Stereo2013年8月号 特別付録 スキャンスピーク 5cmフルレンジ スピーカー ユニット の発売 その2 サブバッフルの検討 その2


ステレオ誌付録 5F/8422T03 サブバッフル 02 本文へ ↓


 *1)(2013年 8月11日:現在)"売り切れ"がぼちぼち出てきています。
   
 左:stereo (ステレオ) 2013年 8月号
 中:スピーカー工作の基本&実例集 2013 〜ダブルバスレフ型〜
 右:スピーカー工作の基本&実例集 2013 〜バックロードホーン型〜

 通販での御購入はこちら

・amazon.co.jp
 -> stereo (ステレオ) 2013年 8月号
 -> スピーカー工作の基本&実例集 2013年版〜ダブルバスレフ型〜
 -> スピーカー工作の基本&実例集 2013 〜バックロードホーン型〜

・楽天市場
 -> ステレオ (stereo) 2013年 8月号
 -> スピーカー工作の基本&実例集 2013 ダブルバスレフ型
 -> スピーカー工作の基本&実例集 2013 バックロードホーン型

・富士山マガジン -> ステレオ [stereo] 2013年 8月号

  ※2013年はムック付録エンクロージュア・キット(DB、BH)が
   目玉企画です。   
   *1) DB:ダブルバスレフ型エンクロージュア
   *2) BH:バックロードホーン型エンクロージュア



 *2) 「5F/8422T03」の標準バスレフ型エンクロジャーに相当します。
★ ワンダーピュア WP-707B-S2-STSET 2本セット
  価格 ¥ 4,320(税込、送料別:関東圏 ¥380)

  ・Stereo2013年8月号付録スキャンスピーク50mmスピーカーユニット
   の素直な音を引出すバスレフ型エンクロージャー組立キット
  ・スピーカー端子 配線材 吸音材 木材用接着剤 の必要パーツ付
  ・ディスクトップ使用での音質を改善する専用スタンド付

 *3)雑誌付録のケーブル・試聴用ソフトも販売しています。
誰でもできる! 自作でオーディオアクセサリーpart.2
  特別付録:RCAケーブルキット 価格¥3,885 2013年10月19日発売予定

  付録内容:オリジナルRCAプラグ(金メッキ ネジ止め式)4個
  オリジナルケーブル1m(0.9mmφPCOCCA単線シールドレス構造)2本
  オーディオ評論家:福田雅光氏によると市販3万円クラス
  のケーブルにも負けない性能だそうです

スピーカーブック2013 付録:アレクッス製
 高音質スピーカーケーブル4[m] 価格¥3,990 2012年6月3日発売済

  付録内容:
  『アレクッス製特製EXIMA CONCEPT Speaker Cable』
  「EXIMA Speaker Cable」(予価3,000円/m)のプロトタイプ

ご購入はこちら
 ・amazon.co.jp
   -> WP-707B-S2-STSET Stereo8月号付録用スピーカー箱キット
   -> 誰でもできる! 自作でオーディオアクセサリーpart.2
   -> スピーカーブック2013 (CDジャーナルムック)
 ・楽天市場
   -> スピーカーブック2013 特別付録高音質スピーカーケーブル
 ・7net shopping
   -> 誰でもできる!自作でオーディオアクセサリー part.2

   -> PRAKER BOOK 2013 特別付録高音質スピーカーケーブル(4m)


  *4)付録のディスクが付録スピーカーのモニターソースに使える?
    

新 長岡鉄男の外盤A級セレクション
   付録サウンドサンプラー付SACD Hybrid盤
   価格¥3,990円(5%税込)発売予定日 2013年8月2日

 「外盤A級セレクション(全3巻)」長岡鉄男氏が自らの目と耳で厳選
  した優秀録音?100選(1巻当り)を紹介したガイドブックの
  復刻版、サンプラーは炭山アキラ氏と高崎素行氏が厳選した13
  トラック、自作スピーカー試聴用モニターソースに最適?

Audio Accessory(オーディオアクセサリー)
  2013 SUMMER 149
   定価:1,300円 発売日 2013年5月21日
  ・従来のB5判からA4変形判に大判化 新装刊記念号
  ・世界のスピーカーブランド36
  ・大型化記念企画 特別付録
   CD ティートックレコーズ 豪華コンピレーション

ご購入はこちら
 ・amazon.co.jp
   -> 新 長岡鉄男の外盤A級セレクション
   -> Audio Accessory 2013 SUMMER 149
 ・楽天市場
   -> 新 長岡鉄男の外盤A級セレクション
   -> Audio Accessory (オーディオ アクセサリー) 2013年 07月号
 ・7net shopping
   -> 新 長岡鉄男の外盤A級セレクション

   -> オーディオアクセサリー 2013 SUMMER 149

 ・富士山マガジン
   -> オーディオアクセサリー定期購読

ステレオ誌付録 5F/8422T03 サブバッフル 02


 ※)以下、・スピーカー     -> SP、
      ・バッフル(Baffle) -> BF、
      ・サブバッフル    -> S-Bf、
      ・エンクロージャー(エンクロージュア) -> 箱、
      ・スピーカーユニット -> SP-UNIT、
      ・スピーカーボックス -> SP-BOX、
      ・ダブルバスレフ   -> DB、
      ・バックロードホーン -> BH、
       周波数特性    -> f特

    など、略す場合が有ります。


1.ステレオ8月号付録『5F/8422T03』のサブバッフルについて 2

 「ステレオ2013年8月号 特別付録 5F/8422T03」を小型バスレフ箱
「BS-8改(自称:BS-08-I00)」に取付けるサブバッフルを作成する
予定でしたが

  ステレオ付録 5F/8422T03 サブバッフル 設計図

あまりの激暑で、頭の回転が非常に鈍り、加えて体が思うように動かない
ので、工作する作業場の準備と板材の購入までしか実行していません。

急がないとはいっても、あまりにスロースペースなので、もう少し何と
かしなくてはいけないと思います。orz

そのような状態なので、前回の日記でサブバッフルの作成で、大事な
説明を入れ忘れてしまいました。それは、

 (1) サブバッフルと箱と取付用ネジ穴の加工方法

 (2) ユニット取付穴の加工精度について

です。順に説明しますと


(1) サブバッフルと箱と取付用ネジ穴の加工方法

  これは、全ての部材にある中心点の円周上 直径 90[mm] の角に
 ある直径 5[mm] の計32個の円の穴開加工ですが、

 各部材ごとに開けるわけでなく、全て張り合わせてから、木工用
 ドリル等で、開けるのが普通の加工方法(計4回の加工)です。

 ドリルが無い場合は、壺錐(ツボキリ)等でも寸法は違いますが
 加工は可能です。

 寸法は適当で、要はネジをネジ付ければ良いので、厳密に考えなくて
 良いです。大き過ぎたら、大きめのワッシャーを使ってネジ締め
 すれば済むことです。

 工作で楽をしたいならば、充電式電動ドライバーが便利です。

 充電式電動ドライバーはスピーカー工作以外にも組立家具のねじ締め
 等にも非常に便利に使えますので一家に一台あっても良いと思います。

 木工工作(スピーカー自作等)で使用するなら、インパクト式のねじ
 締めがネジ山を壊さず楽に出来るタイプでシッカリしたものが良いと
 思います。

 


(2) ユニット取付穴の加工精度について

  ウェブ上のうわさでは、取付穴寸法は非常にゆとりが無いそうです。
 SP-UNIT「5F/8422T03」のSPケーブル接続端子が外側にはみ出して
 いると、それが箱に引っ掛かり、取り外しが出来なくなるそうです。

 私も実物を見てみましたが、確かにそのような事態になりそうな気が
 しました。

 「5F/8422T03」に内部配線ケーブルを取付けましたら、コーン紙に
 触れない程度(振動板の振幅幅の見積を忘れずに!!)に内側にSP端子
 ケーブルを押し込んだ方が良いかもしれません。

 本誌の工作記事では、薄いベニヤ板に「円切りカッター」等を利用し
 ているので精度高く穴開加工をしています。よってそのことに気が付
 かないのか、分かっていて「円切りカッター」を使ったと思います。

 「5F/8422T03」を使う場合「円切りカッター」は必須アイテムかも
 しれません。

 しかし、練習して使うのに慣れないと非常に使い辛い工具(文具)です。
 私も一つ持っていますが、使いこなせず、まともに使ったことがありま
 せん。

 


2.ワンダーピュア WP-707B-S2-STSET(5F/8422T03用箱)について

 「Stereo2013年8月号付録記事:これは簡単!
  付録ユニット用エンクロージュアキット」に載っていた

『ワンダーピュア ミニバスレフ・エンクロージャー組み立てキット
  WP-707B-S2』が、スピーカーを斜め上に向ける専用スタンドが追加
され、価格も少し上がってネット通販で購入出来るようになりました。

  (価格   :¥3,570 Pair -> ネット通販価格 ¥4,320 Pair)
  (モデル型番:WP-707B-S2  -> WP-707B-S2-STSET)

個人的には、超小型スピーカーで「SP-Unit」が床に非常に近い状態に
なり、音波が床に反射して音質が損なうのは明らかなので、標準でそれ
を防止するスタンドが付くことは非常に良いサービスだと思います。

特にディスクトップで使用する場合には、非常にありがたいオプション
ですが、一般人は気が付かないかもしれません。

箱の内容積は約 0.9[L]で、標準バスレフ型に近い内容積です。ダクトの
共振周波数はダクト寸法が分かりませんでしたが、標準バスレフから
調整しているものと思いますので心配する必要はありません。

板材が 9[mm]厚のMDF材は「ムック箱」の5.5[mm]より、必要十分に厚い
ので安心感があります。

5.5[mm]でも十分だと思いますが、音質を重視した場合には、この程度の
厚さアップならば音質が良くなると思います。

奥行きが深い形状は、音が良くなるそうです。音質重視の奇をてらう
ところが無い非常にオーソドックスなバスレフ型エンクロージャーだと
推測します。

ちなみに『ステレオ8月号付録:5F/8422T03』はバスレフ型箱向きの
「SP-Unit」です。

『WP-707B-S2-STSET』は確かに音質重視の「素直な音を引き出す」箱で
あると私は思います。内部配線等が価格相応なのが残念な点です。

適当な良質のSPターミナル・内部配線に交換するのが良いと思います。

または、ターミナル抜きで「SP-Unit」にSPケーブルを直付けして引き
出せば、使い勝手は悪いですが、より高音質に向かいます。


3.新・長岡鉄男の外盤A級セレクション(SACD Hybrid盤)について

 優秀録音ソースの音源が入っているだろうディスク(SACD Hybrid盤)
が付録になる書籍の復刻版が出る情報をおよそ40日位前に知って、最近
ネット通販で購入しました。それは、

『新・長岡鉄男の外盤A級セレクション 付録サウンドサンプラー盤』
です。

 私がよく登場させていただいているオーディオ評論家 故:長岡鉄男氏
が本格的オーディオ用のアナログディスク(以下レコードorAD)を

長岡氏が読者が探し出す手間を省けるように選択してくれたレコードの
ガイドブックです。

私はその復刻前の書籍(全三巻)をあえて購入していませんでした。
理由は、

 ・訳の分からないマイノリティーな内容の民族音楽や現代音楽が主体
  なので今でも内容を楽しめるのかが不明(コンテンツは重要)。

 ・ADで非常にマイナーなため、書籍販売当時でも入手が非常に困難
  だった。ちなみに「石丸電気のレコード店に専用のコーナーが
  あったらしいが、当時めったに行けず、場所も分からなかった。

 ・長岡氏のADプレーヤーは、その部分だけでトータルで100万円
  近くした高級品なので、近い性能の再生はコスト面から既に高音質
  の再生は不可能だった。

になり、所有していても欲望だけ膨張して無駄になると思っていたから
です。

 今回、購入した理由は、書籍付録に炭山アキラ氏が厳選した13トラック
のサウンドサンプラー(SACD Hybrid盤)が付いていたのが理由です。

 この書籍の価値は『外盤A級セレクション』と呼ぶガイドブックが
復刻されたことより、そこで紹介されているADのソースが「SACD」の
ディスクメディアでデジタル信号で体験できることだと私は思います。

 上記に書いてあるように、レコード再生は「コスト」と
「使いこなし」が非常に必要です。「使いこなし」はある程度可能と
しても「コスト」はそこまで掛ける気持ちになりません。

「SACD」なら、最高の「ADシステム」にはかなわないかもしれません
が、一般マニアのそれらより、簡単・低コストで音質は上回る状況
だからです。

メインシステムで早速聞いていみましたが「SACD」層の音質は非常に
オーディオ的に高音質でした。

「CD」層の音質は残念ながら「SACD」層と比較しますと明らかに劣り
ますが、一般の「CD」に比べますと高音質の優秀録音ソースである
ことは明らかでした。

「SACD」「CD」の音源は、書籍によりますと、

「サウンドサンプラーに収録されている音源の中で、SACD化されてい
 ない音源に関しては、レーベルから提供されたデータをキング関口台
 スタジオでアナロク化した後、DSD音源化しました」 

と、ほぼレーベル自体がデジタルデータ化した安心・信頼できるデジタル
信号であることが分かります。また、それらが元になっている「SACD」
「CD」も"売り切れ"でなければ現在でも入手可能です。

この「CD」をリッピングしたデジタルデータは、十分、雑誌付録の
試聴用ソースとして十分使えることが確認できました。

一言加えますと、炭山アキラ氏が厳選して上手にまとめていますので、
書籍の解説を見ながら内容を楽しむことも出来るサンプラーでした。

ステレオ誌付録 5F/8422T03 サブバッフル 02 先頭へ