快音! 真空管サウンドに癒される 付録:ラックスマン製 真空管ハーモナイザー・キット(LXV-OT6) について


快音! 真空管サウンド_01 本文へ ↓


  憧れの 真空管 サウンドが 付録 LXV-OT6取得!!

   

 左:快音! 真空管サウンドに癒される (ONTOMO MOOK Stereo編)
 中:一冊まるごと真空管アンプ読本 使いこなし編 (ONTOMO MOOK)
 右:一冊まるごと真空管アンプ読本 基礎知識編 (ONTOMO MOOK)

  付録 LUXMANLXV-OT6 真空管ハーモナイザー

  ONTOMO MOOK Stereo編
   快音! 真空管サウンドに癒される
   特別付録:ラックスマン製 真空管 ハーモナイザー・キット
         LXV-OT6
    特別定価:14,040円(本体13,000円+税)
    発 売 日:2018年 5月19日
  KIT はドライバーでネジを緩めて組み立てて完成
  使い方
    プレーヤー <-> アンプ間 につなぐだけ or
    プリアンプ <-> メインアンプ間 につなぐだけ or
    グラフィックEQ用端子につなぐだけ
  キットの内容
    基板(真空管バッファーアンプ回路、完成品)
    シャーシ(上下左右)、パワースイッチ+基板
    めがね型ACコード、真空管(12AU7)×1
    ねじ一式、ゴム足、基板シャーシ用リベット
  LXV-OT6 本体サイズ
    180W×80H×90D mm(足、ノブ 除く)
  ・【判型・頁数】 A4・24頁
     主要目次
      ・真空管ハーモナイザー・キットを組み立てる
      ・開発者が語る、真空管ハーモナイザーの音の妙
      ・ラックスマン 真空管の歴史
      ・真空管ハーモナイザーをいろんなところで使ってみよう
      ・真空管ハーモナイザー簡単グレードアップ術
      ・真空管サウンドで聴きたい、いい音ジャズBEST10

真空管アンプ のためのハンドブック

  ONTOMO MOOK Stereo編
   一冊まるごと真空管アンプ読本
   [使いこなし編]
    特別定価:1,512円(本体14,000円+税)
    発 売 日:2017年 6月19日
  ・一冊まるごと真空管アンプ読本[基礎知識編]続編
  ・[基礎知識編]からの内容をアップデート
  ・真空管アンプのより幅広い、深い楽しみを展開
  ・実際に機材を使った取材記事は読み応え満点!
  ・【判型・頁数】 B5・160頁
     主要目次
      ・巻頭企画:われら、真空管アンプ派
      ・最新&注目 真空管アンプ 9機種試聴
      ・名球物語 300B/2A3/EL34/KT88
      ・新旧真空管メーカー&ブランド ガイド
      ・300B vs.KT88 出力管別6機種 試聴
      ・真空管アンプの鳴らし方
      ・真空管アンプの基本知識〜中級編
      ・真空管オーディオ機器ガイド

  ONTOMO MOOK Stereo編
   一冊まるごと真空管アンプ読本
   [基礎知識編]
    特別定価:1,512円(本体14,000円+税)
    発 売 日:2014年10月19日
  ・憧れの真空管アンプ入門者のためのハンドブック
  ・基本知識・選び方・使いこなし等を詳細レポート
  ・ビンテージ球・キットアンプ自作等々も紹介
  ・実際に機材を使った取材記事は読み応え満点!
  ・あらゆる情報が満載の「永久保存版」!
  ・【判型・頁数】 B5・160頁
     主要目次
      ・真空管アンプ最新モデル一斉試聴
      ・基本知識・選び方・使いこなし術の詳細レポート!
      ・真空管アンプ・キットの製作に挑戦
      ・歴史に残る名機たち
      ・主要メーカーインタビュー 現在〜未来への展望
      ・厳選ショップガイド

ネット通販でのご購入 はこちら

 ・amazon.co.jp
  -> 快音! 真空管サウンドに癒される (ONTOMO MOOK Stereo編)
  -> 一冊まるごと真空管アンプ読本 使いこなし編 (ONTOMO MOOK)
  -> 一冊まるごと真空管アンプ読本 基礎知識編 (ONTOMO MOOK)

 ・楽天市場  
  -> 快音! 真空管サウンドに癒される [ONTOMO MOOK Stereo編]
  -> 一冊まるごと真空管アンプ読本 使いこなし編 [ONTOMO MOOK]
  -> 一冊まるごと真空管アンプ読本 基礎知識編 [ONTOMO MOOK]

 ・オムニ7(7net shopping)
  -> 快音! 真空管サウンドに癒される {ONTOMO MOOK Stereo編}

  -> 一冊まるごと真空管アンプ読本 使いこなし編 {ONTOMO MOOK}

  -> 一冊まるごと真空管アンプ読本 基礎知識編 {ONTOMO MOOK}


快音! 真空管サウンド_01


 ※)全文、
   ・アンプ(セパレート等含む) -> AMP、
   ・スピーカー         -> SP、
   ・オーディオアクササリー   -> AA、
   ・コストパフォーマンス    -> CP、
   ・パーソナル・コンピューター,パソコン
                  -> PC、
   ・アプリケーション(応用)ソフトウェア
                  -> アプリ
   ・アナログ信号        -> A信号
   ・デジタル信号        -> D信号
   ・アナログ・フォーマット   -> Aフォ
   ・デジタル・フォーマット   -> Dフォ
   ・MOOK 快音! 真空管サウンドに癒される
                  -> 快音球癒
   ・MOOK 一冊まるごと真空管アンプ読本[使いこなし編]
                  -> 球読使編
   ・MOOK 一冊まるごと真空管アンプ読本[基礎知識編]
       極上の音質改善機器  -> 球読基編
  など、略す場合が有ります。


0.まえがき


 去年(2017年)で「ステレオ誌」
「オーディオ基板付録」を休止することになって
いました?が、今年は「ステレオ誌」の別冊?に

相当する『ONTOMO MOOK Stereo編』から
「オーディオ基板付録」が発売され、
ネット通販での予約が始まっていました。それは、

ONTOMO MOOK Stereo編 
  快音! 真空管サウンドに癒される
    ・予 価:¥14,040(本体 ¥13,000+税)
    ・発売日:2018年 5月19日

特別付録:ラックスマン製
        真空管ハーモナイザー・キット
        LXV-OT6

です。

 今回日記記事『LXV-OT6』
ついて、どんな「オーディオ基板付録」なのか?
書くことにしました。


1.真空管ハーモナイザー キット LXV-OT6 とは


 『快音球癒』の付録
『LXV-OT6:真空管ハーモナイザーとは
一体何なのか? を説明しますと、

 まず「ハーモナイザー(Harmonizer)意味は、
あるモノを他のモノと協調的にばせる仲介するモノ
となるようです。

 『LXV-OT6』の場合は「デジタル・フォーマット」の
「入力音源」を「真空管」による加工を加えて

「アナログ・フォーマット」っぽい「出力音源」に
変えて「アンプ」等に受け渡す「アクセサリー」と
なるようです。

目的は、あなたの「オーディオシステム」による
「CD」の再生で{硬くて冷たく感じる音}
『LXV-OT6』に通すことによって、

{柔らかく、しなやかで、かい音}
言われている「真空管アンプ」で再生する
ような音に着色して聴くことだそうです。

  katochan-n20180419_z01.jpg
  第1図 MOOK付録 LXV-OT6 イメージ写真

 「CD」が登場した当時(1982年から数年?)に、
「CDプレーヤー」の硬い音を柔らかくするために

「CDプレーヤー」用「ライントランス」が
あったことを私は記憶していますが、

「ステレオ2018年4月号:快音球癒 の告知」に
載っていた「真空管バッファーアンプ」が
発売された歴史は記憶にありません?

とにかく『LXV-OT6』の実体は、
入力信号をほとんど増幅させない(0dBアンプ)の
「真空管バッファーアンプ」となります。

 次に「バッファーアンプ」とは、
一体何なのか? と疑問がまた出てきて
しまいましたので説明しますと、

 まず「バッファー」は、
{緩衝材、鉄道の連結器 等々}
意味があります。

「緩衝」の意味は
 {対立している物などのにあって、衝突
  不和などをらげること。また、そのもの
だそうです。

電気回路の場合、
電気的にユニット間等を接続させる場合に

送信側の送電路の物理的特性と、
受信側の受信路の物理的的特性が
異なっている場合に、

それらの物理的特性が異なることによる
情報伝達に不具合が起こらないように

両者仲介して情報伝達
スムーズにさせることです。

でも『LXV-OT6』の場合、実際にはそのような
「バッファーアンプ」は無くても再生出来ますので
本来の「バッファーアンプ」の役目はありません。

「Hi-Fi(高忠実度再生)」の観点からいえば、
{シンプル イズ ベスト}に反しますので、
告知にも書いてあるように 音が劣化します。

その劣化より、聴こえの上で、耳辺りの良さを
与えてくれる「アクセサリー」が、
『LXV-OT6:真空管ハーモナイザー』となります。

個人的には「ハイファイ」は最近の「ミニコンポ」でも
十分な高音質になっていますので、

再生音が多少劣化しても、個人の好みの音色に
「オーディオシステム」の再生音を着色加工
するのは勝手なので、問題は一切ないと思います。

でも私にとっては、そのような着色するような行為は、
本物ではないと思っていますので好みではありません。
(でも使いこなしで活用することも多々ある。)

加えて、いつ組み立てるのか? 未定ですが
「真空管アンプ・キット」を所有していますので、

「真空管アンプ」が欲しければ、それを組み立てて、
サブシステムを構築した方が良いと思います
ので『快音球癒』は購入予定がありません。

ちなみに「真空管アンプは、
人の学:真空管アンプ
私は確認しています。

上記「真空管アンプ」は「付録のおもちゃ」だと
先入観を持って試聴しますと、絶対にあなたの予想は、
外れると思います(現状、販売終了で、約3倍のプレミア価格)。

 ● 大人の科学 真空管アンプ の 試聴レビュー

『LXV-OT6:真空管ハーモナイザー
ついての私の感想は

「真空管アンプ」に憧れていて、
自分の「オーディオシステム」に
導入したいが、

様々な理由でそれが実施できない、
あなたには願ってもない
「アクセサリー」だと思います。


2. ラックスマン製 LXV-OT6コンテンツ


 1)モデル名 LXV-OT6 とは?

  "LX"≡ Luxman(ラックスマン)
  " V"≡ Vacuum Tube Harmonized Amplifier ?
  "OT"≡ 音楽之友社
  " 6"≡ 第6弾

  になると思います。

 2)キット内容物サイズ

  基板(真空管バッファーアンプ回路、完成品)
  ・真空管12AU7/ECC82×1
  ・パワースイッチ+基板
  シャーシ(上下左右)
  ・ねじ一式、ゴム足、基板シャーシ用リベット
  ・めがね型ACコード
  ・本体サイズ:180W×80H×90D mm(突起部除く)

  です。

   「組立て」は「基板」に「パーツ」が
  ハンダ付けされている半完成品なので、

  「ドライバー」1本で「基板」等を「シャーシ」に
  組付けるなどの誰でも簡単に出来る作業なので、
  誰でも簡単に作れるそうです。

 3)LXV-OT6 キット の 技術的ポイント

  12AU7(ECC82)真空管のバッファーアンプ

    12AU7(ECC82)
   中増幅率の低周波増幅用双3極管です。

   小型で低雑音・高性能 の中増幅率電圧増幅管を
   代表する大ヒットモデルの真空管で
   「バッファーアンプ」として最適です。

    また 12AU7(ECC82)の現行品は、
   [中国,ロシア,スロバキア]などで製造されて
   います。

   さらに「ビンテージ管(MULLARD CV4003等)」も
   含めますと、

   製造メーカーが異なる 互換真空管沢山あり
   ますので、真空管を交換する「球転がし」で、
   "音"チューニングしめます


  トランス(リニア方式)電源

    ACアダプター等で非常にシェアーを拡大
   している「スイッチング方式」電源の特徴は

   高効率・高駆動力 の 省エネ電源 ですが、
   高周波ノイズ を大量発生しますので、

   オーディオ用機器、特に「Hi-Fiコンポーネント」
   では、あまり採用されません。

   『LXV-OT6』では「Hi-Fiコンポーネント」用と
   いうことを、あえて「リニア方式電源」を採用
   したことで 高音質"強調" したいのでしょう。


  真空管える付きシャーシ

    聴感上の効果はありませんが視覚上の効果で
   「真空管」内部のヒーターが薄赤く光っているのが
   見ていて心地良さを感じさせてくれるそうです。

 3)その他

  ● 定価

    {MOOK誌定価:13,000円}と1万円を楽に超えて
   います。今までの「OT1〜OT5」の付録付き雑誌価格
   から言いますと大幅値上げですが、

   「OT1〜OT4」には実用上必要となる筐体の
   「ケース(シャーシ)」が付属されていなく
   「サードパーティ」に頼っていて、

   「サードパーティ」では小型ゆえに「高コスト」の
   「アルミ削り出し加工」等で「高級品」でしたので、
   合計価格としては、大して差はないと感じました。


 今回は以上となります。



類似真空管搭載 アクセサリーコンポーネント

       

左:iFI-Audio micro iTube2 真空管バッファ付プリアンプ
右:CAROT ONE FABRIZIOLO EXV [プリ/ヘッドホン+パワー]アンプ

  ●iFI Audio (アイファイ オーディオ)
   micro iTube2 真空管バッファ付プリアンプ
    定 価:54,000円(税別)
    発売日:2017年 2月18日
  ・真空管プリAMP 兼 真空管バッファーAMP 兼
   インピーダンス・マッチング・デバイス
   分類出来ないオールインワン単品コンポ
  ・入力を真空管アンプに近い音に加工して出力
   中域と低域の音質と重みが増強される
  ・GE社軍用高品質・高信頼 #5670 真空管採用
  ・サイズ:67(W)×28(H)×177(D) [mm]
  ・質 量:310 [g]

  ●CAROT ONE (キャロットワン)
   FABRIZIOLO-EXV
    真空管増幅プリアンプ(DIEGOLO:パワーAMP付)
    OPEN価格:59,800円(税込)
    発 売 日:2017年12月21日
  ・小さい真空管プリアンプをお探しの方に最適
  ・小型・真空管ヘッドホン・アンプとても最適
  ・FABRIZIOLO-EX を高品質球に更新した限定モデル
   ECC802S管を高音質 MULLARD CV4003管 に更新
  ・OPA2604AP と共に調整、上質で "鳴りの良い音"
  ・日本国内で再調整を行い高音質チューニング済
  ・トップ面にオリジナル・ ゴールドリング装飾
  ・純正ペア DIEGOLO:パワーAMP付属 セット商品
  ・本体寸法:W67×H80(管球含)×D125(突起含) mm
  ・電源寸法:W50×H33×D78 mm
  ・PowerAMP本体寸法:W67×H28×D110(突起含) mm
  ・PowerAMP別体寸法:W67×H28×D 40(突起含) mm

ネット通販でのご購入 はこちら

 ・amazon.co.jp
  -> iFI-Audio micro iTube2 プリ/HPA・アンプ
  -> CAROT ONE FABRIZIOLO EXV プリ/HPA・アンプ

 ・楽天市場  
  -> アイファイオーディオ micro iTube2 真空管バッファ付プリアンプ
  -> キャロットワン FABRIZIOLO EXV [プリ/ヘッドホン]アンプ


真空管アンプ でも アモルメットコア絶大効果

      

左:アモルメット NST-271(外φ28,穴φ13.5,t=12mm) ノイズ吸収コア
右:アモルメット NS-385(外φ48.0,穴φ24,t=28mm) ノイズ吸収コア

中村製作所
NSアモルメットコア (Amormet Core)
   NST-271 ノイズ吸収リングコア
     定価:¥2,000(税別) 発売日:2018年 3月?
  ・最近発売された NST Series 最大サイズ
  ・NS Series より 低コストな NST Series
  ・太くない RCAケーブル端子 が通せるサイズ
  ・アナログレコード・スタビライザーでも有効?
  ・Hi μ材、コモン/ノーマル・モード両用
  ・コモン モード使い方:±極両電線をコア孔に通す
  ・ノーマルモード使い方:片側電線のみコア孔に通す
  ・外形寸法:φ28 mm、穴径:φ13.5 mm、厚さ:12mm
  ・カラー:ブラック(プラスティックカバー)

中村製作所
NSアモルメットコア (Amormet Core)
   NS-385 ノイズ吸収リングコア
     定価:¥18,000(税別)  発売日:2017年 6月30日
  ・XLRプラグ が通るサイズでラインケーブル向き
  ・アナログレコードスタビライザーとしても有効
  ・2018年1月現在、リング形状の最大サイズ
  ・コモン・モード使い方:±極電線をコア孔に通す
  ・超Hi μ材、コモンモードノイズ専用
  ・外形寸法:φ48 mm、穴径:φ24 mm、厚さ:28mm
  ・カラー:ホワイト(プラスティックカバー)

ネット通販でのご購入 はこちら

 ・楽天市場   
  -> アモルメット NST-271(外φ28,穴φ13.5 mm) ノイズ吸収コア
  -> アモルメット NS-385(外φ48,穴φ24 mm)ノイズ吸収コア


  ハイレゾ対応機器の購入 は ONKYO DIRECT へ

 

 【e-onkyo music】ハイレゾ シングルランキング見てみる?
 【e-onkyo music】ハイレゾ アルバムランキング見てみる?

快音! 真空管サウンド_01 先頭へ






  Microsoft Public Affiliate Program (JP)

  【300*250】アウトレット