Stereo編 これならできる 特選スピーカーユニット パイオニア編/フォステクス編 (ONTOMO MOOK) について


MOOK Stereo編 付録SP-UNIT 2017_01 本文へ ↓


特別SPは初の Stereo×Pioneer企画 6cm FR-SPユニット

   

左:これならできる特選スピーカーユニット Pioneer編
中:スピーカー工作の基本&実例集2017年版
右:Stereo 2017年 7月号

 ●ONTOMO MOOK Stereo編
    これならできる 特選スピーカーユニットパイオニア編
     予価 ¥3,780(8%税込)、  発売予定日:2017年7月19日
  特別付録  パイオニア製
  6cm口径フルレンジ スピーカーユニット
  「OMP-600」 (ペア)
 ◎ 小さい ながらも 力持ち! ◎
  ★OMP-600 特徴
  :ステレオ編集部初 パイオニア製付録スピーカーユニット
  :付録スピーカーユニット初の 6cm口径フルレンジ
  :ワイドレンジ(80〜32k Hz)でフラットな周波数特性
  :振動板より大きな磁石を搭載の強力磁気回路
  :8cm口径振動板並みのm0、6cm口径超えの低音再生

 ●ONTOMO MOOK Stereo編
    スピーカー工作の基本&実例2017年版
     予価 ¥4,320(8%税込)、  発売予定日:2017年7月19日
 ・付録:ONTOMO MOOK Stereo編 パイオニア製
  :6cmフルレンジ・OMP-600
   対応エンクロージュア・キット(QWT方式)
  スケール感 大きく再現

 ●ステレオ(Stereo) 2017年 7月号
  特別定価 ¥1,200(8%税込)、 発売日:2017年 6月19日
 ・増大特集:現在の No.1 はこれだ!!
  ベスト・バイ・コンポ2017
   Stereo評論家が選ぶ
     「ハイCPコンポグランプリ」
  :MOOK連動企画:
  : クラフト企画情報-スピーカーユニット


  特別SPはフェイズプラグ & 金属振動板 8cm FR-SPユニット

   

左:これならできる特選スピーカーユニット Fostex編
中:スピーカー工作の基本&実例集2016年版 
右:FOSTEX M800-DB 8cm口径用スピーカーボックス

 ●ONTOMO MOOK Stereo編
    これならできる 特選スピーカーユニットフォステクス編
     予価 ¥4,968(8%税込)、  発売予定日:2017年7月19日
  特別付録  フォステクス製
  :8cm口径フルレンジ スピーカーユニット
  :「OMF800P」 (ペア)
 ◎ さらなる 高みへ ◎
  ★OMF800P 特徴
  :フェーズプラグ&金属振動板採用8cmフルレンジ
  :去年のステレオ付録 M800 改良、研ぎ澄まされた音
  :フェーズプラグで高音域のf特,位相を制御、音質UP
  :エンクロージャーは M800 と同等品が流用可能
  :強力な直径 65mm フェライト外磁型磁気回路
  :振動板の鳴きを抑制、アップロール・ラバーエッジ

 ●ONTOMO MOOK Stereo編
    スピーカー工作の基本&実例2016年版
     予価 ¥4,968(8%税込)、  発売日:2016年7月19日
 ・付録:ステレオ2016年8月号付録 M800 専用?
  :これならできる 特選スピーカーユニット
   フォステクス編8cm フルレンジ OMF800P対応
   バックロードホーン エンクロージュア・キット
  驚異的な低音 のバックロードホーン

 ●Fostex M800-DB SP BOX ダブルバスレフ型
    標準価格¥4,000(税別)/1台  発売日:2016年 9月下旬
  ・ステレオ2016年8月号付録 M800 専用DB型 SP-BOX
    OMF800P 適合
    FF85WK,P800K,FE83En らも適合
  ・ワイドレンジで迫力の低音再生、本格的 Hi-Fi 再生音
  ・SP端子、内部配線、吸音材、組込済
  ・内容積:5.3L(第1キャビ 1.9L/第2キャビ 3.2L)
  ・材質:MDF t=12mm(バッフル)、 t=9mm(他5面)
  ・SIZE/質量:132W×298H×200D[mm]/約1.8kg(1台)

ネット通販での ご購入 はこちら

  ・amazon.co.jp 
  ->  これならできる特選スピーカーユニット Pioneer編
  ->  スピーカー工作の基本&実例集2017年版
  ->  Stereo 2017年 7月号

  ->  これならできる特選スピーカーユニット Fostex編
  ->  スピーカー工作の基本&実例集2016年版
  ->  FOSTEX M800-DB 8cm口径用スピーカーボックス

  ・楽天市場   
  ->  これならできる特選スピーカーユニット パイオニア編
  ->  スピーカー工作の基本&実例集 2017年版
  ->  ステレオ 2017年 7月号

  ->  これならできる特選スピーカーユニット フォステクス編
  ->  スピーカー工作の基本&実例集 2016年版
  ->  フォステクス M800-DB 8cm口径用スピーカーボックス

  ・オムニ7(7ネットショッピング)
  ->  これならできる特選スピーカーユニット パイオニア編

  ->  スピーカー工作の基本&実例集-2017年版

  ->  Stereo-2017年 7月号


  ->  これならできる特選スピーカーユニット フォステクス編

  ->  ピーカー工作の基本&実例集-2016年版


  ・富士山マガジン
  ->  ステレオ-2017年 7月号



MOOK Stereo編 付録SP-UNIT 2017_01


  ※)全文、
    ・アンプ全般      -> AMP、
    ・スピーカー      -> SP、
    ・スピーカー・ユニット -> SP-UNIT、
    ・エンクロージャー   -> SP箱、
    ・ウーファー      -> WF、
    ・ツィーター      -> TW、
    ・Full Range Speaker  -> FR-SP、
    ・パッシブ・ネットワーク-> NW、
    ・チャンネルデバイダー -> チャンデバ、
    ・周波数特性      -> f特、
    ・インピーダンス特性  -> Z等、
    ・コストパフォーマンス -> CP、
    ・アナログディスク(レコード)    -> AD、
    ・アクティブ・サブ・ウーファー   -> A-SW、
    ・スピーカー工作の基本&実例集
     の特別付録エンクロージュアの総称 -> ムック箱、
    ・スピーカー工作の基本&実例集2016年版
     の特別付録エンクロージュア    -> 2016箱、
    ・スピーカー工作の基本&実例集2017年版
     の特別付録エンクロージュア    -> 2017箱、
    ・デジファイ(DigiFi)15付録 ハイレゾ対応
     USB→同軸(RCA)変換DDC      -> DGF15DDC、
    ・デジファイ(DigiFi)16付録 ハイレゾ対応
     D同軸→A-RCA2CH 変換DAC      -> DGF16DAC、
    ・DGF15DDC+DGF16DAC+SCWV-1516B/G(CASE)
     の USB DAC             -> D1516DAC、
    など、略す場合が有ります。


0.まえがき

 今回は、前回まで「アモルメットコア」使い方
続きで、古い「WH2470:OA/電源/テーブル・タップ」を
改造して「アモルメットコア」を内蔵させた

オーディオ用「電源タップ」(以下、新6N-TAP)を工作して、
試聴した結果を、日記記事にする予定でしたが、

ステレオ誌工作特集号で特別付録の「SP-UNIT」の企画が、
別冊に相当する「音楽之友社:ONTOMO MOOK Stereo編」へ
今年に引っ越しましたが、

それらのネット通販の予約が、既に始まっていますので、
それら付録について、急遽、日記記事にします。


 「アモルメットコア」内蔵「電源タップ」
日記記事ですが、簡潔に効果だけ、
独断と偏見の試聴レビューをしますと、

  アモルメットコア内蔵 OA Tap 自作電源タップ
  第1図 改造後電源タップ(新6N-TAP)約1.0m

{実際には「SPケーブル」で「NS-145」を導入している
 ので、さらに「電源タップ」で「アモルメットコア」を
 使えば「AMP」「SP」等の「フィルター回路」の様に

 音質劣化を起こすことも予想できましたが、そのような
 副作用は感じませんでした。最初の一聴では、今までと
 大して変わっていないと感じましたが、

 優秀録音の音源ソースになればなるほど「新6N-TAP」は、
 期待を裏切らない音質改善効果を発揮しました。音場の
 空気感が非常にクリアーで、綺麗な音に感じました。
 
 システムにあったノイズが減ったため、微小信号の再現性が
 良くなったのか? 音場感の再現性が全く異なっていました。
 高音域で感じていた "歪っぽさ" は、一掃されていました。

 「SPケーブル」に「NS-145」を導入したため「A-SW」と
 音質差の違和感があって「A-SW」を使えない場合があると
 前々回の日記? で書きましたが、

 「A-SW」「電源ケーブル」の手前にも「アモルメットコア」
 が導入されましたので「A-SW」の音質もグレードアップ
 した結果、違和感が無くなり、また使えるようになりました。

 なお「NSTシリーズ」の効果の試聴結果は、比較対象用
サンプルが無かったので具体的には分かりませんでしたが、
ノイズ成分がさらに減ったような感じでした。orz

という状況になっています。

 「アモルメットコア」については、
前回までの日記記事で紹介しています。

 ● Amormet Coer その5 (電源タップでの試聴 1)
 ● Amormet Coer その4 (電源ケーブルでの試聴 2)
 ● Amormet Coer その3 (電源ケーブルでの試聴 1)
 ● アモルメットコア その2 (物理的コスパな使い方 1)
 ● アモルメットコア その1 (SPケーブルでの試聴 1)

  注1)電源ケーブルの自作は、"違法" ではない範疇なら
       可能ですが、"自己責任"でお願いします。
       工作物に不良があると危険(出火・感電 等)です。


1.MOOK「これならできる 特選スピーカーユニット」
    特別付録スピーカーユニット について

「ステレオ2017年 4,5,6 月号告知によりますと
今年のステレオ編集部による工作企画の付録「SP-UNIT」は、

モデル「ONTOMO MOOK Stereo編」
として発売されます。

個人的には、興味が薄れてきたので2モデルも
調べたり検討するのは辛いので、1モデルにして
欲しかったです。


1モデル目が、
「これならできる 特選スピーカーユニット パイオニア編」
  予価:¥3,780(8%税込)、 発売予定日:2017年7月19日

  特別付録:Pioneer×Stereo共同企画 パイオニア製
      : 6cmフルレンジ・スピーカーユニット
      :「OMP-600」ペア(完成品)
  ◎ 小さいながらも、力持ち ◎


2モデル目
「これならできる 特選スピーカーユニット フォステクス編」
  予価:¥4,968(8%税込)、 発売予定日:2017年7月19日

  特別付録:Fostex×Stereo共同企画 フォステクス製
      : 8cmフルレンジ・スピーカーユニット
      :「OMF800P」ペア(完成品)
  ◎ フェーズプラグ付 M800 改、さらなる高みへ ◎



です。例年通り「エンクロージュア・キット」
付録となる

『スピーカー工作の基本&実例集 2017年版
発売されますが『OMP-600』のみとなります。

『OMF800P』「ムック・SP箱・KIT」は、
去年『スピーカー工作の基本&実例集 2016年版
相当するそうで、再販されています。


モデル目『OMP-600』対応が、
「スピーカー工作の基本&実例集 2017年版
  特別付録:「OMP-600」対応エンクロージュア・キット(2台分)
  予価 ¥4,320(8%税込) 発売日:2017年7月19日
  ◎ QWT方式採用 スケール感大きく再現


モデル目『OMF800P』対応が、
「スピーカー工作の基本&実例集 2016年版
  特別付録:「M800,OMF800P」対応
         BH型エンクロージュア・キット(2台分)
  予価 ¥4,899(8%税込) 発売日:2016年7月19日
  ◎ BH方式採用 驚異的な低音 ◎


となっています。

『2017箱』は「QWT(Quarter Wave Tube)方式」
呼ばれる「共鳴管方式」になります。

しかし「共鳴管方式」は、原理上大型でスリム化する
方式です。よって「ムック誌」で販売する制限のある
小型サイズでは、非常に厳しい方式になります。

よく参考図を見ると「共鳴管開口」が、
絞められて「スリット・ダクト」「バスレフ」
していますので、

『共鳴管型』『バスレフ型』
ハイブリッド方式のユニークな「SP箱」に
なっています。

よって動作による特徴は、私には、経験も知識も
ありませんので、想像もつかず、何も言えません。orz


 また「Pioneer」純正?SPボックス ですが、
『OMP-600』用は準備されているのか? 不明でしたが
「ステレオ2017年7月号によりますと、

「パイオニア」「Bonnes Notes」
ブランド開発で、

「Wonder Pure」ブランドでおなじみの
「協立電子産業株式会社」から
「キット」で、発売されるそうです。

『OMF800P』 純正SPボックス は、
去年「M800」と同じ『Fostex:M800-DB
なるのでしょうか?まだ告知されていません?


『OMP-600』純正?SPボックス は、
Bonnes Notes製 BSP000 エンクロージャーキット
  バスレフ型(ダウンファイヤ型Bi-Directionalポート)
  価格 不明(6/21:現在) 発売日 不明(6/21:現在)
  ◎ 風切り音低減、引き締まった音質 ◎


『OMF800P』純正?SPボックス は、
「Fostex製 M800-DB スピーカーボックス
  ダブルバスレフ型エンクロージャー
  価格 ¥4,000(税別)/1台 発売日:2016年 9月下旬
  ◎ 迫力の重低音Hi-Fiサウンド ◎


『BSP000』
「ダウンファイヤ型Bi-Directionalポート」
については

「ステレオ2017年 7月号 PP.178-179
記事を御参照お願いします。

ようするに音質を良くするために「バスレフ・ダクト」の
形状を独自に工夫して、変わった形として、採用している
ということです。

『OMP-600』『BSP000』は、
TVノートパソコン
組み合わせて使用する

サブシステム用途念頭
置いた開発「SP箱」
サイズを抑えた設計だそうです。

 今回は概要しか説明できませんでしたが、文字数が
予定を超えましたので今回の日記記事は以上となります。
次回からは、1モデル毎、机上検証する予定です。

MOOK Stereo編 付録SP-UNIT 2017_01 先頭へ






  ハイレゾ対応機器の購入 は ONKYO DIRECT へ

 

 【e-onkyo music】ハイレゾ アルバムランキング見てみる?
 【e-onkyo music】ハイレゾ シングルランキング見てみる?


  Microsoft Public Affiliate Program (JP)

  【300*250】アウトレット

 NEC Direct(NECダイレクト)

MOOK Stereo編 付録SP-UNIT 2017_01 先頭へ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック