Fostex 限定 FE83-Sol-BH(小型BH)用サブウーファーの検討 その4


小型8cm口径BH用SW 再検討04 本文へ ↓


      

左:フォステクス FE83-Sol 8cmフルレンジ(限定)
右:フォステクス YK83-Sol バスレフ型スピーカーボックス(限定)

  独創性,新系譜、繊細かつ表現力豊かな音楽再生を実現?
 ●Fostex FE83-Sol 限定8cm径フルレンジ
     予定頒布数:限定3,000台
     標 準 価格:¥5,600(税別) 発売予定日:2016年 9月中旬
  FE103-Solで、つちかった技術を応用、8cm-Ver.
  2層抄紙ESコーン、大型強力低歪み磁気回路
  ・高性能、ハイ・コンプライアンスコルゲーションダンパー
  FE83Enのコーン紙・フレームなどがベース
  ・付属品:木ネジ×4、ワッシャー×4、パッキン×1、

  FE83-Sol用バスレフ型スピーカーボックス
 ●Fostex YK83-Sol バスレフ型スピーカーボックス
     予定頒布数:限定300台
     標 準 価格:¥16,000(税別) 発売予定日:2016年 9月末
  適度な響きを持ち、繊細で明瞭、表現力豊かな音楽再生
  ユーカリ突き板仕上げ、塗装色:パーシモンオレンジ
  バナナプラグ対応金メッキ入力ターミナルを採用
  ・音質調整済み、簡単な組み立てでSP完成
  ・適合ユニット:FE83-Sol、FE83En、FF85WK
  ・内容積/チューニング周波数:4.9 [L] / 89 [Hz]
  ・サイズ:136(W)×260(H)×213(D) mm(突起含まず)
  ・質 量:2.07kg
  ・付属品:M4キャップボルト×4,ワッシャー×4,Lレンチ×1

ネット通販でのご購入 はこちら
      ※)2016年10月18日現在、
        既に売切れの場合あり、御了承お願い致します。

  ・amazon.co.jp 
  -> FOSTEX FE83-Sol 8cmフルレンジ(限定)
  -> FOSTEX YK83-Sol バスレフ型スピーカーボックス(限定)

  ・楽天市場   
  -> フォステクス FE83-Sol 8cmフルレンジ(限定)
  -> フォステクス YK83-Sol バスレフ型スピーカーボックス(限定)

小型8cm口径BH用SW 再検討04


  ※)全文
    ・スピーカー(システム) -> SP、
    ・エンクロージャー   -> SP箱、
    ・スピーカーユニット  -> SP-UNIT、
    ・フルレンジユニット  -> FR、
    ・ウーファー      -> WF、
    ・サブ・ウーファー   -> SW、
    ・ツィーター      -> TW、
    ・スーパー・ツィーター -> STW、
    ・パッシブ・ネットワーク-> NW、
    ・チャンネルデバイダー -> チャンデバ、
    ・バックロードホーン型 -> BH、
    ・ダブルバスレフ型   -> DB、
    ・周波数特性      -> f特、
    ・インピーダンス特性  -> Z特、
    ・DIATONE SPSYS V1.1版 for P-610MA/MB、
                -> SPSYS
    ・コストパフォーマンス -> CP、
    ・アナログレコード(DISC)-> AD、

  など、略す場合が有ります。


0.まえがき


 前回の日記記事で、

Fostex(フォステクス):FE83-Sol
        8cm口径フルレンシ スピーカーユニット』
    ・価格 ¥5,600+消費税/1台
    ・限定 3,000台、発売日:2016年9月中旬

の「BH」について、設計目的とその計画を説明しました。
でも、メイン・スピーカーシステムとして、利用するには、

普通「8cm口径BH」では、重低音再生は、
ほぼ不可能なので、ハイファイ再生を目的とする場合には

ワイドレンジ化のために
「SW」が絶対に必要になりますので、
同時に「SW」検討する必要があります。

 この日記ブログの過去の記事ででは、
「SW」「SP箱」の形式として、

 T)大きな口径の密閉型バスレフローパスフィルター
 U)ケルトン・チューニングダクト・ASW、方式
 V)DRW方式
 W)PPW・BOSE社アクースティマス、方式
 X)共鳴管型+フィルター(BOSE社:AWCS-U)
 Y)MFB方式[低音専用AMP+専用スピーカー]

の6タイプを挙げましたが、
最初はスピーカー自作ならではの「SW」ということで、

{V)DRW方式}を検討して、
設計計算までは実施しましたが、

現在までに、地震の安全対策、サイズの小型化や、
工作作業の工数増加 等が、非常に気になりボツに
しました。

残るは、
{U)ASW方式}{W)PPW方式}になります。

「ステレオ誌付録SP-UNIT」等の検討で
「SW」の検討をしたところ、詳細は割愛しますが、

{U)ASW方式} の方が、

 a) 最低再生周波数の伸びでメリットが大きい
 b) 「SPSYS」でシミュレーションを使った設計可能

の2点で、私にはメリットが多い方式なので、
採用したいと思いましたが、

現状自称 SW-016-V01バスレフ方式
部品・板材が、工作途中で放置してありますので、
そちらを先に片づけたいと、計画しました。なお、

{W)PPW方式} の有利な点は、

 c) {V)DRW方式}並みに「NW」不要
 d) {ASW方式}よりは、設計が難しくない。

となっています。

私の見解では、
故:「長岡 鉄男 氏」の場合は、聴感の音質上有利な
「ネットワーク」レスを重視したので、

{W)PPW方式}を晩年、色々実験を兼ねた試作を
繰り返していましたが、その途中でお亡くなりになり、

{W)PPW方式} の評価が未確定となってしまって
いました。 となります。

 現状では、AVのサラウンド再生の影響で「SW」は
昔とは状況が異なっていて、小型・高音質で選択できる
モデル数が多くなった「SW」市場が出来ているので、

無理してパッシブ「SW」を自作するより、
市販アクティブ「SW」を購入した方が、
使い勝手が便利で、高音質が得られると思います。

「SW」自作では、どうしてもサイズが巨大になり、
使い勝手は難しいです。

しかし、市販品より高音質の自作「SW」は、
作成の可能性は僅かですが、残っている状況です。

ちなみに私の場合は、自作「SW」より市販「SW」の方が、
音質では有利だと思いますが、コストを掛けたくなく、

「SP-UNIT」・パーツ・部材が十数年も放置状態となって
いますので、自作することを選択しています。
ただオーディオ工作したいという動機ではありません。

今回の日記記事は、約6年前に放置した
SW-016-V01バスレフについて、
現状におけるシミュレーション検証(以前の続き)をします。


1.SW:SW-016-V01 のシミュレーション

  16/20cm径ウーハー用 SW バスレフ型
  第1図 SW:SW-016-V01 設計 図面

 ● 8cm口径用BHのサブウーハーの再検討 バスレフ案

 『FE83-Sol』の「BH」をメイン・システム用スピーカー
として、使いたいと計画して、その対となる重低音再生用
「SW」として利用する


『SW-016-V01』設計図面 と、
サブロク15mm厚ラワン合板
から切り出した板材カットまで、済んでいます。

しかし、長年放置していたため、その間に採用予定だった
「SP-UNT」の「ウーハー」モデルは、モデルチェンジして
いますので、

新旧織り交ぜて「SPSYS」による。シミュレーションをして、
完成時の周波数特性を予想してみます。

当然ですが「周波数特性」だけで、
聴感上の音質の良し悪しは分かりませんので、

「シミュレーション」結果の「f特」は、
"大きな失敗" をしないための
事前確認のようなものです。


 今回のサンプル「SP-UNIT」は
「Fostex:16cm・20cm口径」「FW-8シリーズ」
していますが

「FW-8シリーズ」は、
FW-8無->FW-8N->FW-8SH
モデルチェンジしてきましたが、

「FW208」「T/Sパラメーター」の入手が出来ませんでした
ため、そこは、ストックしていた「FW187」に代用しました。

なお、まだ確認していませんが、使用予定だった
「FW168」「FW187」「ウレタンエッジ」が、
経年変化で崩壊している可能性が高いです。

その場合、エッジの張り替え修復をするか、新製品の
「FW168SH」「FW208SH」のどちらかを実際に使用する
予定になりますが、

私には、新製品の「SP-UNIT」を購入する予算がありませんので、
初の「エッジ張り替え」を実施する可能性が高いです。
未使用でお蔵入りさせるのは、非常に辛いからです。

以上より「シミュレーション」した結果が下記になります。

 バスレフSW 16cmウーハー シミュレーション
 第2図 16cm ウーハー+SW-016-V1 SPSYS 結果

 バスレフSW 20cmウーハー シミュレーション
 第3図 20cm ウーハー+SW-016-V1 SPSYS 結果

 バスレフSW 16/20cmフルレンジ シミュレーション
 第4図 16/20cm フルレンジ+SW-016-V1 SPSYS 結果

以上の結果より分かったことは、
『SW-016−V1』限定した場合
「SW」として使えるユニットは、

「16cmFWでは「FW168」「FE168SH」
「FW168N」はNGです。
「20cmFWでは「FE208SH」「FW208N」フィルター次第

「16cm/20cmフルレンジ」全滅となりました。

 「FW168N」「FW208N」は、小さい「SP箱」重低音再生
出来るようにした「WF」のようで50150[Hz] }
大きめの「SP箱」では再生できなくなるようです。

 「FW-8シリーズの後継「FW」モデルは
「FW-8Nシリーズではなく、新発売された
「FW-8SHシリーズだったのような「f特」結果でした。

シミュレーション上からも「FW-8Nシリーズは、
別物の「WF」ユニットシリーズだったようです。
この結果は、私にとって非常に意外な結果でした。

 もしかしたら「故:長岡鉄男 氏」が、晩年に試していた
「PPW方式SW」「SW-208(FW208N 1本)
「SWー2082(FW208N 2本)は、

内容積が大きい「SP箱」で「FW208N」を使用したモノだった
ので「超〜重低音域」の音圧が十分得られていない可能性が
あります。

よって、それら「SW」の場合
「FW208N」->「FW208SH」への
ユニット交換は、非常に有効な対策方法かもしれません?

 「FW-8SHシリーズ」は、高級品でコストが掛かるので、
「フルレンジ」で代用できるか? 第4図 で、確認しましたが、
内容積の小さい「SP箱」では、代用は無理でした。

特に「FE-Enシリーズ」は、中音に向かって「f特」が右肩がりで、
急峻な「ハイカットフィルター(-18[dB/oct]より強力)」を
必要となります。

「FF-WKシリーズ」の場合、重低音域の音圧が低くなるようで、
重低音を得るためには、もっと内容積の大きい「SP箱」が
必要です。

その代わり「ハイカットフィルター」は「FW」と変わらない
仕様で大丈夫そうです。


 「FE-6Enシリーズ」と「FF-WKシリーズ」の結果は、
フルレンジでは全く無理だった、当たり前の結果が出ました。

ちなみに「SPSYS」の「f特」結果は「ダクト」のサイズに、
あまり影響されないので、

「FW168SH」と「FW208SH」の結果が、普通のスピーカーシステム
としてみた場合の結果が、

結構良い「f特」なので「FW-8Nシリーズ」より扱いやすい
「WF」になっていると思います。

それに加えて「振動板」「サスペンション」「磁気回路」が、
大幅変更されている「振動板」からの直接音が向上?した
「SP-UNIT」のようなので

「ASW」「DRW」で間接音(バスレフ ダクトの共振音)を
使用するユニットとして利用することは、
非常にもったいない使い方かもしれません。

今回は、以上となります。

 ● Fostex FE83-Sol(限定) について その1
 ● Fostex FE83-Sol(限定) について その2
 ● Fostex FE83-Sol(限定) について その3


  記事に関係する オーディオの総合月刊誌 ステレオ

        

    左:Stereo 2016年 9月号
    右:Stereo 2016年10月号

  オーディオの総合月刊誌 ステレオ ケーブル 特集号
   ステレオ(Stereo) 2016年 9月号
     新定価 ¥972(本体¥900+税) 発売日:2016年 8月19日
  ●特 集:ケーブルまわりで音質改善
     :デジタル系の接続チューニング
     :ケーブル・サポート術指南
     :自作で高音質ケーブルにチャレンジ
     :1インチの奇跡 リードチップ(レコード用)
  ●ザ・グレード・コンポ:Monitor Audio PL500U(2)
  ●オーディオ・クラフト:Fostex FE83-Sol 使用BH

  オーディオの総合月刊誌 ステレオ 脚とベース 特集号
   ステレオ(Stereo) 2016年10月号
     新定価 ¥972(本体¥900+税) 発売日:2016年 9月17日
 ●特  集:使いこなし極意研究
      :インシュレーター&ボードで音を磨け!
 ●特別企画:スピーカー競作2016 FW168HS に挑む
  ●ザ・グレードコンポ:DP-950+DC-950の進化を聴く
  ●サウンドフォーカス:オルガンと低音を極める

ネット通販でのご購入 はこちら

  ・amazon.co.jp 
  -> Stereo 2016年 9月号
  -> Stereo 2016年10月号

  ・楽天市場   
  -> ステレオ 2016年 9月号
  -> ステレオ 2016年10月号

  ・オムニ7(7net)
  -> ステレオ_2016年 9月号
  -> ステレオ_2016年10月号

  ・富士山マガジン
  -> ステレオ-2016年 9月号

  -> ステレオ-2016年10月号


  Fostexレギュラー8cmフルレンジSPユニット

  

  左: FOSTEX FE83En 8cmフルレンジユニット
  中: FOSTEX FF85WK 8cmフルレンジユニット
  右: FOSTEX かんすぴ P800K 8cmフルレンジ

バスレフからBHまで 万能型ナチュラル繊細
 ●Fostex FE83En 8cm径フルレンジ
     標 準 価格:¥4,500(税別) 発売日:2009年 7月
  フォステクスの伝統FEシリーズ最小口径8cmSPユニット
  好評のESコーン、明るくクリアーなサウンド
  ・ESコーンは極低ロスの振動板で、情報量が多大

FF-WKシリーズ バスレフ専用 設計 明快リアル
 ●Fostex FF85WK 8cm径フルレンジ
     標 準 価格:¥4,800(税別) 発売日:2010年11月
  新しいオーディオライフを目的に開発されたFFシリーズ
  2層抄紙コーン、高剛性化,内部損失,伝播速度を巧みに制御
  ・明快でリアルな音質、力感溢れる低域と無個性な高域再生

気軽にスピーカークラフト体験 かんすぴ シリーズ
 ●Fostex かんすぴ P800K 8cm径フルレンジ
     標 準 価格:¥1,500(税別) 発売日:2012年10月
  フルレンジスピーカーの魅力を手軽に楽しめるPシリーズ
  バナナパルプ配合軽量コーン高損失ゴムエッジ 採用
  ・明瞭な中高域と適度に制動された低音を実現
  ・小口径フルレンジの定位と音場感を楽しめる
  ・ステレオ誌付録「P800」ベースの改良市販完成品

心震わす低音再現、高剛性振動板 FW-HS シリーズ
Fostexレギュラー進化したウーハーユニット
        

  左: FOSTEX FW168HS 16cmウーハーユニット
  右: FOSTEX FW208HS 20cmウーハーユニット

10cm口径用高級自作SWに最適なウーファー?
 ●Fostex FW168HS 16cmウーハー
  標 準 価格:¥23,500(税別/1個) 発売日:2016年 9月下旬
  ・FW-168Nから16年ぶりのモデルチェンジ、高剛性振動板へ進化
  ・トランジェントに優れ低音域の音をリアルに再現。
  ・設計が容易な音響パラメーター、スムーズなf特。
  ・超高弾性カーボン、スーパーPBOがベース繊維の振動板
  ・バイオセルロース、パールマイカ、セルガイアファイバー
   等を最適な比率に配合して 軽量 高損失 高剛性 を実現
  ・高耐入力ロングボイスコイル、低歪強力磁気回路

20cm口径Fostex最高級 最新ウーファー
 ●Fostex FW208HS 20cmウーハー
  標 準 価格:¥27,000(税別/1個) 発売日:2016年 9月下旬
  ・FW-208Nから16年ぶりのモデルチェンジ、高剛性振動板へ進化
  ・トランジェントに優れ低音域の音をリアルに再現。
  ・設計が容易な音響パラメーター、スムーズなf特。
  ・超高弾性カーボン、スーパーPBOがベース繊維の振動板
  ・バイオセルロース、パールマイカ、セルガイアファイバー
   等を最適な比率に配合して 軽量 高損失 高剛性 を実現
  ・高耐入力ロングボイスコイル、低歪強力磁気回路

● ネット通販での ご購入 はこちら

  ・amazon.co.jp 
  -> FOSTEX FE83En 8cmフルレンジユニット
  -> FOSTEX FF85WK 8cmフルレンジユニット
  -> FOSTEX かんすぴ P800K 8cmフルレンジ
  -> FOSTEX FW168HS 16cmウーハーユニット
  -> FOSTEX FW208HS 20cmウーハーユニット


  ・楽天市場   
  -> フォステクス FE83En 8cmフルレンジユニット
  -> フォステクス FF85WK 8cmフルレンジユニット
  -> フォステクス かんすぴ P800K 8cmフルレンジ
  -> フォステクス FW168HS 16cmウーハーユニット
  -> フォステクス FW208HS 20cmウーハーユニット


  ハイレゾ対応機器の購入 は ONKYO DIRECT へ

 

 【e-onkyo music】ハイレゾ シングルランキング見てみる?
 【e-onkyo music】ハイレゾ アルバムランキング見てみる?

小型8cm口径BH用SW 再検討04 先頭へ