アモルメットコア付電源タップに改造1、自作電源タップの改良方法検討


アモルメットコア_05 本文へ ↓


アモルメットコア 自作電源タップ パーツ例

   ノイズ対策の 新提案 高CPパーツ
      

左:アモルメット NS-145 (外φ14,穴φ6.5 mm)ノイズフィルター
右:アモルメット NST-105 (外φ10.5,穴φ 5 mm)ノイズフィルター

 ● 中村製作所 NSアモルメットコア
   NS-145 ノイズ吸収リングコア
     定価:¥1,200(税別) 発売日:2016年 9月?
  ・2sq 程度の 電源/スピーカー・ケーブル向き
  ・使い方:±極の両方の電線をリングの孔に通す
  ・超Hi μ材、コモンモードノイズ専用
  ・外形寸法:φ14 mm、穴径:φ6.5 mm、厚さ:7mm
  ・カラー:ホワイト(プラスティックカバー)

 ● 中村製作所 NSアモルメットコア
   NST-105 ノイズ吸収リングコア
     定価:¥800(税別) 発売日:2016年 9月?
  ・NSTシリーズ最小サイズリングコア
  ・1.5sq 程度の 電源/スピーカー・ケーブル向き
  コモンモード/ノーマルモード・ノイズ両用
  ・NSシリーズと併用すると改善効果が向上?
  コモン・モード-使い方 :±極電線をコア孔に通す
  ノーマル・モード-使い方:1極1本の電線をコア孔に通す
  ・外形寸法:φ10.5 mm、穴径:φ5 mm、厚さ:6.5mm
  ・カラー:ベージュ(プラスティックカバー)

   性能 2P 切り売り 最新PC-TripleC 電源ケーブル
   Audio用自作電源ケーブル 定番 コンセントプラグ
   
左:サエク AC-3000 電源ケーブル [切リ売リ/1m単位]
右:Panasonic WF5018K 医用接地15A コンセントプラグ

 ● サエク(SAEC) AC-3000 切り売り電源ケーブル
     定価:¥3,500(1m/税別)発売日:2017年 4月 5日
  ・切り売り用電源ケーブルのエントリーモデル?
  ・素線φ0.26mm×37本 の 導体断面積 2sq
  ・構造:綿糸介在2芯撚り、被膜:ポレオリフィン
  ・外径:φ8.5mm、許容電流:15[A]

 ● Panasonic WF5018K コンセントプラグ
     定価:¥1,500(税別)
  ・JIS規格ホスピタルグレードの本格派
  ・PSE施工後? WF5018 の後継モデル
  ・圧着端子不要で、ケーブル接続可能
  ・梱包サイズ:W42 mm × H42mm × L82 mm
  ・商品 質 量:73 [g]

   田・着 接続不要自作可能電源タップ
   

左:Panasonic WCH2304H OAタップ([電源/テーブル]タップ)
右:Panasonic WCH2404H OAタップ(接地15A抜け止め形)

 ● Panasonic WCH2304H OAタップ
     定価:¥1,600(税別)、 発売日:2002年12月01日
  ・電線を選べるコードレス電源タップ
  ・接地極付きホスピタルグレードプラグ対応
  ・高耐熱性と高耐衝撃性の2重構造樹脂
  ・カラー:グレー(WCH2304Bブラックもあり)
  ・接地15A型(4コ口)

 ● Panasonic WCH2404H OAタップ
     定価:¥2,000(税別)、 発売日:2002年12月01日
  ・電線を選べるコードレス電源タップ
  ・接地極付きでホスピタルグレードプラグ対応
  ・高耐熱性と高耐衝撃性の2重構造樹脂
  ・差し込んでひねるだけの抜け止めタップ
  ・カラー:グレー(WCH2404Bブラックもあり)
  ・接地15A型(4コ口)

ネット通販でのご購入 はこちら

  ・楽天市場   
  -> アモルメット NS-145 (外φ14,穴φ6.5 mm)ノイズフィルター
  -> アモルメット NST-105 (外φ10.5,穴φ 5 mm)ノイズフィルター
  -> サエク AC-3000 電源ケーブル [切り売り/1m単位]
  -> パナソニック WF5018K 医用接地15A コンセントプラグ
  -> パナソニック WCH2304H OAタップ([電源/テーブル]タップ)
  -> パナソニック WCH2404H OAタップ(接地15A抜け止め形)

  ・amazon.co.jp 
  ->  NS-145 は、未出品(2017年6月:現在)
  ->  NST-105 は、未出品(2017年6月:現在)
  ->  AC-3000 は、未出品(2017年6月:現在)
  -> Panasonic WF5018K 医用接地15A コンセントプラグ
  -> Panasonic WCH2304H OAタップ([電源/テーブル]タップ)
  -> Panasonic WCH2404H OAタップ(接地15A抜け止め形)

アモルメットコア_05


  ※)全文、
    ・アナログディスク(LP,EP等) -> AD、
    ・アンプ(セパレート等含む) -> AMP、
    ・スピーカー         -> SP、
    ・オーディオアクセサリー   -> AA、
    ・コストパフォーマンス    -> CP、
    ・パーソナル・コンピューター,パソコン
                   -> PC、
    ・アプリケーション(応用)ソフトウェア、
                   -> アプリ
    ・MOOK 誰でもできる 自作で
     オーディオアクセサリー    -> 誰自AA1

    など、略す場合が有ります。


0.まえがき

 今回は、アモルメットコアの続きで、
古い「WH2470:OA/電源/テーブル・タップ
自作した、オーディオ用「電源タップ」

「アモルメットコア」搭載
「NS-145」「NST105」する
改良をしましたので、それについて日記記事にします。

 動機「PCオーディオ」「試聴システム」
「単品コンポ」の「電源ケーブル」は「A&V」機器で
多く使われている「めがね型インレット」用です。

つまり自作するにもオーディオ用「めがね型インレットプラグ」
は「フルテック:FI-8Nシリーズ」の高級品ぐらいしか販売して
いません(最近、掘り出し物?を発見、紹介予定?)ので、

「電源ケーブル」「アモルメットコア」
使いたくても使用できませんので

「壁コンセント」「電源ケーブル」
にある「電源タップ」

「アモルメットコア」搭載して
「アモルメットコア」能力確認したく
なったからです。

 ちなみに「電源ケーブル」にこだわるのであるならば、
一般家庭の「リスニングルーム」では「コンセント」の数は
限りがあり「単品コンポーネント」を組合せて使う場合、

「電源タップ」は必需品になるはずで、オーディオ用の
「高級高額品」はありますが、「高CP廉価品」が
販売されていない現状は、非常に不便だと思います。

「AMP」の「電源コンセント」を使うことを止めるのは、
音質にこだわるための最初の一歩だと私は考えます。

それなのに未だに「AMP」に「電源コンセント」を搭載
しているモデルが多い現状は何とかならないのでしょうか?
と書いたので、

有名な数ブランドの「AMP」を調べたところ、
「HiFiコンポーネント」として販売されている高級「AMP」?
では「電源コンセント」は無くなっていました。orz

しかし「エントリークラス」の「AMP」には、高音質化して、
かつ原価コストが厳しいのにかかわらず「電源コンセント」が、
未だに搭載されています。

そのようなモデルのためにも「高CP廉価品」の
オーディオ用「電源タップ」が必要だと私は感じます。

なお、残念なことに、オーディオ用「電源タップ」の
市販品は、こだわった高級品が、ある程度市場に出回って
いますが、

自作用の市販品オーディオ向け「電源タップ」のパーツの
廉価品は発売されていません。

屋内壁埋め込み用「ホスピタル/オーディオ・グレード」の
「コンセント(例:Panasonic WN1318K)」を流用して
「電源タップ」を自作する方法がありますが、

工作上の大きな障害があります。それは普通の
「コンセント」は、屋内配線用に使われている
「Fケーブル」専用で、

電線を接続する箇所が、導線芯線が単線専用に
設計していて、電源電線の「軟銅集合より線」では、
直接の接続が不可能となっています。

自作「電源タップ」に「コンセント」を使う場合は、
圧着等で「単線」を接続するか「より線」を

半田加工などで、単線同様の形状・剛性に加工する
端末処理を施す必要があります。

それらの加工は「ハンダごて」や「圧着器」等が必要で、
しかも加工技術のスキルも必要になります。
一般的に自作を薦められるような代物ではありません。

そこで百歩譲って「カッター」「ねじ回しドライバー」
「ラジオペンチ」等の一般的工具だけで自作可能な
「電源タップ」を探しましたが、

オーディオ用として音質にこだわれるような、
自作用「電源タップ」のパーツ類は販売されて
いませんでした。

かろうじて「ホスピタルグレード コンセント」には、
劣りますが、一般的「電源タップ」よりは、

上質使えそうな「OAタップ」
ありましたので、上記で紹介しました。

 それらのうちで「WCH2304」は「AA」
として、電極等を加工して高性能化して「オーディオ」用と
した「電源タップ」も販売されています。

「WCH2404」は、コンセント抜け防止機構による
端子が固定される。音質に良さそうな?構造ですが、
どちらの方が音質が良いのかは比較しないと分かりません。

以上より、工夫次第では高音質は可能だろうと思います。
導通を良くさせて、音質を向上させる、オーディオ向き
「接点塗布剤」を使えば、多分、音質も向上出来ます。

普通「コンセント」でも定期的に電極端子を
クリーニングすれば「ホスピタル グレード」
比較して、極端な音質差はありませんので、気の持ちようです。

電源コンセントのクリーニングについて 1
電源コンセントのクリーニングについて 2

また「コンセント」系の電極端子の「めっき」
ですが、めっき加工無しの裸電極端子が "最高" という
カルト化した啓蒙を発信しているところがありますが、

物理的な根拠が不明確なので「好き好き」と「条件次第」
だと私は思います。銅合金系の電極素材の場合は
「めっき無し」の電極表面の経年劣化が非常に心配です。

定期的にクリーニングとメンテ等をしないと、
錆びが出てくるのが「めっき有」より早いですし、
接触抵抗という観点から言えば

「ニッケル」「金」「ロジウム」めっきに比べれば、
劣るハズです。

黄銅の「酸化被膜」につては詳しく調べられなかったので
分かりませんが「銅(Cu)」の場合は、注意すべき重要な
問題です。

「金めっき」より丁寧に処理した「ニッケルめっき」の
方が音質が良いとのことで「エラック(ELAC)」では、
「ニッケルめっき」をスピーカー端子に採用したそうです。

つまり、"○○が最高" という表現はインパクトが強いので
記憶に残り、信じ込みやすいですが、

内容を良く吟味しませんと、とんでもないことを言っている
ようなことが少なくありません。

 なお「WCH2304」「WCH2404」は、
鉄製家具に装着できるように、本体裏に
「マグネット」が付いていますが、

多分、音質に影響を与えますので、
取り外した方が良い
私は、想像します?

私の使ってた古い「WH2470」「WCH2304」
オリジナルに相当する、旧「モデル」ですが
「マグネット」は付いていません。


 「アモルメットコア」については、
前回までの日記記事で紹介しています。

 ● アモルメットコア その4(電源ケーブルでの試聴 2)
 ● アモルメットコア その3(電源ケーブルでの試聴 1)
 ● アモルメットコア その2(物理的に有効な使い方 1)
 ● アモルメットコア その1(SPケーブルでの試聴 1)

  注1)電源ケーブルの自作は、"違法" ではない範疇なら
       可能ですが、"自己責任"でお願いします。
       工作物に不良があると危険(出火・感電 等)です。


1.自作電源タップを アモルメット化+α改良

 古い自作電源タップ以下、旧6N-TAP)
前回、前々回と同様の工程で改良していきます。

 「旧6N-TAP」は余っていたパーツで
「A&Vシステム」や過去に使用していた「単品コンポ」を
いつでも鳴らせるように接続するために作りました。

よって音質にはあまりこだわっていませんが、
極端に音質かった訳でもありません

高度な高音質を求めなければ『電源タップ』は、
極端に検討すべき「AA」ではありません。

  防雨型+6N-P4020+OA Tap 自作電源タップ
  第1図 自作電源タップ(旧6N-TAP)約1.0m

1)「旧6N-TAP」パーツ構成

 @ コンセントプラグ
   :ナショナル 41-1727 防雨型 2極 15A 125V

 A 電源ケーブル(「JIS」では、電源コード)
   :アクロリンク 6N-P4020 約 0.8 [m]

 B コードレスOAタップ(電源/テーブル・タップ)
   :ナショナル WH2470 4コ口

となっています。

2)「旧6N-TAP」パーツ仕様

 @「防雨型:コンセントプラグ
「ホスピタルグレード」がオーディオ用として
応用される以前に、

「コンポーネント」の電源プラグを交換する場合、
推奨された「コンセントプラグ」です。

 安全面は、相当古いので経年劣化が心配されますが、
見た目からは、全く問題がありませんでした。

 A「6N-P4020:電源ケーブル
『旧6N電ケー』同じモデルの電線です。
安全面は問題なさそうでした。

少しでも「電源タップ」で音質を良くしようと考えた
採用でした。心配な方は、最新の上記で紹介している
「SAEC:AC-3000」等を使えばよいでしょう。

 B「WH2470:OAタップも、コストを掛けずに
少しでも音質を良くするために使っていたモデルです。

現在は「ホスピタルグレード」以上の
もっと良いモデルがありそうでしたが、
私には見つけられませんでした。

 次に改造項目ですが「電源ケーブル」
時と、同様ですが、多少なります

まず一点目は「電線の向き」ですが「福田 雅光 氏」の
指定方向と同じ方向でしたので、修正する必要は
ありませんでした。

2点目は「コンセントプラグ」を
41-1727:防雨型2極から
WF 5018:医療用接地付交換します。

交換しないと「コンセントプラグ」
隙間が無いのでコモンモード・ノイズ対策用
『NS-145』を、多分、内蔵出来ません

3点目は、ノーマルモード・ノイズ対策用として
『NST-105』WH2470:OAタップに、
搭載できたので、一個挿入しました。

本当なら、±2極なので「LINE(黒)
「NEUTRAL(白)2電線使用しても
良かったのですが

『NST-105』を2個しか購入しておらず、
効果の方も雑誌上では不明なので、2個使う
ことを躊躇(タメラ)ってしまいました。orz

「NSTシリーズ」効果については、
雑誌で詳しく紹介していないことがあり、

もう一つ『NST-105』「WH2470」追加して
判断したいところですが、試す暇もないので、
適当に済ませます。

以上より、改造項目は、

 (1) メッシュチューブ の装着追加
 (2) コンセントプラグを「WF 5018」換装する。
 (3)『NS-145』をコモンモード対策で
   「WF 5018」内蔵
 (4)『NST-105』をノーマルモード対策で
   「WH2470」内蔵

となり、追加するパーツは、

 (a) WF 5018スピタルレード ンセントプラ
 (b) メッシュチューブ
    :PETクロームチューブ 12.7mm(1/2inch)
 (c) 熱収縮チューブ:スミチューブ 約10cm にカット
 (d) NS-145:アモルメットコア
 (e) NS-105:アモルメットコア

となります。

  自作6N電源タップ 改良 の追加パーツ<
  第2図 自作6N電源タップ 改良追加パーツ

  アモルメットコア NS-145
  第3図 NS-145 コモン・モード専用

  アモルメットコア NST-105
  第4図 NST-105 コモン/ノーマル・モード両用


 今回の日記記事は以上となります。
試聴結果などの続きは、次回になる予定です。

アモルメットコア_05 先頭へ






PC Audio で最強コスパの 64bit進化!!
  

左:Raspberry Pi3 Model B ケースセット (Element14版)
中:ラズパイマガジン 2017年 6月号(MOOK)
右:ラズパイマガジン 2017年 4月号(MOOK)

 ●Raspberry Pi3 (ラズパイ3) Model B
     ボード&ケースセット
   amazon.co.jp時価 ¥5,780 位(ケース付 通常送料無料)
   発売日 2015年 2月
  ラズパイ2より約1.5倍の高速処理、64bit対応
  Wi-Fi(2.4GHz帯 IEEE 802.11 b/g/n[150Mbps])搭載
  超省電力・最大転送速度1Mbps、Bluetooth 4.1 対応
  Windows/Android/Linux 等 好きなOSも選択可能
  ・ハイレゾ対応 VoyageMPD/Volumio等のディストロもあり
  ・仕様:SoC BCM2837,CPU Cortex-A53 1.2GHz 4コア,
  ・  :RAM容量:1GB、MicroSD対応ストレージ、
  ・  :USB2.0×4、100M有線LAN、HDMI,RCA 映像出力
  ・  :無線LAN:IEEE 802.11 b/g/n 2.4GHz
  ・  :Bluetooth:4.1, Bluetooth Low Energy
  ・  :40PIN 拡張コネクタ インターフェース、
  ・  :電源入力:Micro USB Bソケット 5V 2.5A
  ・  :消費電力:最大 約12.5[W]
  ・  :大きさ 56W×86D×17Hmm、質量 45 [g]

  Raspberry Piをとことん楽しむマガジン

 ● ラズパイマガジン 2017年4月号
  定価 ¥2,180 (税別)、 発売日:2017年 2月15日
  ・特集1:ラズパイ工作超入門 ステップ36
  ・特集2:ラズパイに挿すだけ!GPSボードで遊ぼう
  ・特集3:みんなのラズパイコンテスト2016
  ・   :  準グランプリ作品紹介
  ・特集4:再入門 アプリ活用 公式タッチ液晶に接続
  ・特集5:2000円台PCはどこまで使える?
  ・その他:スペシャルレポート、ラズパイレポート
  ・ラズパイと周辺機器の買い方からOS導入方法まで

 ● ラズパイマガジン 2017年6月号
  定価 ¥1,980 (税別)、 発売日:2017年 4月18日
  ・特集1:アキバの人気パーツ 配線図ベスト17
  ・特集2:Windows PCと同じ! ラズパイOSのはじめ方
  ・特集3:みんなのラズパイコンテスト2015
  ・   :  35受賞作品を一挙紹介
  ・特集4:マークシートを読み取って、自由に"踊る"車を作ろう
  ・その他:スペシャルレポート、ラズパイレポート
  ・誰でもできる! 簡単OSインストールと初期設定


ネット通販でのご購入 はこちら

  ・amazon.co.jp 
  -> Raspberry Pi3 Model B ケースセット (Element14版)
  -> ラズパイマガジン 2017年 6月号(MOOK)
  -> ラズパイマガジン 2017年 4月号(MOOK)

  ・楽天市場   
  -> Raspberry Pi3 ケースセット
  -> ラズパイマガジン 2017年 6月号(ムック)
  -> ラズパイマガジン 2017年 4月号(ムック)

  ・オムニ7(7net shopping)
  -> ラズパイマガジン 2017年 6月号[MOOK]

  -> ラズパイマガジン 2017年 4月号[MOOK]



 ☆☆ ハイレゾ対応機器の購入 は ONKYO DIRECT へ ☆☆

 

 【e-onkyo music】ハイレゾ アルバムランキング見てみる?
 【e-onkyo music】ハイレゾ シングルランキング見てみる?


  【300*250】アウトレット

 NEC Direct(NECダイレクト)

  Microsoft Public Affiliate Program (JP)

アモルメットコア_05 先頭へ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック