用設計
  ・適合ユニット:8cmフルレンジ(取付穴寸法 φ73mm)
  ・完 成サイズ:220(W)×190(H)×150(D) mm
  ・材 質:MDFt = 9[mm]
  ・付属品:カット材11枚×2 SP端子×2 ネジ×4
      :吸音材×2 スピーカーケーブル×2
  ・準備品:木工ボンド 濡れた布(ボンドを拭取る)
      :サンドペーパー(紙やすり)♯180位
      :ドライバー カッター マスキングテープ等

BH 型 エンクロージャーKIT SP端子付
 ●吉本CABINIT BW-800 SP-BOX KIT(2本)
  標準価格:¥7,200(8%税込) 発売日:2016年 6月 7日?
  ・簡単組立 バックロードホーン型 SP-BOX KIT
  ・良質なMDF材を正確な寸法でNC加工
  ・8cmフルレンジ スピーカーユニット用設計
  ・適合ユニット:8cmフルレンジ(P800K 推奨)
  ・取付穴 寸法:φ73mm
  ・完 成サイズ:300(W)×210(H)×110(D) mm
  ・材 質:MDFt = 9[mm]
  ・付属品:部材24枚(前板2枚 天板2枚 背板2枚
      : 内部音道板12枚 底板2枚 側板4枚 )
      :吸音材×2 スピーカーケーブル×2
      :端子2個 接続ケーブル赤黒各2本 ねじ4個
  ・準備品:木工ボンド 濡れた布(ボンドを拭取る)
      :サンドペーパー(紙やすり)♯180位
      :吸音材 プラスドライバー 他


  Fostexレギュラー8cmフルレンジSPユニット

  

  左: FOSTEX FE83En 8cmフルレンジユニット
  中: FOSTEX FF85WK 8cmフルレンジユニット
  右: FOSTEX かんすぴ P800K 8cmフルレンジ

バスレフからBHまで 万能型ナチュラル繊細
 ●Fostex FE83En 8cm径フルレンジ
     標 準 価格:¥4,500(税別) 発売日:2009年 7月
  フォステクスの伝統FEシリーズ最小口径8cmSPユニット
  好評のESコーン、明るくクリアーなサウンド
  ・ESコーンは極低ロスの振動板で、情報量が多大

FF-WKシリーズ バスレフ専用 設計 明快リアル
 ●Fostex FF85WK 8cm径フルレンジ
     標 準 価格:¥4,800(税別) 発売日:2010年11月
  新しいオーディオライフを目的に開発されたFFシリーズ
  2層抄紙コーン、高剛性化,内部損失,伝播速度を巧みに制御
  ・明快でリアルな音質、力感溢れる低域と無個性な高域再生

気軽にスピーカークラフト体験 かんすぴ シリーズ
 ●Fostex かんすぴ P800K 8cm径フルレンジ
     標 準 価格:¥1,500(税別) 発売日:2012年10月
  フルレンジスピーカーの魅力を手軽に楽しめるPシリーズ
  バナナパルプ配合軽量コーン高損失ゴムエッジ 採用
  ・明瞭な中高域と適度に制動された低音を実現
  ・小口径フルレンジの定位と音場感を楽しめる
  ・ステレオ誌付録「P800」ベースの改良市販完成品

● ネット通販での ご購入 はこちら

  ・amazon.co.jp 
  -> 吉本CABINET DB-80SS サイドスリット型SP-BOX KIT(2本)
  -> 吉本CABINET BW-800 SP端子付 BH型SP-BOX KIT(2本)
  -> FOSTEX FE83En 8cmフルレンジユニット
  -> FOSTEX FF85WK 8cmフルレンジユニット
  -> FOSTEX かんすぴ P800K 8cmフルレンジ

  ・楽天市場   
  -> フォステクス FE83En 8cmフルレンジユニット
  -> フォステクス FF85WK 8cmフルレンジユニット
  -> フォステクス かんすぴ P800K 8cmフルレンジ


  ハイレゾ対応機器の購入 は ONKYO DIRECT へ

 

 【e-onkyo music】ハイレゾ シングルランキング見てみる?
 【e-onkyo music】ハイレゾ アルバムランキング見てみる?

MOOK音質改善の極意_01 先頭へ




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック