Fostex FE208-Sol 限定スピーカーユニット について、FE208スーパー系列 でなく FE208SS系列 の復活バージョンです。


 *Fostex限定Unitの記事はカテゴリ:_バックロードホーン へ

Fostex限定 FE208-Sol_01 本文へ ↓


        

左:FOSTEX FE206En 20cmフルレンジユニット(1台)
右:FOSTEX FE208EΣ 20cmフルレンジユニット(1台)

 ●Fostex FE206En BH向き
     20cm フルレンジ・スピーカーユニット
     特別定価 ¥13,000(税別) 発売日:2010年11月
  手軽に BH型SP-BOX で楽しめる 20cmフルレンジ
  ・FE206E の理念と技術を継承、ESコーン+エッジ軽量化
  BH専用旧FE208Σと同等駆動力の大型強力磁気回路
  ・高リニアリティ ダンパー/エッジ、低損失の駆動系
  ESコーンは低損失振動板で情報量が飛躍的に増大
  ・付属品:木ネジ×4、ワッシャー×4、パッキン×1

 ●Fostex FE206EΣ BH専用
     20cm フルレンジ・スピーカーユニット
     標 準 価格:¥29,500(税別) 発売日:2001年辺り?
  ESシリーズで培われたHP振動板技術を継ぐBH専用
  ・バックロードならではのスピード感溢れる再生を実現
  高剛性/低歪みを実現、ESシリーズで培われたHP振動板
  ・低歪みで 旧FE208Σ を上回るφ156mm磁石の強力磁気回路
  優れた振幅応答、UDRタンジェンシャルエッジ/ダンパー
  ・超安定アルミダイカスト高剛性ラウンドフレーム採用
  付属品:木ネジ×4、ワッシャー×4、パッキン×1

      

中央:WonderPure WP-720BH 20cmBH型SP組立キット(2本)

 ●ワンダーピュア WP-720BH
     20cm 20cmBH型SP-BOX 組立キット(2本)
     標 準 価格:¥38,880(8%税込) 発売日:2015年8月?
  ・BHならではの 歯切れ良く、明るく、前に出る音 を再生
  全工程をカラー図で解説、分かり易い組立説明書付。
  ・迫力ある幅280mm・高さ900mm・奥行き400mmサイズ
  推奨SP-UNIT:FOSTEX FE206En または FE208EΣ
  ・スピーカーユニット取付穴径:185mm
  付属品:板材×15枚、スピーカーケーブル×1本、
      :吸音材×1枚、スピーカー端子×1個

ネット通販でのご予約・ご購入 はこちら

  ・amazon.co.jp 
  -> FOSTEX FE206En 20cmフルレンジユニット(1台)
  -> FOSTEX FE208EΣ 20cmフルレンジユニット(1台)
  -> WonderPure WP-720BH BH型SP組立キット(2本)

  ・楽天市場   
  -> フォステクス FE206En 20cmフルレンジユニット(1台)
  -> フォステクス FE208EΣ 20cmフルレンジユニット(1台)

Fostex限定 FE208-Sol_01


  ※)全文、
    ・スピーカー         -> SP、
    ・スピーカーエンクロージャー -> SP箱、
    ・スピーカーユニット     -> SP−UNIT、
    ・パッシブ・ネットワーク   -> NW、
    ・ウーファー,ウーハー    -> WF、
    ・ツィーター,トゥイーター  -> TW、
    ・サブ・ウーファー,ウーハー -> SW、
    ・スーパー・ツィーター,トゥイーター
                   -> STW、
    ・周波数特性         -> f特、
    ・インピーダンス特性     -> Z特、
    ・コストパフォーマンス    -> CP、
    ・DIATONE SPSYS V1.1版 for P-610MA/MB、
                   -> SPSYS
    など、略す場合が有ります。


0.まえがき

 正直に申しますと、あまりの残暑の暑さによって、
オーディオ工作などする気は全く起きず、
音楽をまったり聴いていたい日々が続いていました。

 ネットサーフィン(死語?)していたところ、
「フォステクス」か公式ウェブサイトからの発信で、
恒例の限定ユニットの配布情報を見付けました。

Fostex(フォステクス) FE208-Sol
      BH専用 20cm フルレンシユニット
   ・価格 ¥35,000+消費税/1台
   ・限定 300台、発売予定日:2017年9月下旬

『FE208-Sol』に対応する
「ホーン型STW」も発売されるそうです。

Fostex(フォステクス) T90A-Super
      高性能ホーン型スーパーツィーター
   ・価格 ¥39,000+消費税/1台
   ・限定 200台、発売予定日:2017年9月下旬

さらに『FE208-Sol』専用
BH型スピーカーボックス
完全受注生産で発売されるそうです。

Fostex(フォステクス) BK208-Sol
       20cm BH型スピーカーボックス
   ・価格 ¥200,000+消費税/1台
   ・完全受注生産、受付開始日:2017年9月末日

『FE208-Sol』がネット通販されるか?
待っていましたが、
初回配布は既に終了してしまいました。

注文が殺到していたそうなので、
9月15日 に追加生産される告知が載っていました。

 個人的には口径 16cm を超える「SP-UNIT」の
「BH」自作で「BH」の性能を発揮させるためには、

コストが掛かり(大型で板材大量、要「STW」)、
リスニングルームも大型「SP」になるので 16帖 以上
欲しくなりますから、私には所有が出来ません。

よって、野次馬根性の興味位しかありませんが、
日記記事のネタがありませんので机上検証します。


 BH向け限定『 FE-Solシリーズの発売は、

 FE108-Sol10.0cm口径 2015年12月上旬
 FE88-Sol 8.5cm口径 2017年 2月中旬
 FE208-Sol20.0cm口径 2017年 9月下旬

の3モデルとなりました。


 「FE108-Sol」は「長岡 鉄男 氏」設計の
「D101-S:スーパースワン」系列用ユニットで、
BH専用からバスレフ型も可能となったモデルです。

「FE88-Sol」はベストセラー「6N-FE88ES」の口径を
大きくした大幅変更の異端児「FE88ES-R」の後継
モデルでバスレフ型でも十分使えるBH向けモデルです。

『FE208-Sol』は「FE20X Sシリーズ」で初めて、
大型磁石を2枚重ねで使用した

「6N-FE208SS:1996年11月発売
超強力磁気回路BH専用「SP-UNIT」?を
「Sol」化したモデルです。

『FE-Solシリーズとしてモデルますと
「2層抄紙ESコーン以外は特徴が揃っていない
「FE限定ユニットシリーズ」と私は感じています。

 実を言いますと「FE限定スーパーシリーズ」の
最初のオリジナル「FE206Super」は、
BH向けで開発されたモデルではなく、

オーディオ評論家「長岡 鉄男 氏」の仕事場?
「方舟:A&V対応リスニングルーム」の

共鳴管方式リファレンスSP
「F-3000:ネッシー用「SP-UNIT」として
「長岡 氏」注文したことによって生まれたモデルで、

既に「長岡 氏」は「20cm口径BH型SP」
ほとんど仕事で利用しなくなった
晩年の限定ユニットです。

「BH専用」と言われても、
その後の 20p口径用「BH」は「長岡 氏」が、
仕事使っていない「SPモデル」になります。

よって「長岡 氏」が、よく検討していたとは
思いませんので、私はあまり興味がありません。

「長岡 氏」は「FE限定スーパーシリーズ」を、
「F-3000〜F3000V:ネッシー・シリーズ」に搭載する
ことで、主に中域から高域用として使っていました。

「ネッシーシリーズ」は、重低音再生を重視しない
使い方で、重低音はプラスウーハー方式のバスレフ型
「SW:SW-5,SW-5U,SW-7」が担当していました。

超低音は「ネッシーシリーズ」が再生していましたが、
重低音再生を「SW」に頼らざろう得ない使用方法
でした。

なお「FE208SS」での「BH」の設計は
新しく設計せず、20cmBH「D-57」の完成度が
「長岡 氏」としては、高かったのが理由
(業務時間の合理化が目的?)で、

{「FE208SS」+「D-57」}では低音域の量感が
確保できなかったため「D-57」のホーン幅
( SP箱 の横幅)を広げて低音域の音圧をさらに稼く、

「D-57」を「FE208SS」専用に改良した「D-58」に
留めていました。

{「FE208SS」+「D-58」}の公開された「f特」は、
実用に耐えますが、やや右肩りの特性だったので、
大成功と呼べるレベルの評価ではありませんでした。

以上の独断と偏見でまとめた内容は、

長岡鉄男のオリジナルスピーカー設計術
    こんなスピーカー見たことない 1
    「D-58」の製作記事

ステレオ1995年7月号「D-57」の製作記事
から、独断と偏見で内容をまとめています。

 以上より、個人的には『FE208-Sol』は、
違いの分かる超エキセントリックな
長岡教マニア向けユニットなので、

非常に使いこなしがしいと思います。

低音域の音量の確保も大変ですが、他の「SP-UNIT」に
比べると反応スピードが速過ぎるので、些細な不備が
音質を大きく劣化させる原因ともなります。

「16cm口径」の大型磁石の「FE166Super」と
「FE166ES-R」を使ってきていますが、
反応スピードの速さで色々苦労しましたので、

さらに反応スピードが速い『FE208-Sol』では、
使いこなしは、さらにシビアになると推測しますので、
私は、お薦め出来ません。

使いこなせれば、市販完成品スピーカーでは、
存在しないだろう音のスピーカーが完成すると
思いますが音の予想は出来ません。

同時期、発売の『FE208-Sol』専用BH型「SP-BOX」
『BK208-Sol』を使えば、一般マニアでも実用可能ですが、
「SP-BOX」2本で 40万円 を払える方に限られます。

私も含む一般マニアには「D-57」までで十分だと
考えます。

『FE208-Sol』の販売数量も 300本限定
「FE88-Sol」と比べると、1/10数量
なので、それが妥当な購買層の人数なのでしょう。

 現在「D-57」の「SP自作」で適するユニットは、
{ ステレオ2006年5月号「D-57」の記事 }から、
判断しますと、

 ・φ180mm磁石1枚使用の限定「FE20X Superシリーズ」
 ・レギュラー販売BH専用ユニット「FE208EΣ」
 ・レギュラー販売BH専用ユニット「FE206En」

になります。

大型磁石仕様 の 20cm 限定の
最近のユニットは既に完売?した
FE203En-S:2011年3月末発売」
なり入手困難ですが、

「FE208EΣ」と「FE206En」
レギュラー販売です。

現在までモデルチェンジがなかったので、
入手で出来ます。よって上記で紹介しました。


1.FE208-Sol BH専用20cm口径
    限定フルレンジユニットについて

   Fostex 20cmFE限定 磁石2枚重ね ユニット 仕様 比較表
   第1図 限定20cm口径 SP-UNIT 等比較表

 今回は、今まで「フォステクス」さんが販売した
大型磁石2枚使用「BH専用20cm口径限定SP-UNIT」と

代表となる大型磁石1枚使用「BH専用20cm口径限定SP-UNIT」
の仕様を一覧表にまとめて『E208-Sol』の特徴を検証します。

「BH専用20cm口径限定SP-UNIT」共通の仕様上
スペック値の特徴は、とにかく「磁気回路」が強力で
「先鋭度:Q0」が異常に低い(Q0 が 0.1 台)、
超オーバーダンピングな「SP-UNIT」となっています。

『FE208-Sol』開発上のオリジナルとなる「FE208SS」と
仕様とスペック数値を比較しますと、

  第1表 FE208-Sol vs. 6N-FE208SS 相違点

|−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−|
| 部品等名称  |  FE208-Sol   | 6N-FE208SS    |
|−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−|
|振動板素材   |2層抄紙ESコーン|無漂白紙パルプコーン|
|磁気回路    |低歪み型     |特別な仕様なし   |
|ボイスコイル素材|特別な仕様なし  |6N導線      |
|フレーム    |新高剛性ラウンド |旧ラウンド     |
|等価質量 m0  |14.3[g]  |12.0[g]   |
|最低共振周波数 |43  [Hz] |45  [Hz]  |
|出力音圧レベル |96[dB/W/m] |99[dB/W/m]  |
|総質量     |8700[g]  |7350[g]   |
|−−−−−−−−|−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−|
|定価(税別/1台)|¥35,000  |¥25,000   |
|−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−|

と変わっています。

 音質的には、実際に平等な比較によって試聴して
みなければ分かりませんが、振動板素材が

{FE用紙パルプ}から{2層抄紙ESコーン}
に変わりましたので、聴感上の紙臭さ(歪感)が減少で、

ESコーンの繊細できめ細かい音に加えて、さらに綺麗で、
SN比感が向上してワイドレンジ感も向上した Hi-Fi音 に、
なっていることは、私の経験から推測できます。

スペック上、
『FE208-Sol』「FE208SS」べて

 1) 低歪型回路で磁気回路の強さがやや低下
 2) 等価質量が、12.0[g] -> 14.3[g]に増加
 3) 出力音圧レベルが 99[dB] から 96[dB]に低下
 4) 最低共振周波数が 45[Hz] から 43[Hz] に伸びる
 5) 高剛性ラウンドフレームでフレームの鳴き?が減少

となっており、スペック数値の変化は磁気回路が
やや弱くなった事と、振動板の質量が増えた影響で出力
音圧レベル3[dB] 低下している変化を見せています。

しかも{先鋭度:Q0 = 0.15
同じ値となっています。

もしかしたら「D-58」では「f特」がフラットに近づき、
「D-57」でも実用に耐えうる「f特」(まだ右肩上がり)
になる可能性もあります(実施は自己責任で)。


 定価は旧「FE208SS」よりも新『FE208-Sol』の方が
およそ4割ほど高くなっています。

最近の「限定FEユニット」としては「FE88-Sol」とは
異なり、物価上昇による普通の値上がり率になっていると
思われます(新規の固定費[金型等]が少ない?)。

 次に
『FE208-Sol』の公開されている「取扱説明書」
『BK208-Sol』の設計例が載っていました。

個人独断で、それに載っている「f特」を読み取り
ますと『FE208-Sol』用BHとしては、
小型な「SP箱」なので{やや右肩上がり}
なっていると感じます。

それが理由なのか? 同時発売のペア?となる
T90A-Super:SWTを接続させる場合、

普通はコンデンサー1個の「NW」を「STW」に入れる
だけのところ取説では「NW1」だけでも繋がりOK)

さらに『FE208-Sol』に特殊な「NW2」好みで
追加挿入する作例が載っていました。

その「NW2」は、高音域をカットする
「ローパスフィルター」というより、

中音域〜高音域の音圧を {-6[dB] 下げる}
「PST方式」と「長岡 氏」が呼ぶ
「NW」になっています(抵抗はアッテネーター)。

「NW2」のコイルの値が0.1[mH]}なので、
クロスオーバーは {12.7 [kHz/oct.](-3dBクロス)}
と計算できます。

以上より「NW2」は高音域以降を{-6[dB] 下げる}
ことと{約 12.7 [kHz/oct.](-3dBクロス)}で繋ぐ
「ローパスフィルター」となっていました。

「NW2」は『FE208-Sol』の{やや右肩上がり}を
解消させる「フィルター + アッテネーター 」と
なっています。

ただしフルレンジ「SP-UNIT」の「BH」に対して
「NW」を挿入しますと「NW」の素子による音質
劣化が音に明らかに現れる「デメリット」があります。

何でもそうですが何かを施した場合に
「メリット」が「デメリット」を上回れば、
施した対策は、適正な対策になりますので、

「NW2」の素子
{コイル:0.1 [mH]} と{抵抗: 8 [Ω]}は、
オーディオ用で非常に高品質な素子が必要です。
(一般のセメント抵抗は、おそらく NG)

よって、そのような素子を選ぶことは、結構、
分かり難い作業なので「NW2」を使う方法は、
個人的には薦められない使い方になります。

「取説」の説明でも冒頭に「さらに〜」と、
必ず入れなければならない対策とは書いて
ありません。

加えて『BK208-Sol』の場合「SP-BOX」全体の
出来は悪くはないように見えるのですが、
SPケーブル端子は、高品質には見えません。

よって、そこで音質劣化が既に、いい塩梅で起きて
いる可能性が高いので、

「NW2」を挿入しても音質劣化が分からない
状態になっているかもしれません。

もしやる気があれば『FE208-Sol』との
配線接続に手を加えれば『BK208-Sol』の音質は
さらに向上すると予想します。

「市販SP」でも、内部配線を改良する
効果はありますが「BH」ほどの対策効果は
音に反映されません。

「BH」は非常に些細な音質劣化も音に現れます。
『BK208-Sol』の場合は、さらに微小信号にも敏感
反応しそうなので、非常に注意が必要と思われます。

 今回は以上です。


  BH SPに 相性が良い FET素子 アンプ

   

左:DENON PMA-2500NESP プリメインアンプ
右:DENON PMA-1600NESP プリメインアンプ

 ●デノン(DENON) PMA-2500NEプリメインアンプ
      標準価格¥230,000(税別)  発売日:2016年11月上旬

  ・NE(NEW ERA:新時代) で多岐に渡る入力に対応
  ・最短設計の信号経路で、高純度・安定した音を実現
  ・旧 PMA-2000RE を超える後継モデル USB-DAC搭載
  ・DSD(11.2MHz)/PCM(384 kHz/32bit)対応のUSB-DAC
  ・定格出力 8Ω:80W+80W(20Hz〜20kHz、歪:0.07%)
  ・定格出力 4Ω:160W+160W(1kHz、歪:0.7%)
  ・全高調波歪率:0.01%(定格出力-3dB時:8Ω、1kHz)
  ・周波数特性 :5Hz〜100kHz(0〜-3dB)
  ・S N 比 :フォノ以外 110 dB (入力端子短絡)
  ・デジタル入力:4系統(光×2,同軸×2,USB TypeB×1)
  ・アナログ入力:6系統(RCA×3、PhonoMM/MC×1、
  ・      :    REC IN×1、EXT.PER×1)
  ・アナログ出力:1系統(REC OUT×1)
  ・ヘッドホン :標準ステレオジャック×1
  ・サイズ/質量:W434×H182×D431 mm / 25.0[kg]

 ●デノン(DENON) PMA-1600NE プリメインアンプ
      標準価格¥150,000(税別)  発売日:2016年11月上旬

  ・NE(NEW ERA:新時代)で、多岐に渡る入力に対応
  ・最短設計の信号経路で、高純度・安定した音を実現
  ・PMA-1500RE の後継モデル、最新 USB-DAC 搭載
  ・DSD(11.2MHz)/PCM(384 kHz/32bit)対応のUSB-DAC
  ・定格出力 8Ω:70W+70W(20Hz〜20kHz、歪:0.07%)
  ・定格出力 4Ω:140W+140W(1kHz、歪:0.7%)
  ・全高調波歪率:0.01%(定格出力-3dB時:8Ω、1kHz)
  ・周波数特性 :5Hz〜100kHz(0〜-3dB)
  ・S N 比 :フォノ以外 110 dB (入力端子短絡)
  ・デジタル入力:3系統(光×2,同軸×1,USB TypeB×1)
  ・アナログ入力:4系統(RCA×2,PhonoMM,MC/REC IN×各1)
  ・アナログ出力:1系統(REC OUT×1)
  ・ヘッドホン :標準ステレオジャック×1
  ・サイズ/質量:W434×H135×D410 mm / 17.6 kg

ネット通販でのご購入 はこちら

 ・Amazon.co.jp 
  -> DENON PMA-2500NESP プリメインアンプ
  -> DENON PMA-1600NESP プリメインアンプ

 ・楽天市場   
  -> デノン PMA-2500NESP プリメインアンプ
  -> デノン PMA-1600NESP プリメインアンプ


   

左:PIONEER A-70DA USB-DAC搭載プリメインアンプ
右:PIONEER A-50DA USB-DAC搭載プリメインアンプ

 ●パイオニア(Pioneer) A-70DA プリメインアンプ
      標準価格¥210,000(税別)  発売日:2015年10月末

  ・フルバランス入力、最新 D級パワー USB-DAC 搭載
  ・左右独立フルバランス伝送による高純度な信号伝送
  ・究極シンプル回路構成実現 Direct Power FET 搭載
  ・電源,パワー,プリ を分離 理想コンストラクション
  ・パワー部とプリ部に大容量電源トランスを独立搭載
  ・DSD(11.2MHz)/PCM(384 kHz/32bit)対応のUSB-DAC
  ・DACチップ:ESSテクノロジー社製SABRE32 Ultra DAC
  ・SP端子:バナナプラグ,極太電線対応,新形状真鍮製
  ・定格出力:90W+90W(20Hz〜20kHz、4Ω、歪:0.5%)
  ・全高調波歪率:0.02%(定格出力-3dB時:8Ω、1kHz)
  ・周波数特性 :5Hz〜50kHz(±3dB)
  ・S N 比 :フォノ以外 101 dB (入力端子短絡)
  ・デジタル入力:3系統(光×1,同軸×1,USB TypeB×1)
  ・アナログ入力:7系統(BALANCED×1,PhonoMM/MC×1,
  ・      :RCA×4,Power AMP DIRECT×1
  ・アナログ出力:2系統(LINE 2OUT)
  ・ヘッドホン :標準ステレオジャック×1(Front)
  ・サイズ/質量:W435×H141.5×D370[mm]/ 18.3[kg]

 ●パイオニア(Pioneer) A-50DA プリメインアンプ
      標準価格¥113,000(税別)  発売日:2015年10月末

  ・上級機直系の最新D級パワー・USB-DAC 搭載
  ・究極シンプル回路構成実現 Direct Power FET 搭載
  ・電源,パワー,プリ を分離 理想コンストラクション
  ・高音質な独立巻き線による電源トランスを搭載
  ・DSD(11.2MHz)/PCM(384 kHz/32bit)対応のUSB-DAC
  ・DACチップ:ESSテクノロジー社製SABRE32 Ultra DAC
  ・SP端子:Pioneer特性バナナプラグ対応金メッキ端子
  ・定格出力:90W+90W(20Hz〜20kHz、4Ω、歪:0.5%)
  ・全高調波歪率:0.02%(定格出力-3dB時:8Ω、1kHz)
  ・周波数特性 :5Hz〜50kHz(±3dB)
  ・S N 比 :フォノ以外 101 dB (入力端子短絡)
  ・デジタル入力:3系統(光×1,同軸×1,USB TypeB×1)
  ・アナログ入力:6系統(PhonoMM×1,RCA×4,
  ・      :Power AMP DIRECT×1
  ・アナログ出力:2系統(LINE 2OUT)
  ・ヘッドホン :標準ステレオジャック×1(Front)
  ・サイズ/質量:W435×H138.5×D368[mm]/ 11.1[kg]

ネット通販でのご購入 はこちら

 ・Amazon.co.jp 
  -> PIONEER A-70DA USB-DAC搭載プリメインアンプ
  -> PIONEER A-50DA USB-DAC搭載プリメインアンプ

 ・楽天市場   
  -> パイオニア A-70DA USB-DAC・バランス入力搭載アンプ
  -> パイオニア A-50DA USB-DAC入力搭載プリメインアンプ


  ハイレゾ対応機器の購入 は ONKYO DIRECT へ

 

 【e-onkyo music】ハイレゾ シングルランキング見てみる?
 【e-onkyo music】ハイレゾ アルバムランキング見てみる?


Fostex限定 FE208-Sol_01 先頭へ








  【300*250】アウトレット

NEC Direct(NECダイレクト)

  Microsoft Public Affiliate Program (JP)