Fostex FE88-Sol 限定スピーカーユニットについて その1 FE83-Sol のBH専用高級化バージョンでは御座いません?!


 *Fostex限定Unitの記事はカテゴリ:_Fostex 限定 SP UNIT
   Fostex限定 FE88-Sol_01 本文へ ↓


  FE108-Sol+FE88ES-R DNA継承 進化 の系譜

     
左:FOSTEX FE88-Sol 限定 8.5cmフルレンジ ユニット
右:FOSTEX FE83-Sol 8cmフルレンジ(限定)

 ●Fostex FE88-Sol 8.5cm フルレンジSPユニット
     特別定価 ¥12,000(税別) 発売予定:2017年2月中旬
  FE108-Sol の理念と技術を継承、スペシャルユニット
  2層抄紙ESコーン、大型で強力な低歪みの磁気回路
  高級・高剛性アルミダイキャストフレーム
  FE88ES-R(ラジアル抄紙) や MG850(純Mg) 同等フレーム
  高リニアリティ ダンパー/エッジ、低損失の駆動系
  f特:f0〜30k[Hz]のハイレゾ対応したワイドレンジ達成
  ・付属品:木ネジ×4、ワッシャー×4、パッキン×1

 ●Fostex FE83-Sol 限定8cm径フルレンジ
     予定頒布数:限定3,000台
     標 準 価格:¥5,600(税別) 発売予定日:2016年 9月中旬
  FE103-Solで、つちかった技術を応用、8cm-Ver.
  2層抄紙ESコーン、大型強力低歪み磁気回路
  ・高性能、ハイ・コンプライアンスコルゲーションダンパー
  FE83Enのコーン紙・フレームなどがベース
  ・付属品:木ネジ×4、ワッシャー×4、パッキン×1、


ネット通販でのご予約・ご購入 はこちら
        ※)2017年1月18日現在、
          既に売切れの場合あり、御了承お願い致します。

  ・amazon.co.jp 
  -> FOSTEX FE88-Sol 限定 8.5cmフルレンジ ユニット
  -> FOSTEX FE83-Sol 8cmフルレンジ(限定)

  ・楽天市場   
  -> フォステクス FE88-Sol 8.5cmフルレンジ ユニット
  -> フォステクス FE83-Sol 8cmフルレンジ(限定)

Fostex限定 FE88-Sol_01


  ※)全文
    ・スピーカー         -> SP、
    ・スピーカーエンクロージャー -> SP箱、
    ・スピーカーユニット     -> SP−UNIT、
    ・ウーファー,ウーハー    -> WF、
    ・ツィーター,トゥイーター  -> TW、
    ・サブ・ウーファー,ウーハー -> SW、
    ・スーパー・ツィーター,トゥイーター
                   -> STW、
    ・周波数特性         -> f特、
    ・インピーダンス特性     -> Z特、
    ・コストパフォーマンス    -> CP、
    ・DIATONE SPSYS V1.1版 for P-610MA/MB、
                   -> SPSYS
    など、略す場合が有ります。


0.まえがき


 前回までの日記記事で、

ONTOMO MOOK Stereo編
   オーディオ音質改善の極意
特別付録:パイオニア製USBノイズクリーナー
    ・定 価:¥2,700(本体¥2,500+税)
    ・発売日:2016年12月19日

に関係することを日記記事にしてきて、今回もその続きの
予定でしたが、今回は、私の気になる新製品のニュースが
目に入りましたので、急遽、それについて話題にします。

それは不定期だが、年に1〜3回ぐらいある、
恒例の「Fostex(フォステクス)限定スピーカーユニット
販売の予約発売開始です。

Fostex(フォステクス) FE88-Sol
   8.5cmフルレンシユニット(限定)
  ・価格 ¥12,000+消費税/1台
  ・限定 3,000台、発売予定日:2017年2月中旬

 20169「FE83-Sol」の限定販売があって、
半年も経っていないのに、
次のFEシリーズ・フルレンジの限定発売ユニットが

「FE108」スーパーシリーズ「BH」専用高級ユニット
発売があった後は、純Mg振動板ユニットの販売等を除いて、

同じ設計思想の「16,20cm口径」「BH」専用高級ユニット
発売した経緯がありましたが、前回同様の
「FE83-Sol」の時と同じで、

全く想定外の仕様となるユニットの限定発売となりました。
珍しいサイズの小口径ユニットの限定発売だったとは、
全くの想定外です。

ネット上の話題を調べたところ、
「FE103-Sol」高級「BH」専用バージョン
「FE108-Sol」でしたので、

「FE83-Sol」高級「BH」専用バージョン として、
発売したのが『FE88-Sol』勘違い
している方々がいらっしゃるようです。

 『Fostex(フォステクス)さんとしては、
そのような勘違いを誘発しかねないモデル名の付け方
だったため仕方ありませんが、それは間違っています。

その証拠として、

 @ FE88-Sol8.5cm口径、FE83-Sol8cm口径

 A FE88-Sol の推奨エンクロージャー方式は、
   バスレフ型 と BH
   (FE108-Solの推奨「SP箱」方式は、BH型のみ)

と仕様が異なっていますので、間違いありません。

 『FE88-Sol』の前モデルとなる
 限定8.5cm口径FEシリーズ ユニット FE88ES-R
初発売のキッカケは「ステレオ2004年4月号」の記事

{長岡鉄男のオリジナルスピーカー
 未完成モデルをつくる
 FE88ES-R 組込み D-10.1「バッキー」 PP.136 }

{ステレオ編集部 音の館 PP.173-174}
載っていました。 それら記事によると

「FE88ES-R」発売の5年ほど前に
 8cmの「6N-FE88ES」
 が発売されたが、
 それのグレートアップバージョン
 開発企画で、

 8cm口径ユニットでは、"低域の力強さ"
 強化できなかったので、口径をやや大きくする
 (口径が大きい方が低音域の再生がし易くなる)

 ために、結局ユニットのフレームから起こして
 音質を強化させたのが、8.5cm口径の
「FE88ES-R」になったのだそうです。}


 なお8cm口径
6N-FE88ES:限定BH専用
 アルミダイカストフレーム

「FE108スーパーシリーズ」と同様で、
「FE83:レギュラーモデル 鉄板プレスフレーム」からの
限定BH専用ユニットとして誕生していました(別物?)。

「6N-FE88ES」は人気沸騰で、雑誌記事に公開された
自作スピーカーの機種数も十数機種になるそうですが、
「FE88ES-R」の場合は、そのようなことは起きていません。

多分「6N-FE88ES」とは、口径から異なる
全くの別物ユニットで、雑誌スピーカー工作記事等で
公開された自作スピーカーの設計もあまりないためと、

さらに加えて、なぜか?人気のあるBH専用ユニットでは
なかったからだと思います。

その人気が出なかった口径のダイキャストフレームを
採用してまで、新しい限定スピーカーユニットを出した
理由を、私なりに推測しますと、

「FE103-Sol」からの10cmBH専用
「FE108-Sol」系譜と同様

「FE83-Sol」 からの 8cmBH専用
『FE88-Sol』進展したいが、

「6N-FE88ES」ユニットフレームには、
取付寸法しく「SP箱」
上手に取り付けられない場合がある事や、

従来存在しなかった小口径
アルミダイカストフレーム原因

初期不具合の対策が十分取れなくて、
フレーム肉厚不足で、
破損しやすい弱点 がある事と、

「Fostex」さん内部では、8.5cm口径の方が、
8cm口径のユニットより、音質評価などが明らかに
高いために、

(「6N-FE88ES8cmというユニットの
 中高域透明感維持しつつ、

 低域力強さを加えて
開発されたのが、
 「FE88ES-R8.5cmとなっていた。

性能評価が悪い 8cm口径ユニット用の
フレーム金型は、採用しがたい社内規定が
あるのだろうと、私は想像します。


1.FE88-Sol 限定8.5cmフルレンジユニットについて


  Fostex FE88-Sol 他、仕様比較表
   第1図 限定8.5cm口径 SP-UNIT 等一覧

 今まで「フォステクス(Fostex)」さんが販売した
「8.5cm口径スピーカーユニット
現行の「8cm口径ユニットの仕様を一覧表にまとめて
『FE88-Sol』特徴を検証します。

「Fostex」さんのBH専用ユニットとして、
共通の仕様は「磁気回路」が強力で「先鋭度:Q0」が低い、
オーバーダンピングなユニットとなっています。

しかし8.5cm口径以下では、バスレフ向けユニットでも、
元々磁気回路が強力(「FE83En」でも相対的にBH専用
「FE108EΣ」にやや劣る程度で旧「FE108Σ」並み)で、

「先鋭度:Q0」は、サイズが大きいユニットとは異なって、
素人では、実体を知らない物理的に解決できない不具合
(耐入力?)が、存在するようで、

「長岡 鉄男 氏」が提唱?したBH向きユニットと判断する
条件の一つ{Q0 < 0.3}を満たしているユニットは、
「Fostex」さん発売のユニットでは、存在していません。

よって他ブランドでは、BH向けユニッットあまり販売して
いませんので分かりませんが「Fostex」さんに限っては、
{Qo}は、定量的に無視して良いのかもしれません。

8.5cm口径以下では「磁気回路」がより強力
「等価質量:m0」軽いユニットが「長岡 氏」が
好みの音色のBH方式スピーカーになると私は考えます。

「第1図」一覧の仕様・規格の比較から、分かることは、
上記通りで『FE88-Sol』「FE88ES-R」
後継モデルであるということです。

フレーム磁気回路の磁石が、同様になっています。

スペックの数値では『FE88-Sol』
{等価質量:m0}
「FE88ES-R」より約 12[%]ほど重くして、

低音域再生の伸びをやや伸ばしています。
{最低共振周波数:f0 106[Hz]->100[Hz]}

その代わり数値上
{出力音圧レベル}0.5[dB/1W/1m]
下がっています

大きく異なることは、
振動系の素材・部品磁気回路の構造
変わっていて、

  第1表 FE88-Sol vs. FE88ES-R 相違点
 -−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−-
 | 部品等名称 |   FE88-Sol    |    FE88ES-R   |
 |−−−−−−−|-−−−−−−−−−−|-−−−−−−−−−−|
 |振動板素材  | 2層抄紙ESコーン  | ラジアル抄紙ESコーン|
 |エッジ    | FE-En の軽量布?  | UDRタンジェンシャル |
 |ダンパー   | 高コンプライアンス | UDRタンジェンシャル |
 |磁気回路   | 低歪み型      | 特別な仕様無し   |
 |ボイスコイル | 特別な仕様無し   | 銅・銀合金     |
 |−−−−−−−|-−−−−−−−−−−|-−−−−−−−−−−|
 |定価     | ¥12,000   | ¥12,600   |
 -−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−-

となっています。

音質的には、時間が経ちすぎていますので、
平等な比較は出来ませんが
『FE88-Sol』「FE88ES-R」では、

チューニング違いによる
音色違い程度だろうと
私の机上検討では、そのように感じました。

最も注目すべきことは「定価」で、
最近は限定モデルの場合、旧型よりも新型の方が
価格が、3割〜5割 程度、高くなっていましたが、

『FE88-Sol』の場合は、600円 ですが安くなって
います。「FE88ES-R」の発売が約13年前なのに、
何故なのか? 私は知りませんが、推測しますと、

 1)フレーム等の金型費用が償却済み
 2)ラジアル抄紙の加工はコストが掛かる
 3)UDRタンジェンシャル・エッジ/ダンパーも高い。
 4)銅・銀合金ボイスコイルも高い。
 5)売り上げを向上させるための特別価格

等が考えられます。
「振動板」「エッジ/ダンパー」の加工技術は

『FE88-Sol』の場合「市販レギュラー品」で採用
している技術の集合となっていますが、

「FE88ES-R」の場合は限定品のみの特別な仕様です。
『FE88-Sol』の場合は、その辺りでは、明らかに原価
コストが掛からなかったのは明白で

資本主義の時間が経つと物価高になる経済の影響が
あっても『FE88-Sol』の方が
安くなったのだろうと推測します。


 ちなみに『FE88-Sol』使い方
「FE88ES-R」ほぼ同じ
良いと判断します(厳密には異なる)。

バスレフ方式の方が工作簡単なので
お薦めにはなります。

バスレフでも、色々音質向上テクニックを
駆使すれば「BH」に明らかに劣るようなことは
有りません。

大体が『FE88-Sol』は、長岡式「BH」よりも、
バスレフ型エンクロージャーに向いている仕様
なっていると私は判断します。

できれば「DB」非常に良い結果を生みそうな
気がします。

新規「FE88ES-R」向け
バスレフ方式のエンクロージャーを工作する場合は、

ダクトの共振周波数のチューニング
約{ -6[Hz]}下げた状態にすればよいと思います

「BH」の場合は「FE88ES-R」用
モデルのままで、大丈夫でしょう。

なお「FE88ES-R」の場合、
「P88ES-R:真鍮用アダプターリングを使って、

「6N-FE108ES」等の10cm 口径用「BH」
取り付けることが推奨されていましたが、

今回は「P88ES-R:真鍮用アダプターリングのような
アクセサリーオプションは準備されていないようです。

よって「P88ES-R」を使った使い方は、所有している
方だけしか試せません。新規で取付穴寸法を
変更した「BH」を作れば可能ですが・・・、

さらにそのような使い方は「BH」
「ホーン効果」を生かした
長岡式「BH」ではなく、

「音響迷路的効果」を生かした
「BH」になりますので、

低音域音質キャラクターは、
なっていると私は判断しています。

トータルで音が良ければ
「ホーン効果主体」
「音響迷路主体」の、
どちらでもよいと思いますが、

私の好みは、おそらく長岡式「BH」
なります。

 今回は以上です。(次回に続く?)


  Fostex BH向けUNIT に ピッタシ な新アンプ
   

左:YAMAHA WXA-50(SD) ワイヤレスストリーミングアンプ
右:DENON PMA-1600NESP プリメインアンプ

  WXA-50 ストリーミング環境対応、新感覚
 ●YAMAHA(ヤマハ) WXA-50 ワイヤレスストリーミングアンプ
      標準価格 ¥69,000(税別)  発売日:2016年10月
  ・PC・NAS の 音楽FILE を LAN(無線可)経由で再生
  ・Bluetooth・AirPlay で、スマホ等で音楽を再生
  ・USB端子,光デジタル端子,アナログ入力端子、装備
  ・あらゆる音源を手軽に再生 MusicCast 音楽アプリ
  ・縦置き対応、小型でカッコいい メタル・ボディー
  ・AとD回路の相性解消、微小信号が高品位 D.O.P.G.
  ・ジッター制御の変更ウルトラロージッターPLLモード
  ・48bit以上、高精度デジタルボリュームを投入
  ・高S/N感、ESS社製 SABRE9006AS 搭載で、音質追求
  ・その他、高音質技術・パーツを投入
  ・DSD5.6MHz、WAV〜ALAC まで 192kHz/24bit 再生
  ・サイズ:横 214W×51.5H×245.9D[mm](突起含)
  ・質 量:1.44[kg]

  PMA-1600NE 高性能USB-DAC UHC-MOS FET
 ●DENON(デノン) PMA-1600NEプリメインアンプ
      標準価格¥150,000(税別)  発売日:2016年11月上旬
  ・PMA-1500RE の後継モデル、最新 USB-DAC 搭載
  ・DSD(11.2MHz)/PCM(384 kHz/32bit)対応のUSB-DAC
  ・NE(NEW ERA:新時代)で、多岐に渡る入力に対応
  ・信号経路は最短設計で、高純度・安定した音を実現
  ・定格出力 8Ω:70W+70W(20Hz〜20kHz、歪:0.07%)
  ・定格出力 4Ω:140W+140W(1kHz、歪:0.7%)
  ・全高調波歪率:0.01%(定格出力-3dB時:8Ω、1kHz)
  ・周波数特性 :5Hz〜100kHz(0〜-3dB)
  ・S N 比 :フォノ以外 110 dB (入力端子短絡)
  ・デジタル入力:3系統(光×2,同軸×2,USB TypeB×1)
  ・アナログ入力:4系統(RCA×3,フォノ[MM/MC]×1)
  ・アナログ出力:1系統(レックアウト[RECORDER])
  ・ヘッドホン :標準ステレオジャック×1
  ・サイズ/質量:W434×H135×D410 mm / 17.6 kg

ネット通販でのご購入 はこちら

 ・Amazon.co.jp 
  -> YAMAHA WXA-50(SD) ワイヤレスストリーミングアンプ
  -> DENON PMA-1600NESP プリメインアンプ

 ・楽天市場   
  -> ヤマハ WXA-50(SD) ワイヤレスストリーミングアンプ
  -> デノン PMA-1600NESP プリメインアンプ


  PC オーディオで 最高音質 小型PC を構築可能?



左:Raspberry Pi3 Model B ケースセット (Element14版)
中:ラズパイマガジン 2016年12月号( MOOK )
右:ラズパイマガジン 2017年2月号( MOOK )

PCオーディオで最強CPの 64bit進化!!
 ●Raspberry Pi3 (ラズパイ3) Model B ボード&ケースセット
   amazon.co.jp時価 ¥6,000 位(ケース付 通常送料無料)
   発売日 2015年 2月
  ラズパイ2より約1.5倍の高速処理、64bit対応
  Wi-Fi(2.4GHz帯 IEEE 802.11 b/g/n[150Mbps])搭載
  超省電力・最大転送速度1Mbps、Bluetooth 4.1 対応
  Windows/Android/Linux 等 好きなOSも選択可能
  ・ハイレゾ対応 VoyageMPD/Volumio等のディストロもあり
  ・仕様:SoC BCM2837,CPU Cortex-A53 1.2GHz 4コア,
  ・  :RAM容量:1GB、MicroSD対応ストレージ、
  ・  :USB2.0×4、100M有線LAN、HDMI,RCA 映像出力
  ・  :無線LAN:IEEE 802.11 b/g/n 2.4GHz
  ・  :Bluetooth:4.1, Bluetooth Low Energy
  ・  :40PIN 拡張コネクタ インターフェース、
  ・  :電源入力:Micro USB Bソケット 5V 2.5A
  ・  :消費電力:最大 約12.5[W]
  ・  :大きさ 56W×86D×17Hmm、質量 45 [g]

  Raspberry Piをとことん楽しむ マガジン

 ● ラズパイマガジン 2016年12月号
  特別定価 ¥1,980(税別)、 発売日:2016年10月31日
  ・特集1:1日で基本から分かる! 工作プログラムの作り方
  ・特集2:5ドルラズパイの買い方、携帯音楽機の作り方
  ・特集3:Windows IoT+簡単クラウドで玄関の鍵を監視
  ・特集4:“フリスク”が出てくる口臭チェッカーを作る
  ・ラズパイの買い方からOS導入方法、初の電子工作まで

 ● ラズパイマガジン 2017年2月号
  特別定価 ¥1,980(税別)、 発売日:2016年10月31日
  ・特集1:ラズパイ工作、パーツ制御法80
  ・特集2:Windows IoTで始める機械学習、笑顔判定機を作ろう
  ・特集3:みんなのラズパイコンテスト2016、受賞50作品
  ・ラズパイレポート、電子工作とクラフトがコラボ!
  ・ラズパイと周辺機器の買い方からOS導入方法まで

ネット通販でのご購入 はこちら

  ・amazon.co.jp 
  -> Raspberry Pi3 Model B ケースセット (Element14版)
  -> ラズパイマガジン 2016年12月号( MOOK )
  -> ラズパイマガジン 2017年2月号( MOOK )

  ・楽天市場   
  -> Raspberry Pi3 ケースセット
  -> ラズパイマガジン 2016年12月号(ムック)
  -> ラズパイマガジン 2017年2月号

  ・オムニ7(7net shopping)
  -> ラズパイマガジン 2016年12月号[ MOOK ]

  -> ラズパイマガジン 2017年2月号[ MOOK ]



  ハイレゾ対応機器の購入 は ONKYO DIRECT へ

 

 【e-onkyo music】ハイレゾ シングルランキング見てみる?
 【e-onkyo music】ハイレゾ アルバムランキング見てみる?


Fostex限定 FE88-Sol_01 先頭へ








  Microsoft Public Affiliate Program (JP)

  【300*250】アウトレット

NEC Direct(NECダイレクト)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446026764
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック