Fostex FE88-Sol 限定ユニット について その5 シミュレーション検証2 バスレフ型エンクロージャー


 *Fostex限定Unitの記事はカテゴリ:_Fostex 限定 SP UNIT
   Fostex限定 FE88-Sol_05 本文へ ↓


  FE88ES-R+FE108-Sol DNA継承 進化 の系譜


左:フォステクス FE88-Sol 限定 8.5cmフルレンジ
中:フォステクス FE83-Sol 限定 8.0cmフルレンジ
右:フォステクス FE83En 8cmフルレンジユニット

 ●Fostex FE88-Sol 8.5cm 限定フルレンジ ユニット
     特別定価 ¥12,000(税別) 発売予定:2017年2月中旬
  FE108-Sol の理念と技術を継承、高級Hi-Fi Full Range
  2層抄紙ESコーン、超強力・低歪み超大型磁気回路
  高級・高剛性アルミダイキャストフレーム
   FE88ES-R(ラジアル抄紙) や MG850(純Mg) 同等フレーム
  高リニアリティ・低損失 駆動系のダンパー/エッジ
  ・f特:f0〜30k[Hz] の ワイドレンジ設計
  ・付属品:木ネジ×4、ワッシャー×4、パッキン×1

 ●Fostex FE83-Sol 8.0cm 限定フルレンジ ユニット
     予定頒布数:限定3,000台
     標 準 価格:¥5,600(税別) 発売予定日:2016年 9月中旬
  FE103-Solの技術を継承、8.0cmバージョン
  2層抄紙ESコーン、大型強力低歪み磁気回路
  ・高性能、ハイコンプライアンス コルゲーションダンパー
  FE83Enの振動系・フレームなどがオリジナル
  ・付属品:木ネジ×4、ワッシャー×4、パッキン×1

 ●Fostex FE83En 8.0cm フルレンジ ユニット
     標 準 価格:¥4,500(税別) 発売日:2009年 7月
  フォステクスの伝統FEシリーズ最小口径SPユニット
  好評のESコーン、明るくクリアーなサウンド
  ・ESコーンは極低ロスの振動板で、情報量が多大
  高級スピーカーにも負けない、中音域/高音域のクオリティ
  ・付属品:木ネジ×4、ワッシャー×4、パッキン×1

ネット通販でのご予約・ご購入 はこちら
        ※)2017年2月17日現在、
          既に売切れの場合あり、御了承お願い致します。

  ・amazon.co.jp 
  -> FOSTEX FE88-Sol 限定 8.5cmフルレンジ
  -> FOSTEX FE83-Sol 限定 8.0cmフルレンジ
  -> FOSTEX FE83En レギュラー 8.0cmフルレンジ

  ・楽天市場   
  -> フォステクス FE88-Sol 限定 8.5cmフルレンジ ユニット
  -> フォステクス FE83-Sol 限定 8.0cmフルレンジ ユニット
  -> フォステクス FE83En レギュラー 8.0cmフルレンジ

Fostex限定 FE88-Sol_05


  ※)全文
    ・FE88-Sol 限定ユニット    -> -Sol、
    ・FE88ES-R 限定ユニット    -> ES-R、
    ・スピーカー         -> SP、
    ・スピーカーエンクロージャー -> SP箱、
    ・スピーカーユニット     -> SP−UNIT、
    ・ウーファー,ウーハー    -> WF、
    ・ツィーター,トゥイーター  -> TW、
    ・サブ・ウーファー,ウーハー -> SW、
    ・スーパー・ツィーター    -> STW、
    ・アクティブ サブ ウーファー -> ASW、
    ・パッシブ・ネットワーク   -> P-NW、
    ・通信のネットワーク     -> NW、
    ・周波数特性         -> f特、
    ・インピーダンス特性     -> Z特、
    ・バスレフ型ダクト共振周波数 -> fd、
    ・コストパフォーマンス    -> CP、
    ・T/Sパラメーター     -> T/S-P、
    ・DIATONE SPSYS V1.1版 for P-610MA/MB、
                   -> SPSYS、
    ・取扱説明書          -> 取説、
    ・季刊 Audio Accessory 誌   -> AA誌、
    など、略す場合が有ります。


0.まえがき


フォステクス(Fostex) FE88-Sol
    8.5cmフルレンシユニット(限定)
  ・価格 ¥12,000+消費税/1台
  ・限定 3,000台、発売日:2017年2月中旬

が発売されました。発売後、約週間経って
ようやく純正専用スピーカーボックス(SP-BOX)の
発売告知されました。

フォステクス(Fostex) BK88-Sol
  FE88-Sol用BH型スピーカーボックス
    ・価格 ¥48,000+消費税/1台
    ・限定 200台、 発売予定:2017年3月上旬

フォステクス(Fostex) YK88-Sol
  FE88-Sol用バスレフ型スピーカーボックス
    ・価格 ¥34,000+消費税/1ペア
    ・限定 100ペア、 発売予定:2017年5月上旬

モデル名予想通りでした。

『BK88-Sol』「取説」に載っている
「バックロードホーン型エンクロージャー」
設計で、板材料・寸法が同様「SP箱」です。

「取説」の「BH型SP箱」を市販SPシステム並みに
仕上げ等を施した「SP箱」であることは、仕様・図面を
付き合わせてみて間違いはありません。

『YK88-Sol』「取説」に載っている
「バスレフ型エンクロージャー」設計
ですが、板材料コストダウンの変更が施されています。

それは、バッフル面を除いて、板材厚さ
t = 15[mm] -> t = 12[mm]
薄くしています。

普通に考えますと音質劣化を想像してしまいますが、
『Fostex』さんが扱う板材は、

スピーカー用特別仕様で、
ホームセンターなどで市販されている
MDF材とは異なり

密度・剛性は、高品質だろうと思われますので、
まず一般人が作成した「取説」の「バスレフ型SP箱」
に比較して、音質劣化はないと推測します。

多分、実際の商品の音質等の品質保証確認のために、
開発期間引き『BK88-Sol』より発売日が
ヶ月れていると私は推測します。

 『BK88-Sol』『YK88-Sol』
販売限定数量が今までより、ない
感じましたが、

さらに上級限定スピーカーボックス
用意していました。

BK88-BH (SR/BR)
  FE88-Sol用BH型スピーカーボックス
    ・価格 ¥54,000+消費税/1台
    ・受注生産/納期約1ヶ月、 2017年4月3日 受付開始

告知されていました。

『BK88-Sol』とはなりホーン開口
前面にあり、イトイスピード感のある
迫力あるBHサウンドが楽しめるそうです。

仕上げカラー色は種類あり
「SR:明るい赤系のサンライズレッド
「BR:落ち着きのある濃いブラウン

の予定のようです。
「SP-BOX」の詳細は、近々に公開するそうです?


 前回の日記記事は『FE88-Sol』の特徴を
検証するために「密閉型」

「SP箱」設計シミュレーション を実施して
「レビュー」してみました。

今回は予定通り「取説」に載っている
標準バスレフ型「SP箱」ミュレーション結果に
よって『FE88-Sol』の「レビュー」をします。

 前回の日記で『FE88-Sol』
BH専用16cmユニット

{「FE168Σ」に特徴が似ていると、
載せましたが、本当にそうなのか?
説明しますと

『FE88-Sol』「取説」に載っている。
標準バスレフ型エンクロージャーは、

「長岡 鉄男 氏」設計「FE168Σ」を使った
「バスレフ型:BS-168と近い傾向がみられました。

オーバーダンピング気味ユニット
「バスレフ」型使基本
(ダクトで低音域の音圧をとにかく稼ぐ)

 @ エンクロージャーを標準の約2倍のサイズにする。
 A {fd:ダクト共振周波数}を高めに取る。
 B ダクトの断面積を大きく取る
  (振動板面積の 50[%]以上?)。

にほぼ沿って、設計されていました。
過去に調べた設計計算などから検証しますと

 @ 「SP箱」内容積:Vc [ℓ]
   計算標準:約 2.9 [ℓ]、  取説標準:約 6.2 [ℓ]
   と2倍強内容積


 A {ダクト共振周波数:fd} [Hz]
   計算標準:約 95 [Hz]、  取説標準:約 78 [Hz]
   と低いのですが「SPSYS」だと
   100[Hz]辺りにディップ有り、
   フラット目指すなら{fd}をもっと高めにすべき。

 B ダクトの断面積を大きく取る
   取説標準のダクト断面積/実効振動板断面積
   =約 34 [%] ときい普通は、15 [%]辺り

となっていました。
A でズレているのは「バスレフ」型に適した
ユニットに、やや傾いた設計になっているのと

「f特」フラットより、低低音域ばした
重低音再生を、張った設計をしていました。

間違いなく『FE88-Sol』
「バスレフ型」いているニットです。

以上より市販スピーカーボックス『YK88-Sol』
すなわち「取説」のバスレフ型「SP箱」は、

イトピード感のあるニット特徴
かされたスピーカーボックスになります。


   

左:長岡鉄男のオリジナルSP設計術SE 基礎知識編
中:長岡鉄男のオリジナルSP設計術SE 図面集編1
右:長岡鉄男のオリジナルSP設計術SE 図面集編2

ネット通販でのご予約・ご購入 はこちら
        ※)2017年2月26日現在、
          流通在庫のみ? なので御了承お願い致します。

  ・amazon.co.jp 
  -> 長岡鉄男のオリジナルSP設計術SE 基礎知識編
  -> 長岡鉄男のオリジナルSP設計術SE 図面集編1
  -> 長岡鉄男のオリジナルSP設計術SE 図面集編2

  ・楽天市場   
  -> 長岡鉄男のSP設計術 Special Edition 基礎知識編
  -> 長岡鉄男のSP設計術 Special Edition 図面集編2


1.FE88-Sol バスレフ型SP箱の シミュレーション


まず初めに「FE88ER-S」に載っていた
バスレフ型スピーカーボックスの設計図面を再アップします。

  FE88ES-R 取説 バスレフ型 SP BOX 設計図
 第1図 FE88ES-R 取説 バスレフ型SP 設計図面

さらに『FE88-Sol』の「取説」の標準バスレフ型「SP箱」を
アップします。

  FE88-Sol 取説 バスレフ型 SP BOX 設計図
 第2図 FE88-Sol 取説 標準バスレフ型スピーカー

そして、計算に使った「T/S-P」を再掲載します。

  第1表 SPSYS用規格値 Fostex:FE88-Sol,FE88ES-R

 |−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−-|
 | パラメータ名称  | 規 格 |FE88-Sol|FE88ES-R|
 |−−−−−−−−−−|−−-−−|−−−−|−−−−|
 |ボイスコイル直流抵抗|Re [Ω]| 7.0  | 7.0  |
 |振動系の機械質量(m0)|Mms [g]| 2.2  | 1.9  |
 |最低共振周波数(f0) |Fs [Hz]| 105.5 | 106  |
 |機械的尖鋭度(Qm)  |Qms   | 3.91 | 4.69 |
 |電気的尖鋭度*1)  |Qes   | 0.51 | 0.51 |
 |総体的共振尖鋭度  |Qts   | 0.45 | 0.46 |
 |印加電圧(8[Ω]時) |V [V] | 2.83 | 2.83 |
 |振動系の半径(a)  |a [cm] | 3.425 | 3.425 |
 |−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−-|
  *1)「SPSYS」では「Q0:電気的尖鋭度」です。

 ミュレーション設計計算をする「SP箱」は、
種類正確には種類「SPSYS」
シミュレーションしました。

 ンプル「SP箱」番目
「FE88ES-R」「取説」に載っている
岡鉄男氏が発表した「BS-8」ている

「BS-8風バスレフ型エンクロージャーです
以下 BS88ES-R)

実は「取説」だけでは、大事な
音増強用ダクト寸法が載っておらず、

今回「第1表」の「T/S-P」を推測して、「SPSYS」
結果から、ダクト長寸法を推測しました。

最初フラット{f特}になるように
「BS88ES-R」ダクト長寸法
L = 約100[mm]を決めましたが、

「取説」{f特}では{fd}フラット
{f特}より高く取っているとれましたので、

「取説」の測定された{f特}に近くなるように
{fd}を高めに取ったダクト寸法 L = 約50[mm]も決めて、
2タイプ「BS88ES-R」を作りました。

ちらのの方が良いのか は、
作ってみないと分からず、試聴者の好みでも
優劣が変わりますので、一つのSPモデルに絞れません。

 (実際には、他にも音質バランスが変わる
   音質変化する要因は、まだまだ沢山ある)。

よって「BS88ES-R」クト長違による
2種類シミュレーションを実施しました。

 ンプル「SP箱」番目
『FE88-Sol』「取説」に載っている

「YK88-Sol」と同じ設計計算の
「標準バスレフ型エンクロージャーです
以下 YK88-Sol)

 以上の「SP-UNIT」モデル
「SP箱」タイプのシミュレーションを

実施して「取説」に載っている「f特」
と比較して考察します。

    FE88-Sol 取説 バスレフ型 設計シミュレーション
 第3図 FE88-Sol 取説バスレフ SPSYS結果

    FE88ES-R 取説 バスレフ型 設計シミュレーション
 第4図 FE88ES-R 取説バスレフ SPSYS結果

 概要としては「取説」の {実測f特}
「SPSYS」の {計算f特} の形状が、
大体一致していますので

「SPSYS:設計シミュレーション」が、
「SP箱」設計で役に立つことが分かりました。

 次に{第図}{第図} から
ユニットの特徴上から分かることは、

規格上「ES-R」『-Sol』は、
振動板等価質量:m0}『-Sol』の方が
重い分

生周波数帯域全体能率が、
{-1[dB] } 低くなっていることで

{f特}特性形状は、
非常によく似ています

よって、同じ「SP箱」が多分使える
ことが分かります。

{実測:f特}で気になるのは、両方共
{800[Hz] } 辺りから、実測では急激
音圧{5[dB]以上 } 上がっており

それと低音域の音圧バランスをどのように
取るのかが「SP箱」設計のポイントに
なるような気がしました。

 それなりの{重低音再生}重視する
なら 60 [Hz] まで伸びている

『YK88-Sol』の方が
サイズが大きい分、有利ですが、

{SPSYS:f特}上のフラットな良さと
聴感上の低音(中音域との音圧バランス)
重視するなら

「BS88ES-R」捨てがたい
予測できます。

実際工作は、なるべく簡単のなら
「ダクト」が円形でない「BS88ES-R」の方が

「ダクト」取付の落とし込みの工作が
無く作りやすいので、

私は「BS88ES-R」絶対めます
「ダクト」開口のR加工は、本当は面倒
ですので省略しても良いとは思いますが、

最近発売された
「オンキヨー:SC-3 SPシステム ¥300,000/1本」
が同じ「ダクト」形状なので、

出来れば、カンナ等で削るなどの作業で、
加工したいところです。
(「ダクト」の風切り音が無くなる?)


 今回は以上です。(次回に続く?)


  Fostex BH向けUNIT に 相性が良いアンプ
   

左:YAMAHA WXA-50(SD) ワイヤレスストリーミングアンプ
右:DENON PMA-1600NESP プリメインアンプ

  WXA-50 新感覚 ストリーミング環境対応
 ●ヤマハ{YAMAHA} WXA-50 ワイヤレスストリーミングアンプ
      標準価格 ¥69,000(税別)  発売日:2016年10月
  ・PC・NAS の 音楽FILE を LAN(無線可)経由で再生
  ・Bluetooth・AirPlay で、スマホ等で音楽を再生
  ・USB端子,光デジタル端子,アナログ入力端子、装備
  ・あらゆる音源を手軽に再生 MusicCast 音楽アプリ
  ・縦置き対応、小型でカッコいい メタル・ボディー
  ・AとD回路の相性解消、微小信号が高品位 D.O.P.G.
  ・ジッター制御の変更ウルトラロージッターPLLモード
  ・48bit以上、高精度デジタルボリュームを投入
  ・高S/N感、ESS社製 SABRE9006AS 搭載で、音質追求
  ・その他、高音質技術・パーツを投入
  ・DSD5.6MHz、WAV〜ALAC まで 192kHz/24bit 再生
  ・サイズ:横 214W×51.5H×245.9D[mm](突起含)
  ・質 量:1.44[kg]

  PMA-1600NE UHC-MOS-FET 高性能USB-DAC
 ●デノン{DENON} PMA-1600NEプリメインアンプ
      標準価格¥150,000(税別)  発売日:2016年11月上旬
  ・NE(NEW ERA:新時代)で、多岐に渡る入力に対応
  ・最短設計の信号経路で、高純度・安定した音を実現
  ・PMA-1500RE の後継モデル、最新 USB-DAC 搭載
  ・DSD(11.2MHz)/PCM(384 kHz/32bit)対応のUSB-DAC
  ・定格出力 8Ω:70W+70W(20Hz〜20kHz、歪:0.07%)
  ・定格出力 4Ω:140W+140W(1kHz、歪:0.7%)
  ・全高調波歪率:0.01%(定格出力-3dB時:8Ω、1kHz)
  ・周波数特性 :5Hz〜100kHz(0〜-3dB)
  ・S N 比 :フォノ以外 110 dB (入力端子短絡)
  ・デジタル入力:3系統(光×2,同軸×2,USB TypeB×1)
  ・アナログ入力:4系統(RCA×3,フォノ[MM/MC]×1)
  ・アナログ出力:1系統(レックアウト[RECORDER])
  ・ヘッドホン :標準ステレオジャック×1
  ・サイズ/質量:W434×H135×D410 mm / 17.6 kg

ネット通販でのご購入 はこちら

 ・Amazon.co.jp 
  -> YAMAHA WXA-50(SD) ワイヤレスストリーミングアンプ
  -> DENON PMA-1600NESP プリメインアンプ

 ・楽天市場   
  -> ヤマハ WXA-50(SD) ワイヤレスストリーミングアンプ
  -> デノン PMA-1600NESP プリメインアンプ


  PC オーディオで 最高音質 小型PC を構築可能?

     

左:Raspberry Pi3 Model B ケースセット (Element14版)
中:ラズパイマガジン 2016年12月号( MOOK )
右:ラズパイマガジン 2017年2月号( MOOK )

PCオーディオで最強CPの 64bit進化!!
 ●Raspberry Pi3 {ラズパイ3} Model B
   ボード&ケースセット
   amazon.co.jp時価 ¥6,000 位(ケース付 通常送料無料)
   発売日 2015年 2月
  ラズパイ2より約1.5倍の高速処理、64bit対応
  Wi-Fi(2.4GHz帯 IEEE 802.11 b/g/n[150Mbps])搭載
  超省電力・最大転送速度1Mbps、Bluetooth 4.1 対応
  Windows/Android/Linux 等 好きなOSも選択可能
  ・ハイレゾ対応 VoyageMPD/Volumio等のディストロもあり
  ・仕様:SoC BCM2837,CPU Cortex-A53 1.2GHz 4コア,
  ・  :RAM容量:1GB、MicroSD対応ストレージ、
  ・  :USB2.0×4、100M有線LAN、HDMI,RCA 映像出力
  ・  :無線LAN:IEEE 802.11 b/g/n 2.4GHz
  ・  :Bluetooth:4.1, Bluetooth Low Energy
  ・  :40PIN 拡張コネクタ インターフェース、
  ・  :電源入力:Micro USB Bソケット 5V 2.5A
  ・  :消費電力:最大 約12.5[W]
  ・  :大きさ 56W×86D×17Hmm、質量 45 [g]

  Raspberry Piをとことん楽しむ マガジン

 ● ラズパイマガジン 2016年12月号
  特別定価 ¥1,980(税別)、 発売日:2016年10月31日
  ・特集1:1日で基本から分かる! 工作プログラムの作り方
  ・特集2:5ドルラズパイの買い方、携帯音楽機の作り方
  ・特集3:Windows IoT+簡単クラウドで玄関の鍵を監視
  ・特集4:“フリスク”が出てくる口臭チェッカーを作る
  ・ラズパイの買い方からOS導入方法、初の電子工作まで

 ● ラズパイマガジン 2017年2月号
  特別定価 ¥1,980(税別)、 発売日:2016年10月31日
  ・特集1:ラズパイ工作、パーツ制御法80
  ・特集2:Windows IoTで始める機械学習、笑顔判定機を作ろう
  ・特集3:みんなのラズパイコンテスト2016、受賞50作品
  ・ラズパイレポート、電子工作とクラフトがコラボ!
  ・ラズパイと周辺機器の買い方からOS導入方法まで

ネット通販でのご購入 はこちら

  ・楽天市場   
  -> Raspberry Pi3 ケースセット
  -> ラズパイマガジン 2016年12月号(ムック)
  -> ラズパイマガジン 2017年2月号

  ・amazon.co.jp 
  -> Raspberry Pi3 Model B ケースセット (Element14版)
  -> ラズパイマガジン 2016年12月号( MOOK )
  -> ラズパイマガジン 2017年2月号( MOOK )

  ・オムニ7(7net shopping)
  -> ラズパイマガジン 2016年12月号[ MOOK ]

  -> ラズパイマガジン 2017年2月号[ MOOK ]



  ハイレゾ対応機器の購入 は ONKYO DIRECT へ

 

 【e-onkyo music】ハイレゾ シングルランキング見てみる?
 【e-onkyo music】ハイレゾ アルバムランキング見てみる?


Fostex限定 FE88-Sol_05 先頭へ







NEC Direct(NECダイレクト)

  Microsoft Public Affiliate Program (JP)

  【300*250】アウトレット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447501832
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック