アモルメットコア付メガネ型電源ケーブルの作成2、パーツについて


アモルメットコア_08 本文へ ↓


アモルメットコア 自作電源タップ パーツ例

   デジタルノイズ副作用無く 除去
      

左:アモルメット NS-145 (外φ14,穴φ6.5 mm)ノイズフィルター
右:アモルメット NST-105 (外φ10.5,穴φ 5 mm)ノイズフィルター

● 中村製作所
NSアモルメットコア (Amormet Core)
   NS-145 ノイズ吸収リングコア
     定価:¥1,200(税別) 発売日:2016年 9月?
  ・2sq 程度の 自作電源/SP・ケーブル向き
  ・使い方:±極の両方の電線をリングの孔に通す
  ・超Hi μ材、コモンモードノイズ専用
  ・コモン・モード使い方:±極電線をコア孔に通す
  ・外形寸法:φ14 mm、穴径:φ6.5 mm、厚さ:7mm
  ・カラー:ホワイト(プラスティックカバー)

● 中村製作所
NSアモルメットコア (Amormet Core)
   NST-105 ノイズ吸収リングコア
     定価:¥800(税別) 発売日:2016年 9月?
  ・NSTシリーズ最小サイズリングコア
  ・1.5sq 程度の 自作電源/SP・ケーブル向き
  ・コモンモード/ノーマルモード・ノイズ両用
  ・NSシリーズと併用すると改善効果が向上?
  ・コモン・モード使い方:±極電線をコア孔に通す
  ・ノーマルモード使い方:1極1本の電線をコア孔に通す
  ・外形寸法:φ10.5 mm、穴径:φ5 mm、厚さ:6.5mm
  ・カラー:ベージュ(プラスティックカバー)

   作電源ケーブル用 めがね型インレットプラグ ペア
  

左:Viborg VF-508(G) メガネ型電源インレット(純銅,金めっき)
右:Viborg VM-501(G) 電源プラグ(純銅,金めっき)

  Viborg(ヴィボー) VF-508(G)
    めがね型インレットプラグ
     amazon価格:¥1,645(税込 通常送料込)
     商品登録日: 2016年 5月24日
  ・オーディオ自作用めがね型インレットプラグ
  ・取付ケーブル外径:6.5mm〜18mm
  ・仕様規格:250Vまで、2.5A 2極+接地端子(UL規格)
  ・電極端子:素材は純銅製、金めっき処理仕上げ
  ・カバー材:ポリカーボネート(ブラック)
  ・本 体 材:ナイロン+グラスファイバー
  ・梱包サイズ:W42 mm × H42mm × L10.3 mm
  ・梱包 質 量:68 [g]
  ・Made in China、Viborg audio製

  Viborg(ヴィボー) VM-501(G)
    電源コンセントプラグ
     amazon価格:¥1,500(税込 通常送料込)
     商品登録日: 2016年 5月24日
  ・オーディオ自作用電源コンセントプラグ
  ・取付ケーブル外径:6.5mm〜18mm
  ・仕様規格:250Vまで、15A 2極+接地端子(UL規格)
  ・電極端子:素材は純銅製、金めっき処理仕上げ
  ・カバー材:ポリカーボネート(ブラック)
  ・本 体 材:ナイロン+グラスファイバー
  ・梱包サイズ:W42 mm × H42mm × L10.3 mm?
  ・梱包 質 量:50 [g]?
  ・Made in China、Viborg audio製

ケー用 めがね 型 Audio PlUG SET例
    

左:FURUTECH ADL FI8N-G メガネ型インレットプラグ(金めっき)
右: Panasonic WF5018K 医用接地15A コンセントプラグ

  フルテック FI8N-G
    めがね型インレットプラグ
     標準価格:¥4,200(税込)、商品登録日: 2016年 5月24日
  ・オーディオ自作用めがね型インレットプラグ
  ・金めっき+ケーブル結線は加工しやすいネジ止結線
  ・電 極 端子:燐青銅+ベリリウム銅の組合わせ
  ・取付 CABLE:外径 6.6 mm 〜 13 mm
  ・適用導体径:2.4mm(最大) 14AWG(2.0SQ)まで対応
  ・本 体 材:ナイロン+グラスファイバー
  ・ストッパー:ポリカーボネート材
  ・サ イ ズ:W36.8 mm × H28.2mm × L71.0 mm
  ・質   量:68 [g]
  ・Made in China、Viborg audio製

  Panasonic WF5018K
    コンセントプラグ
     定価:¥1,500(税別)
  ・JIS規格ホスピタルグレードの本格派
  ・PSE施工後? WF5018 の後継モデル
  ・圧着端子不要で、ケーブル接続可能
  ・梱包サイズ:W42 mm × H42mm × L82 mm
  ・商品 質 量:73 [g]

  高CP 2P 切り売り PC-TripleC 電源ケーブル
  通販 で入手可能 メッシュ 電線用チュープ

      

左:サエク AC-3000 電源ケーブル [切リ売リ/1m単位]
右:uxcell φ8mm電線標準メッシュチューブ(黒色,PET製,23m)

 ● サエク(SAEC) AC-3000 切売り電源ケーブル
     定価:¥3,500(1m/税別)発売日:2017年 4月 5日
  ・切り売り用電源ケーブルのエントリーモデル?
  ・素線φ0.26mm×37本 の 導体断面積 2sq
  ・構造:綿糸介在2芯撚り、被膜:ポレオリフィン
  ・外径:φ8.5mm、許容電流:15[A]

 ● uxcell φ8mm メッシュチューブ (黒,PET,23m)
     amazon価格:¥1,829(税込)
     商品登録日: 2016年 3月24日
  ・PET(ポリエチレンテレフタレート)編組スリーブ
  ・電線の化学的腐食,紫外線での劣化,摩擦の摩耗等防止
  ・Audioでは、電線の振動を抑制して音質劣化を防止
  ・φ8mm電線標準は、VCTF規格-2sq-2極-電線に適応
  ・チューブ切口端は軽く焼き溶して束ねるとバラけない
  ・Made in China、納期は約2週間程掛かる。

ネット通販でのご購入 はこちら

  ・楽天市場
  -> アモルメット NST-105 (外φ10.5,穴φ 5 )ノイズフィルター
  -> アモルメット NS-145 (外φ14,穴φ6.5)ノイズフィルター

  ->  Viborg VF-508(G) は、未出品(2017年10月:現在)
  -> Viborg VM-501(G) は、未出品(2017年10月:現在)

  -> FURUTECH FI8N-G メガネ型インレットプラグ(金めっき)
  -> パナソニック WF5018K 医用接地15A コンセントプラグ

  -> サエク AC-3000 電源ケーブル [切り売り/1m単位]
  -> メッシュチューブ は、未出品(2017年10月:現在)

  ・amazon.co.jp 
  ->  NS-105 は、未出品(2017年10月:現在)
  ->  NS-145 は、未出品(2017年10月:現在)

  -> Viborg VF-508(G) メガネ型電源インレット(純銅,金めっき)
  -> Viborg VM-501(G) 電源プラグ(純銅,金めっき)

  -> FURUTECH ADL FI8N-G メガネ型インレットプラグ(金めっき)
  ->  Panasonic WF5018K 医用接地15A コンセントプラグ

  ->  SAEC AC-3000 は、未出品(2017年10月:現在)
  -> uxcell φ8mm電線標準メッシュチューブ(黒色,PET製,23m)

アモルメットコア_08


  ※)全文、
    ・アナログディスク(LP,EP等) -> AD、
    ・アンプ(セパレート等含む) -> AMP、
    ・スピーカー         -> SP、
    ・オーディオアクセサリー   -> AA、
    ・電源ケーブル(完成品)   -> 電ケー、
    ・電源コンセントプラグ(OUTLET PLUG)
                   -> OUTL-P、
    ・電源IECインレットプラグ(IEC INLET PLUG)
                   -> IECI-P、
    ・電源めがね型インレットプラグ
     (Figure 8 IEC INLET PLUG)  -> FIG8-P、
    ・コストパフォーマンス    -> CP、
    ・パーソナル・コンピューター,パソコン
                   -> PC、
    ・アプリケーション(応用)ソフトウェア、
                   -> アプリ
    ・MOOK 誰でもできる 自作で
     オーディオアクセサリー    -> 誰自AA1

    など、略す場合が有ります。


0.まえがき

 今回は前回に続いて「アモルメットコア」を使った
自作メガネ型電源ケーブルの話題を日記記事にします。

 実は作成した日記記事を書く予定でしたが、
別件で色々発生して、電源ケーブル工作作業に
着手できませんでしたので、

前回
{もう一本「電源ケーブル」を自作する予定
ですが、そのパーツ等の詳細は次回に回します。}

と日記記事の終わりに書いていましたので、
もう一本の3本目のパーツ等の話と、

「アモルメットコア」
ケーブルの何処に配置するか? の
一般論を検討したいと思います。

 ● アモルメットコア その7(メガネ型電ケーの作成 1)

 ここで、前回解説した、2本の「メガネ型電ケー」に
名前付けないとブログ記事を書いていくうえで、
非常に面倒になるので、ここで名前を付けてます。

「アクロリンク:6N-P4020を使った「電ケー」を
「F8-6NP4020電ケー01(略称:8-6N電ケ01)

富士電線:VCTF-2P-2.00sqを使った「電ケー」を
「F8-VCTF200電ケー01(略称:82sq電ケ01)

 と呼ぶことにします。

なお「F8」とは『VF-508(G)』
「メガネ型」「Figure 8(訳:八の字型?)」
呼んでいたので、それを略称しました。

 自作「電源ケーブル」は、慌てて作成して、
ショート等のトラブルが発生しますと、
{オーディオを楽しむ}どころではなくなりますので、

「ゆとり」をもって工作すべきと肝に銘じています(w

さらに上記に、オーディオグレードの高級品になる
電極部の表面仕上げ「金めっき」の
「フルテック:FI-8N(G)」を紹介しているのは、

仕様から見て「安全面」「耐久性」「安定性」は、
『Viborg:VF-508(G)より、
上なのは間違いないでしょうから、

約2倍と高価ですが、そのような見えない安全性等の
価値を大事にする方々には、非常にお薦め出来ます。
(「FI-8N(R)」のロジウムめっき仕様もあります。)

 なお「アモルメットコア」については、
過去の日記記事で紹介しています。

 ● アモルメットコア その7(メガネ型電ケーの作成 1)
 ● アモルメットコア その6(自作電源タップの改良 2)
 ● アモルメットコア その5.5(自作電源タップの改良 1.5)
 ● アモルメットコア その5(自作電源タップの改良 1)
 ● アモルメットコア その4(電源ケーブルでの試聴 2)
 ● アモルメットコア その3(電源ケーブルでの試聴 1)
 ● アモルメットコア その2(物理的に有効な使い方 1)
 ● アモルメットコア その1(SPケーブルでの試聴 1)


1.めがね型インレット電ケーの自作について

 もう1本の3番目のサンプルは、パーツ類が
@「インレットプラグ」、A「電源プラグ」、B「電線」
C「メッシュチュープ」、D「熱収縮チューブ」となり、

@ マル信無線電機(株)
    3Aめがね型インレットプラグ
     オヤイデ電気価格:¥108(税込)
 ※)以下、MM-3A_FIG8-P と略称する

A アメリカン電機 接地2P15A125V
    7112GN 電源コンセントプラグ
     amazon価格:¥594(税込 通常送料別)

B 富士電線:VCTF 2P 1.25sq
    キャブタイヤ電源コード
     価格:不明(おそらく、¥100/1m 前後)

C uxcell φ6mm電線標準 メッシュチューブ
     (黒色,PET製,15m )
     amazon価格:¥1,305(税込、関東への配送料無料)

D 熱収縮チューブ
    「UL VW-1グレード φ12」長さ 約75[mm]カット
     価格:不明(記録忘れ orz)

   廉価 めがね型電源ケーブル VCTF1.25sq パーツ一式
   第1図 メガネ型電源ケーブル自作パーツ例3

を使った「メガネ型電源ケーブル」になります。
名前を付けますと

富士電線:VCTF-2P-1.25sqなので、
「F8-VCTF125電ケー01(略称:8125電ケ01)
となりました。

 {C メッシュチューブ
{D 熱収縮チューブは、前回解説した
自作「電ケー」と同じパーツなので、解説は割愛します。


 {@:MM-3A_FIG8-P 特徴は、

 ・単価が ¥100(税別)と、とにかく

 ・定格:120V 3A で、サイズが非常にさい
   実測:W18.0 × H9.0 × L31.5 [mm]

 ・ハウジング材質:ナイロン

 ・ブレード(電極):リン青銅+ニッケルメッキ

 ・取り付け方法:ハンダ付(適応電線:最大0.5sq?)

 ・最大ケーブル適応径:5×8 [mm]
    (VCTF 2P 2sq まで、無理すれば接続可能?)

 ・「PSEマーク」は付いていない。

となっています。

 「オーディオ電源ケーブル」用としては適応電線が、
0.50sq
と、細い(弱電コンポ電源としては十分)ため、
高級オーディオ用電源ケーブル販売ありません

さらに「ブレード」と呼ばれる電極部が、プレス品で、
非常に導体断面積が狭い形状で、機器側の電極を抑え込む
ばねの力が弱そう(接触抵抗が下がらなそう)なので、

私は試しに購入しましたが「メガネ型電源ケーブル」の
自作はあきらめていました。

実際のアンプ
「テクニクス:SE-A1000Mark2」
「Technics:SU-C1000」

使われているメガネ型「電源ケーブル」は、
一応「オーディオ用」で、

「プラグ」の「ハウジング」は「モールド樹脂製」、
「電線絶縁体」は、一般的な「塩化ビニール製」で、
それらは音質を重視したような設計ではありませんが、

「接地側電線極」が分かるように、オーディオ対策用
として、電線に「白線」の マーク が入っています。
音質を重視した素材として、

 導体素材:OFC ?、導体断面積:1.25sq ?

   Technics SE-A1000Mark2 付属 電源ケーブル
   第2図 SE-A1000Mark2 の電源ケーブル

という仕様になっています。

「MM-3A_FIG8-P」で、自作可能な「電ケー」は、
それらと比較しますと、ハウジングの強度は
小型で剛性の高い樹脂素材なので勝っていますが、

それ以外は、アンプ付属の「FIG8-P」と比べると、
全て劣っているような判断をしました。

よって「メガネ型電ケー」を自作する
「意義がない!!」 と思いましたが、

「電源ケーブル」の「プラグ」側に
「アモルメットコア」を導入する「意義がある」
希望が出てきましたので、

試しに自作することにしました。

   マル信無線 3Aメガネ型インレットプラグ
   第3図 メガネ型 3Aインレットプラグ


 {A 7112GN OUTL-P

「MM-3A_FIG8-P」が非常に安価なので
「ホスピタルグレード」の
Panasonic:WF5018(K)」を採用することは、

もったいなく感じましたので「アモルメットコア」
が、挿入可能で「オーディオ」用として使えそう
だったので、

購入して試聴しようと思ってストックしていました。
今回、タイミング的に試せる機会だと感じましたので
使ってみます。

購入してみて分かったことは『アメリカン電機』
称するブランドなのに「日本製」となっていました。
さらに「PSEマーク」いていました?

「ハウジング」は叩くと「ボツボツ」と響く音が
聞こえて「ホスピタルグレード」に比べますと、
剛性は低いように感じますが、

音質性能は、比較試聴を実施しないと分かりませんが、
「モールド樹脂製」と比べますとシッカリした構造で
音質も悪くなさそうです。

「ホスピタルグレード」の代替になるのか?
試してみたかったので「8125電ケ01」で試します。

   アメリカン電機 7122GN 電源プラグ
   第4図 アメリカン電機 7112GN電源プラグ


 {B VCTF 1.25sqは、何のために購入したのか?
忘れましたが「ホームセンター」で購入した古い
(20年以上経った?)切れ端があったので使います。

見た目等で経年劣化は確認できませんでした。
「電線」の「導体断面積」を「2.00sq
「0.50sqではない「1.25sqにしたのは、

多分定格(3[A])の「0.50sq」では音質的に不利
なると予想したからです。

「2.00sq」では、「MM-3A_FIG8-P」の電極への
が、非常にしくなることが予想され、
作業で、失敗する可能性が高いから敬遠しました。

本当「0.75sq」の方が作業性が良く、
適切かもしれないと思いましたが、
新規で購入する必要があります。

しかも「アンプ」付属している
「FIG8-P」ケーブルは「1.25sq」なので、
アンプからすると適用外に相当するので、作業性は難しく
なりますが「1.25sqにしました。

以上で、3本の工作予定の「電ケー」のパーツ解説は
終わりにします。


 最後「アモルメットコア」「電ケー」
何所(ドコ)挿入したら、最も効果高くなる
のか? を考えますと、

「電源コンセント」の外部から来る「ノイズ」を
除去することを目的にする場合は「電源コンセント」
に挿す「電源プラグ」に内蔵するのが良いと思いますが

「パワーアンプ」や「スイッチング電源内蔵機器」の
場合は、それら自体から大量の「ノイズ」が発生して、
他の「コンポーネント」に悪影響を及ぼすそうです。

よって、それらの「ノイズ」を防ぐ場合は、
「IEC/メガネ型 インレットプラグ」内部に
「アモルメットコア」を挿入した方が良くなります。

「電源プラグ側」に内蔵してあっても、それらノイズを
防ぐことは出来ますが、

「コンポーネント <−> 源コンセント間」
「電線」が「アンテナ」となり

「ノイズ」が僅かでもれている
可能性がありますので、そのような理屈になります。

出来れば、幾つも「アモルメットコア」を使っても、
副作用はない(幾つまでOKか? は、不明)そうなので

「電源プラグ「インレットプラグの両方に、
「アモルメットコア」挿入した方が効果は上がるので、
最善策と思いますが、

「アモルメットコア」にどれだけコストを
掛けられるのか? によります。
2個目以上は効果が約半減しますので難しいところです。

今回の場合、既に「電源タップ」に「アモルメットコア」
対策を施していますので「電源プラグ側」には特に
必要とはなりません。

しかし「インレットプラグ」側
「ハウジング」「NS-145」
挿入できるペー(空間)必要で、

『VF-508(G)』"OK" ですが
『MM-3A_FIG8-P』"NG"です。

ちなみに「FI-8N(G/R)」
「NS-145」内蔵出来ない
イメージ写真から判断しています。

それらの場合は「電源プラグ」側に挿入することに
なります。

別の考え方で「プラグ」内部に挿入
しなくても「電線」に通すだけ
効果が表れますので、

内径の大きい「NS-221:穴径φ10[mm]」以上を、
電線に通すだけでも「ノイズ」除去効果は
得られるハズです。


今回は以上になります。

アモルメットコア_08 先頭へ





 ★★ ハイレゾ対応機器の購入 は ONKYO DIRECT へ ★★

 

 【e-onkyo music】ハイレゾ アルバムランキング見てみる?
 【e-onkyo music】ハイレゾ シングルランキング見てみる?


アモルメットコア_08 先頭へ



  【300*250】アウトレット

 NEC Direct(NECダイレクト)

  Microsoft Public Affiliate Program (JP)