ステレオ2015年8月号 付録 Fostex P1000 10cmスピーカーユニット その15 Fostex かんすぴ P1000-E に組む 1


P1000 と かんすぴ P1000-E 本文へ ↓


   

 左:Stereo 2015年 8月号
 中:スピーカー工作の基本&実例集2015年版
 右:フォステクス P1000-BH バックロードーホーン型SP-BOX

 △▽ ステレオ誌付録史上最大サイズの高能率 ▽△
 ステレオ〈Stereo〉2015年 8月号
     定価¥3,990(8%税込)  発売日:2015年7月18日(土)
  付録:Fostex×Stereo共同企画
   10cmフルレンジ・スピーカーユニット P1000 (×2)

 △▽恒例のエンクロージュア KIT 史上 最大 サイズ ▽△
 ●2015年版 Stereo編スピーカー工作の基本&実例集
     定価 ¥4,860(8%税込) 発売日:2015年7月18日(土)
  付録:バックローテッドホーン エンクロージュア・キット
       :付録 P1000 用エンクロージュア・キット

 △▽ P1000用 SP-BOX 大人気のバックロードホーン ▽△
 ● Fostex P1000-BH バックローテッドホーン型スピーカー BOX
   標準価格¥7,000/1台  発売日:2015年8月下旬
   P1000用BHスピーカーボックス
  ・大きさ:145W×343H×216Dmm、質量:2.9 [kg]
  ・仕上げ:チェリー調、材質:MDF t9/t12(側面のみ)

ネット通販、御予約・御購入 はこちら
  (2015年8月31日 現在、"在庫切れ"の雑誌もあります。)


  ・amazon.co.jp 
  -> Stereo 2015年 8月号
  -> スピーカー工作の基本&実例集2015年版
  -> 《P1000ーBH》は未登録

  ・楽天市場   
  -> ステレオ 2015年 8月号
  -> スピーカー工作の基本&実例集 2015年版
  -> フォステクス P1000-BH バックロードーホーン型SP-BOX

  ・7ネットショッピング
  -> Stereo_2015年 8月号

  -> スピーカー工作の基本&実例集-2015年版


  ・富士山マガジン
  -> ステレオ-2015年 8月号



        

左:FOSTEX P1000-E スピーカーボックス
中:DigiFi No.19 付録 8cm スピーカーユニット
右:FOSTEX かんすぴ P800-E スピーカーボックス

 △▽ P1000も使用可能 P1000K用バスレフ型 SP-BOX ▽△
 ● Fostex かんすぴ P1000-E スピーカーボックス
      標準価格:2,300円 (税別/1台 '15-05-01:値上) 
      発 売 日:2012年10月下旬
  P1000K用バスレフ型エンクロージャー
  「P1000,FE103En,FF105WK」も取付可能
  SP端子、内部配線コード、吸音材等、組込済
  ・板 厚 / 材 質:t9パーティクルボード
  ・サイズ / 質 量:121(W)×243(H)×179(D) mm/約1.15[Kg]
    ・付  属  品:木ネジ×4個、ワッシャー×4個


 △▽ Digi Fi No.19,No.20 の付録は、 スピーカーユニット ▽△
 ●DigiFi No.19 (デジファイ No.19) 別冊ステレオサウンド
     特別定価 ¥3,780(8%税込) 発売日:2015年 8月31日
  ・付録:グラスファイバー製コーン 8cm SP UNIT
  ・連続付録 第1弾! オラソニック (Olasonic)製
  ハイレゾ対応、本格8cm口径スピーカーユニット
  20[kHz]もクリアーする高域周波数特性
  グラスファイバー製振動板、強力磁気回路

 △▽ No.19告知の試作品で使用された スピーカーボックス ▽△
 ● Fostex かんすぴ P800-E スピーカーボックス
      標準価格:1,700円 (税別/1台 '15-05-01:値上) 
      発 売 日:2013年12月25日
  フルレンジスピーカーの魅力を手軽に楽しめる
  8cm口径スピーカーユニット用バスレフ型 SP BOX
  SP端子、内部配線コード、吸音材等、組込済
  ・バッフル穴寸法:直径 73[mm]
  ・サイズ/質 量:100(W)×200(H)×148(D) mm/約800g
  ・付  属  品:木ネジ×4個、ワッシャー×4個

ネット通販、御予約・御購入 はこちら
  (2015年8月19日 現在、"在庫切れ"の雑誌もあります。)


  ・楽天市場   
  -> フォステクス P1000-E スピーカーボックス
  -> デジファイ No.19 付録 8cm スピーカーユニット
  -> フォステクス かんすぴ P800-E スピーカーボックス

  ・7ネットショッピング
  -> DigiFi No.19 付録 8cm-スピーカーユニット

  -> DigiFi [デジファイ] No.17 付録:高音質パワーアンプ


  ・ブックサービス
  -> デジファイ No.19 付録 8cm-スピーカーユニット
  -> デジファイ [DigiFi] No.17 付録:高音質パワーアンプ
icon

  ・富士山マガジン
  -> DigiFi No.19 付録 8cm_スピーカーユニット

  -> DigiFi{デジファイ}No.17 付録:高音質パワーアンプ



P1000 と かんすぴ P1000-E


  ※)全文、
    ・スピーカー         -> SP、
    ・スピーカーエンクロージャー -> SP箱、
    ・スピーカーユニット     -> SP−UNIT、
    ・ウーファー         -> WF、
    ・ツィーター         -> TW、
    ・サブウーファー       -> SW、
    ・スーパーツィーター     -> STW、
    ・パッシブ・ネットワーク   -> PNW、
    ・スピーカーターミナル    -> SP-TM、
    ・周波数特性         -> f特、
    ・インピーダンス特性     -> Z特、
    ・ダクトチューニング周波数  -> fd、
    ・コストパフォーマンス    -> CP、
    ・ステレオ2015年8月号の付録  -> P1000
    ・デジファイ(DigiFi)17付録 多目的仕様
     D級パワーアンプ       -> DGF17AMP
    ・デジファイ(DigiFi)19付録8cmフルレンジ
     スピーカーユニット     -> DGF19SPU
    ・デジファイ(DigiFi)20付録3cmソフトドーム型
     ス−パーツィーター     -> DGF20STW
    ・DIATONE SPSYS V1.1版 for P-610MA/MB、
                   -> SPSYS
    など、略す場合が有ります。


0.まえがき


 『DigiFi No.19 (デジファイ No.19)』(2015年8月31日 発売
予価¥3,780 (8%税込) 特別付録オラソニック (Olasonic) 製
『8cmグラスファイバー振動板フルレンジ スピーカーユニット(ペア)』

を1冊、ネット通販で予約しました。遅い時期の予約なので、
自宅にいつ届くのかは、分かりません(予定 8/31〜9/3 の間)。

 公式ウェブサイト上に「Digi Fi No.19」本誌に付録スピーカー
ユニットの「T/Sパラメーター」を公開する告知がありましたので、
「DGF19SPU」のエンクロージャー設計は可能で安心しましたが、

全く時間と予算がなく、何も手を付けられない状態が続くと思います。
コレクションアイテムとして終わってしまう可能性は90%以上です。

それよりも「PCオーディオ」用の「ノートPC」の修復
「P1000」を使った。スピーカー工作の方が先ですが、

色々やりたいことが溜まってくると、何をするのか?選択している
間に時間が経ってしまい、
手付かずで、何も進んでいない状況が続いています。

本日は何とか、大幅に妥協して「P1000+P1000-E」の工作を進めようと
思いますが、どこまで出来るのかは分かりません。orz


1.「P1000 + P1000-E」について


   Fostex P1000-E 外観
    第1図 Fostex かんすぴ P1000-E スピーカーボックス

 「P1000-E」はステレオ2012年8月号付録 スキャンスピーク
「10F/8422-03」を試すため(かんすぴ「SP箱」の作りを確認した
 かった)に購入していました。

「P1000-E」は
「Fostex:かんすぴ P1000K 10cmフルレンジ スピーカー ユニット」
用スピーカーボックスです。

「10F/8422-03」と「P1000-E」は、その後発売のオーディオ雑誌
付録の方を優先して試してしまいました(スピーカーは余っている)
ので、ほったらかしてしまいました。

今回「P1000」と「かんすぴ P1000K」のユニットフレームは、同じ
部品ですので、ねじ穴・取付穴寸法は、同一です。
よって、サブバッフルを新たに作成して用意する必要はなく、

「P1000K」の代わりに「P1000」を取付けることは可能です。
さしあたって「P1000K」と「P1000」の「P1000-E」に取り付けた
場合の「SPSYS」シミュレーション結果をアップします。

   P1000,P1000K vs. P1000-E シミュレーション
    第2図 P1000+P1000-E 低音域シミュレーション結果

「P1000 + P1000-E」のシミュレーション結果は、160[Hz]
辺りに大きなピークがあり、その後、だら下がりに低音域が伸びている
変わった「f特」ですが、

聴感上重要な{100〜300[Hz]}が強調された低音の量感を感じる
「f特」になっていると思います。80[dB]以上を再生領域としますと
60[Hz]まで、低音域を伸ばしているスピーカーになります。

 だた、妥協して「P1000」の試聴で「P1000-E」を使う場合でも
どうしても妥協できないパーツがあります。
それは、内部配線材スピーカーターミナルです。

「P1000-E」は廉価品なので、音質劣化が大きいワンタッチプッシュの
バネ式タイプの「SP-TM」が使われています。私のスピーカー工作の
経験上この手の「SP-TM」を使わない方が音質が確実に良くなりました。

よって「P1000-E」の「SP-TM」は、使いたくありませんので、過去の
日記で、それを安価で良質なタイプに交換するような日記記事と
書きましたが、まだその工作は行っていませんでした。

Fostex かんすぴ P650K/P650-E が発売されます。

   P1000-E スピーカー端子交換パーツ
    第3図 「P1000-E」のSPターミナルを交換する部品

「SP-TM」を付ける工作が面倒だったのと、無理して工作する必要も
感じなかったためです。

今回も「ST-TM」を交換する工作は面倒なので、さらに「SP-TM」も
使わずに、SPケーブルを直接「SP-UNIT」の「ファストン端子」に
接続する方法に切り替えます。

実際「SP-TM」は、なくても良い(SPにケーブルが直付のオーディオ
システムが有る)パーツなので、ケーブルの長さを変更する必要が
無ければ「SP-TM」は、必要ありません。

SPケーブルが交換できないという大きなデメリットが有りますが、

「SPケーブル <−> SP-TM 間」「SP-TM <−> 内部配線 間」で、
 接触接続が無くなる。


伝送間に電気的物理特性が大きく変わる「SP-TM」が無くなる。

以上、2点の大きな音質劣化が無くなる大きなメリットがあります。

出来れば「SP-UNIT」の「ファストン端子」に「接触接続」でなく、
「圧着接続」や「半田付接続」に変えたほうが音質が良いのですが、
さすがにユニットを交換する必要があるので、それは出来ません。

   P1000-E スピーカー直付けパーツ
    第4図 「P1000-E」の直付ケーブル加工用部品
    ※)右クリック[リンクを新しいタブで開く]で写真が拡大


今回は、パーツ類を集めるだけで、時間が無くなりましたので、
それら部品の説明をします。

 @ 「P1000-E」に付いていた「SP-TM」

   音質劣化の必要悪部品に相当する。ターミナルの端子?金具は
   多分、真鍮(黄銅)プレスの錫[すず]かニッケルめっき品で、
   あまりに導体断面積が少ないので、音が悪いと思われる。

   内部配線電線は、導体断面積が多分 0.5[sq]より細いと思う。
   よって、普通の銅線では、電力をロスなく伝送できればOK
   レベルで、音質は考慮されていない。

   内部配線電線の被覆(絶縁体、シース無)は普通の
   「PVC(ポリ塩化ビニル)」で、あまり音は良くないと
   思われる。出来れば「PE(ポリエチレン)」が良いらしい。

 A オーディオ用 1.25[sq]OFC SPケーブル

   ホームセンターで、1m切り売りで、中途半端(3.8[m])に
   余っていて、安くなっていたので購入したジャンク品。
   使用経験が無いので、音質はどうか?不明

   片チャンネル 約1.9[m]使用する計算になります。私の試聴
   用システムでは、長過ぎますが、一般的オーディオシステムでは
   やや短過ぎると感じています。

   長さを変えられないのがケーブル直出しの欠点です。
   必要最小限の長さが理想です。しかし「SP-TM」が無い方が
   音質上では絶対有利になっています。

   今回は、2.0[sq]小判型キャブタイヤケーブルを使おうと
   思いましたが「LXA-OT1 or 3」「DGF17AMP」等のワンタッチ
   プッシュのバネ式タイプでは太すぎて扱い難いので止めました。

   なお、付録アンプ側のスピーカーターミナルも「ワンタッチ
   プッシュのバネ式タイプ」ですが、こちらはそんなに音質
   劣化を感じていないのは、原因がよく分かりません?

   比較試聴が出来ないからでしょうか?

 B ボディ部プレート(3[mm]厚ベニヤ板を2枚重ねボンド接着)

   「SP箱」にスピーカーケーブルを取り付けるために必要な
   ケーブルを通す穴を塞ぐためのプレート板、真中に穴を空けて
   そこにケーブを通す、

   ケーブルとプレート板の隙間は充填タイプの接着剤等で埋めて
   塞ぐ。

   取付ネジ穴は、元の「SP-TM」と同じ位置に空けて「SP-TM」は
   元の状態に戻せるように加工する。
   長期使用できるように「SP-TM」付に変更する可能性もある。

 C ファストン端子(メス:「250」タイプ)

   個人的には「ファストン端子」とは、どのような端子なのか検索
   しても分からずじまいで、いまだに明確に理解できていません?

   規格上「P1000」の端子は「205」タイプ(サイズを表してる)
   ですが、私の通っているパーツ屋さんには「205」タイプは販売
   していません?

   それより大きめの「250」タイプ小さめの「187」タイプは販売
   しています。

   「187」タイプは、自動車部品ワイヤーハーネス用のスピーカー
   接続用でホームセンターでも入手可能です。
   (金めっき品も販売していることがある)

   「187」タイプでも「205」タイプの端子に無理やり押し込んで接続
   可能ですが、無理しているので、何か不具合が発生しそうな不安が
   あります。

   大きめの「250」タイプは、緩いので、ペンチで端子の挿入口等を
   狭めてシッカリ固定できるようにすれば接続可能となります。

   こちらは無理に接続していませんので、緩くて、外れてしまう
   可能性がありますが、その点だけ注意すれば、不具合は起きない
   と思われます。

   今回は、「187」か「250」どちらにするか?悩みましたが、
   ストックの多い方の「250」タイプにしました。

 D カッター(ベニヤ板切断用) ※)パーツでなく工具です

   厚さ3[mm]以下のベニヤ板は文房具の「カッター」で切断
   できるとされています。しかし、私の場合は、ベニヤ板が
   硬過ぎるのか、思うようにカットできません?

   よって「カッター刃」を切れ味が良いとされる、上位クラスの
   刃に交換して、今回試してみました。

   「カッター刃」のブランドで、数種類発売していましたが
   「Scotch 高硬度 チタン コート カッター刃」を試して
   みました。選択理由は、ズバリ「販売価格」です。

   他にも高性能替刃を売っていましたが、全て試すことは出来な
   かったので性能(切味)予想で選んだわけではありません。

   使用した結果、確かに「切味」は良くて、普通の「カッター刃」
   より、力を入れなくとも切れていき、刃が滑らかに進んで
   いきました。

   「円切カッター」で、ベニア板の裁断を失敗していますが、この
   「Scotch 高硬度 チタン コート カッター刃」と「円切カッター」
   の使い方のコツがわかってきたので、再挑戦を計画しています。

今回は、以上です。


 △▽ 付録SPシステムの性能を引出す人気シスコン?▽△
   

左:marantz M-CR611 ネットワークCDレシーバー
右:DENON PMA-50 小型USB-DAC内蔵プリメインアンプ

 ●マランツ(marantz) M-CR611Network/CDレシーバー
      標準価格¥26,000+消費税  発売日:2015年 5月25日
  エレガントに魅せる、感性に響く、プレミアム・コンパクト
  Bluetooth+NFCペアリング機能、AirPlayワイヤレス可
  ネットワークは、PCM:192kHz/24bit DSD:2.8MHzに対応
  USB入力×2 CDプレーヤー 光入力×2 FM/AM-Tuner 搭載
  4ch出力可能、フルバランス・D級パワーアンプ
  マランツ伝統のデザイン、4色イルミネーション搭載
  ・デジタル入力:光×2、LAN×1、USB×2
  ・アナログ入力:1系統(RCA)
  ・アナログ出力:固定/可変×1、Sub Woofer Pre-Out×1
  ・ヘッドホン :標準ステレオジャック×1
  ・S P 出 力 :定格50W + 50W(6Ω 1kHz、THD0.7%)
  ・サイズ・質量:292(W)×105(H)×305(D) mm(突起含)・3.4kg

 ●デノン(DENON) PMA-50USB-DAC搭載プリメインアンプ
      標準価格¥68,000+消費税  発売日:2015年 1月中旬
  CSR社「DDFA」採用、最終段までデジタル信号で処理
  DSD:5.6MHz・PCM:192kHz/24bit、Bluetooth&NFC対応
  アナログ波形再現 Advanced AL32 Processing 搭載
  ・デジタル入力:同軸×1、光×2、USB(type B)入力×1
  ・アナログ入力:1系統(RCA)
  ・アナログ出力:サブウーハープリアウト×1
  ・ヘッドホン :標準ステレオジャック×1
  ・S P 出 力 :定格 25W+25W(8Ω 1kHz THD 0.1%)
  ・サイズ・質量:横 200(W)×86(H)×258(D)[mm](突起含)
         :縦 80(W)×206(H)×258(D)[mm](突起含)
         :・2.5[kg]

ネット通販、ご購入 はこちら

 ・楽天市場   
  -> マランツ M-CR611 ネットワークCDレシーバー
  -> デノン PMA-50 小型USB-DAC内蔵プリメインアンプ

◆ 関連する前回記事へのリンク
雑誌ステレオ2015年8月号 P1000 14 LP-SIZE-SP_検証1

P1000 と かんすぴ P1000-E 先頭へ ↑