ONTOMO MOOK Stereo編 これならできる 特選スピーカーユニット パイオニア編 その7 付録 OMP-600 搭載 BH『コサギ』について


MOOK Stereo編 付録SP-UNIT 2017_07 本文へ ↓
 *ステレオ付録SP-UNIT_2017の記事は
         カテゴリ:_2017年(OMP-600,F800P) へ


  Stereo×Pioneer企画 6cm Speaker unit

   

左:これならできる特選スピーカーユニット パイオニア編
中:スピーカー工作の基本&実例集2017年版
右:これならできる特選スピーカーユニット Fostex編

  ONTOMO MOOK Stereo編
    これならできる 特選スピーカーユニット
    パイオニア編
     定価 ¥3,780(8%税込)、  発売日:2017年7月19日
  特別付録  パイオニア製
    6cm口径フルレンジ スピーカーユニット
    「OMP-600」(ペア)
 ◎ 小さい ながらも 力持ち! ◎
  ★OMP-600 特徴
  :Stereo編集部初 Pioneer製付録スピーカーユニット
  :付録スピーカーユニット初の 6cm口径フルレンジ
  :ワイドレンジ(80〜32k Hz)でフラットな周波数特性
  :振動板より大きな磁石を搭載の強力磁気回路
  :8cm口径並みのm0、6cm口径超えの低音再生

  ONTOMO MOOK Stereo編
    スピーカー工作の基本&実例集
    2017年版
     定価 ¥4,320(8%税込)、  発売日:2017年7月19日
 ・付録:パイオニア製 6cmフルレンジ
    : スピーカーユニットOMP-600
     対応エンクロージュア・キット(QWT方式)
    :スケール感 大きく再現

  ONTOMO MOOK Stereo編
    これならできる 特選スピーカーユニット
    フォステクス編
     定価 ¥4,968(8%税込)、  発売日:2017年7月19日
  特別付録  フォステクス製
  :8cm口径フルレンジ スピーカーユニット
  :「OMF800P」 (ペア)
 ◎ さらなる 高みへ ◎
  ★OMF800P 特徴
  :フェーズプラグ&メタル振動板採用8cmフルレンジ
  :去年のStereo付録 M800 改良、研ぎ澄まされた音
  :フェーズプラグで高音域のf特,位相を制御、音質UP
  :エンクロージャーは M800 と同等品が流用可能
  :強力な直径 65mm フェライト外磁型磁気回路
  :振動板の鳴きを抑制、アップロール・ラバーエッジ


ネット通販での ご購入 はこちら

  ・amazon.co.jp 
  ->  これならできる特選スピーカーユニット Pioneer編
  ->  スピーカー工作の基本&実例集2017年版
  ->  これならできる特選スピーカーユニット Fostex編

  ・楽天市場   
  ->  これならできる特選スピーカーユニット パイオニア編
  ->  スピーカー工作の基本&実例集 2017年版
  ->  これならできる特選スピーカーユニット フォステクス編

  ・オムニ7(7ネットショッピング)
  ->  これならできる特選スピーカーユニット パイオニア編

  ->  スピーカー工作の基本&実例集-2017年版

  ->  これならできる特選スピーカーユニット フォステクス編


MOOK Stereo編 付録SP-UNIT 2017_07


  ※)全文、
    ・アンプ全般      -> AMP、
    ・スピーカー      -> SP、
    ・スピーカー・ユニット -> SP-UNIT、
    ・ウーファー      -> WF、
    ・ツィーター      -> TW、
    ・スーパーツィーター  -> S-TW、
    ・Full Range Speaker  -> FR-SP、
    ・エンクロージャー   -> SP箱、
    ・バックロードホーン  -> BH、
    ・ダブルバスレフ    -> DB、
    ・周波数特性      -> f特、
    ・インピーダンス特性  -> Z等、
    ・スピーカーボックス  -> SP-BOX、

    ・DIATONE SPSYS V1.1版 for P-610MA/MB
                  -> SPSYS、

    ・コストパフォーマンス -> CP、
    ・サブ・ウーファー   -> SW、
    ・アクティブ・サブ・ウーファー   -> A-SW、
    ・スピーカー工作の基本&実例集
     の特別付録エンクロージュアの総称 -> ムック箱、
    ・スピーカー工作の基本&実例集2016年版
     の特別付録エンクロージュア    -> 2016箱、
    ・スピーカー工作の基本&実例集2017年版
     の特別付録エンクロージュア    -> 2017箱
    ・デジファイ(DigiFi)19付録8cmフルレンジ
     スピーカーユニット        -> DGF19FSP
    ・デジファイ(DigiFi)20付録 ハイレゾ対応
     スーパー・ツィーター・ユニット  -> DGF20STW
    ・ステレオ誌ベストバイコンポ2017年 -> BBC2017

    など、略す場合が有ります。


0.まえがき


 テレオ集部による 2017年夏
工作関連企画3冊当時発売中のうち
2モデルの付録スピーカーユニットの一つ、

「これならできる
    特選スピーカーユニット
    パイオニア編

 特別付録:パイオニア製6cmフルレンジ・
      スピーカーユニット『OMP-600』

 ※)以下、上記MOOKを『これスピPi編』
   略称します。

「SP-UNIT」『OMP-600』を使った
『コサギ鳥型BH自作スピーカーが、

一般向け「パイオニア・ボンノート」
関連の試聴会反響を呼び
問い合わせが殺到したそうです。

そのことがきっかけで音楽之友社のウェブサイト
「オントモ レッジ ンラインョップ
にて、

限定販売『コサギ』「自作キット」
発売されました(2018年2月末現在:売切れ)

● 鳥形バックロードホーン・キット
   炭山アキラモデル『コサギ』
    STUK-01 (『OMP-600』付2本セット)
    販売価格:50,000円(税込54,000円)
    

 「SPキット」が2本で 5万円 と
結構な価格ですが、伝説? の オーディオ評論家
故「長岡 鉄男 氏」の発表した

「自作SP」の中で「最高傑作モデル」とも
呼ばれる「D-101S:スーパースワン
るともらない "音" を再生するらしいです。

 余談ですが『STUK-01』独自の特徴は
Fostex編:OMF800P との聴き比べが
出来るように

「ねじ止め」で簡単に交換できる
「バッフル」を付属させているそうです。

  katochan-n20180228_z01.jpg
  第1図 OMP-600コサギ記事

 の現状は『OMP-600』を購入して保管しており
『コサギ』に関する記事を読んでしまいますと、
『OMP-600』について、気になってしょうがなく、

他のことに手が回らないので、
『OMP-600』『コサギ』が、どんなものか?
今回の日記記事の "ネタ" としました。


1.OMP-600 搭載 コサギ:鳥型BH について


 まず『コサギ』については、
作成・レビュー記事
付録の「本誌 PP. 21-23」

『コサギ』試聴レビューは上記記事に加えて
「ステレオ2017年8月号 P. 70」
掲載されています。

 「おさらい」として『コサギ』に関連する
用語解説しますと、


1)鳥型BH とは

 「別冊FM fan 49 季刊 1986 SPRING」
登場した「長岡 氏」SPモデル
「D-101:スワン」から始まった。

「オーディオの原点」理想を追い求めた
氏 の「小型SP」「BH」合体発想から
生まれた "音場感最高"「ハイネックBHです。

  D-101 スワン 工作記事、冒頭
  第2図 D-101 スワン 掲載記事、冒頭

 「長岡 氏」"自画自賛" だけでなく、
オーディオマニアでもあった ジャーナリスト の
「立花 隆 氏」大絶賛したことで、

エンクロージャ−板材ットサービが始まり、
一般人にも大人気となった「自作SP」でした。
(私も作って、音質は確認しています。)

音質に関しても大傑作「SP」だったので、
「SP-UNIT口径違い」「用途違い」
バリエーションやしたり、

「Fostex」BH専用限定FEスーパー」
「SP-UNIT」等の発売で グレードアップ
繰り返して来ました。

それらバリエーションの中で一番人気となって
いたのが「D-101S:スーパースワン
なります。
(初出:FM fan [共同通信社] 1992年12月号)

  D-101S スーパースワン+長岡鉄男氏
  第3図 D-101S スーパースワン 掲載記事、冒頭


 なお オーディオの原点理想とは、

{本物の音場再生というのは、音場のみで録音した
 ソースを、最もオーソドックスなステレオで再生
 すること}

と「スーパースワン」の記事に載っています。その中に
オーソドックスとは何か?
解説がありますが、長文を引用してしまうので割愛します。

なお「音場のみで録音したソース」は、
少なく「鳥型BH」の本領を発揮させることは、
そのような「ソース」を必要としますが、

一般的「ポップス」や「流行歌」などの多くの
「ソース」でも「小口径フルレンジ」の高音質と
「BH」の低音再生能力により非常に楽しめます。


2)鳥型BH の現状での欠点

 前世代では リスニングルーム の広さは、
リビング等 にしていれば問題はありません
でしたが、

現世代は、個人主義? が強くなり、
家族で「オーディオシステム」を共有する
ような時代ではなくなり、

リスニングルーム はい個人別の部屋
押し込まれてしまう家庭環境が増えています。
(私もその環境の一人です orz)

そのような リスニングルーム では、
「SP-UNIT口径」は小型でも「BH」の
「SP-BOX」が 大型SPサイズ になり、

ホーン開口が「SP-BOX」の裏側にあるため、
壁に接近させて「SP」のセッティンが
出来ない「鳥型BH」は、

性能を十分発揮出来る広さが確保できない
状況例が、多くなっているようです。


3)『コサギ』とは

 「長岡 氏」がお亡くなりになった後
「鳥型BH」新作モデル
オーディオ雑誌業界? では

「炭山 氏」継承して、設計・製作して
公開しているいることに、なっているようです。

「炭山 氏」はただ「鳥型BH」を真似して
新作を設計・作成して、公開してるわけではなく、

上記「鳥型BHの欠点」改良した
新作モデル を発表しています。

 『コサギ』は、雑誌付録『OMP-600』
発売時の自作SPの作例記事を載せる企画で、

「炭山 氏」に開発元の「パイオニア」から、
直々に、鳥型BHリクエストを送り、
それを受けて制作された 鳥型BH だそうです。

よって「炭山 氏」相当丹精込めて
設計・開発したことが雑誌記事等から感じ取る
ことが出来ます。

えて『OMP-600』自体も「Pioneer」初の
「雑誌付録」なので、相当威信をかけて作り上げた
傑作ユニット であったことも記事から読めます。

以上より『コサギ』は音は「スーパースワン」
楽に凌駕するかもしれない音場感微小信号
再現力発揮していると推測します。

しかも、低音域は一般家庭の本格オーディオ再生で
必要とされる50[Hz]までフラットの伸びを達成して
いて、十分低音感を得ているそうです。

 さらに
音楽之友社×Pioneer セミナーイベント」
にて、参加者 から「炭山 氏」

『コサギ』はいいスピーカーだけど、
 ちょっと難し過ぎる。もっと簡単BH
 実現できないの? }

という複数の問い掛けがあったそうです。
その問い掛けを受けて『コサギ』より簡単に
作成できる、

トールボーイ・フロアスタンディング型
「サマリー」を「炭山 氏」が設計・作成して、

「共立電子セミナーイベント」にて、
お披露目した記事が「ステレオ2018年2月号 P.71」
掲載されていました。

「サマリー」
「板取「組立製作の注意事項」
載っていました。

しかし 設計ミス脱字等 があり、
未完成の記事となっていました。

 その後「月刊Stereo BLOG:2018年1月29日」の記事
炭山アキラ氏 設計 BH サマリー 改定版図面」
アップされました。

そのブログ記事には上記「ステレオ誌」の
「サマリー」図面から

 ・一部の取り付け位置を示す数字が脱落を訂正
 ・バッフル板裏の空間を余った板材で埋める改良

を追加した「バージョン1.1」
書き換えた図面が載っていました。
なお「炭山 氏」による「サマリー」音質批評は、

{一ヶ月以上、結構な音量で鳴らし込んだ結果
 『コサギ』ほどではないにせよ、結構な
 レンジ感解像度を聴かせてくれるようになった。}

と載っていました。
『コサギ』の製作に不安のある方は「サマリー」
自作して使っても良いと思いました。


2.『OMP-600』自作SP について

 個人的には「自作SP」の設計大変なことと、
板材15mm厚 合板1枚
2本「SP」出来るので、

『コサギ』「サマリー」
工作したいところですが、

部屋 に、高さ約 90[cm] の
「フロアスタンディング型SP」置ける場所
ありません。orz

よって「BH」を使いたい場合は自分で高さを抑えた
「BH」を設計しなければ『OMP-600』の「BH」を
使うことが出来ません。orz

あるいは「バスレフ」等を設計するのか? 色々妄想
していまい時間が過ぎて行ってしまいました。orz
いまだに、どうしようか? プランが浮かんできません。

 今回の日記記事は以上となります。


  鳥型BH相性が良い FET素子 アンプ

      

左:DENON PMA-1600NESP プリメインアンプ
右:PIONEER A-50DA USB-DAC搭載プリメインアンプ

 ●デノン(DENON) PMA-1600NE プリメインアンプ
      標準価格¥150,000(税別)  発売日:2016年11月上旬

  ・NE(NEW ERA:新時代)で、多岐に渡る入力に対応
  ・最短設計の信号経路で、高純度・安定した音を実現
  ・PMA-1500RE の後継モデル、最新 USB-DAC 搭載
  ・DSD(11.2MHz)/PCM(384 kHz/32bit)対応のUSB-DAC
  ・定格出力 8Ω:70W+70W(20Hz〜20kHz、歪:0.07%)
  ・定格出力 4Ω:140W+140W(1kHz、歪:0.7%)
  ・全高調波歪率:0.01%(定格出力-3dB時:8Ω、1kHz)
  ・周波数特性 :5Hz〜100kHz(0〜-3dB)
  ・S N 比 :フォノ以外 108 dB (入力端子短絡)
  ・デジタル入力:4系統(光×2,同軸×1,USB TypeB×1)
  ・アナログ入力:4系統(RCA×2,PhonoMM,MC/REC IN×各1)
  ・アナログ出力:1系統(REC OUT×1)
  ・ヘッドホン :標準ステレオジャック×1
  ・サイズ/質量:W434×H135×D410 mm / 17.6 kg

 ●パイオニア(Pioneer) A-50DA プリメインアンプ
      標準価格¥113,000(税別)  発売日:2015年10月末

  ・上級機直系の最新D級パワー・USB-DAC 搭載
  ・究極シンプル回路構成実現 Direct Power FET 搭載
  ・電源,パワー,プリ を分離 理想コンストラクション
  ・高音質な独立巻き線による電源トランスを搭載
  ・DSD(11.2MHz)/PCM(384 kHz/32bit)対応のUSB-DAC
  ・DACチップ:ESSテクノロジー社製SABRE32 Ultra DAC
  ・SP端子:Pioneer特性バナナプラグ対応金メッキ端子
  ・定格出力:90W+90W(20Hz〜20kHz、4Ω、歪:0.5%)
  ・全高調波歪率:0.02%(定格出力-3dB時:8Ω、1kHz)
  ・周波数特性 :5Hz〜50kHz(±3dB)
  ・S N 比 :フォノ以外 101 dB (入力端子短絡)
  ・デジタル入力:3系統(光×1,同軸×1,USB TypeB×1)
  ・アナログ入力:6系統(PhonoMM×1,RCA×4,
  ・      :Power AMP DIRECT×1
  ・アナログ出力:2系統(LINE 2OUT)
  ・ヘッドホン :標準ステレオジャック×1(Front)
  ・サイズ/質量:W435×H138.5×D368[mm]/ 11.1[kg]
ネット通販でのご購入 はこちら

 ・Amazon.co.jp 
  -> DENON PMA-1600NESP プリメインアンプ
  -> PIONEER A-50DA USB-DAC搭載プリメインアンプ

 ・楽天市場   
  -> デノン PMA-1600NESP プリメインアンプ
  -> パイオニア A-50DA USB-DAC入力搭載プリメインアンプ


  付録SP-UNITスピーカー にピッタシアンプ

       

左:FOSTEX PC200USB-HR パーソナル・アンプ
右:FOSTEX AP20d ハイレゾ対応 パーソナル アンプ


 ● Fostex PC200USB-HR
    USB-DAC 内蔵パーソナル・アンプ
    標準価格¥17,800 (税別)、   発売日 2015年 10月中旬
  ・ハイレゾ対応SPと組合せ可能アンプ
  ・DISKTOP PC AUDIOで、手元ボリュームコントロール
  ・スピーカー出力:15W+15W(8Ω負荷)
  ・適合SPインピーダンス:4〜8[Ω]
  ・HP出力:3.5mmステレオミニジャック×1
  ・入力端子:USBコネクタ Type B×1
  ・D 信号:最大 96kHz / 24bit
  ・消費電力:10[W]( DC15V 専用ACアダプター)
  ・外形寸法:95(W)×52(H)×86(D) mm、質量:363g
  ・付 属 品:USBケーブル(1m)×1,SPケーブル(1.5m)×2
       :DC15V 専用ACアダプター

 ●Fostex AP20d パーソナル・アンプ
    標準価格¥14,800(税別)/1台  発売日:2016年 9月下旬
  ・小型パーソナルアンプ第3弾,D級採用,Hi-Res仕様
  ・第2弾 AP15d 15W×2 から 20W×2 出力アンプに進化
  ・電源回路・各種パーツを見直し、音質を大幅に向上
  ・各種パッシブSP対応、電源・ケーブルを完全完備
  ・スピーカー出力:20W+20W(4Ω),12W+12W(8Ω)
  ・適合SPインピーダンス:4〜8[Ω]
  ・HP出力:3.5mmステレオミニジャック×1
  ・周波数 特 性:20Hz〜40kHz
  ・全高調波歪率:0.01%(出力3W、負荷8Ω、1kHz)
  ・S / N 比 :100dB以上
  ・入力端子:RCAピン×2/入力感度:1V
  ・D 信号:最大 96kHz / 24bit
  ・消費電力:10[W]( DC15V 専用ACアダプター)
  ・外形寸法:95(W)×52(H)×86(D) mm、質量:363g
  ・付 属 品:USBケーブル(1m)×1,SPケーブル(1.5m)×2

ネット通販での ご購入 はこちら

  ・amazon.co.jp 
  ->  FOSTEX PC200USB-HR パーソナル・アンプ
  ->  FOSTEX AP20d ハイレゾ対応 パーソナル アンプ

  ・楽天市場   
  ->  フォステクス PC200USB-HR パーソナル・アンプ
  ->  フォステクス AP20d ハイレゾ対応 パーソナル アンプ


  ハイレゾ対応機器の購入 は ONKYO DIRECT へ

 

 【e-onkyo music】ハイレゾ アルバムランキング見てみる?
 【e-onkyo music】ハイレゾ シングルランキング見てみる?

MOOK Stereo編 付録SP-UNIT 2017_07 先頭へ







  Microsoft Public Affiliate Program (JP)

  【300*250】アウトレット