Stereo誌2016年8月号 付録 メタル振動板 M800 8cmSPユニットについて   その9   標準バスレフ等のシミュレーション2 (6)


 ステレオ誌2016年8月号付録 M800 批評-06 本文へ ↓
 *2016年8月号記事はカテゴリ:_2016年8月号(M800) へ


     

左:Stereo 2016年 8月号
中:スピーカー工作の基本&実例集2015年版
右:FOSTEX M800-DB 8cm口径用スピーカーボックス

  凄いぜ!メタル 対応 進化した音の醍醐味を満喫せよ!
  ● ステレオ誌 (Stereo誌) 2016年 8月号
     予価 ¥3,900(8%税込) 発売日:2016年 7月19日
  特別付録:メタル(アルミ) 振動板 8cm口径
       フルレンジ スピーカーユニット M800 (ペア)
   M800 特徴
  :フォステクス製・ペア完成品 8cm口径フルレンジ
  :コーンとセンターキャップはアルミニウム素材
  :振動板の鳴きを抑制、アップロール・ラバーエッジ
  :強力な 直径60mmフェライト外磁型磁気回路
  :2014年8月号付録 PW80 と同フレームで高取付互換性
  :ワイドレンジ(f0〜32kHz)でフラットな周波数特性
  :ナチュラルな音質で、浸透力のある高音と厚い低音

  特別付録 エンクロージュア・キット M800 専用BH
  ● 音楽之友社 ONTOMO MOOK Stereo編
   スピーカー工作の基本&実例集 2016年版
     予価 ¥4,900(8%税込)、  発売日:2016年7月19日
 ・付 録:ステレオ2016年8月号付録 M800 専用
      バックロードホーン エンクロージュア・キット
     :驚異的な低音BH
 ・付 録:ステレオ2016年8月号付録 M800 専用
      バックロードホーン エンクロージュア・キット
    @:完成外形寸法 101W×291H×196D(突起部除く)
    A:板材 MDF9tおよび5.5tカット一式、約2.5s
         側板 5.5t×2枚、前板・背板他 9t×8枚、
         小板 2個、以上×2台
    B:接着用ボンド以外は、全パーツが揃ったキット品

  Fostex製 SP BOX 付録 M800、他取付可能
  ●Fostex M800-DB SP BOX ダブルバスレフ型
    標準価格¥4,000(税別)/1台  発売予定日:2015年 9月下旬
  ステレオ2016年8月号付録 M800 専用DB型 SP-BOX
  FF85WK、P800K、FE83En も適合
  ワイドレンジで迫力の低音再生、本格的 Hi-Fi 再生音
  SP端子、内部配線、吸音材、組込済
  ・内容積:5.3L(第1キャビ 1.9L/第2キャビ 3.2L)
  ・材質:MDF t=12mm(バッフル)、 t=9mm(他5面)
  ・SIZE/質量:132W×298H×200D[mm]/約1.8kg(1台)

ネット通販での ご予約、購入 はこちら

  ・amazon.co.jp 
  ->  Stereo 2016年 8月号
  -> スピーカー工作の基本&実例集2016年版
  -> FOSTEX M800-DB 8cm口径用スピーカーボックス

  ・楽天市場   
  -> ステレオ 2016年 8月号
  -> スピーカー工作の基本&実例集 2016年版
  -> フォステクス M800-DB 8cm口径用スピーカーボックス

  ・オムニ7(セブンネットショッピング)
  -> ステレオ_2016年 8月号
  -> スピーカー工作の基本&実例集-2016年版

  ・富士山マガジン
  -> ステレオ-2016年 8月号

  -> 未 登 録


ステレオ誌2016年8月号付録 M800 批評-06


  ※)全文
    ・スピーカー(システム) -> SP、
    ・エンクロージャー   -> SP箱、
    ・スピーカーユニット  -> SP-UNIT、
    ・フルレンジユニット  -> FR、
    ・ウーファー      -> WF、
    ・ツィーター      -> TW、
    ・スーパー・ツィーター -> STW、
    ・パッシブ・ネットワーク-> NW、
    ・チャンネルデバイダー -> チャンデバ、
    ・バックロードホーン型 -> BH、
    ・ダブルバスレフ型   -> DB、
    ・インピーダンス特性  -> Z等、
    ・コストパフォーマンス -> CP、
    ・アナログレコード(DISC)-> AD、
    ・ステレオ2014年8月号の付録2ウェイ -> 14-2Way
    ・スピーカー工作の基本&実例集
     の特別付録エンクロージュアの総称 -> ムック箱、
    ・スピーカー工作の基本&実例集2011年版
     の特別付録エンクロージュア    -> 2011箱、
    ・スピーカー工作の基本&実例集2014年版
     の特別付録エンクロージュア    -> 2014箱、
    ・スピーカー工作の基本&実例集2016年版
     の特別付録エンクロージュア    -> 2016箱、
    ・デジファイ(DigiFi)19付録8cmフルレンジ
     スピーカーユニット        -> DGF19FSP
    ・デジファイ(DigiFi)20付録3cmソフトドーム型
     ス−パーツィーター        -> DGF20STW
  など、略す場合が有ります。


0.まえがき


 遅くなりましたがステレオ2016年8月号」購入しました。
昨年までならば、梱包から開けて、中身の確認等は数日以内に
済ませますが、

今回はブログ等の記事を作成作業する
「PC」の「OS」
「Windows7(以下、W7)」から

「Windows10(以下、W10)」への
アップグレードさせる作業が終わらないことと、

「OS」の操作方法が、
大幅に変更されてしまって、思うように
作業が進まないため、

「ステレオ付録:M800に関する
実物の検証は作業が大幅に遅れて、停滞しています。
よって、少ししか検証が進みませんでした。orz

   ステレオ2016年8月号+MOOK 2016年版
  第1図 Stereo誌 + ムック付録BH 2016年版

ところで「MS Windows」
無償アップグレード(以下UPG)ですが、
無事「UPG」できました

 多分、動かなくなっている「PC」は、
古い「OS」では正常に動作していた
「アプリケーション・ソフト(以下アプリ)」

「W10」では「OS」が対応しておらず、
不具合を発生させていることが多いと思います。

「UPG」の作業自体で不具合が出る場合もありますが、
それよりも不良件数的には「OS」が、古い「アプリ」
対応できていないことが、圧倒的に多いと思います。

よって、不具合ありそうで使っていない
「アプリ」「セーフモード」
起動させて削除

使用していて疑わしい「アプリ」
「.exeファイル」右クリック
して「プロパティー」を表示して

「互換性タブ」の「互換モード」
チェックして、ターゲットの「旧OS」を選択

対応していない古い「周辺機器」は外して
「デバイスドライバー」を削除
(欲しい機能は新規で購入するしかない?)すれば、

ほぼ「PC」は、正常に動くようになります。

私の姉の「市販PC」がそれと同じ不具合を発生ていて、
購入時点で既にインストールされていた「アプリ」で、
使っていない「アプリ」を片っ端から削除したところ、

処理速度が異常に遅くて、全く使えなかった状態から、
正常な状態(快適な処理速度)に戻りました。

なお「UPG」の前
「アプリ」が対応しているので「UPG」の準備が "OK" です。

「UPG」を促す「メッセージ」
出ていた場合がありますが、

その「アプリ」対応の事前検証チェックは、
いい加減だったので、
 "100 %" は、信用できませんでした。

私の場合「W7」の「XPモード」上でしか動作しない
古い「アプリケーション(以下アプリ)」を使っていまいたが、
「W10」では「XPモード」自体が無くなってしまい、

(「Windows 8」の時から、すでに無くなっていた。)

その動作環境を「W10」は、完全に無視しますので、
現状「XPモード」上の「アプリ」は、
使うことができません(「SPSYS」を指している)。

それをどのようにするのか? 調べてみましたが「XPモード」の
ような「OS仮想化」が数種類あり、インストール・設定が
面倒だったので、全く準備すら、考えていませんでした。

とりあえず「インターネット」に接続しないOSが「WindowsXP」の
古い「PC」を持っています(リサイクルでお金を取られるので廃棄
していない)ので、それを使って「SPSYS」を使うことになります。

その使い方も面倒ですが仕方がありませんでした。
「UPG」を実施した朗報としては、「W7」にあった数点の
不具合が「W10」では修復されましたが、

「Adobe Flash Player」の動作が不良になったことと、

「W7」よりも「W10」の方が、バックグラウンドで自動で動作
している常駐の「サービス」が重くて、処理速度が遅く感じました
(マルチコアで高速処理のCPU搭載PCでは感じない?)ので、

「OS仮想化」は、処理速度が多少遅くなりそう(2〜3割減?)
なので、試すことにも躊躇(チュウチョ)してしまいました。orz

 以上ですが、今回の無償でのOS「UPG」は、ユーザー側の
事情より「Microsoft」側の事業戦略の都合による「UPG」の
側面が非常に強いので、私は、何か釈然としていません???

 「UPG」に時間も掛かりますし、新しいOSでは操作感が
全く変わっていて、非常に戸惑うことが発生しています。
しかも「スマホ」と連携させる必要が無いので便利さを感じません。


 話題を変えて
「ステレオ2016年8月号」の発売の数日前、辺り?に

『M800』専用開発ブランド(FOSTEX)
純正スピーカーボックス発売予定告知
ネットにアップされていました。

『Fostex M800-DB SP BOX DB型』

その発売日{ 2016年 9月上旬 }と『M800』発売日の
1ヶ月以上先なので、スピーカーエンクロージャー等の自作は、
急がなくとも良いような気持に、私はなりました。

よって、私のペースで進めていきたいと思います。個人的には、
他に済ませたいことが、手つかずで、沢山残っていますので、
整理して、処理していきたいといつも思っていますが・・・

私の予想では「BH」になるだろうと予想して
いましたが、残念ながら「BH」ではなく「DB」で、
予想を外してしまいました。orz

でも『M800』磁気回路ある程度強力で、
振動板が重めの能率が低めユニットなので、

「BH」よりは「DB」の方が向いていると、私は思いますので
「DB」の方が「Hi-Fi」的だと思います。

よって個人的には評価できそうな「SP箱」になります。
ただしスピーカーは聴いてみなければ音質は分かりませんので、
そのような予想しかできません。

M800』+『M800-DB周波数特性
見ますと、70[Hz]まで中音域とほぼ同じ音圧で
フラットに伸びています。

また、市販品のSPのような判定を使いますと、
50[Hz]まで伸びているようにみえます。

これは、8cm「SP-UNIT」のスピーカーとしては驚異的で、音楽を
聴くうえで、最低限必要な 50[Hz]15[kHz] 
一個のユニット満たしていました

さらに、超高音域は可聴帯域を超えた
{〜32[kHz]}まで伸びた
スピーカーシステムになりますので、

現在、最もモデルの種類の多い普及価格帯
市販小型2ウェイブックシェルフ型SP
音質だけで比較しますと、

音質を間違いなく劣化させて、アンプとの相性問題を起こす
パッシブ・ネットワークがないことも加わり、

上記市販SPよりは高音質なスピーカーに
仕上がっている可能性は高いです。

それでは、
市販小型2ウェイブックシェルフ型SP
良くないスピーカーあると思われてしまいますが、

市販モデルは、誰にでも嫌われない音質耐久性耐入力
ルックスの良さ、AVのリヤスピーカー等に流用する等の
使い勝手の良さなどの

多種の付加価値バランス
とらなければいけませんので、

M800』+『M800-DB音質のみ
同列比較すること自体が間違っています


 と色々なことが発生して疑問が出てきたり、
その解答が分かったりしていますが、

日記記事を書くペースが遅くて何についてアップしたら良いのか?
現在、私は混乱しています。

よって、日記記事の関連性が切れてしまっていますが、
思い浮かんだことを、一つ一つ書いていくことにします。


1.『Stereo2016年 8月号 特別付録 M800』
  について、机上検証 シミュレーション6


   ステレオ付録 M800 外観
  第2図 Stereo誌付録 M800 外観写真

1) M800+標準エンクロージュアのシミュレーション

 前回の予告と異なりますがステレオ2016年8月号
『M800』標準「SP箱」(以下、本誌標準箱)と、

私が前回の記事でシミュレーションした
『M800』標準「SP箱」(以下、シミ標準箱)で、
ダクト設定値が異なっていたので

なぜ違っていたのかを、
説明します。

●標準SP箱(3.5L) ダクト寸法:断面直径/長さ

   本誌標準箱 :φ30 [mm] / 70 [mm]
   シミ標準箱 :φ30 [mm] / 100 [mm]

結論は、低域特性の判断基準値が異なっていた
からです。

「本誌標準箱」は、測定結果でフラットとなるダクトの設定で
「シミ標準箱」「SPSYS」の特性結果でフラットとなる
ダクトの設定だったからです。

「SPSYS」は、ユニット取付バッフルが
「無限大バッフル」想定した、計算なので、実際のSPの
測定結果より、低音域の音圧が高めになる結果を出力します。

しかも、小型SPでバッフル面積が小さいほどその影響が大きく
現れます。今回は、そのことを無視して「シミ標準箱」では
低音域が伸びたタクトの設定を採用しました。

そのような前提条件の違いが生じていますので、
「本誌標準箱」と「シミ標準箱」で設定が異なる、
相違が出てしまいました。

実際のユーザー側での影響ですが、低音域はリスニングルーム
の影響を大きく受けます。そしてリスニングルーム違い・SP
セッティングの違いで、特性は大きく変わりますので、

それを考慮しなければならず、結局のところ、
優劣は分からないということになります。
なので、数値だけ見て私が間違っていることにもなりませんし、

絶対に「本誌標準箱」が正しいということにもなりません
計算数値だけが正しい実体を表してる訳ではないということです。

数値は明らかな違いを見せますが、実際の影響の全てを表現して
いることは、絶対にありません。あらゆることで、そのような
齟齬(ソゴ)は発生していますので、注意してください。

その証拠はSPのシミュレーションでは、計算上
{ 先鋭度:Q = 0.70で、
低音域特性はフラットになります。

{ 先鋭度:Q > 0.70ですと「f特」特性で
低音域の共振周波数点でにピークが発生
(程度の差はある)するようになります。

すでに『M800』は「SP-UNIT」単体だけ
{ 先鋭度:Q=0.75 }ですので、

「SP箱」に入れるとさらに「SP箱」のスティフネスが
振動板に加わるので、

全体のスティフネスは増加(減少はしない)して「SP箱」全体の
{ 先鋭度:Qc }は、増加しますので、
計算上、低音域の音圧には必ずピークが発生しますが、

本誌解説では
「本誌標準箱」の特性はフラットで良い特性だった。
と載っており、

「計算の理屈」「実際の測定」の間に
矛盾が生じています

しかし「測定結果」は、
疑うことはできない「証拠」なので、
「計算の理屈」が間違えていることになります?

本来は、"間違い" というより、
考え易くするために、メカニズムモデル化していますが、

そのモデル化には、
混乱する影響が小さいと思われる
物理現象排除していて、

排除された物理現象は、数値化が複雑で、
さらに計算に反映するには非常に面倒

「SP箱」より計算結果に影響が小さいと
思われている「バッフル効果」だった
ということになります。

それが、今回の「標準SP箱」の
ダクトの設定「バッフル効果」
影響が少なからず現れてしまったので、

ダクト設定数値の違い
出てきてしまったということになります。

本来なら正解が一つしか認められない
「単純さ」があれば非常に楽なのですが、

世の中の事柄は、色々複雑にできていて、
その色々な理屈が、幾重にも重なって影響を与えています。

正解が必ず1つしかないルールは、
"絶対" にありえません
そのようであれば、非常に設計が楽ですが・・・

加えて、そんな単純なことであれば、
趣味の対象には絶対にならないと考えています。


   ステレオ誌2016年8月号付録+標準箱ー他 シミュレーション
  第3図 M800+{標準箱 vs. P1000-E,自作ーB5ーSize} 比較f特

 上記のシミュレーション対象と設定は、

  (061)『M800』 本誌標準箱
  (062)『M800』 「SPSYS」で想定した標準箱
  (060)『M800』 「P1000-E」
  (063)『M800』 独自B5サイズSP

  「黄緑線」:中音域基準のフラットな特性線+5[dB]
  「紫色線」:中音域基準のフラットな特性線
  「桃色線」:中音域基準のフラットな特性線−5[dB]

となっています。

「〜フラットな特性線〜」は、グラフの結果を読み取り易くする
ための、補助線です。

「紫色線」は、実際の中音域の出力音圧レベル(フラットな特性線)、

「黄緑線」「桃色線」の間が、実際に有効となる音圧レベルと過去3回の日記記事と同様に考えてみました。


(111) M800 +本誌標準箱は、
実際に測定した場合の「f特」
(フラットと書かれている)と違って、

低音域の特性は、
70[Hz] 〜 約 300[Hz]辺りの
音圧が 1.53.5 [dB] ほど高く計算されています。

これは上記に書いたことが原因です。
一応これを「基準」として、
その他の「SP箱」の特徴をみていきます。

(112) M800 +シミ標準箱は、
(111) 本誌標準箱比べますと、

70[Hz] 〜 約300[Hz]辺りの音圧が
1.52.0 [dB]ほど低く計算されていますが、

最低共振周波数
(111) 本誌標準箱:73.0 [Hz] }より
(112) シミ標準箱:64.9 [Hz] }

{ 約 [Hz] }ほど伸びています。

 実際には、その他の要因で、
聴感上の聴こえは変わってきますので、
どちらの方が良いのかは、具体的には判断できません

(051) M800+P1000-Eは、
3回前の日記記事"OK" なのか
"NG" なのかの判断ができない

シミュレーションの検証で、結論が出せませんでしたが、

(111) 本誌標準箱}「SPSYS」との
比較で、少し低音が強調される程度なので、
十分 "OK"判断できます。

その程度でも低音域が目立つように感じた場合は、
その日記記事でも書いてあるように、

{ダクトの断面積を減らしてダクト共振周波数を下げるか、
 吸音材を増やして低音域の音圧を落すなどの調整}
をすれば、実用になります。

ただし「P1000-E」の板材、仕上げ、内部配線材の質 等も
音質に大きく影響を与えますので、それらの制約による劣化は
避けられませんので「f特」だけで判断しないでください

 ● ステレオ2016年8月号 M800 シミュレーション・レビュー3

(123) M800 +B5サイズSPは、
私が「 Fostex:PW80(K)」用などで、
設計した側面が、用紙のB5サイズにした

スリットダクトのバスレフ型のエンクロージャーに
『M800』を取り付けた場合の「SPSYS」の出力結果です。

(111) 本誌標準箱比較しても
ほとんど遜色がないことが見て取れます。

よって、文句無く、私の判断では、
作成しても大丈夫なエンクロージャーになります。

 ● ステレオ2014年8月号 2Way用B5SIZESP設計

今回は、以上となります。

    

左:FOSTEX P802-E スピーカーボックス(ペア)
中:FOSTEX P1000-E スピーカーボックス
右:FOSTEX P800-E スピーカーボックス

  Fostex製 SP BOX 付録 M800,PW80取付可能
  ●Fostex かんすぴ P802-E SP BOX (ペア)
      標準価格¥6,000(税別) 発 売 日:2015年 7月下旬
  ステレオ2016年8月号付録 M800 も取付可能
  「PT20K+PW80K」用バスレフ型エンクロージャー
  SP端子2組(ウーファー、ツィータ別端子)
  ネットワークは、SP BOX 外付け が標準
  マルチアンプ用内部配線、吸音材等組込済
  ・取付可能UNIT:PT20K,PW80K,M800,DigiFi19,20付録
  ・内容積:1.4[L]、 ダクト共振周波数:Fb 90[Hz]
  ・SIZE/質量:101W×195H×118D[mm]/ 約650g(1台)

  Fostex製 SP BOX 付録 M800,PW80取付?
  ●Fostex かんすぴ P1000-E SP BOX (ペア)
      標準価格¥2,300/1台(税別) 発 売 日:2012年10月下旬
  P1000K 向けバスレフ型エンクロージャー
  大きさ:121W×243H×179Dmm、内容積3.6[L]
  「P1000,FE103En,FF105WK」も取付可能、高CP

  Fostex製 SP BOX M800,PW80,DigiFi19付録 を 取付?
  ●Fostex かんすぴ P800-E SP BOX (ペア)
      標準価格¥1,700/1台(税別) 発 売 日:2011年6月17日
  P800K 向けバスレフ型エンクロージャー
  大きさ:100W×200H×148Dmm、内容積1.86[L]
  チューニング周波数:101[Hz]
  取付穴寸法:φ73[mm]
  板厚/材質:t9パーティクルボード
  「P800,FE83En,FF85WK」も取付可能、高CP


 

左:FOSTEX PT20K 20mmソフトドームツィーター
中:DigiFi No.19 付録 8cm スピーカーユニット
右:DigiFi No.20 付録 ハイレゾ対応スーパーツイーター

  DigiFi No.20付録 STWが取付可能 互換機
  ●Fostex かんすぴ PT20K 20mmソフトドームツィーター
   標準価格 ¥2,000 (税別)  発売日 2015年 4月中旬
  PW80K と感度・音色を合わたワイドレンジ設計
  付属品:木ネジ3本、パッキン1枚、1[μF]無極性電解C
   ※ネットワークはステレオ2015年8月号P1000特集等参照

  DigiFiハイレゾ対応スピーカー付録 第1弾!
  ● Digi Fi +No.19ステレオサウンド別冊
     特別定価 ¥3,780(8%税込) 発売日:2015年 8月31日
  ・付録:8cmスピーカーユニット ワイドレンジ設計
  Olasonic(オラソニック) 製
  ・ステレオ付録 M800 PW80 高取付互換性
  ハイレゾ対応、まとまりある耳辺りの良い音質
  ・特性が確かなコストパフォーマンス絶大のユニット
  ・大型磁石の強力磁気回路・高剛性グラスファイバー振動板

  特別付録 Olasonic製 バランス駆動対応HPA
  ● Digi Fi No.22ステレオサウンド別冊
     特別定価 ¥5,500(8%税込) 発売日:2016年5月30日
 ・特別付録:バランス 駆動対応ヘッドホンアンプ
 ・表紙連動企画:最新オーディオで暴き出すボブ・ディランの本質
 ・特集1:ハイレゾ配信サイトを調査する!
 ・特集2:20万円以下 USB DAC ブラインドテスト
 ・特集3:注目製品 深掘り テスト

  DigiFiハイレゾ対応スピーカー付録 第2弾!
  ● Digi Fi No.20ステレオサウンド別冊
     特別定価 ¥4,980(8%税込) 発売日:2015年11月30日 予定
  ・付録:18mmソフトドーム型スーパートゥイーター
  最高再生周波数40kHzまで再生
  Olasonic(オラソニック) 製
  ・ステレオ付録 PT20(K) 高取付互換性
  ハイレゾ対応、No.19付録の聴きやすさを阻害しない音
  ・市販品スピーカーにも使えるケースやスタンドも並行して開発中
  ・脱着式外部フレーム・強力ネオジウム・マグネット採用
  ・寸法/質量:77.6φ×H12.5mm/36g(突起部含まず)、
  ・付属品:ローカット用コンデンサー(1μF)×2
  ・ガスケット×2、取付用ネジ×6

ネット通販でのご予約・ご購入 はこちら
        ※)2016年6月27日現在、
          売切れの場合あり、御了承お願い致します。

  ・amazon.co.jp 
  -> FOSTEX P802-E スピーカーボックス(ペア)
  -> FOSTEX P1000-E スピーカーボックス
  -> FOSTEX P800-E スピーカーボックス
  -> FOSTEX PT20K 20mmソフトドームツィーター
  -> DigiFi No.19 付録 8cm スピーカーユニット
  -> DigiFi No.20 付録 ハイレゾ対応スーパーツイーター

  ・楽天市場   
  -> フォステクス P802-E スピーカーボックス(ペア)
  -> フォステクス P1000-E スピーカーボックス
  -> フォステクス P800-E スピーカーボックス
  -> フォステクス PT20K 20mmソフトドームツィーター
  -> デジファイ No.19 付録 8cm スピーカーユニット
  -> デジファイ No.20 付録 ハイレゾ対応スーパーツイーター

  ・オムニ7
  -> DigiFi No.19 付録 8cm-スピーカーユニット
  -> DigiFi No.20 付録 ソフトドーム型スーパーツィーター

  ・富士山マガジン
  -> DigiFi No.19 付録 8cm_スピーカーユニット

  -> DigiFi No.20 付録 ハイレゾ対応ソフトドーム型スーパーTW



  ハイレゾ対応機器の購入 は ONKYO DIRECT へ
  高音質ハイレゾ音源配信サイト e-onkyo music !?

 

 ◆ 【e-onkyo music】ハイレゾ アルバムランキング見てみる?
 ◆ 【e-onkyo music】ハイレゾ シングルランキング見てみる?

ステレオ誌2016年8月号付録 M800 批評-06 先頭へ ↑


  Microsoft Store (マイクロソフトストア)